« 「父親たちの星条旗」 | Main | ご感想の発表2、サンプリング倶楽部21、Vol3 »

2008.02.06

ご感想の発表1、サンプリング倶楽部21、Vol3

今日午前中に幼稚園ママさんグループのコーヒー教室始まったら…ちらほら雪が降ってきて、気がつくとものすごい勢い。幼稚園からお迎えの電話がきたらどうしよう〜〜、まだ一杯しか飲んでいないのに〜〜。僕は帰り大丈夫かな〜?で、ドキドキしましたが、天気予報とおりですぐに小やみになって、ひと安心。6名のママさんと4杯飲みながら、小川軒のレーズンウイッチ頂いて、楽しいコーヒー教室でした。そんなこんなで「サンプリング倶楽部21、Vol3」のご感想の発表1です。いつもいつも、自分だけでは気がつかないご感想を頂いて、宝です。

[くろねこ さま]
30歳
ふわふわのカプチーノが大好きです。
好きなコーヒー産地はエチオピア・ケニア。
使用器具
フレンチプレス、粗挽き15g・300cc。
ドリップ、中挽き10g・170cc。

感想
フレンチプレスとペーパードリップの両方でいただきました。チェイサーとしてお供にしたのはトリニダッド・トバゴ85%やジャンポールエヴァンのチョコレート。2種どちらにも感じられたのは、なめらかでとろみのある口当たり。そしてそれがペーパーでも変わらずに得られたのは、とても新鮮でした。

・陽だまり
ゆっくりとひとくちを口にふくむと、焼きたてのカップケーキを思い浮かべました。こうばしいキャラメルとシナモンのかおり、しっかりとローストされたの胡桃のような脂質。バターのなめらかな口当たりと旨みが、あまさをまとってゆっくりと広がりつづけます。ブラックペッパーをおもわせる、シャープなスモーキーさのアクセントをそえて。ペーパードリップではアクセントが濾されて、ひたすらなめらかな一体感が楽しめました。旨みが印象的な、充実したコーヒーだと思いました。

しかし「湯だまり」のすばらしいカップはとてもはかなく、4日目をすぎると印象的だった一体感や旨みは、みるみると影をひそめてしまいました。あらゆるものは変化を伴って在るわけですが、この一体感と旨みを、もし二週間保てたならと思うのは贅沢でしょうか。

・冬ケニア
ケニア産のシングルオリジン・コーヒーは好んでよく飲んでいます。シャープな苦味ではっきりとした輪郭があります。未熟な葡萄に似た酸味、ハチミツを思わせる甘み。口にふくんで一息つくと、大地や干し草をおもわせる産地由来の香りがしました。シングルオリジンとして、とてもスマートでシックにまとまっているという印象でした。持ち味にファットな感じさえあるケニアですが、あえてそぎ落とさずに、グラマラスなドレスアップでも見てみたいです。

釈迦にナントカを100も承知の上で、書きたい放題かかせていただきました。。。特に「陽だまり」は魅力的で、ネーミングも絶妙だと感じます。ぜひ大切に育てていただきたいです。
素敵な企画にお招きいただいて、ありがとうございました。
先日、サンプリング倶楽部 21、Vol 3にお招きいただいて、
「追伸]
いただいたコーヒーは、プレスは毎回さかもとこーひースタイルで飲んでいます。残り少ない「陽だまり」を、朝のコーヒーにとフレンチプレスでいれました。届いたばかりの印象的なカップから、4日目から大きな変化があったと書きました。8日目にあたるこの朝も、初日の記憶を惜しみつつ飲んでいたのですが、ふと、なにげなくお湯ですこし割って飲んでみたのです。するとバランスが大きく変化して、初日の印象にとても似たカップがやってきました。 もちろんカップに含まれるものは変化していないので、濃さとバランスの妙・・・ですか。その塩梅とカップの表情について、新鮮な驚きと出会うことになりました。サンプリング倶楽部は良質なコーヒーだけでなく、新しい発見も届けてくれました。


[RYOSUKE さま]
-使用器具 マシン:ランチリオ-シルビア グラインダー:ランチリオ-ロッキー
-挽き具合 エスプレッソ用に極細挽き(ロッキーの目盛り10)
-コーヒーの使用量 18グラムでエスプレッソを2オンス抽出
-感想
1.「陽だまり」
到着した晩に早速頂くことにします.いつもの手順でエスプレッソを抽出すると,きめ細かなクレマに覆われます.すぐさま熱湯を注ぎアメリカーノとしていただきます.ん?これ,ものすごく飲み易い!というのが第一印象.例えるなら,ステレオで自分好みにイコライザーをいじる前のフラットな状態.酸味や苦味どれも過度の主張をしてきません.お茶菓子も無しに一気にガブガブ飲み干してしまいました.万人向けというか,コーヒー苦手な人でも飲めるんじゃないかと思えます.日本人にとっての「緑茶」という感じでしょうか.まさに「陽だまり」でボーっとしながら自然に飲める,そんなコーヒーだと思います.

2.「冬ケニア」
こちらもアメリカーノでいただきます.甘さもありますが,酸味が強く感じられます.爽やかな印象なので,二杯目はミルクを入れてみました.個人的には大正解です.アールグレイ紅茶のミルクティーのように,香りが生かされる気がしました.

今回の2種類の豆は,どちらも飲み易く,普段コーヒーをあまり飲まない人にもオススメできる豆ではないかと思います.

-年齢、性別、普段お好みのコーヒー等
37歳 男 普段はカフェラテやエスプレッソを熱湯で割ったアメリカーノをよく飲んでいます.好きな豆は,グアテマラ,マンデリンなど,もちろん深煎です.


[uei さま]
-使用器具 カフェプレス
-挽き具合(やや細挽き)
-コーヒーの使用量(1杯抽出、コーヒー10グラム、お湯160cc)
-ご感想
まず、陽だまりいただきました。シルキーな口当たりが、坂本さんがイメージされた陽だまりを感じさせました。後口は柑橘系のさわやかさが心地良いですね。苦味は少なく、全体的に上品な仕上がりコーヒーだと思います。絵でいえば印象派の絵画のような感じでしょうか。

次に冬ケニアですが、袋を開けたときのミルクチョコレートの甘いフレーバーが良いですね。
このフレーバーが抽出したときに飛んでしまわずに、口の中に広がりました。後口の酸味はプラムのイメージでした。苦味も適度にあり、どちらかといえば男性に好まれる味だと思いました。チョコレートアイスクリームといっしょにいただいたのですが、相性は抜群です。

どちらもこの寒い季節に飲むにはぴったりの暖かさをイメージさせるコーヒーでした。いつも楽しませていただきありがとうございます。

|

« 「父親たちの星条旗」 | Main | ご感想の発表2、サンプリング倶楽部21、Vol3 »

サンプリング倶楽部21」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ご感想の発表1、サンプリング倶楽部21、Vol3 :

« 「父親たちの星条旗」 | Main | ご感想の発表2、サンプリング倶楽部21、Vol3 »