« バックボーン | Main | 久しぶりの幼稚園でのコーヒー教室 »

2005.05.20

焙煎も夏バージョン

涼しい日が数日続いたあと、昨日は一気に夏日でした。今日は少し涼しさが戻りましたが、それでも焙煎していると夏バージョンです。特に昨日は焙煎スタートして、ひと釜目でペースをつかみ、ふた釜目になるとぐっと火力調整が変わり、三釜目になるとまたまら調整。室温も30度になっていました。こういう時に油断をしていると、温度変化に気づくのが遅く、手遅れになりがちなんです。特にここ数年素材のレベルがどんどん上がってくると、ほんの少しの差がその素材が本来持っているポテンシャルを引き出しきれないことがあるので非常に神経を使うし、難しさに直面しています。排気の違いによる、カロリーが加わるタイミングの差がカップにどう影響があるのか?(全体の進行が辻褄があっていても)やロースティングの5秒の差でどう違ってくるか等々検証の繰り返しです。今売り出し中のボリビア、ペドロ・パタナ農園では、まずここでOKだと感じたロースティングポイントから、ちょっと感じるところがあり1℃後ろで試したら、深くしたのに、フルーツ感が奇麗に出て印象が良くなって驚きました。浅くしてフルーツ感がでるのは理解しやすいんですけどね、簡単に決めつけてはいけませんね。その辺は集中して感覚をフル回転するしか無いですね。そんなこんなで、昨日の夜はコスタリカのインターネットオークションでした。全国の仲間が注目するなか、夜中3時くらいに終わり、無事落札できました。このような豆を実際に経験する積み重ねがトレーニングになっていると思います。

|

« バックボーン | Main | 久しぶりの幼稚園でのコーヒー教室 »

焙煎」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 焙煎も夏バージョン:

« バックボーン | Main | 久しぶりの幼稚園でのコーヒー教室 »