« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.30

東京メトロで土岐英史さんのライブ

千葉の桜は8分9分咲きですが、今日は震えるほどの花冷えになっています。なんだかんだ忙しかったのとニフティのメンテナンスでブログを更新できませんでした・・・が、3/2(火)に上手い事仕事を終えて、日比谷線銀座駅にひとっ飛び・・・なんと、地下鉄の通路、ちょうど数寄屋橋交差点の地下ですね、ソニービルの入り口、オアシス広場で土岐さんのライブを堪能してきました。

土岐さんは達郎のアルバムやツアーで30年前の最初から参加していて、そこからファンになり、土岐さんの活動も追いかけています。特にソプラノサックスの音色には参っています。

実は先週も同じ企画があったんですが、残念ながら仕事で都合がつきませんでした、その時は4ビートのジャズだたみたいで、とっても残念!今回はファンキーナイトってテーマです。で、2日経ってまだ余韻に浸っています。昨日なんか、一日中うっとりしてました。50分4曲+アンコール。3曲がソプラノサックスで、ニヤニヤ。キーボードはこれまた大ファンの重美徹、達郎のライブは勿論、キロロやMisiaのバンマスでも活躍、バックに回った時のさりげない味付けも好きなんですが(とってもかっこ良く主役を引き立てる)ソロ取った時の最初は静かに、お客のノリを引っ張るように、弾きまくるのが最高、今回もオルガンをガンガンに弾いてました。ドラムスは売れっ子セシルモンロー、ベースはナニワエクスプレスの清水興、揺るぎないリズムは当然ながら、ふたりともソロが凄かった。ドラムスもベースもソロになると素人が置いて行かれることが多いのに、うっとりしました。ギターの西山史翁も引き気味ながらほんと味があってご機嫌。

さらに、アンコールでゲストが参上、あらまー、なんて可愛いお嬢さんと思ったら、これが柔らかくて太い音色にやられた田中直子さん。帰ってしらべたら、土岐さんのお弟子さんで、重美さんプロデュースでCDも出している。最後までノックアウトされました。NAOHで活躍中、これから追いかけないと・・・楽しみが増えました・・・で、さっそくCD注文しました。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2006.03.26

地元ネタ

曇りがちながら、冷え込みが和らぎのんびりした陽気の日曜日。午前中に仕事を片付け、銀行まで用足しに自転車で運動がてらのこのこ行ってきました。ちょうどお昼だったので、銀行の並びの一番軒さんで支那そばと餃子。http://www.chibaraumen.com/report/ichibanken.html 昔からあって、数年前に改装したのも知ってましたが、週に何回も前を通っていながらはじめてでした。ネットで知って、へ〜、知らなかった!美味しいんだ!
で、行ってみると、おじさん、お兄ちゃんばっかりで、タバコの煙がちょっと気になる。自家製麺ということで、支那そばは、ほんと昔からこの辺で馴染んだ味わい、醤油味、海苔と一緒に麺をすすると、一気に10才くらいの頃を思い出しました。でも、自家製の麺も餃子も美味しい美味しい。最近の行列ができるようなお店のとんがったところはなくて、お客さんも近所の男ばっかり。餃子の見かけはそれほどじゃ無いけど、パリ、ツルっとして快適快適。スープも昔ながらで、でも、とっても丁寧。麺も腰も滑らかさもご機嫌。そして、量が男にちょうど良い。しっかり食べた満足感がある量に感心。今度から家にひとりでいてお昼になったら来ようと思いました。となりに座ったお兄さんは焼きそば食べてたんで・・・焼きそば好きとしては、支那そば食べながら、次回は焼きそばにしようと決めてました。駅の反対側には中学の頃から通っている中華屋さんがあるんだけど、そこはちょっと高いんですね。でも、美味しいんで、常連です。お腹がいっぱいになって、市原市のお団子屋さんまで往復2時間、ゆっくり自転車漕いで、運動しながらおやつ買ってきました。帰ってからは、CD聞きながら本読んでDVDで談志師の「のざらし」観てたら気持ち良く昼寝してました・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.24

ファックスが壊れた

今日、ファックスの調子が悪いので、夕方買ってきました。幸い、注文を受けるフリーダイヤルの方では無かったので、あまり慌てませんでした。ほとんどファックスが来ない電話のほうでしたから。最近は安いので気が楽ですね。13年前に店をオープンする時、子機付きでファックス電話が10万円を切って、それならと思い切って買ったのを懐かしく思います。今日買ったのは子機が2台付いて、2万円位でした。帰りに本屋さんで、レコードコレクターズのナイアガラトライアングルVOL.1特集を買ってきたので、今日はもう仕事が無いので、ゆっくり読みます。大滝詠一、山下達郎、伊藤銀次の対談がたっぷりです。30周年記念バージョンが発売になって、明日届くので、ご機嫌です。でも、3枚?4枚?あるのかな?まぁ、それぞれ少し違いますけれどね。明日は朝から生豆片付けたり、急ぎのカッピングがたくさんあったり、プロのつぶやき書いたりで、一日予定が詰まっているので、少し夜更かしして、リラックスします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.23

いよいよ春ですね

ひと雨毎に春ですね。今日の千葉は朝のうちは昨晩の雨がのこり、曇りがちから、夕方には一瞬で晴れ上がりました。深煎りセットのカフェグローリアがもう残り僅かなので・・・代わりに来週から発売する深煎りコーヒーを仕上げています。月曜日のテストローストで、う〜〜んもう1℃2℃手前かな?と思いましたが、毎日飲み続けていたら、初日よりも印象がグッと良くなってきました。却って、手前にするとバランスが崩れるようです。素材のクオリティが予想を超えて素晴らしく、ご機嫌で毎日飲んでいます。もうひとつは、長年の課題だったあるブレンドです。なんとかデビューのタイミングになったようです。今日は夕方から地下鉄の銀座駅でサックスの土岐英文さんのライブがあったのですが・・・都合がつきませんでした。残念。来週もう一回ありますので、上手く行けると嬉しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.21

コーヒーのコク研究(11)

すみません、昨日アップできなくて、プロのつぶやきの残りはすでにhttp://www.sakamotocoffee.com にアップされています。SCAJの第一回会員シンポジウム「スペシャルティコーヒーに対する取り組みと課題」についてです、ご覧ください。

今日は野球のWBCを気にしながら、店の屋根に登ったり、焙煎機の掃除をしたり、先月の伝票入力したり、サンプルローストしたり・・・なんだかんだ予定を終えました。しかし、WBCは盛り上がりましたね、素晴らしい!!若い選手がかっこ良かった。

そんなこんなで、コーヒーのコク研究(11)ですが・・・進み方がゆっくりになってまして、ページが進みませんが、のんびり行きます。

・コーヒーにミルクを入れて、かき混ぜる派とかき混ぜない派→かき混ぜない派は、そのほうがコクがあると云う
・ドレッシングもわざと分離したまま使うものがある→充分に乳化したドレッシングはなんとも云えない円やかさがある
・不均一なあじわいには時間的空間的な拡がりがありそう
・チョコレートが均一に混じったアイスとチョコチップのアイス
・ラムレーズンやりんごのアイス

テーマが混ぜ方による印象の違いになってきました。
スポンジケーキで、肌理の細かい柔らかな仕上がりが上手と云われることが多いと思います。
僕は、肌理の細かいスポンジの美味しさもあるし、肌理のあらいスポンジの魅力もあると思います。
あとは、どういった魅力にするかで、選べば良いと思ってます。

うちのショートケーキはわざと粉を少なくして、あまり膨らませないで、肌理の荒いスポンジにしていました。
そして、焼き上がった底と表面を内側にして、スライスした柔らかな面を底と上に持っていきます。
そうすると、固い面が内側になり、舌に触れません。
さらに、シロップをたっぷり塗って、牛乳でほんの少し薄め濃度を加減した純生クリームを使いました。
さらに、その生クリームを泡立てる時に、最初砂糖を入れずに、途中で砂糖を入れて泡立てました。
その方が、甘さがべったりとしないで印象が良いと思いました。

ショートケーキひとつでも、不均一な魅力をあちこちで使っていたので、このテーマはとっても共感できます。

・そうそう、もうひとつ、昔、オリジナルのりんごのケーキを作った時に、1/3のりんごを薄くスライスし、残り2/3はさいころに切って 混ぜました。さいころのりんごが歯触り良く、スライスしたりんごがケーキの生地と上手く混じって味わいの一体感をイメージしました。

・わさびでも醤油に溶く時と刺身の上にのせる時がありますね。溶かないほうが通っぽかったりして。僕は上質な刺身でわさびの時は醤油には溶きませんが、そうでも無い時は結構醤油に溶いて頂きます。気合いの入った蕎麦の時は、最初は何も付けないで、そして終わりのほうで わさびを蕎麦にちょちょっと付けて頂きます。そばつゆに浸けるときは、完全に入れないで蕎麦猪口の内側に付けたりもしてます。

といった、不均一のあじわいのお話しでした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.03.19

プロのつぶやき328

いつも日曜の夜にアップしている「プロのつぶやき」が都合によって3/21(火)になってので、今日はここにまず半分アップします、申し訳ありません。

「バリスタ選手権&シンポジウム」

先週は3/11(土)にSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)のカッピング・セミナーに行き、今週は3/15(水)に臨時休業して、JBC(ジャパンバリスタチャンピョンシップ)の決勝を観戦・・・翌日16日(木)はSCAJの第一回会員シンポジウム「スペシャルティコーヒーに対する取り組みと課題」に行ってきました。なかなか、刺激的な毎日でした。そんなこんなで、今日は僕なりに感じたことをお話ししてみたいと思います。

まず、JBC(ジャパンバリスタチャンピョンシップ)の決勝ですが、東京ビックサイトのホテレスショーのキッチンステージに溢れんばかりに人が集まり、とっても盛り上がりました。バリスタ選手権の注目度を肌で感じました。特に、50才のおじさんから見ると、本当に若い人人人、男女関係無く若い・・・多分普段バリスタとして仕事をしていたり、カフェに関わっているみなさんがほとんどなんでしょう。(僕の20代の頃には無かったイベントであり、ムーブメントだなぁ〜とちょっと羨ましく、ジェラシーを感じました)

そんな勢いが充満するなか、決勝進出の5人の方が15分で、エスプレッソ、カプチーノ、シグニチャードリンクの3種類を4カップづつ淹れて、味覚審査の4名にサービスします。他に技術の審査を2名の方が採点しています。5名ともに緊張感と集中力がビンビン伝わってきますが・・・みなさん素晴らしい技術とサービスで、兎に角楽しく興味深く観戦しました。味は分かりませんが、客席から見ている感じでは甲乙付けがたいレベルの高さが伝わってきました。普段の仕事の素晴らしさを感じました。

そして、あ〜だこ〜だと好き勝手に感心したり、違いを感じたりしながら・・・結果の発表に進み・・・仲間の鹿児島のヴォアラ珈琲のバリスタ竹元俊一さんが優勝!・・・思わず立ち上がりガッツポーズ。いや〜、震えました。目標を持って努力してきた竹元さんに敬意を表します。彼は、焙煎にしても、カッピング、エスプレッソ等全てに熱心に研究してきていますので、一杯のカップに向けた素材〜焙煎、ブレンド〜抽出の一連の流れの素晴らしさが結果に繋がったのでしょう。おめでとうございます!!動いて行く時代を体験できました。

この後に、SCAJの第一回会員シンポジウム「スペシャルティコーヒーに対する取り組みと課題」についてが続きます。明日ここにアップしようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バリスタ選手権&シンポジウム

せわしなかった1週間が終わって、今日は一日原稿を書いたり、事務仕事・・・日本韓国のWBC準決勝を押さえつつ・・・読書したりです。なんだか急に冷え込んできました。先日最後の冷え込みだと思ったのに、甘かったようです。吉田美奈子のニューアルバム「Spangles」がご機嫌な出来です。凄腕のバンドメンバーと一緒にアルバム作ったり、ライブやったり・・・ライブはいつも満員、アルバムもそこそこ売れているようです。しかも、マスを対象にしていないので幸せな環境になっているんじゃないかな。先日、たまたま達郎の「ソノリテ」のレビューをアマゾンで見たら・・・書き込みの多いこと多い事、そして賛否両論が激しい激しい。達郎もマス相手じゃ無いけれど美奈子よりは多くのファンを対象にしているので・・・それぞれのファンの期待から逸れると、思い入れが強い反動で否定的な感想が出ますね。期待の大きさの裏返しですね。まぁ、褒める意見ばかりではなんなんでしょうけど・・・難しいもんです。

今週は、JBC(ジャパンバリスタチャンピョンシップ)の決勝を観戦・・・翌日16日(木)はSCAJの第一回会員シンポジウム「スペシャルティコーヒーに対する取り組みと課題」に行ってきました。バリスタ選手権にしても、スペシャルティコーヒーにしても、一部のコアな世界からマスに広がっていきそうです。幅が広がり、深く掘り下げていくんでしょう。そんな流れの片隅で、さかもとこーひーはどうしよう?なんてことも考えました。どうあがいても、今迄の延長で、毎日の積み重ね、繰り返しをしていくだけなんですが・・・素材と常連さんを見詰めながら、新しい魅力をイメージしていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.17

バリスタ選手権、SCAJシンポジウム

怒濤の1週間が続いていて、書き込みが遅くなっています。一昨日15日は臨時休業を頂き、東京ビックサイトでのJBCジャパンバリスタチャンピョンシップ決勝を観戦、昨日は午前中にパッキングをして、午後からSCAJのシンポジウム(スペシャルティコーヒーに対する取り組みと課題)に行ってきました。明日は又都内に一日野暮用があって出かけます。先週の土曜日はSCAJのカッピングセミナーでした。バリスタ選手権やシンポジウムについては、後でレポートしますね。これから歯医者さんに行って、手入れしてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.14

ジャパンバリスタチャンピョンシップ

今シーズン最後の冷え込みになっている千葉です、でも、同じ冷え込みでも明るいし真冬とは違いますね。一昨年までは、この季節、申告の為に朝いちで税務署に行き、並んでました。税務署の玄関が北向きで、その時の寒さは忘れられません。

明日15日は、東京ビックサイトで、ジャパンバリスタチャンピョンシップの決勝を観戦です。臨時休業になりますので、ご了承ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.12

カッピングセミナー〜ポールバセット〜博多一風堂

すみません、1週間のご無沙汰です。今週はなんだかバタバタしていて、日記を書き損なってしまいました。昨日はSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)のカッピングセミナーで朝から夕方まで、びっちりカッピングのトレーニング。今迄暗中模索のカッピングでしたが、昨日は大きなヒントをいくつか掴みました。これは嬉しい!!講師の先生方やサポートメンバーの方々に感謝感謝です。薄紙一枚二枚剥がれる事でしょう。明日からのカッピングが楽しみになります。で、その後は仲間と連れ立って、銀座のポールバセットでお茶しました。仲間ははじめてだったようです。土曜の夕方で満席でしたが、すぐに4人で座れました。上品な女性のみなさんが和んでました。で、新橋まで歩いて行って入った焼き鳥屋さんが美味しくて、ご機嫌でビール焼酎がすすみました。素材もなかなか良いのですが、高級店では無いので良心的な良さかな、それよりも火の通しがとっても丁寧で、コースで10本前後あったと思いますが、ひとつとして雑なものが無くて快適でした。

今日は午前中に野暮用で千葉にでたついでに散髪して、お昼は千葉初見参の博多一風堂に行ってきました。
博多で一回頂いていますが、千葉にきてどんなもんだろうと。もっと早く行きたかったのですが、ダイエット中なので我慢してました。10人くらいの列に並んで、入ると、美味しいのは勿論(かなり上品なので、ラーメンマニアの人だと評価分かれるでしょうね)スタッフ、お店の流れ、メニューと随分気が利いていて、これは繁盛するのは納得。細かいところがお客さんの為にといった視点から工夫しているのが・・・プロの目から良く見えました。見習わないと。そんなこんなで、3/15(水)はジャパンバリスタ選手権の決勝を観戦の為、臨時休業です。ご不便おかけしますがよろしくご了承ください。年々盛り上がってきていて、素晴らしいですね。又レポートします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.05

コーヒーのコク研究(10)

今日の千葉はぽかぽか春の陽気でしたが・・・一日部屋で仕事でした。昨日のワイン会のワインがみな少しアルコール分が強かったようで、いつもよりも酔っていたようで、午前中はなんだか調子がでませんでした。それでも、気合い入れて順番に片付けて、お昼はひとりカレーのパックを温めて済ませ、サンデーソングブックやCD聴きながら無事夕方には終わりました。では、コーヒーのコク研究(10)に進みます。

今日は身体を温める食材、冷やす食材とコクの因果関係です。

・食べ物には、身体を温める性質のものと冷やす性質のものがあることが分かっている。
・中国の家庭料理ではそのような分類を上手に利用している。
・温める食材・・・トウガラシ、ネギ、タマネギ、ニラ、ショウガ等
・冷やす食材・・・豆腐、大根、キュウリ、カニの身、アサリのむき身、ほうれんそう等

この辺はわりと情報が出回っていますし、経験的にもなんとなく分かっていますよね。
寒い日暑い日で食べたいものも違いますしね。

・温める食材には、コクのある「濃い」味がする
・冷やす食材には、あっさりして強いコクを感じないものが多い

なるほど、そう云われてみればそうですね。

・食べて身体が温かくなること自体がコクを感じさせるのか、コクが体温を上げるのか、
 どちらが先か分かっていないが、強い因果関係があるのは明らか

・多くの香辛料や香味野菜等がコクを強めるのも体内で熱を生むことと無関係ではないよう
・豆腐や麺類等には香味野菜を薬味として添えるが、あっさりした食材にインパクトを与えていることに
 なるが、冷やす食材に温める食材を合わせるよいう形に見える

コーヒーでも、暖かい季節と寒い季節で飲みたいタイプ、美味しく感じるタイプがあると思います。

さかもとこーひーでも、《旬・瞬》コーヒーとして、出来るだけ季節に合った、魅力的な味や香りになるよう色々とトライしてきました。一緒に頂きたいお菓子も違ってきますしね。

でも、コクにも関係するみたいです。なんとなく実感できます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.04

*春に誘われて・・桜ぼんぼりカフェ*

*春に誘われて・・桜ぼんぼりカフェ*
明るい陽射しが嬉しいですね、さかもとこーひーの
春は「桜ぼんぼり」から訪れます。「イルガチェフェ」
は《花のような香りと上品な味》でお勧めします!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆桜ぼんぼりカフェ 945円/250g
 春らしい爽やかな香りと甘さで人気NO1
☆モカ・イルガチェフェ 1260円/250g
 花のような香り上品な味でお勧め!
★深・モカシダモ 945円/250g
 大好評のシダモを深煎りファン向けに!
★モカセット 1890円 各250g
 モカ・イルガチェフェ、深・モカシダモ
★《旬・瞬》カフェCセット 2625円 各250g
 桜ぼんぼり、モカ・イルガチェフェ、深・モカシダモ
★深煎りセット 1890円 各250g 
 深・モカシダモ、カフェグローリア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3/6(月)からの新発売のお知らせです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.03

久世光彦さん

久世光彦さんが亡くなった、先日の日記で「室内」の休刊について書いたばかり。久世光彦さんは山本夏彦さんと親しくて「昭和恋々―あのころ、こんな暮らしがあった」(今文庫になっているはず)がおふたりの共著で、とっても楽しく読んだのを思い出す。週末に又読み直してみよう。夏彦さんが戦前、久世さんが戦中戦後を、写真とエッセイで振り返っている。そこには、懐かしさを切っ掛けにして、人間の暮らし、本質をあぶり出している。敬愛する頑固親父が遠ざかってしまった。でも、本があればいつでも隣にいる友人だ。

「七人の孫」は見ているはずだけど、記憶があやふや。「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」はまさにオンタイム。涙を流しながら笑っていた。僕のアイドルは美代ちゃんと風吹じゅん。ふたりとも久世さんのドラマでデビュー、ふたりとも今でも魅力的なのが嬉しい。(三矢サイダーのCMで、大瀧さんのメロディーをバックに弾む風吹じゅんが最高でした)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.03.01

春を呼ぶ雨

パッキングが終えて、野暮用で都内へ、時間があるので、いつものスターバックスに寄っています。ここまiBookを開けば家にいるのと同じようになるので、重宝しています。最近のスタバは結構ハードなジャズがながれて、スタッフの元気の良い声と多少の喧噪で・・・昔の繁盛喫茶店のような居心地みたいです。千葉でもここでも、僕の息子と同じ年格好のお嬢さんがとってもフレンドリーな笑顔でいつも感心しています。銀座のポールバセットも内装からサービスからコーヒーのクオリティまで伝わってくるものがありますが・・・なんだか、色々と考えてしまいます。喫茶店が減少しだした1982年(ちなみに僕が独立した年)から20年以上かかって、カフェがすっかり暮らしに馴染んだ気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »