« オペラ | Main | 続 ポールバセット »

2006.02.06

水分抜き

今日の冷え込みは厳しかったです。朝は零下、焙煎をはじめると段々暖まっていって、いつもならそのまま午後まで持つんですが・・・今日は午後から徐々に冷えていくのが分かりました。天気予報では夜半から雪だそうです。

そういえば、夕方思い出したんですが・・・去年の秋からこの1月にかけて焙煎の同じ質問が数人の方からありました。みなさん、自宅で焙煎をしている方で、プロではありません。それは「水分抜き」についてで「できたら水分抜きができたポイントのサンプルを頂けないでしょうか」っていう方もお二人ほどいました。答えは「色では判断していないんです」ってことなんです。「ひたすら香りを嗅いでいると、水分が抜ける直前、抜けた時、抜けてローストの香りが出た時と分かるようになると思いますよ」ってことなんです。「普段の焙煎では、そのタイミングやペースを安定するようにコントロールしていますから、そんなに神経質にはしていないんですが、サンプルローストの時は毎回同じようにしているんです」となります。しかし、アマチアの方から水分抜きの質問がくるんですから、昔とは違いますね。そうそう、それと時々生豆を分けて欲しいっていうメールもきますが、申し訳ありませんが、さかもとこーひーではお分けしていません、すみません、ご了承ください。

|

« オペラ | Main | 続 ポールバセット »

焙煎」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 水分抜き:

« オペラ | Main | 続 ポールバセット »