« February 2008 | Main | April 2008 »

2008.03.30

「夏の空(水出しアイス)」

桜満開の晴れた土曜日、午前中に野暮用片付けて、午後から近所の大きなに公園に行ってきました。千葉はけっこう大きくて緑いっぱいの公園が多いんです。多分、公園のパーキングは満車だろうと思って、かみさんの実家に車置いて、テクテク歩いて…10分程、いや〜、桜桜桜…ひとひとひと…ニュース映像みたい。ふだんは静かな公園なんですけどね。でも、屋台やらバーベキューは無いので、臭いもしないし、落ち着いた雰囲気です。桜の花を見上げると青い空に満開の桜が映えて素晴らしいです。

パーキング待ちを横目で見ながら公園通り抜けて、ファミレスでお昼、また、戻って公園を別コースで通り抜けて2時間弱…ちょうど良く足が疲れて帰ってきました。ちっちゃい子からおじいさんおばあさんまでみんなニコニコしてました…やっぱり気持ち良いです。桜の横でこちらも満開の雪柳の白さが素晴らしくきれいでした。(でも、一番好きなのは、遠くの山にぽつんと浮かんで見える山桜なんです。)

昨日頂いた東京のOさんからのメールです。「いつも美味しいコーヒーをありがとうございます。先ほど、届きました。早速タンザニアをいただきました。わーぉ、美味しい!!!アップルミントの香りわかります。甘くて、苦くて、いい香りで、毎日、仕事中にほーんわかしたり、きりっとしたり、坂本さんのコーヒーで楽しませていただいております。ありがとうございます。」

こんなメールを頂けるので、たまりません。最近の女性は本当に感覚が素晴らしい。今お届けしているタンザニアには、華やかな香りにアップルミントのニュアンスを感じるので、その辺を書いたのですが、共感してもらえると何よりの喜びです。爽やかさと甘さとミントの感じの香りが魅力的なんです。

そんなこんなで、春から初夏に向けて、今日は「夏の空(水出しアイス)」のご紹介です。

【夏の空(水出しアイス)】
去年6月に数年ぶりに急遽再発売した「水出しアイスパック」でしたが…今年はきちんと準備してました。暑い夏には、お湯を湧かしたくない、まとめて作って、いつも冷蔵庫に用意しておきたい…でも、香りが良くって、後味が爽やかなアイスコーヒーじゃないと!…は、去年の話しです。去年は急だったのもあって、とりあえず特上アイスコーヒーを水出し用にパックしたものでした。それでも好評だったのですが…僕としては今イチ納得いきません。やはり、水出しアイス専用にイメージしてブレンドしなくちゃ!

で、冷え込みの厳しい1月の半ばに…スタッフのKさんと話し始めました。今年の水出しアイスなんだけど…え〜、こんな寒いのに〜!…まあまあー、水出しアイスもそうなんだけどー、一般的にスーパー等で安売りしているリキッドアイスとか、夏の手頃なアイスコーヒーや冷たいものってどんな味の印象?特にアイスコーヒーは?…「う〜〜ん、まず苦い、そして飲んだ後の嫌な感じ。あと、味が無い。香りは勿論それなりでしょ。特にミルク入れても嫌な味消えないし、味が薄い。そうそう甘味がついていると砂糖の甘さが…。」

そんな話しを聞きながら…イメージが浮かび、ブレンド内容も浮かんできました。とっても参考になりますね。円やかさ、すっきり感、後味の良さ、ミルクを入れてさらに美味しい、香りもいい。できた候補は2つで、ひとつ目は爽やかさすっきり感重視。二つ目は、円やかさ、香り、濃く、余韻の満足感、ミルクとの相性の良さ。…で、二つ目のブレンドに決定しました。

深・エチオピアモカとマンデリンに中米の深煎りを3つブレンドしました。口当たりの円やかさと透明感、後味の香りと満足感、ミルクを入れてさらに美味しいこと…名前は「夏の空」で完成です。お楽しみください。(僕としては、お湯で淹れてオンゾロックで急冷したほうが好みですが、その辺は上手に使い分けてください。)

*水1リットルに、水出しアイスパックを1パック、冷蔵庫で、一晩(約12時間)で、出来上がります。
*保管は、冷蔵庫で2〜3日間が目安です。
*お好みの濃さは、水の量で加減してください。
*パックを水の中にきちんと沈めてください、しっかり濃くなります。

1260円/1L用3個入り(税込み)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.29

桜と雪柳。

桜満開の土曜日、午前中に野暮用片付けて、午後から近所の公園に行ってきました。多分、公園のパーキングは満車だろうと思って、かみさんの実家に車置いて、テクテク歩いて…10分程、いや〜、桜桜桜…ひとひとひと…ニュース映像みたい。公園通り抜けて、ファミレスでお昼、また、公園通り抜けて2時間弱…帰ってきました。ちっちゃい子からおじいさんおばあさんまで…やっぱり気持ち良いです。でも、桜の横で、やっぱり満開の雪柳が素晴らしくきれいでした。

昨日頂いた東京のOさんからのメール。

「いつも美味しいコーヒーをありがとうございます。先ほど、届きました。早速タンザニアをいただきました。わーぉ、美味しい!!!アップルミントの香りわかります。甘くて、苦くて、いい香りで、毎日、仕事中にほーんわかしたり、きりっとしたり、坂本さんのコーヒーで楽しませていただいております。ありがとうございます。」

こんなメールを頂けるので、たまりません。最近の女性は本当に感覚が素晴らしい。今お届けしているタンザニアには、華やかな香りにアップルミントのニュアンスを感じるので、その辺を書いたのですが、共感してもらえると何よりの喜びです。爽やかさと甘さとミントの感じの香りが魅力的なんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.23

「レシピの向こう側」

昨日の土曜日は午前中に仕事を終わらせて、午後からかみさんの実家に用事があって行ったんですが…車止めて庭に入ろうとしたら正面に杏の花が満開でした。きれいですー!見とれて、思わず携帯で写真撮りました。ゴッホの中では杏の花の画が一番好きなんです。夜は恒例のワイン会で、11時頃みんなでふらふら帰り道、木蓮の花も満開で夜の空に真っ白な花がとってもきれいでした。東京の開花宣言も出たようですし、なんだか嬉しいですね。(今年の杏は豊作でしょう、実がなるのが待ち遠しいです。うちのかみさん最近パン焼きに又気合い入ってきたので杏のジャムだけで無く、パンに使っても美味しいでしょう。)

さて、そのワイン会ですが…いつもはワインに合わせてシェフが料理を構成してくれていて…今回はサンク・オ・ピエさんの7周年記念コースhttp://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/diary/200802140000/にワイン会を主催してくれているKさんがワインを選ぶという逆特別バージョンだったのです。

ロゼのスプマンテに今年最後の自家製スモークサーモンに苺の前菜という春らしい色の快適なスタート…最後のお菓子好きチョコレート好きにはたまらないモアルーショコラ、そして持ち込んだのはタンザニアに僕のプライベートブレンド(自分の為のブレンドなのでまだ販売していません)。さすが、シェフの年に2回(X'マスとこのコース)の特別コースだけあって、一皿一皿の素晴らしさとコース全体の流れの良さに言葉少なくひたすら味わっていました。(さらに、用意されたワインの贅沢なこと!…参加された方の結婚のお祝いもあったので、ムートン76年もでました♪30年以上熟成したパワーとニュアンスの素晴らしい魅力に圧倒されました。)

スプーンを入れるとカラメリゼした表面がパリッとして中はバニラが魅惑的な香りでとろとろのクレームブリュレに暖かいスフレの中はトロッと半生のチョコレート、さらにフランボワーズのソースがアクセントになってたっぷりのココットを舐めるようにに完食、全てのお皿が済んで、シェフも一緒に、タンザニアと僕のプライベートブレンド、2つのこーひーを飲みながら料理やデザート、ワイン、こーひーの話しが弾む中…「鯛のソテー、ベルナール・ロワゾー風」の人参とワインのソースのレシピの話しになったのです。

これは、かつて三ツ星シェフだったベルナール・ロワゾー氏のスペシャリテだそうで…全くバターやクリームが使われていないそうです。魚はテフロンのフライパンで油を使わずに焼き、魚の下にはブルゴーニュのワインを煮詰め、人参のピューレでとろみを付け、昨日は甘さがいいオニオンソテーがアクセントになっていました。

サンク・オ・ピエとうちの常連さんで僕の隣に座っていたKさんが「格調高い!」って仰ってましたが…全くその通りに感じて、ワインと人参でなんでこんな洗練された言葉を失うような味わいになるのか?

シェフは、最初このレシピを知った時にしばらく作ろうと思わなかったそうです。レシピとおりに調理すれば、それはそれで料理としての形にはなるのでしょうが…そのレシピの意味するイメージが見えるまでは作らないと仰ってました。レシピの行間を読むと云いますか、レシピの向こう側をどうイメージするか!ってことなんでしょう。ワインの酸や人参のピュレの役割がイメージできるまでしばらく時間を必要としたそうです。味付けにとっても神経を使うので、あらためて気合いを入れる時でないと作る気にならないそうですから…相当集中力を要求されるのでしょう。

昔紅茶の店テ・カーマリーの頃、本を参考にしてケーキの新作をしょっちゅう作ってましたが、本に載っているレシピはネタ元にするだけで、そのレシピからどのような美味しさにするかイメージしながら、何度も何度も試作してました。ケーキ作りが好きなみなさんも同じだと思いますが、本のレシピ通りに作っても、今イチ美味しさが物足りないんですよね。僕の場合は、2回3回でほとんど基本的には完成していましたが…常連さんはその段階で「マスター、美味しいから、もう発売しようよ♪」なんて、云ってくれますが…そこから5回10回と微妙に作り直して行くと…同じ常連さんが「え〜、このあいだのより、美味しくなっている〜♪」そんなのをひたすら繰り返して、自分のレシピにして行ったものでした。(この頃の試行錯誤が今の味作りにとっても役立っていると感じています。)

そこには、レシピに書けない「ここ!」ってイメージがあるんですね。シングルオリジンでもブレンドでも同じですが、お客様に伝えたい魅力がはっきりとイメージできていないと、なんとなく美味しいだけになってしまう恐れがあると思ってます。特にスペシャルティコーヒーの素材の素晴らしさがあると、素材のクオリティに頼ってしまいそうになるので、気をつけています。うちのような小さな店は、大きな会社と違って一般的なマスのお客様に向けた味作りをしなくて済むので、常連さんのお好みをイメージ出来る分やりやすい面とピンポイントで狙わないとなかなか伝わらないという面があるように思うのです。まぁ、どちらにしてもレシピの向こう側にあるイメージ作りにやりがいがありますね。

そんなこんなで、みなさんタンザニアのきれいな味わいに驚き、さらにさすがワイン好きのみなさんは、華やかな香りや味わいの奥にあるシガーのキャラクターを指摘して、楽しんでいました。まだ名前の無いプライベートブレンドは、ひとり静かに飲みたい感じですね、とか、最近ご無沙汰の坂本さんらしいタイプですね、とか感想を頂き…僕はひとり「まったり系」と云ってますと答えてました。(色々とバランス変えてもう完成していますので、今年中にはご披露できると思います。)

では、今日もいい天気なんで、これから公園にでも行ってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.16

「タンザニア、ミモザカフェ、モカ・イルガチェフェ」

弥生3月も半ばになって、ここ千葉ではあちこちの庭で梅の花が咲いています。桜のつぼみも膨らんできて、もう寒さとはさよならですね。朝の散歩途中でよもぎをずいぶんと見かけるようになったとかみさんが云ってました。そんな話しから昨日は草餅が食べたくなって、お昼に蕎麦を食べに行った帰り何件か和菓子屋さんに寄ったんですが、もう売り切れていたりで、3件目でようやく買えました。千葉市中央の榎家さんは昔からお団子が美味しいんですが、桜だんごって新しいお団子がお目見えしてました。白あんを桜色にして桜餅の葉を刻んで入れてます。きれいで良いですねー。

そんなこんなで、今日はさかもとこーひーの冬から春に移り変わる3つのこーひーをご紹介します。8年ぶりの「タンザニア」にもうお馴染みの「ミモザカフェ」と「モカ・イルガチェフェ」…3つとも春にドンピシャの明るく柔らかな魅力いっぱいです。お楽しみください。

【タンザニア】
なんと、8年ぶりのタンザニアです。スペシャルティコーヒーに取り組むようになってからすっかりご無沙汰していて、なかなか縁がなかったタンザニアですが…偶然にこのタンザニアのサンプルをカッピングする機会があって…最初は先入観があって気乗りしなかったんですが…ビックリ!…そのクリーンカップなこと、香りの素晴らしさ、甘さ、余韻の豊かさと感心しました。ボリューム豊かな冬ケニアから、軽やかな味わい、甘さが魅力的な春にふさわしいタンザニアにタイミングよくバトンタッチできました。

まず香りですが…甘いフローラルの裏に柑橘系とほのかなアップルミントのような香りが隠し味になっているように感じられ、惹き付けられた。素晴らしくきれいな味わいに、心地よい甘さと魅力的な香りが漂い、軽やかさとマウスフィールの円やかな心地よさが両立しています。良いですねー。やや深煎りのいい感じの苦味系で、香りと甘さのバランスを取りました。

こーひーだけも魅力的ですし、最近よく目にするフルーツと生クリームのロールケーキや、シャルロット等の爽やかなムース系のお菓子、ダックワーズなんかもお勧めです。ふた月前後は大丈夫だと思います。お楽しみください。

1575円/250gパック(税込み)

【ミモザカフェ】
春向けのいい感じの苦味系としてデビューして4年目のミモザカフェです。さかもとこーひーのエース秋冬人気NO1の「ベラ・ノッテ」の春バージョンです。僕の好きな花は、桜にミモザ、杏の花も好きです。基本的に木に咲いている花に惹かれます。スタッフのKさんが自転車で近所を走っていると、このところミモザが植わっているお宅が増えていると云ってました。配達していた頃、10年来の常連さんTさんの玄関前にも大きなミモザがあって毎年この季節の配達がとっても楽しみでした。

明るく爽やかないい感じの苦味系をイメージしています。明るい素直な親しみやすい感じにしました。春のいい感じの苦味系の爽やかな甘さ、円やかな優しいコクが印象的な魅力になっていると思います。香りは優しいミルクチョコレートな感じが軸になって、余韻にベリーやフローラル、柑橘系のキャラクターがそっと顔を出して爽やかだと思います。生クリームのケーキやプリン、チーズケーキ、チョコレートやクッキーにマカロン。ナッツやチョコレートのアイスクリームにもドンピシャですね。ベラ・ノッテ好きな方は勿論、深煎りエルサルバドル好きな方にもお勧めです。深煎りエルサルバドルにケニアをブレンドしています。

1050円/250gパック(税込み)

【モカ・イルガチェフェ】
毎年この季節に年に一度お届けしています。エチオピアモカの素晴らしいコーヒーとして、もうすっかりお馴染みになった軽やか系[モカ・イルガチェフェ]です。透明できれいな味わいとフローラルやワイニーと云われる素晴らしいフレーバーが特徴的ですね。クオリティの高いイルガチェフェが世界中のコーヒー屋さんで取り合いになっているのが納得の他に無い魅力だと思います。

花のような上品な香りと味わいがご機嫌なモカです。今年のモカ・イルガチェフェは、柔らかな香りと口当たり、甘さが魅力的になるように意識しました。長かった冬が終わり待ちに待った柔らかな春の日射しにリラックスできるようにイメージしてみました。どなたにも親しみやすいホッとする軽やか系だと思います。お気に入りのサブレやクッキーと一緒にお楽しみください。

1260円/250gパック(税込み)

・・・
いよいよ、弥生3月日に日に春ですね、さかもとこーひー人気のセットのご紹介です。お楽しみください。(手さげギフト袋、小1-2個用、大3-4個用、無料))

【3月のニコニコ♪250gお得パック】
2008年3月は、いい感じの苦味系好き常連さんに根強い人気の「深・エチオピアモカ」です。モカ・イルガチェフェをいい感じの苦味系の深煎りにして…ワイニー、黒いベリー系のエキゾチックな魅力が他のコーヒーには無い深い味わいになっていると思います。お楽しみください。

《深・エチオピアモカ》 1050円/250g(税込み)

【ジョイセット】
お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセットの春バージョンです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《グアテマラCOEサンターナ》
《タンザニア》
《ミモザカフェ》
《モカ・イルガチェフェ》
《桜ぼんぼりカフェ》

各100g
3150円(税込み)

【《旬・瞬》カフェCセット】
さかもとこーひー人気一番のセットです。2008年春向け3つをセットにしました。僕にとって、どれもご機嫌なクオリティ、魅力のこーひーが揃いました、お楽しみください。毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。

《ミモザカフェ》
《モカ・イルガチェフェ》
《桜ぼんぼりカフェ》

各250g
2800円(税込み)

【トレジャーズセット】
さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。どちらも2008年お勧めの、春の香りと爽やかで円やかな味わいがご機嫌です。

《グアテマラCOEサンターナ》
《タンザニア》

各250g
3150円(税込み)

【深煎りセット】
深煎り好きの常連さん向けに用意したセットです。いい感じの苦味系好きな方のお好みにドンピシャ!深煎りセットにそれぞれのお好みをプラスして、そんなご注文からみなさんのお好みがとっても良く伝わってきます。

《タンザニア》
《ミモザカフェ》

各250g
2500円(税込み)

【軽やかセット】
軽やか系好きのみなさんに安心して自信をもってお勧めできるセットです。華やかで軽やか、円やかな魅力をお楽しみください。

《モカ・イルガチェフェ》
《桜ぼんぼりカフェ》

各250g
2400円(税込み)

・・・はじめてのさかもとこーひー・・・

【はじめてのAセット】
毎月の《旬・瞬》コーヒーから私坂本がお勧めする親しみやすい2種類を選んでお届けしています。組み合わせは[いい感じの苦味系]と[軽やか系]から選んでいます。これで、2つの味わいが試せますので、さかもとこーひーの傾向が分かり、次から選びやすくなると思います。

今は、円やかさNO1いい感じの苦味系[深煎りコロンビア]と、春の香り軽やか系[桜ぼんぼりカフェ]です。お試しください。

《深煎りコロンビア》
《桜ぼんぼりカフェ》

各250g
1890円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての深煎りセット】
深煎り好きのみなさん向けに、お試しのいい感じの苦味系[深煎りセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》ないい感じの苦味系250g2つのセットです。

今は、[タンザニア][ミモザカフェ]です。

《タンザニア》
《ミモザカフェ》


各250g
2500円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての軽やかセット】
苦味の苦手なみなさん向け、お試しの爽やかな軽やか系[軽やかセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》な軽やか系250g2つのセットです。

今は、[モカ・イルガチェフェ][桜ぼんぼりカフェ]です。

《モカ・イルガチェフェ》
《桜ぼんぼりカフェ》

各250g
2400円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)
・・・

では、また・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.15

春の朝食

すっかり冬が遠ざかって、春の日和。このところ、うちのかみさんがこまごまと台所の電気器具を買ってます。最初は、朝人参ジュースを飲んだほうが良いということで、ジューサー買いに行ったのですが、僕がハンドミキサー勧めたもので、ハンドミキサーに変更、やっぱりジュースにはジューサーじゃないと駄目だと、ジューサー買って、電気オーブンも20年以上使っていたので、シンプルで安い電気オーブンも見つけて…オーブンレンジだと下火が無いのでちょっとイメージ通りに焼けないんですね。暖かくなって、かみさんも色々と作りたくなってきたようです。

そんなこんなで、今朝は人参とりんごのジュースに、自家製天然酵母のパンに手作りの苺ジャムにバター。こーひーは来週発売の柔らかな春の香りと味わいのモカ・イルガチェフェ。ご機嫌でした。

それにしても暖かくて、午前中新しい豆のテスト焙煎しましたが、普段6時から焙煎しているのに、今日は10時過ぎ、普段よりも10℃も高くて温度設定に気を使いました。毎日同じ時間、同じ段取りで焙煎していると本当によけいな調整が少なくなるので安定します。今日のようにイレギュラーな焙煎は不安定だし疲れます。

午後は先週も行ったおそばやさんで小エビのかき揚げに大もりが美味しい美味しい、帰りに草餅買って、関口園さんのほうじ茶で頂きました。春ですねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.13

夫がコーヒーを淹れた朝

日に日に暖かくなって、花粉が猛威をふるっていますが、焙煎の火力も毎日微調整しながら春モードに移っていってます。

今週、スタッフのKさんが…今朝、気がついたら旦那が自分でコーヒー淹れてたの…って話しになりました。そうなんです。うちの常連さんにはご主人が自分でコーヒー淹れるようになる瞬間が良くあるんです。

元々、うちの常連さんだったKさんですが、以前はペーパードリップで淹れていて、うちで働くようになってからカフェプレスで淹れるようになったんですね。で、ご主人は缶コーヒー飲みながら車で通勤してたようなんですが、今はカフェプレスで淹れたコーヒーをポットに入れて通勤してるんです。そうなってもうすぐ一年、いつのまにか、そんなさかもとこーひーに慣れて…ペーパードリップで淹れたコーヒー飲んだらその違いに気がつくし…そして、ついに自分で淹れる日がきたのでした。

いつもは電話やメールで常連さんからそのような話しを聞いていたんですが、今はKさんから直接聞けるのでリアルに伝わってきます。新しいこーひーも先行して感想聞けますしね。助かってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.09

「古代手焼き香味せんべい弥じむ」

いよいよ、春らしくなってきました、セーター一枚脱いで身軽になって気持ち良いです。その分、花粉症が酷い方が多いですが、僕は薬飲んでなんとか抑えてます。昨日の土曜日はそんな陽気に誘われて…かみさんとパン屋さん、おそば屋さん、おせんべい屋さんと市内をまわってきました。

帰宅したら、常連さんからとっても嬉しいメールが届いていたので、まず、そのメールをご紹介します。

「前から気になっていたカフェプレス・・・。昔からの親しい友について、よく理解していて、いい所もよく知っているつもりだったのに、知らなかったすてきな面があってそれを発見したときの新鮮な喜びと感動!ちょうどそんな感じです。粉っぽいのではないかというのは偏見でした。コーヒーミルとカフェプレスに関して熱く語られているので、ちょっと試してみようかしらという気持ちになりました。せっかく持っているコーヒー豆の大切な部分を味わっていなかったかと思うと今までのことが残念に思える瞬間でした。」

Tさん、いつも、ありがとうございます。市内の10年来の常連さんです。先週豆と一緒にカフェプレスをお届けしました。うちの常連さんは、まず豆で買われる方が80%90%で、これはとっても嬉しいことです。そして、淹れ方は…カフェプレスを中心に、ペーパードリップ、コーヒーメーカー、最近はエスプレッソマシーンの方も増えています。コーヒーメーカーも金属フィルターが増えています。

勿論、どの淹れ方でも気軽に普段の暮らしの中で楽しんでもらうのが嬉しいのですが…僕が毎日飲んでいるのはカフェプレスなので、カフェプレスで淹れて頂くと僕が楽しんでいる魅力が伝わりやすいと思います。メールにあるように、粉っぽさを気にされる方がいらっしゃいますが…実はそんなこと無いんです。特にやや細挽きにしたほうが円やかさが感じられると思います。(さかもとこーひーの場合ですが…。)細挽きだと粉っぽくなりそうで粗挽きにすると…粗挽きの粒子の大きさが舌に刺激的になるようです。この辺がなかなか伝わらないようなんです、コーヒー教室で実際に体験してもらう時は簡単なんですが、通販だとちょっと壁があります。

そんなこんなで、木曜日にパッキングしながらスタッフのKさんと話題にでたお店3件に昨日の土曜日行ってきました。まずは、西千葉のパン屋さん。パン好きの方々には有名だそうで、ショーケースに入っているパンを対面で販売していて…じっくり発酵させたパンが美味しい!

それから、もうお昼ってことで、新倹見川のおそば屋さんへ。この辺はうちの常連さんも多く、配達していた頃はよくまわっていたところです。更科斉とうさんといって、さりげなくとっても美味しいおそばでした。手打ち蕎麦の店は多いですし、うちの近所でもまだ増えていますが…蕎麦は良くっても、つゆとのバランスにちょっと欠ける場合が多いのを残念に感じているんですが…こちらは全てに程よく良い加減でお気に入りになりました。僕は更科にもり、さらにもりをもう一枚。かみさんは小エビのてんぷら蕎麦。小エビのてんぷらも身がぷりっと軽くあがりご機嫌。ガチガチに気合い入りまくりのタイプじゃ無いところが、ふらっと行きやすいおそば屋さんの気軽さがあって、好みです。夜も充実しているようなので、今度は夜お酒で一杯やりながら最後の蕎麦で締めたいですね。

そして、おせんべいですが…以前友人から頂いて、かみさんと又食べたいねーと云っていたお店なんですが…場所が分かりづらいし、何度か夕方探してももう閉まっていたのか見つからないしで、諦めていたんです。で、おそば屋さんに行く途中、おぉ!たしかこの近所だということで、グルグルまわって見つけました。  「古代手焼き香味せんべい弥じむ」さんと云います。検見川の方にはお馴染みだと思います。

うちと同じように狭い店で、女性がひたすら包んでいました。おせんべいは1種類だけ?おかきもあるようですが、売り切れのようでした。友人から頂いた時は、焼きたてなんで、何日か置いてからが本当に美味しいって聞いたんですが、たしか待ちきれずに食べちゃいました。

で、大きめの袋をひとつ買ったら、おまけに焼きたてを2枚入れてくれました。車にもどって、さっそくその焼きたてをいちまい…柔らかめの固さで…う〜〜ん、美味しい!よけいな味が無くって、醤油もお米も良いのがよ〜く分かる。で、すっと口から消える。この後味がとっても印象的。

帰って、桜ぼんぼりカフェ淹れて…袋を開けて…まず、一枚。こちらは、カリっと先ほどとはちがって固めの歯ごたえ、ばりばり噛むとなんともその加減が快感、そしてやはり口溶けと云うか、すーっと消えて行って後味がすっきり爽やかで、すぐに次の一枚に手がのびてしまう。少し焦げ加減の部分や焦げていない部分等あって、その違いも変化になって楽しい。

二枚三枚と進んだところで、かみさんと…「せんべい臭さがまったく無いねぇー」「部屋におせんべいの臭いが残らない」「焼きおにぎりみたいな印象」「ちょっとつぶつぶな感じもある」「あぁ!醤油もお米も香りいいねぇー」「しかし、この歯触り、口の中で消えるまでの触感、余韻の心地よさ、おせんべい一枚でこれだけ香りから味わい、触感、余韻と快感をデザインしたもんだ!」

と、満足満足して、勉強にもなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.07

「立川談志 きょうはまるごと10時間」

さて、今週も終わって…明日急ぎのご注文がいくつかあるので、それを発送したら…いよいよ3/9(日)お昼12時からNHK-hi 「立川談志 きょうはまるごと10時間」です。

さてさて、見所満載。「石原慎太郎インタビュー」「ファン大集合・マニアック討論会(玉置宏・森本レオ・デーブスペクター他)」「山藤章二インタビュー」「対談・松岡正剛・談志落語の真髄に迫る 」「チュートリアル・徳井インタビュー」「桂米朝・談志を語る 」「爆笑!悪友鼎談(橘家圓蔵・毒蝮三太夫・高田文夫)」「志の輔&談志 親子会の真相 」「福田和也インタビュー・談志のこれから 」…う〜〜ん、談志師のまわりの方々がどう語るか!とっても楽しみ。本人の話しは高座や本でさんざん聞いているので、わまりの人の話しからしか見えないものが見える楽しみ。

勿論「へっつい幽霊」「芝浜」「粗忽長屋 」「居残り佐平次」も贅沢贅沢。

「HV特集・71歳の反逆児・素顔の談志を長時間ドキュメント 」も嬉しい、見逃していたもんですから。

先日BSにチャンネル回したら、古今亭 志ん朝師の高座やっていて…一瞬で引き込まれましたね。流石名人です。志ん朝師が倒れた夏に千葉に来られる予定でチケット取っていたんですが…あれが残念で!その時は談志師が代演だったんです。

5月には三枝師小朝師の大看板ふたりが千葉に来るので、チケット取りました。こちらも楽しみ楽しみ。


第1部のご案内役は爆笑問題 
▽入門・談志落語:枕が…やかんが…大変身
▽石原慎太郎インタビュー
▽ファン大集合・マニアック討論会(玉置宏・森本レオ・デーブスペクター他)
▽太田光セレクト・へっつい幽霊
▽山藤章二インタビュー
▽50代の蔵出しお宝映像1・三方一両損
▽対談・松岡正剛・談志落語の真髄に迫る
▽HV特集・71歳の反逆児・素顔の談志を長時間ドキュメント
▽チュートリアル・徳井インタビュー
▽大ネタ名演・芝浜をたっぷりと

第2部 ご案内役は立川志の輔と徳田章アナ 
▽桂米朝・談志を語る
▽志の輔セレクト・粗忽長屋
▽爆笑!悪友鼎談(橘家圓蔵・毒蝮三太夫・高田文夫)
▽50代の蔵出しお宝映像2・品川心中
▽弟子集合・立川流事件簿・あんなことこんなこと
▽志の輔&談志 親子会の真相
▽福田和也インタビュー・談志のこれから
▽最後は「撮りおろし」居残り佐平次・収録までの密着ドキュメントも含め、たっぷりと伝える

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.06

コーヒーのコク研究は(41)

夕方病院に行ったら、なんと2時間待ちました。花粉と痛風の薬もらいに行っただけなんですけどね、今迄で一番待たされたと思います。木曜日なんで他の医院が休みだったのか、花粉や風邪が多いのか。明日は花粉が増えるそうです、僕は薬飲んでるせいか、まだ症状らしい症状でてないので助かります。コーヒーのコク研究は(41)で、最後のコク「ダシのうま味」です。

・最後のコク「ダシのうま味」の受容体には2つの候補がある。
・甘味や塩味に比べるとうま味は抽象的な感じで、うま味が5番目のコクと認められるには専用の受容体が発見されるかどうかにかかっていた。

・舌に特有の構造を持つグルタミン酸の受容体がみつかった。
・甘味の受容体と同じ7回貫通型受容体ファミリーの組み合わせのひとつが、うま味の受容に機能していると結論づけられた。

・ただ、アミノ酸は甘いものから苦いものまで色々とあって、疑問が残っている。うま味の受容は非常にホットな話題になっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.01

「クルセイダーズ」三昧

今日から3月…休みで天気が良いと、2回の窓辺で椅子に寝そべり、足を投げ出して、お気に入りのCD聴きながらの読書がご機嫌です。先日青山のブルーノートに「クルセイダーズ」が来たとブログで知りました。3日間6ステージ、超満員だそうです。僕と同世代のおじさんたちで盛り上がったのでしょう。うらやましいー!二十歳頃から一番好きだったグループでした。そこで、今日は、ずいぶんと久しぶりに「CRUSADERS1」「南から来た十字軍」「STREET LIFE」「RAPSODY AND BLUES」「JOE SANPLE RAINBOW SEEKER」と一挙に5枚聴き倒しました。このグルーブが僕のどつぼなんだなぁーと再確認しました。若い頃に植え付かれた好みは変わりませんね、一生ものですね。

かみさんと回転寿しでお昼をして…隣り町の餅菓子屋さんまでおやつを買いに行ってきました。そのお店はとっても繁盛しているんですが…週に2日は休みだし、平日の夕方買いに行ってももう店じまいしていたり、売り切れて何にもなかったり、土日でも3時過ぎるともうあんまり残っていないので…ちょっと不便なんですね。(さかもとこーひーも、あんまり他所のお店のこと云えませんが…。)

で、今日行ったら、不安が的中、もう桜餅は売り切れて、仕方なく、お団子がみたらしにあんこ、豆大福、最中と頼んでいたら…今、作っていますけど〜、どうしましょう〜、あと10分くらいです〜…と、いうことで、奥を覗くとヘラで桜餅をひっくり返しながら焼いているのが見えました。ラッキーでした。桜ぼんぼりカフェやほうじ茶で美味しく頂きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »