« August 2005 | Main | October 2005 »

2005.09.29

深煎りコーヒー

眼に見えて涼しくなってきましたが・・・そうなると、常連さんのご注文が目立ってきたのが、深煎りセットです。
常連さんのお好みは・・・深煎り好き、中煎り好き、なんでも好き・・・に分けられますが、僕としてはそれぞれのお好みにぴったり合ったコーヒーを、便利にお得に気が利いて用意したいんです。それで、さかもとこーひーの人気セットを工夫してきました。

この秋からは、深煎りセットをスタートして、兎に角深煎りコーヒーだけで色々と楽しみたいんだっていう常連さんのことを考えました。そしたら、今週から目立ってきたのが、深煎りセットにふだんお気に入りのアトムの子だったり、茜ブレンドや特上フレンチ、或は今の《旬・瞬》コーヒーのペーパームーン等々プラスして上手にご注文くださってくれて・・・とってもご機嫌です。う〜〜ん、なんか息が合ったな〜って、ご注文を入力しながら、パッキングしながらおひとりおひとりのお好みが伝わってきています。

最近、ロールケーキやバームクーヘンとコーヒーのフードペアリングが気に入っています。そんなお菓子と相性の良いコーヒーはどんなんだろうなんてイメージしていましたが、だいぶできてきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.28

つるべ落とし

今日は夕方から都内に用事があるために、パッキングを終えるとダッシュで駅に向かいました。少し時間があったので、いつものスタバにいます。6時前でもすっかり暗くなってきました。窓際のカウンター席に座って、外をながめていると飽きません。コーヒーは今日のコーヒーのアニバーサリーブレンドにふわふわミルクを足したカフェミスト、それにバームクーヘン。ひと月前にこの席に座った時との違いに季節を感じますね。これくらいから11月くらいまでが一番好きな季節です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.26

焙煎も秋バージョン

さすがにもう秋本番ですね、焙煎後の着替えも無くなったし、長袖も着るようになりました。土曜に焙煎機の掃除をして、気温も下がってきたので、休み明けの今朝の焙煎は、温度上昇の変化に気をつけてスタートしました。

すると、やはりポイントポイントで温度上昇が秋バージョンに移ってきています。まぁ、毎年のことですから、どのポイントを抑えれば良いかは分かっていますので、後は、どのくらいの変化で、どのくらいのカロリー調整をすれば良いか確認して、それが感覚的に馴染めば大丈夫です。今日は気持ちの準備をしていましたから、慌てることも無く進みました。このくらいはっきりと秋に突入すると移行しやすいですね。

夕方には、来週の公民館でのコーヒー教室の打ち合わせがありました。20代から70代までいらっしゃるということです。いつも年齢層が一定のグループが多いので、新鮮な気分を感じますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.25

千葉で讃岐うどん

今日の午後でなんとか、伝票の入力を終えてひと安心しています。けっこう毎回これで大丈夫なのか不安なんですが、税理士事務所の担当の方からはドキッとするような指摘は受けないできています。

朝から台風の影響で怪しい雲行きでしたが、3連休で1歩も外に出ないのは何かなと思い、お昼前にちょっと外出・・・まずは2件銀行に行って、入金、記帳・・・それからアリオというヨーカドーがメインのショッピングセンターに行って、丸亀製麺で讃岐うどんのお昼。最近ずいぶんと大きくチェーン展開しているようですが、以前讃岐うどんツアーで回った時の味に近いものがあって、車で10分で讃岐うどんを食べられるので重宝してます。色々な種類を頂きましたが、好みは冷たいぶっかけですね。食後はスタバでアニバーサリーブレンド飲みながら読書。帰りにケーキを買ってきました。明日は、10月に公民館で行うコーヒー教室の打ち合わせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.24

一足お先にベラ・ノッテ

今朝の千葉は小雨模様でグッと涼しくなりました。でも、まだTシャツに短パンですけどね。ゆっくり起きての朝食後、さてコーヒーは何にしようかなと豆をながめて・・・そうか、そろそろベラ・ノッテの準備しなきゃなぁ〜と、一応今年のベラ・ノッテのブレンドイメージはできていたので・・・みなさんより一足お先に試してみました。

ベラ・ノッテを秋から初冬のブレンドとしてデビューさせて、もう4年位になると思います。すっかり人気ブレンドとして定着して、内緒の話し、一年中ベラ・ノッテしか注文しない常連さんもいます。でも、やはりこの季節にその年のニュークロップを使い、新しいイメージでブレンドしたベラ・ノッテは格別です。

基本的にはグアテマラとケニアのブレンドで、毎年そこに何かもうひとつ加えて少しずつ手直ししています。さっき、まず試したので、もう少しあれこれ代えて仕上げて行きます。昨日は発送と事務仕事で焙煎機の掃除をできなかったので、これから焙煎機を奇麗にします。涼しくてちょうどよかったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.22

3連休が続く

先週3連休して、3日営業、明日から又3連休ですけど・・・それでは、26日(月)に発送して、お届けが早くても27日(火)ですから、申し訳ありませんので・・・明日は発送します。そのつもりでしたが・・・今日の午後のお電話では、申し訳なさそうに「できたら早めにお願いします」のひと言・・・はい、大丈夫ですよ、明日仕事しますから・・・そんなやりとりでした。焙煎機の掃除も予定していましたし、半ドンって感じですね。後は事務仕事が溜まっていて・・・1日休めたらOKです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.19

ペーパームーン

今年一年、町内会の組長の役まわりなので、今日は敬老会のお手伝いに行ってきました。朝早くからテントの設営からはじまり、順番に会場を作っていきました。敬老会の間は、隣の神社の境内で気持ちの良い風にあたりながら、色々と世間話。夕方からは撤収して、反省会&お疲れ会。何かと慣れなくて疲れましたが、普段使わないからだを動かしたり、あんまり接することの無い他の組長さんとコミニケーションしたり・・・気がつくと肩こりもほぐれてコンデション上がってるようです。

帰ってから、ご注文メールにお返事を出していました。何人もの女性の常連さんから《ペーパームーン》が楽しみってあって、とっても嬉しいです。ビルの谷間から見上げるお月さま、山からのぼるお月さま、海に光るお月さま、色々なお月さまと一緒に楽しんで欲しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.18

一番苦手だったニカラグア

今週発売の《ニカラグア・ロスシプレス》を仕上げて・・・嬉しかったと云うか、ホッとしました。ニカラグアのカップオブエクセレンス受賞コーヒーを焙いて4年目。実は、ニカラグアが一番苦手なコーヒーでした。と、云うのも、別に上手く焙け無いとかでは無くて・・・確かに、最初の出会いから、そのきらめく素晴らしい魅力に圧倒されるような感覚がありましたが・・・それほどの魅力を僕が感じているのに、その魅力を常連さんのツボにピシッと合うよう仕上げるのに迷いがあったという感じなんです。

勿論、常連さんからは嬉しいご感想も毎年届いているんですが・・・他のコーヒーに比べて、ちょっと物足りないんです。一部の常連さんにだけツボにハマった感じです。他のコーヒーは、それぞれお好みが有るのですが、それぞれのコーヒーのご贔屓の常連さんの顔が見えると云うか、常連さんのお好みが見える感じなんですね。

ニカラグアには、その見える感じが弱かったんです。でも、今回の《ニカラグア・ロスシプレス》の本焙煎をして、カッピングをしたら・・・これならニカラグアの魅力を活かし、更に常連さんのお好みにハマるだろうと、手応えを感じることができました。そんな感覚を掴めば、それを使ったブレンド《ペーパームーン》もすぐ出来ました。ぱ〜ってイメージが見えてきますね。

相変わらず、素晴らしい素材を手にする度に、素材と常連さんの狭間で難しさにぶつかり、それが楽しみでもある、繰り返しです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.17

ニカラグア&ブレンド作り

日に日に涼しくなって少し身体が楽になってきました。今日は午前中に今週届いたニカラグアのカップオブエクセレンスの豆《ロス・シプレス》の本焙煎をして、お昼にはゆっくり時間をかけてストレッチで身体をほぐしました。
なんだか、腰から背中から肩までガチガチになっていて、少しは良くなったようです。

で、午後からはロス・シプレスのカッピングをして、そこからブレンド作りに進みました。ニカラグアのCOEはもう4回目なので、ずいぶんとキャラクターや魅力が馴染んできてますので、あるていどブレンドのイメージは出来ていました。候補の豆を並べて、仮説検証の繰り返しです。初秋にぴったりの仕上がりになりました。もう少し確認します。

そんなこんなで、今週はソノリテが発売になって達郎のインタビュー記事とラジオのチェックで和んでいました。
昨日のアルフィー坂崎さんとのからみは最高でしたね。今日のTFMマッキー松本さんも良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.14

いよいよ、コーヒー教室の季節ですね

今日の昼間は暑いのなんの・・・土日からもうひとつコンデションが上がらずにいるので、この暑さが又きつく感じます。情けない。そうは云っても、コーヒー教室の季節がやってきました。今日がこの秋最初のコーヒー教室でした。市内ですが、いつもより少し遠い、車で40分ほど行った、幕張メッセに近い住宅地でした。

持って行った3つのコーヒーは、モンテシオン農園、ケニア、グアテマラ・エスペランサで・・・コーヒーはフルーツだ!っていった話しから始まり、順番にコーヒー淹れながら、おしゃべりが続きます。みなさんさかもとこーひーが初めての方ばっかりだったのに、その感覚の素晴らしさには驚き、とっても嬉しい思いとしました。

それぞれの香り、甘さの印象、余韻、お好み、フードペアリングと的確にご感想を頂けました。励みになりますね。

そんなこんなの今週ですが、達郎のソノリテが発売になり、勿論聴きまくっていますが、ラジオも雑誌も追いかけてます。まぁ、一曲一曲は前もってラジオの全曲紹介で聴いていますし、最初からドンピシャの時もあれば、半年くらいしてからお気に入りになることもあるので、ただ素直に聴くだけです。どんどん成熟していっていますね。

今、地元のベイFMのロングインタビュー聴いてますが、なかなかこの古川恵実子さんが素直で上手に相手していて、ご機嫌です。先週の文化放送くにまるさん、今週になってニッポン放送文夫ちゃん、今日はTBSの大沢悠里さん、FMだと赤坂さん、坂上ミキちゃん、まぁそれぞれのキャラクターに合わせて楽しいです。まだまだ、坂崎幸之助に吉田照美、来週はうえやなぎうえちゃんと続きますからね。

今回もドキッとした言葉がいくつかありましたが・・・演歌はアレンジが弱いから残念、もっとアレンジにエネルギーこめたらファンがいるんだからヒットすると思う・・・達郎さんがアレンジしたらどうですか?・・・僕がアレンジしたら演歌ファンの人たちが望んでいるアレンジにはならないから、それじゃダメなんです。

そうですよね、やっぱりファンが見えていないとね。自我とお客さんの為とのせめぎ合いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.12

プロのつぶやき、休んでしまいました。

毎週日曜日にアップしている【プロのつぶやき】ですが、申し訳ありません、昨日の分をお休みしてしまいました。
土曜日は朝から夜中迄何件かスケジュール入っていて、日曜の朝に書こうと思っていましたが、なんと、起きたら調子が悪く・・・それでも、まず最初の用事をこなしたら、胃が痛くなってダウンしてしまいました。胃が痛くなるなんてめったに無いので、いざ胃痛に襲われたら弱いもんですね。薬飲んでじっと横になっていました。

今日はなんとか回復していましたが、それでも午前中はなんだか重くてだるさがありました。困ったもんです。

ところが、ニッポン放送お昼の高田文夫のビバリーヒルズのゲストが達郎だったもんで、ラジオつけて聴いてました。ふたりとも大の贔屓ですからね、僕は!・・・芸人の話し相手をさせたら天下一品の文夫ちゃん、さりげなくもつまらない世間話からテンポ良く入り、いつの間にか、ツンツンと核心に触れて行きます。なんて云ってもふたりの呼吸がバツのグンですね。こまかいジャブの応酬、一瞬の気転。たまりませんわ、東京の町っ子のリズムです。の聴き終わったら、胃もす〜〜っとしてました、僕の胃薬か!!明日、明後日はラジオに雑誌に大忙しです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.07

コーヒーに紅茶の香り?

今週はケニア、グアテマラ・エスペランサ、モンテシオン農園を集中してお届けしていますが・・・豆を計って袋に詰めていると・・・フッフッっと紅茶の香りが漂ってきます。なんなんだと思っていると、ケニアの香りです。スペシャルティーコーヒーに取り組んでから、時々紅茶の香りには出会っています。ダージリンだったり、アッサムだったり、ウバだったりします。こんどのケニアはプロのつぶやきでも書きましたが、冷めてくるとアールグレイに使われるベルガモットの香りがしましたが・・・それとは別に、豆の状態でディンブラのような印象を受けました。ディンブラにはオレンジやフローラルの香りを感じることがあるので、その印象と重なったのだと思います。昔紅茶の仕事をしていた時は、毎日何十回何百回とキャニスターを開けて茶葉をすくい取りながら香りも嗅いでいましたので、そんな頃を思い出しました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.09.05

地味なコーヒー

僕は割合迷うことが少ない単純な性格で、悩んでも答えのでないことは悩まないといった、他人からみたら得な性格と良く云われます。それでも、長年どうしたもんか結論の出ないブレンドがあります。

『カフェプリズム』と云います。うちの『定番人気コーヒー』といった常連さんに長年人気のブレンドがいくつかあります。その一角で一番地味な存在なんです。そうは云っても、このカフェプリズムのファンの常連さんがいらっしゃいます。でも、茜ブレンドや特上フレンチ、カフェタブローといった熱心なファンがたくさんいるってほどでは無い、微妙な人気です。で、僕としたら、どこか常連さんのツボにはまらない、魅力がちょっとズレているんじゃないかと
いつも考えたり不安になったりしています。必ずそのカフェプリズムをご注文してくださる常連さんは、なぜかそのカフェプリズムについてはご感想を頂くことが無く・・・僕としてはとりあえず他に頼むコーヒーが無くて、カフェプリズムにしているんじゃないか?なんて不安に襲われます。ブレンド作りする時にかけるエネルギーはどれも一緒ですからね。

で、今日の午前中、前回はじめてカフェプリズムをご注文くださった常連さんからお電話を頂きました。

『坂本さん、この前のカフェプリズム良かったよ、甘くて、円やかで、香りも良いし。今日は2つにして。』

う〜〜ん、それから色々とお話ししましたが、僕のイメージと一緒でした。しかも、その常連さんはず〜っと茜ブレンドのファンなんです。カフェプリズムと茜ブレンドはちょっと共通する魅力があるんですが、茜ブレンドは定番の中でも一番で、どんどん人気が上がっています。ちょっとホッとしました。人気は地味でも、そのイメージはちゃんと伝わっていそうです。それはそれで、結構嬉しいのです、みんながみんなど〜んと人気になる必要無いですからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.03

ケニアとグアテマラの焙煎

う〜、今日は又暑くなっている千葉です。さかもとこーひーは土日祭日定休日ですが、本当は年中無休で働いています。商売しているところはどこも同じだと思います。でも、普段は5時半には無理矢理起きて、顔洗ったら即仕事ですので、土曜日は少しゆっくり寝てられるのが嬉しいです。今日もぐっすり寝て、ゆっくり朝食とって・・・それからケニア、グアテマラ、ザンビアテラノーバの焙煎をしました。テラノーバのスペシャルロットはロースティングポイントの微調整、ケニアとグアテマラは本焙煎です。お昼にカフェプレスで飲みましたが、これからカッピングです。

さきほど、FMで達郎のインタビューを聴いてました。『30年やってきて、52になって、自己模倣はしたくなかった』『今迄開けていなかった引き出しを開けて、この年になったから出来る事、若かった時にやってしばらくやってなかったことを出来た』『自分に飽きることが恐ろしい、モチベーション上げる為に、俳優になったり、本を書いたり、色々と方法論はあるが、自分は作曲家としての自我に忠実になることでモチベーションを保っている』『デジタル機器の進化で今迄の編曲法等々通用しなくなって、今の機器にあった編曲歌い方で今度のアルバムになった』たしかそんな内容だったと思います。う〜〜ん、こういったスタンスに励まされます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.02

ケニア、グアテマラ到着

さて、今日ケニアとグアテマラの新豆が到着しました。毎週金曜日に借りている定温倉庫から届けてもらっています。いつもはだいたい3袋、夏場だとちょっと暇になるので2袋だとかになりますが、今日は4袋・・・パッキングを終えてから、えっちらおっちら狭い店の中で整理します。これが一番だるい仕事です。30年仕事していますから、仕事でいちいちだるいとか面倒とか思うことは無くって、片っ端から片付けていくんですが・・・この豆の整理だけですね、だるくて仕方なくやっています。ほこりっぽくもなりますしね。そうそう、焙煎機の掃除も苦手ですね、機械関係苦手です。でも、新しい豆が届いた時は嬉しくて気合い入れて整理します。もろ性格でます。そして明日朝一でテストです。ケニア、グアテマラといったらさかもとこーひーの両横綱みたいなものです。ふたつとも焙煎は慣れていますから、微妙なロースティングポイントを捉まえればOKでしょう。その後はカッピングです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.01

ロマネコンティはビロードの手袋をはめた鉄の爪

先日のシャンパーニュ尽くしのワイン会での模様をシェフが丁寧にコメントしてくれました。 http://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/ 
料理もワインもプロのコメントで、深煎りのロスノガレス に対するコメントが・・・『これがまた実に奥深い味わいで、ワインに例えるとシャトーペトリュスやロマネコンティ等に近いのかもしれないと思うほど絶妙のバランス。品が良いからぼんやりと気を抜いて飲んでしまうとインパクトにかけるような気がするかもしれない。その位さりげないのだけど、実は強いボディーを持っているのだ。あの時もロマネコンティはビロードの手袋をはめた鉄の爪なんて言いますねぇなどと話した記憶がある。確か通常の豆でもコロンビアは派手さはなくてもバランスの良いタイプだったと思うが、少し次元が違う気がする。』・・・といったものです。

シャトーペトリュスやロマネコンティとは僕からは出てこないですし、ビロードの手袋をはめた鉄の爪なんて、凄い例えですね。関心するばかりです。さて、こんどはどんなコーヒーを持って行こうか、楽しみです。なんか楽しみが増えてきました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »