« May 2007 | Main | July 2007 »

2007.06.30

「地下鉄に乗って」

薄曇りの土曜日…ぼーっと「地下鉄に乗って」観てました。う〜〜ん、こういったファンタジーはしちょっと馴染みにくい。「三丁目の夕日」も同じだったけど、昭和世代で30年代をリアルに憶えているおっさんとしては、はいっていけない粗さが目立ってしまいますね。上手に嘘の世界に連れてってほしい。さて、午後からは予定を順番に片付けないと…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.28

「武士の一分」

今年一番の蒸し暑さだったんじゃないかな。早めに仕事が終わったんで、この夏初のシャトレーゼでまとめ買い。その前にTSUTAYAへ行って「武士の一分」借りてきました。焼き鳥でビール、食後にみぞれ食べて「武士の一分」。山田監督の時代劇前2作に比べて、おだやかな雰囲気でおだやかに進行。たんたんと見終わってしまうなぁーと思ったら、ラストでジーンときてしまいました。エンドロールで流れる尺八がかっこ良かったなぁ〜。山田監督の時代劇前2作や黒澤時代劇の緊張感を求めていたら、別世界に引き込まれましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.27

真夏の恒例、シャンパーニュ尽くしです

ワイン仲間から、真夏恒例、今年で3回目の「真夏の恒例、シャンパーニュ尽くし」の案内がきました。今回は全てジャック・セロスのシャンパーニュ。最近は人気上昇でなかなか入手困難になっているというシャンパーニュばかりで5種類。なんと、あっという間に定員になってしまったそうです。
サンク・オ・ピエのシェフがどう料理を合わせてくるかも楽しみ。僕のこーひーは何にしよう。

書こう書こうと思いながら忘れていた前回のワイン会はブルゴーニュがテーマで、ルロワの同じ年、同じ畑、同じ生産者…そこからオーナー所有の畑から収穫されたぶどうで作られたワインとぶどうを買い付けられたボトルの比較。過去最高の感激でした。料理もすごくて、忘れられない。

忘れないうちに、メモとして書かなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.26

M's佐山雅弘トリオが千葉にやってくる

1年半ぶりに、M's佐山雅弘トリオが千葉にやってくるので、今日チケットを取ってきました。9月です。前回は去年の春だったですね。ニューアルバム"We Got Rhythm"引っさげて千葉市民会館小ホールです。佐山雅弘、小井政都志、 大坂昌彦の凄腕トリオ。たのしみたのしみ。そういえば、ぜんぜんライブ行ってません。

ところで、うちのスタッフKさん、今日「茜ブレンド、よくでますねー!」…と、いうことで、帰りにお持ち帰りー、してもらいました。明日か明後日か感想が聞けます。うちの定番深煎りコーヒーのエースですから、常連さんがなんで茜ブレンド好きなのか?…香りだけで「複雑な香りしますねー」って云ってました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.25

うちの新人スタッフKさん

うちの新人スタッフKさんが来てくれるようになってもうひと月半…日に日に慣れて連係もよくなっています。今日は「昨日のK1はどうでしたー?」なんて僕に聞くもんだから、そこからK1からプロレス、キックボクシング、ボクシング…と延々格闘技話の餌食になってしまいました。そんなKさんの大事な仕事のひとつが…普通のお客さんとして(今迄もさかもとこーひーの常連さんでしたが…)さかもとこーひーをひと月に1キロくらいは飲むこと。(勿論仕事なので、無料です)で、その素直な感想を云いたい放題云うことなんです。今日は週末に飲んだ「軽やかなブラジル」の感想。「フルーツっぽい?フラワーリー?なんか最初自分の舌がおかしいのかと思って…」そうそう、それはフローラルな香りだよ〜。「ほんと!お花のような香りがしたんで、コーヒーとは思えなくて、自分がおかしいのかと思っちゃったー。クリアー?」そう、クリーンカップって云うけど…女性は良い感覚してるんですよね。ちょっとリードしてみると、どんどん香りや味わいを捉えた言葉がでてきます。でも、専門家にならないように、普通に楽しんでもらうように、云ってます。さかもとこーひーの常連さん代表です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.24

レポート「和菓子をさかもとこーひーで愉しむ会」

梅雨なのに、相変わらず毎日夏空の千葉です、昨日金曜日だけシトシト雨降りでしたが、今日はもう気持ちよく晴れ上がりました。そんな陽気にタイミングが合ったのか、水出しアイスパックの評判が予想以上に良くて、戸惑っています。まぁ、みなさん手軽にアイスコーヒーを楽しみたいんですよね。いつものご注文+水出しアイスパックのパターンが目立ちます。デザートは別腹とよく聞きますが、水出しアイスパックもいつものコーヒーとは別枠みたいです。朝すぐに飲めるのが嬉しい…そんな声を聞くと、復活して良かったと思います。軽やかなブラジルも暑い夏にホットでOKな味わいとご感想が届き、この時期にお届けして良かったと喜んでいます。

さて、今日は先週の土曜日に千葉県柏市のHANA-REさんのギャラリーをお借りしてのコーヒー教室「和菓子をさかもとこーひーで愉しむ会」のお話しです。

お菓子は「常夏(煉り切り)」カフェ ソレイユに合わせてデザインしてくださった向日葵で今回だけの一期一会のお菓子です…「七変化(きんとん)」雨上がりの紫陽花…「落とし文(抹茶煉り切り)」ホトトギスが虫の卵を食べようとして誤って落としてしまった様を表現した茶道で昔から使われる意匠…「花香る(煉り切り)」季節の可憐に咲く野薔薇、父の日に因んで。

まずは、いつものコーヒー教室と同じように「コーヒーはフルーツだ!」と「丁寧な暮らし」の2本柱のお話しからスタートです。大地の栄養、太陽や雨風の恵み、健康な木から実が成って熟していき、ちょうど良く熟した実が理想的なこと、その香りや爽やかな甘さ…それを焙煎して、その焙煎が僕と常連さんのコミュニケーションで最後の微妙なバランスを決めていること…ギャラリーいっぱいに香りが広がる中、挽きたての香りをみなさんに嗅いで頂き、豆によって全然違う香りを楽しんでもらえたら一気に盛り上がってきます。もっていったコーヒーは「ブラジルCOEコブラス農園」「カフェ ソレイユ」そしてまだ発売前のテストローストした「ケニア」。

「七変化」「落とし文」「花香る」からお好みで選んで頂き、最初に淹れたのはブラジルCOEコブラス農園です。このコーヒーは最初に甘さがくるんです…普通は最初熱い時に香りが印象的で徐々に甘さが顔を出し、余韻へと移っていきますが…不思議なコーヒーで、フローラルやハニーライク、フルーツの香りと上品な甘さが最初にきて、冷めてくると明るい透明感が素晴らしい爽やかさがどんどん感じられてきます。その柔らかで品の良い甘さがきっと福一さんのお菓子に合うだろうと選びました。結果はイメージとおりでご機嫌でしたが…なによりも朝出来立てのお菓子の爽やかなこと!きっと和菓子職人さんが届けたい美味しさがこれなんだろうなと思いました。当たり前ですが、和菓子は刻々と美味しさが変わっていきますね。(福一さんでお話しした時に、出来るだけ手数を少なく、お菓子に触らないで、短い時間で作らないと味が悪くなってしまいます、と仰ってました。そのお話しが浮かんできた美味しさでした。)

次は、みなさんに「常夏」をお配りしてのカフェ ソレイユ。カフェ ソレイユは夏向けのいい感じの苦味系ブレンドですが…丸い柔らかな苦味、そして明るい爽やかな余韻がポイントです。苦味系なのに、後味が涼しげ…そこに「常夏」…なんと、カフェ ソレイユが引き立ってしまいました。「常夏」をひとくち、う〜〜ん美味しい♪…カフェ ソレイユをひとくち、う〜〜んカフェ ソレイユが美味しくなっていくー!。これは予想していませんでした。カフェ ソレイユを一段と美味しくする「常夏」でした。(料理やお菓子とのこういったフードペアリングの可能性がたまらなく興味深いです。)

お菓子を2つ頂いて、気軽な、或は深〜いご質問にお答えしながら…3番目のケニアを淹れます。これはたまたま手に入った新豆のケニアが前々日に届いて、前日テストローストしたら、そのクリーンカップなこと、柑橘系の香りの魅力的なこと、穏やか柔らかな酸が甘味に包まれて心地よいことで、これはお菓子2つの後にちょうど良いかなぁーとお持ちしました。大正解♪(ケニア、7月か8月には発売できると思います。)帰り道が爽やかな美しい余韻に包まれます。

最後に、印象的だったみなさんのご感想…まず、粉の挽き具合や量、蒸らす4分の時間、これがみなさん少しずつ違ったようで、目の前で確認、それを味で確認、納得いただけたようです。特に、カフェプレスの微粉が気になり粗挽きにすると舌触りが悪くなること、細挽きのほうが滑らかになるというのを実感して頂けたようです。粉も少なめ、しっかり4分がポイントですね。ペーパードリップ等でコーヒーのキャリアが長い方ほど、粉を多めに粗めに挽いたりして、カフェプレスに馴染めないようでした。僕の淹れたコーヒーを飲んだ頂いて、僕の目の前のコーヒーのイメージを一緒に楽しめたと思います。

そうそう、偶然かどうか午前午後供に出た話題…ブレンド作りはどうやっているの?…ブレンドは、長いと3ヶ月短くてひと月位頭の中であーだこーだ彷徨っています。柱になるコーヒー、脇を固めるコーヒー、季節は?お客さんの好みは?…イメージがはっきりしてきたら、土曜日の午前中が多いのですが、一人店にこもって、カッピンググラスをずらーっと並べ、候補の豆もしかしたら使うかもしれない豆を用意します。で、カッピングスプーンで1杯2杯というように液体でブレンドしていきます。これはお茶のブレンドでそうすると知ってからずーっとそうしてます。簡単に割合を変えられますからね。

で、一晩経ったら、今度はカフェプレスで普通に飲みます。マグカップ2杯たっぷり、熱い時も冷めてからも、あんまり集中しないで…。時には、もう一日、二日同じことを繰り返すこともあります。最近はあまりたくさん試さなくても完成することが多いですね。スペシャルティコーヒーがだいぶ身体に馴染んできたようです。手のうちに入ってきてますね。常連さんのスペシャルティコーヒーへの感覚が伝わってきているのも大きいです。魅力を共有できていますね。

それと、和菓子との相性の良さには驚かれた方が多かったようです。ブラジルCOEコブラス農園ならどんなお菓子でもOKでしょうし、カフェ ソレイユはすこししっかりした味わいのお菓子がお勧めですね。和菓子好きの僕としては、個人的にお茶よりもさかもとこーひーの方が和菓子に合うと思ってます。

後は、ケニアの話しやさかもとこーひーのキャラクターの話し、ワインの酸と季節性、フレンチやイタリアンの食後のコーヒーの可能性等々濃ーい話しも飛び交いました。さかもとこーひーはじめての方にはビックリの話しだったようですが、せっかくお会いできた超常連さんと充実した話題でした。

そんなこんなで、会場をお借りしたデザイナーズリフォームのHANA-REさんhttp://www.hana-re.jp/、和菓子の福一さんhttp://blog.nerikiri.com/、コーヒーカップとお皿をお借りした蓮蓉茶樓さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/lotus_cafe888、このたびは本当にありがとうございました!今回のコラボは、それぞれの会社、お店が豊かな暮らし、心地よい毎日を軸にしていることで一致していたことで実現できました。そして、ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!普段お会いできないさかもとこーひー常連のみなさんとの2時間、アンケートのひと言ひと言、メールでのご感想…全てが僕の宝になりました。また、お知らせが間近になってしまい、スケジュールが合わなかったみなさん、申し訳ありませんでした。次回はもう少し早くお知らせできるようにします。これからも色々と試みていきたいと思ってます、お楽しみに♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.23

「歓喜の歌」映画化。

久しぶりに予定の無い土日。昨日梅雨らしい雨だったのに、今日はもう最高に気持ちよいくらいのいい天気。ゆっくり起きて、今朝も自家製杏ジャムでトースト、ヨーグルト、コーヒー。まずは、生豆の整理、煙突と焙煎機の掃除。この間お役御免になったスチール本棚の片付け。午後はCD聴きながら読書。4時からBSiで志の輔師の「千両みかん」いい休みです。つい最近志の輔パルコをwowowでやっていて観られた…この2年パルコでひと月やるようになってから行っていないんだけど…なんだかいい感じに年とって芸が熟してきた印象。そうそう、志の輔師の新作落語「歓喜の歌」が映画になるようです。これ、2004年の暮れのパルコの初演で観てラストの演出には驚きましたっけ!プロデュースは「フラ・ガール」でおなじみ、シネ・カノン代表李鳳宇さん。監督は「東京タワー」の松岡錠司監督、とのこと。新作落語の映画化ははじめてだそうです。う〜〜ん、楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.22

コーヒーのコク研究(32)

今日は梅雨らしい雨模様になった千葉です。さっそくヨーグルトに出来たばかりの杏ジャムを入れて頂きました。幸せー♪木で熟して、取り立てをジャムにして…香りも味わいもとっても爽やかです。この明るい爽やかな魅力がコーヒーでもお菓子でもジャムでも同じように魅力的に思います。

さて、6月はなんだかんだ日記の書き込みが出来ませんでした。書くことは色々とあるんですけどね。そんなこんなで、ひと月ぶりのコーヒーのコク研究は(32)です。

・動物はノンカロリー嫌い
・コアーのコクが本能の報酬快感であるとすると、本能を満足させるには「確かに欲しかった栄養素である」そんな保証が必要です。
・カロリーや糖分がいっぱいだと信じて食べたものが見せかけのものであったら、身につかないものに執着して馬鹿をみる。

・本能はだまされない。
・かつて開発されたノンカロリー油脂は、みかけは完全に油、その油をつかったポテトチップスは普通のポテトチップスと遜色ないできばえ。

・しかし、マウスの実験では、はじめは普通の油脂と同じくらいなのに、数時間以内に興味を失う。偽物にはだまされない。

・エネルギーの豊富な本物の油や糖であるという身体のお墨付きが…コクの深さ…に関わる可能性がある。

う〜〜ん、ふかいふかいコクの話しですね。僕は、例えばマーガリン嫌い、バター好き…と、いうように好き嫌いもありますが…食の仕事を目指した時から簡便な、あるいは偽物を避けてきました。とっても似ていても、違うんですよね。そうすると何が本物で何が偽物か?これも悩みますけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.21

今年の杏がやってきた。

かみさんの実家の杏が成って、我が家にやってきました。去年は裏作で、あまり出来なかったので、久しぶりです。夕方杏ジャム煮てたので、明日が楽しみです。フレッシュな杏のジャムはどんな高級ブランドのジャムよりご機嫌な美味しさです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.16

いや〜、忘れられない一日になった。

いや〜、今日の晩酌は最高でした。と、云っても、ゴードンのジンロックに柿の種ですけどね。柏市でのイベント…「福一さんの上生菓子をさかもとこーひーであじわう会」でした。さかもとこーひーがはじめての方から5年10年の常連さん、おひとり、ご夫婦で、ご友人と、ご家族で。2時間2回回しは、さすがに疲れましたが、福一さんのできたてのお菓子が素晴らしく、うちのこーひーともバッチリの相性…そして、今迄お会いできなかったみなさんとのお話し…ひとつひとつが僕の宝になりました。詳しいお話しを後ほど、まとめます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.10

「和菓子をこーひーで愉しむ会」

今度の土曜日6/16に、千葉県柏市で、我孫子市の素晴らしい和菓子屋さんとのコラボでコーヒーイベントを開催します。募集期間があまりありませんが、ご都合よかったらお友達とご一緒に、是非ご参加ください。お待ちしています。

昨晩は、サンク・オ・ピエさんでいつものワイン会、今迄で最高のワインの魅力、料理の魅力、デザートとデザートワインの魅力を堪能し、参加したメンバー全員がメロメロな笑顔になりましたが…最後のコーヒーも「ブラジルCOEコブラス農園」と試作中の夏のブレンド「カフェ ソレイユ」で、ゆっくりと味わいながら食後の時間が心地よくすぎていきました。

フレンチとワインでゆっくり2時間以上かけての食事の後のコーヒーがエスプレッソやコーヒー1杯では、どうにも物足りません。コーヒーが美味しいのは勿論ですが、2種類あって、その違いを楽しみながら、先ほど迄のワインや料理、その他もろもろの会話が弾む…そんな魅力、可能性を探っている最近のワイン会なんです。気の合う仲間とのあっちこっちに飛び交う会話とワイン、料理、デザート、コーヒーの3時間は愉悦のひとときです。帰り道も楽しいですね。

そんな食事と同じように楽しいのが…お気に入りのケーキや和菓子とコーヒーのひととき。家族や友人と一緒もいいですし、ひとりでも美味しいですよね。まぁ、ケーキとこーひーのフードペアリングの可能性も色々とありますが…和菓子とこーひーも抜群の相性の良さがあります。和菓子好きな常連さんも多く、色々とご感想も頂いています。(最近、お茶よりもコーヒーの方が相性がいいんじゃないかと思ってます。)

で、子供の頃からのあんこ好きで、高級な上生菓子から素朴な餅菓子まで、いつでも美味しく頂いている私ですが…このたび、我孫子市の「福一」さんという素晴らしい和菓子屋さんのお菓子とさかもとこーひーのコラボでイベントが決まりました。

さかもとこーひーは、季節感のあまり無い(アイスコーヒーくらいでしょうか)コーヒーに、無理矢理?季節感を出すのが、開店した頃からのテーマでした。お陰さまで、常連さんの協力を頂きながら…最近では「いい感じの苦味系」と「軽やか系」の柱を元にしながら、《旬・瞬》な季節のコーヒーをお届けしています。

元々、和菓子の世界の…素材はいくつも無いのに(コーヒーに似ています)…見事に季節のお菓子を作り、それがお客様の暮らしと一体化して当たり前に楽しまれています。さかもとこーひーも同じように、コーヒーで季節の暮らしをお届けしたいのです。銘も魅力的ですよね。

「福一」さんは、TVチャンピョンにも出場されたそうで、とっても意欲的なご主人です。6月の季節の和菓子2つに、それぞれイメージしたこーひーを用意した会になります。今回のイベント用にわざわざ「向日葵」というお菓子をご用意頂けるようで、今週「福一」さんにお邪魔して最終打ち合わせをして…さらに内容をつめていこうと思ってます。偶然準備していた「カフェ ソレイユ」は当然決まりですね。もうひとつのこーひーはまだ決めていません。

僕の大きなテーマのひとつが…コーヒーのある暮らしをいかに魅力的にするか…と、いうものなんですが…特にここ数年のスペシャルティコーヒーの取り組みによって、香り味わいや余韻がとっても爽やかだったり、甘さひとつとっても色々と微妙な甘さの魅力があったりで、フードペアリングの可能性がどんどん広がってきています。そんな流れの中で、今回の試みは僕にとって非常に楽しいものにできそうです。コーヒーに和菓子、或はケーキやチョコレート、料理との相性を磨いていくと、日本ならではの暮らしの楽しみが深まっていきそうです。

イベントの内容は…いつものコーヒー教室のテーマ「コーヒーはフルーツだ!」と「丁寧な暮らし」を軸にして、さかもとこーひーの基本的なお話しから淹れ方、実際に目の前で豆を挽いて、カフェプレスで淹れて、気軽に楽しく進めたいと思ってます。そして、「福一」さんのお菓子とさかもとこーひーのフードペアリング。はたして、どうなるでしょうか?楽しみです。コーヒーのある季節感豊かな暮らしへのチャレンジです。

ご質問、お申し込みは私坂本まで、お気軽にお電話、メールしてください、お待ちしています。いつものコーヒー教室と同じように参加無料になっています。(お友達と一緒にお気軽に参加してください)

-6/16(土)
-第一回10時30分〜12時30分
-第二回13時30分〜15時30分
-イベント会場:HANA-RE 柏ギャラリー
〒277-0022 千葉県柏市泉町1-1 SKビル1F
0120-046-870
http://www.hana-re.jp/

-各回10名、先着順で、完全予約制です。

坂本まで、お気軽にお申し付けください。
(お名前とお電話番号、希望時間第一回か第二回か、参加人数をお知らせください。)
takafumi@sakamotocoffee.com
0120-041751

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.07

柏市方面のコーヒー大好きなみなさ〜ん!

密かに進めてきていた、新しい試みのコーヒーイベントの形が見えてきました。素晴らしい和菓子屋さんとのコラボです。日にちは…6/16土曜日、場所は柏市。今迄のコーヒー教室を大きく1っ歩踏み出せそうです。もう少しはっきりしたらお知らせします。お楽しみに♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.03

「水出しアイスパック」

心地よい風が吹き込む窓辺でCD聴きながら本を読むのが一番リラックスします。最近CDが増えてきています。さて、そんなこんなの初夏ですが…先日、ある懇親会でのこと…僕の正面と右隣に常連さんが二人…その二人から「なんとか、水出しアイスパックを発売してー!」と、強く攻められました。その時は…「とにかく作る手間が無いので、そこを解決してなるべく早く発売します」と及び腰で答えたんですが…翌日、新戦力のスタッフとかみさんに相談しながら、オペレーションを工夫しました。新しいスタッフのKさんも3週間経って、すっかり日常のコンビネーションが出来上がりましたので、大丈夫だと思います。で、決まれば、せっかちな性分なので、本格的に暑くなるまえに発売します。

【水出しアイスパック】
何年お休みしていたでしょう?…休んだ時は、たくさんお叱りを頂戴しました。暑い夏には、お湯を湧かしたくない、まとめて作って、いつも冷蔵庫に用意しておきたい…でも、香りが良くって、後味が爽やかなアイスコーヒーじゃないと!…そんな、奥様の声に応えます。

*水1リットルに、水出しアイスパックを1パック、冷蔵庫で、一晩(約12時間)で、出来上がります。
*保管は、冷蔵庫で2〜3日間が目安です。
*お好みの濃さは、水の量で加減してください。

発売するからには、いつものさかもとこーひーと同じように、香りの良さ、円やかな透明感、爽やかな余韻…と、大切にしています。勿論、通常のコーヒーをお湯で濃いめに淹れて、氷で急冷したアイスコーヒーのほうが魅力的だと思います。その辺のお好みで、水出しアイスパックと通常のアイスコーヒー用とを上手に使い分けてください。

945円/1袋(1L用3パック入り)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.02

函館から常連さんがやってきた♪

きれいに晴れ上がった土曜日でした、日が暮れるのも遅くなって、いよいよ夏の気配ですね。今朝寝坊していると、突然電話が鳴って、飛び起きると…函館の常連さんが千葉にいらっしゃっているとのこと。もう7.8年の常連さんで、いつも電話でお話ししていますが…な・なんと80才になられるとのこと。船橋市にお住まいの息子さん夫婦宅に遊びに来ていて…さかもとこーひーは土日定休日なんだけれども、もし僕が居たら少しの時間でも顔をみてみたいということで…。うちの店は座ることも出来ないし、3人も入ったらぎゅうぎゅう詰め、それに田舎のどん詰まりで道が分かりづらく、なかなかたどり着けないないんですが…お昼前ならちょうど出かけないでいたので…やはり近所まで来ているのに迷い迷って到着されました。ご夫妻お二人とも、お電話のままの声で、80才になられるというのにかくしゃくとして、顔色も良いし、姿勢も良いし、お会いできてとってもうれしく、励みになりました。コーヒーのみながらの立ち話で恐縮しましたが、楽しい時間を過ごせました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »