« 僕のサンプルロースト | Main | 僕のサンプルロースト3 »

2004.08.07

僕のサンプルロースト2

今日は、時間を作って、家庭用のエスプレッソを繰り返していました。この秋から『カフェでは飲めないエスプレッソの魅力』ってな感じで、最近急に普及してきた家庭でのエスプレッソの魅力を追求していこうと思ってます。

そんなこんなで、昨日のサンプルローストの続きです。3分たち6分たつと、徐々に水分が抜けてきますね。香りも色も変わってきます。焙煎にとって水分抜きは重要なポイントです。水分抜きが悪いと、味わいに爽やかや明るさがでません。

素材のクオリティが低かったら、どんな焙煎を工夫してもダメですが・・・折角の素晴らしい素材でも、焙煎が不味かったらやはり魅力がでません。そのポイントのひとつが水分抜きなんです。かといって、水分抜きに時間がかかってもダメなのが難しいところです。

水分抜きが終わる直前、ちょうど良いタイミング、抜けた直後の、僅かな時間の僅かな香りの変化を捉えられると、焙煎のレベルが一段アップします。これは、体験すると明確になるんですが・・・自分ひとりであれこれ悩んでいると、そんなポイントに気がつかないし、気がついてもこんどはどこがそのタイミングなのか、どう変化するのか分かるのが難しいのです。

色がうす茶色に変わってきて、香りが水分抜きからローストの香りに変わってきます。この辺から、焙煎工程に入っていきます。

今日はこの辺まで・・・。

|

« 僕のサンプルロースト | Main | 僕のサンプルロースト3 »

焙煎」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 僕のサンプルロースト2:

« 僕のサンプルロースト | Main | 僕のサンプルロースト3 »