« 「父と暮らせば」 | Main | 夏日になったらタンカレーのジンですね。 »

2007.04.23

エスプレッソ、ラテのご感想

先週初夏になったと思ったら、雨が続くは、冷え込むはで、晴れが続かない春らしいといえば春らしい陽気の千葉です。
プロのつぶやき255 「家庭で楽しむエスプレッソ」ということで書いたのが2004年の9月でしたので…もう2年半、それ以来エスプレッソやラテをイメージしたブレンド作りの試行錯誤を繰り返しています。最近目立って常連さんからのエスプレッソやラテのご感想が色々と届いています。

今日はそんな中から最近うちのコーヒーを知ってメールをくださった方からのご感想をご紹介します。

「早速茜ブレンドをエスプレッソにしてみました!感想はなんというか・・・・すごいですね!私は今まで○○の豆を使っていました。そこでエスプレッソ用として進めてもらった数種の豆を買ってエスプレッソを淹れていたのですがそんなに言うほど味がかわっているように思えませんでした。(少し香りが違うかな程度でした)で、最終的にカフェ・○ロナという商品に落ち着いていたのですが、茜ブレンドを飲んでほんとにびっくりしました!」

以前から、家庭でエスプレッソを淹れているお客様には「茜ブレンド」が人気NO1です。僕としては、エスプレッソをイメージしたブレンドでは無いので、茜ブレンドのどこがみなさんに評価されるのか、色々と聞いたり、考えたりしています。

「まず今まで飲んだどのエスプレッソよりも香りの密度が違いました・・・・・・そして一口飲んだ時に感じた程よい苦味、甘み(これを感じたのも初めてです!)、その上に乗っかる高密度の香り・・・・ほんとに鳥肌が立ちました・・・・・そして二口目・・・・最初の香りでびっくりして気づかなかったのですがとても心地よい酸味があるんですね。いままでコーヒで味わったことのある酸味はあとで胸焼けを予感させるすっぱーい感じだったのですが、これはとてもフルーティな酸味でついつい後を引く感じがたまりませんでした。」

やはり、この香りのキャラクターにポイントがあるようです。深煎りのエチオピアの魅力とそれを支える中米の深煎りコーヒーのバランスでしょうか。今とは素材も焙煎もかなり違っていますが…14年前に開店した時からエチオピアモカを深煎りにしてきたので、僕の好みでもあるし、僕自身他の産地には無い魅力を感じていたので、その延長にあるんだと思います。ただ、かなり個性的ですので、軽やか系がお好みのみなさんには全く合わないと思います。うちの常連さんはいい感じの苦味系がお好みの方が多いので、その辺みなさんのお好みと僕の感覚が噛み合うんでしょうね。

それと同時に感じるのは、家庭でのエスプレッソがかなりの抽出レベルにあるということです。エスプレッソの抽出はかなりデリケートなので、ほんの少し抽出スピードが違っても僕がイメージしている印象にはならないと思うのです。この数年で家庭でのエスプレッソのノウハウが向上しているようです。

「よくベリーとかフローラルの感じとか言いますが私はいままでそれがコーヒーをほめる為の抽象的な言葉だと思ってました・・・・(実際私が飲んだ事のあるコーヒーでそんな香りしたことありませんでしたし・・・)でもこの酸味と香りが皆にこういう感想を抱かせているのだなと思いました。私はベリーやフローラルというよりかは美味しい赤ワインのような印象を受けました。」

はい、お酒好きワイン好きの僕の感覚が出てしまいますね。元々はワインでもボルドーばかり飲んでいました。(最近はブルゴーニュのピノ・ノワールの魅力に引き込まれていますが…元々はメルロー好きなんです。)ので、タンニンの魅力と苦みの魅力を重ねている感じです。フローラルやハニーライクの感じは深い焙きだと隠れてしまいますので、軽やか系で時々あります。

「香り、フルーティな酸味、苦味、甘みと色々な味の要素が一つになって・・・・・一気にさかもとこーひーさんのファンになってしまいました。今後も長いお付き合いをさせて頂きたいです。ほんとに美味しいコーヒーをありがとうございました!」

ありがとうございます、とっても励みになります。

「さかもとさんのコーヒー毎日楽しませて頂いています。茜ブレンド・・・・・・今のところエスプレッソはこれが一番気に入っています!ワインのように色んな要素の香りが盛り沢山で毎日幸せな気分にしてくれます。もう飲める宝石って感じですね・・・ルビーのような味わい・・・・夕食後、これを飲まずにはいられない状態になってしまいました・・・・・」

恐れ入ります♪

「ラテブレンド・・・・・・さすが・・・さかもとさん・・・ラテブレンドというだけあってミルクとの相性が素晴らしいですね・・・・・
ミルクと合わさった時、ミルクとコーヒーという感じで無く一緒になって深いコクを醸し出していますね・・・ちょっとこれは次回から外せないかもです・・・(笑)実は今回お願いしました豆の中で奥さんが一番気に入ったのもこのラテブレンドでした・・・・・いままで何種類かの豆でラテ作ってみましたがコーヒーが勝ち過ぎていたり、ミルクが勝ち過ぎていたりとエスプレッソで飲んだ時の良いところがミルクによって殺がれている感じがしていたのですが、これは美味しいです!
我が家の定番になりそうな予感です・・・・・」

これは、最初からエスプレッソをイメージし、さらにエスプレッソとラテの魅力をイメージし、ラテ用に作ったブレンドですので、とっても嬉しいです。僕の基本はミルクティや煮だしのロイヤルミルクティにあります。20代に紅茶専門に仕事をしていた時に、茶葉の違い、ミルクの違い、そのバランスの違いを色々と試していました。その感覚の延長で、エスプレッソとミルクのバランスを考えていますね。若い時の貯金が役立った感じです。それと、ラテブレンドを長年つかってくれているカフェフレスコさん(阿佐ヶ谷南)の業務用マシーンで一緒に検証したことも大きいと思います。ひたすら、次から次へラテを淹れて、微妙な違いを確かめられましたからね。それとバリスタとして毎日毎日お客様にラテを淹れてのご感想も役立っています。

「カフェ・タブロー・・・・・タブローで淹れたエスプレッソはこれまた茜ブレンドとは全然系統が違う香りでビックリしました・・・・とてもよいあま〜い香りがしますね。砂糖をたっぷりいれて飲むとチョコのような香りと甘さが口一杯広がって・・・・・・甘いもの好きの私にはたまりません(笑)ちょっと甘いものがほしいなと言う時に「チョコをちょいとつまみ食い」のような感覚で頂いています。また、タブローをコーヒープレスで淹れてみたのですが凄く甘みがあってビックリしました。香りこそエスプレッソで淹れた時の方が強いのですが甘みはプレスで淹れた時の方が凄く感じられました。いままでこんなに甘みのあるコーヒーは飲んだ事がありません。最近は夜甘いものがほしい時はラテ+お菓子かタブローで淹れたプレスコーヒーという風になっています。」

どうも、ありがとうございます、カフェタブローは深煎りのブラジルの甘さを魅力にしたいとイメージしたブレンドなんです。カフェタブロー好きの常連さんも多いんですが、茜ブレンドとカフェタブローではお好みが分かれるようです。ブラジルはほんの少しでも焙きすぎると台無しになってしまいますし、焙煎初期のカロリーがオーバーしてもせっかくの甘みが半減してしまいますので、いつも気をつけています。

「さかもとさんのコーヒーは各商品毎に全く違う性格の味、香りを持っているので凄く楽しませて頂いています。(コーヒーって種類によってこんなにも違うものなんだと毎回ビックリさせられています)次回も是非、さかもとこーひーさんにお願いしたいと思いますのでよろしくお願いします。」

まぁ、似ているコーヒーはメニューに載せませんので、みな比べれば違う魅力だと思いますが、違いが感じられた時って妙に嬉しいですよね。みなさんのご感想によってどのような感じ方をされているのかが伝わってきますので、それが頼りになっています。メールでもお電話ファックスでもほんの1行でも、次の魅力作りのヒントになりますので、よろしくお願いします。お待ちしています。「美味しさってあるもんじゃ無くて、感じるものですよね」

|

« 「父と暮らせば」 | Main | 夏日になったらタンカレーのジンですね。 »

エスプレッソ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エスプレッソ、ラテのご感想:

« 「父と暮らせば」 | Main | 夏日になったらタンカレーのジンですね。 »