« June 2008 | Main | August 2008 »

2008.07.27

「コスタリカCOEラ・ペニャ農園、アニバーサリー2008、ほたるカフェ、木陰」

今週は常連さんから「まだ、葉書が来ないんですけどー?」とお電話やメールを何件も頂きました。いつもですとお知らせ葉書を先週お届けするんですが…豆の入庫が遅れまして、1週遅れてしまいました、申し訳ありませんでした。毎月の新しいこーひーを楽しみにして頂き、とっても励みになります。

そんなこんなで…真夏向け、4つの新しいこーひーのお知らせです。まずは、その明るい味わいを毎年夏向けとしてお届けしているコスタリカからカップオブエクセレンス受賞コーヒー「コスタリカCOEラ・ペニャ農園」…次が、8月で開店15周年を迎える記念の「アニバーサリー2008」…3つ目は、ベラ・ノッテに代表されるさかもとこーひーいい感じの苦味系季節のブレンドから新作「ほたるカフェ」…最後は、軽やか系夏への扉から続く新作「木陰」です。

僕自身夏でも冷たいコーヒーはあんまり飲まないのですが、梅雨明けしてからのあまりの暑さに時々アイスコーヒーを淹れるようになりましたが…それでも、身体の為にも夏にあった美味しさのこーひーの方がお勧めです。どれも夏にこそ魅力的になるようにイメージした味わいです、お楽しみください。

そして、さかもとこーひー人気のセットですが…お客様のリクエストにお応えして新しいセットのデビュー…「四季のセット」です。250g2個のセットでもっと色々な組み合わせが欲しいとのことで…深煎りセットや軽やかセット、トレジャーズセットとはかぶらないよう季節感を大切に組み合わせていきます。(少し遅れましたが、クール便に対応しました。クール便(冷蔵、210円)ご希望の方は、連絡欄でお申し付けください。)

【★コスタリカCOEラ・ペニャ農園】
小さな国が山を連ねている中米各国ですが、コスタリカ、エルサルバドル、ホンジュラス、パナマ、ニカラグア等々それぞれに魅力的なキャラクターが感じられ…常連さんにもその違いを楽しんで頂けるようになりました。今日は…きれいな印象、フルーツ感、明るい余韻のキャラクターがすっかり馴染んできたコスタリカコーヒーのカップオブエクセレンス受賞「コスタリカCOEラ・ペニャ農園」をご紹介します。

さかもとこーひーでは毎年夏向けのこーひーとしてお届けしていますが…この「コスタリカCOEラ・ペニャ農園」は…コスタリカ特有の明るい魅力に、フローラル、ハニーライクが加わってより魅惑的な魅力を感じました。明るい甘さとフローラルさ、ハニーライクさにはなんとも惹き付られますね。

少し冷めるとトロピカルな感じのフルーツっぽさが甘さと一緒になって、ほほが緩みます。フルーツでも、柑橘系やベリー系よりもトロピカルなキャラクターで、そこに円やかクリーミーな口当たりが加わり、落ち着きます。今迄お届けしたコスタリカのきれいで明るい良さに円やかさが加わって、やや深煎りのいい感じの苦味系として…明るく、口当たりの円やかな余韻に様々なフルーツが感じられ、次のひと口が誘われ、夜涼しい部屋でお気に入りのアイスクリームと一緒に楽しんだら最高にご機嫌だと思います。

1890円/250gパック(税込み)

【★アニバーサリー2008】
毎年夏にお届けしているアニバーサリーブレンドですが…昨年は独立25周年で5月にアニバーサリー2007として発売しているんですね。今年はさかもとこーひー開店15周年の「アニバーサリー2008」です。5月からお届けしてきた「スマイル」が超常連さんにご好評だったので、その魅力をイメージしながら夏向けに仕上げました。

「スマイル」は…「窓を開け放すと、五月晴れの青い空、新緑を照らす少し眩しさが増してきた日射し、木々の葉を揺らしながら吹き抜けるやさしい風、そんな季節にぴったりの爽やかなブレンド…ブレンドしたこーひーは、深煎りブラジル・パッセイオにブラジル・ドナ農園、タンザニア。柑橘系にベリーにりんご等々のフルーツ、フローラル、ミルクチョコレート…ブラジルの深煎りの柔らかな口当たりと甘さに魅力的な香りが様々に顔を出して…最後の決めてはミントのキャラクターです。冷めると、爽やかさと柔らかな甘さが余韻となって…ブラジルのいい感じの苦味系のキャラクターが印象的です。」…といった感じでした。

そこで…「アニバーサリー2008」は…深煎りブラジル・パッセイオにケニアのブレンド、深煎りブラジル・パッセイオの柔らかな甘さにケニアの香りや切れの良さがご機嫌な柔らかな優しい深煎りになりました。柔らかな優しい口当たり、爽やかな甘さからケニアの華やかな香りが涼しげな余韻を引き立てていると思います。毎年その年の感覚で作っているアニバーサリーブレンドですので、振り返ると自分の変わって行く部分と、相も変わらず変わらない部分とがあって、この先を考えてしまいます。

冷たく冷やした洋梨のシャルロットやフルーツタルト、ムース、ブラマンジェ…それに、少し高級な水ようかん等ピッタリでしょう。僕がお気に入りの水ようかんは、瑞々しさが形になったと感じるような、水と小豆の爽やかさが形になったと感じるような魅力です。そんな魅力が「アニバーサリー2008」のヒントになっています。

1575円/250gパック(税込み)

【★ほたるカフェ】
さかもとこーひーのいい感じの苦味系ブレンドのエース「ベラ・ノッテ」の流れの真夏バージョン新作「ほたるカフェ」です。秋のベラ・ノッテ…ベラ・ノッテ(冬)…陽だまり…春のミモザカフェ…初夏はスプラッシュカフェ…と来て真夏の「ほたるカフェ」です。

この一連のブレンドは…グアテマラやエルサルバドル、コロンビア等にケニアをブレンドして透明感と余韻の切れの良さ、いい感じの苦味を柱としています。そんな統一されたイメージを生かしながら、春夏秋冬四季に合った魅力作りをして、もうすっかり人気のシリーズとしてお馴染みになりました。

そして、今年は…ベラ・ノッテの真夏バージョンを「ほたるカフェ」として新しくブレンドしました。使ったこーひーは…深煎りコロンビア、深煎りエルサルバドル、ケニアです。深煎りコロンビアの円い口当たりを生かし、暑さに疲れたこの季節、穏やかに和む深煎りです。アイスコーヒーにしても爽やかに楽しめますし、ミルクとの相性も抜群ですのでアイスコーヒーにたっぷりのミルクを加えてもご機嫌です。円やかなコクと爽やかな切れの良さをお楽しみください。

1050円/250gパック(税込み)

【☆木陰】
こちらは、上品な軽やか系ブレンド…春の人気NO1「桜ぼんぼりカフェ」…初夏の軽やか系「夏への扉」…に、続いての新しい真夏向け軽やか系「木陰」です。

「夏への扉」が軽やか系好きの常連さんにご好評頂き…ブレンドのメインに使った「ブラジル・ドナ農園」の魅力がお気に召したようですので…このブレンドの為に中煎りの「ブラジル・パッセイオ・ナチュラル」を焙き、いくつか試した結果「コスタリカCOEラ・ペニャ農園」を贅沢に加えました。

夏の日の木陰の風の爽やかさをイメージしました。上品で華やかな香りに爽やかな味わい、柑橘系にフローラル、ほのかなミルクチョコレートの香りがさりげなく甘さを添えます。中煎りの「ブラジル・パッセイオ・ナチュラル」の心地よい口当たりが爽やかな味わいとなり…「コスタリカCOEラ・ペニャ農園」の香りが上品で華やかな香り、印象となりました。お楽しみください。

1575円/250gパック(税込み)

・・・

【新・四季のセット】
常連さんから、250g2個のセットで色々と楽しみたいとリクエストを頂き、新しい2個セットを考えました。深煎りセットやトレジャーズセット、軽やかセットとは別の組み合わせで魅力的なセットをお届けします、お楽しみください。(「ダテーラ農園」は「エスプレッソ・ダテーラ」と同じ豆です。)

《★ダテーラ農園》
《★アニバーサリー2008》

各250g
2600円(税込み)

【《旬・瞬》カフェCセット】
さかもとこーひー人気一番のセットです。2008年夏向け3つをセットにしました。毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。お楽しみください。(「ダテーラ農園」は「エスプレッソ・ダテーラ」と同じ豆です。)

《★ほたるカフェ》
《★ダテーラ農園》
《★ノスタルジア》

各250g
2800円(税込み)

【深煎りセット】
深煎り好きの常連さん向けに用意したセットです。いい感じの苦味系好きな方のお好みにドンピシャ!深煎りセットにそれぞれのお好みをプラスして、そんなご注文からみなさんのお好みがとっても良く伝わってきます。

《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》
《★アニバーサリー2008》

各250g
3150円(税込み)

【トレジャーズセット】
さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。

《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》
《☆木陰》

各250g
3150円(税込み)

【軽やかセット】
軽やか系好きのみなさんに安心して自信をもってお勧めできるセットです。華やかで軽やか、円やかな魅力をお楽しみください。

《☆木陰》
《☆ブラジル・ドナ農園》

各250g
3000円(税込み)

【ジョイセット】
お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセットの夏バージョンです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》
《★アニバーサリー2008》
《★ほたるカフェ》
《☆木陰》
《★ケニア》

各100g
3150円(税込み)

梅雨があけたらもう夏…7月のさかもとこーひー人気のセットのご紹介です。お楽しみください。(手さげギフト袋、小1-2個用、大3-4個用、無料))

【7月のニコニコ♪250gお得パック】
2008年7月は、夏の空(水出しアイス)です。口当たりの円やかさと透明感、後味の香りと満足感、ミルクを入れてさらに美味しいことを大切に作りました。6月半ばからご注文が増えてきました、夏の空の季節ですね。ギフトにも良く使われています。

《★夏の空(水出しアイス)》1050円/1L用3個入り(税込み)
*水1リットルに、水出しアイスパックを1パック、冷蔵庫で、一晩(約12時間)で、出来上がります。
*保管は、冷蔵庫で2〜3日間が目安です。
*お好みの濃さは、水の量で加減してください。
*パックを水の中にきちんと沈めてください、しっかり濃くなります。

【エスプレッソセット】
世界のバリスタに高い評価を受けているブラジル、ダテーラ農園を使った、新しいセットです。「エスプレッソ・ダテーラ」はダテーラ農園をエスプレッソをイメージして焙いたシングルオリジン(ストレートコーヒー)です。「ラテ・ダテーラ」はダテーラ農園を使って、ラテやカプチーノのミルクと合わせた時の心地よさ、爽やかな甘さ、余韻の豊かさをイメージしたブレンドです。勿論、カフェプレスやコーヒーメーカーでもその魅力を存分に楽しめます。さかもとこーひーの新しいエスプレッソの魅力をお楽しみください。

《★エスプレッソ・ダテーラ》
《★ラテ・ダテーラ》

各250g
2300円(税込み)

【新・定番Bセット】
いい感じの苦味系好きな常連さん向けの定番こーひーセットです。「ノスタルジア」は…きれいな味わい、円やかでコクが豊かで、後味はまたすっきり、余韻がきれいな新定番いい感じの苦味系ブレンド。「茜ブレンド」は定番こーひー人気NO1、深・エチオピアモカを使ったブレンドで深煎りの円やかな味わいです。「特上フレンチ」はインドネシアを使ったブレンドでマンデリン好きな方に人気です。

《★ノスタルジア》
《★茜ブレンド》
《★特上フレンチ》

各250g
2600円(税込み)

・・・はじめてのさかもとこーひー・・・

【はじめてのAセット】
「はじめてのAセット」を「ジョイセット」と同じ100g×5個の組み合わせにして…お試しのお得価格にリニューアルしました。はじめての方の為のセットなので色々とさかもとこーひーを試したいとのご要望を頂き…なるほど、それはその通りだな〜と反省しました。これで、その時のさかもとこーひーの色々な個性を試せると思います。

《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》
《★アニバーサリー2008》
《★ほたるカフェ》
《☆木陰》
《★ケニア》

各100g
2650円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての深煎りセット】
深煎り好きのみなさん向けに、お試しのいい感じの苦味系[深煎りセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》ないい感じの苦味系250g2つのセットです。

《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》
《★アニバーサリー2008》

各250g
3150円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての軽やかセット】
苦味の苦手なみなさん向け、お試しの爽やかな軽やか系[軽やかセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》な軽やか系250g2つのセットです。

《☆木陰》
《☆ブラジル・ドナ農園》

各250g
3000円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)
・・・

では、また・・・。

・・・
*要注意!…さかもとこーひーのコツは…
[挽きは細かく]
[粉の量は少なく]…です!
・・・
手さげ袋ギフトラッピング
(大3〜4個用、小1〜2個用、無料)がご好評です。
・・・
【毎月お届けコース】
・お届けの量やご予算、お好み等お知らせください。勿論セットでも大丈夫です。セットにプラスしても大丈夫です。価格、送料等は通常のお届けと同じです。(最初はメールでご相談してください)
・・・
いつでも♪《3000円以上(コーヒー)で送料無料!》
・・・
《【代金引換】手数料無料!》
・・・
クール便(冷蔵、210円)ご希望の方は、連絡欄でお申し付けください。

【何を買ったら良いのか?お勧めは?その他ご質問等お気軽にメールしてください、お待ちしてます。】

【お願い】
冷凍保存した豆や粉を取り出したら、何よりも直ぐに!!袋を元の冷凍庫に戻してください。
冷凍、解凍の繰り返しは劣化を早めます。ジッパー付き袋をその為に使っています。
(豆は2週間以内でしたら、常温保存をお勧めします。粉は必ず冷凍保存をお願いします。)

《コーヒーはフルーツだ!》

2008年7月27日 坂本・丁寧な暮らし・孝文


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.20

「「そば屋」という仕事。」

暑さ本番に突入してきましたが、今週お二人の常連さんから印象的な嬉しいお話しを聞き、元気を頂きました。

近所のYさんはおめでたでしばらく調子が悪かったそうで…お母さんに手伝いにきてもらい…Yさんがカフェプレスでさかもとこーひーを淹れるのを見て…いいかげん!…と思ったらしく、半信半疑でひと口、美味しいのに驚き(しかも冷凍庫でひと月以上たった豆)…注文用紙を見て価格の安さにまた驚き…Yさんの分と一緒にご注文をしてくださいました。

Yさんは千葉県内を何度が転居されて最近うちの近所の住宅地に来られたんですが、最初にさかもとこーひーを買われた時にはすでにかなりのヘビーユーザーで、お母様も同じようにヘビーユーザーだそうです。60代前後のコーヒー好きの女性はペーパードリップに慣れ親しんで、しかも淹れるのが上手な方が多いと思うんです。同じようなペーパードリップ上手の常連さんが他にもいらっしゃいます。ドリップが上手な方ほど、カフェプレスになかなか馴染めない、抵抗があるように感じていますが…実際に飲んで、切り替えて頂くととっても嬉しいです。

もうお一人、川崎のTさんは…ご主人が苦いのが苦手で、コーヒーには砂糖ミルクと入れていたのが最近はミルクだけになって…この夏は「夏の空(水出しアイス)」を常に用意し、毎朝冷蔵庫から出して飲んでいるそうですが…くずもちが大好きで…くずもちにこーひーが合うからとTさんに勧めてくれたそうです。

Tさんは…僕の和菓子好きは知っているのに…こーひーには洋菓子派で…え〜、くずもち〜〜?と思ったそうですが、ひと口食べて、う〜〜ん、合う!…と、いうことでした。そこで、僕は少し高級な水ようかんとの相性の良さ、これも少し高級な小さめの最中との相性の抜群の良さ等々話すと…最初は半信半疑ながら、今度試してみようと仰ってくださいました。

Yさん、Tさん、ありがとうございました。

色々とこーひーの香りや味わいのクオリティを上げていくのもやりがいがありますが…同時に、和洋エスニックが混在している今の日本の暮らしの中での楽しみ方の可能性を探っていくのも興味深いことだと思ってます。(ただし、変に和風にするのは御法度ですけどね。…実は、昭和のブルマン神話や浅煎り等の苦味の弱い一見上品なタイプのコーヒーはまだお茶が大勢を占めていた感覚の日本人に合わせた味わいなんじゃないかなぁーと感じています。嫌な味わいを少なくすることがイコール美味しい、そんな印象です。勿論、お茶の魅力とはかけ離れているんですが…美味しいお茶には素晴らしい印象的な魅力いっぱいですから。)

そんなこんなで、最近「ほぼ日」で「「そば屋」という仕事。」という連載がスタートして、毎日楽しみにしています。子供の頃からの麺類好きですが、年のせいか最近益々蕎麦が好きになり…10年位前に手打ち蕎麦が増えた頃期待して行っても蕎麦は良いけれどつゆが残念だったり、高いだけでちゃんと打ててなかったり、高級感ばっかりで一食の蕎麦の量には少なすぎたりとがっかりすることが多かったのですが…いつの間にか、素晴らしいお蕎麦屋さんが増えて、お酒やツマミも充実して…ただ美味しい手打ち蕎麦を食べるだけで無く、美味しいひと時を過ごせるお店が増えて、喜んだり感心したりしています。

先日も最近一番お気に入りのお蕎麦屋さん神田猿楽町松翁さんに暑い中歩いて行った時…まずは気合い入れて注いでくれる生ビールに穴子の煮こごりでひと息…上手に注いだエビス黒生ビールのクリーミーさ円やかさコクに爽やかな切れ…少し冷たくした煮こごりの涼やかな口当たり、その後に来る穴子の芳醇な香り、煮こごりと穴子が一緒になった味わいの豊かさ…そして、生ビールをひと口。箸休めに品の良い野菜の煮浸し。生ビールを一杯飲み終わるタイミングで来た生粉打ちのざるそば。蕎麦の太さ、コシ、のどごし、香り、味わい、つゆの濃さ、透明感、ダシ…どれをとってもバランス案配の良さがご機嫌なひと時でした。

で、ほぼ日の「「そば屋」という仕事。」の連載ですが…白金「三合庵」という開店して8年程、40過ぎのご主人の毎日の仕事やおいしさのひみつ、これまでのこと、これからのことをインタビューしているんです。僕は飲食は勿論のこと、職人さんの仕事を知りたく、20才頃から様々な職人の話しを探してきたので、こういったインタビューは最高です。特にお店の場合、お客として行った表からの印象と、こういった裏話楽屋噺が重なって立体的に感じ取れる瞬間が快感です。

昔はそんな職人さんはみんな僕よりも年配の方ばかりでしたが…この三合庵のご主人が40過ぎなように、最近は年下の職人さんが増えていやはやです。で、修行時代の話しからはじまり、途中和食の名店のご主人とも知り合い…そのご主人に鳥肌ものにこんなすごい人がいるものだと思い、他の店で仕事をしながらそのお店に料理を教わりに通ったそうです。その後、あるお蕎麦屋さんを任せられるようになったそうですが…その店をやりながら和食を習いに仕事を終わった後通っていたそうです。

で、習うのは…料理を一通り食べさせてもらうんだそうです。技術を直接教わるわけではないんだそうです。食べさせてもらって、何か質問があったら聞いて…そういう教育だったそうです。「料理は、食べて覚えました。」ってことです。いいですねー。食べることで…食べて感じるものが違ってくる、そんな成長、トレーニングでしょう。

このひと言で、さらにこの連載が楽しみになったんです。レストランやお菓子屋さんで働いていた人が独立して数年すると、元のお店のクオリティや美味しさが出せなくなることがあります。働いていた時はその店のレベルのものを毎日作っていたのに、自分の店では自分のレベルに自ずと落ち着いてしまいますね。怖いことです。

また、同じレシピを見ても、作る人によって出来上がる料理やお菓子の魅力美味しさが全く違ってしまうことがあります。同じ曲の演奏でもそうですし、同じ素材の調理や焙煎でも同じです。レシピや素材から如何にポテンシャルを見抜くか、魅力をイメージできるか、それを実現する技術があるか、最後の仕上げは自分のお客さんのお好みにどう合わせるか少し越えるか…そこで四苦八苦するんですが…まだまだ連載が続くようなので、とっても楽しみです。

・・・

梅雨があけたらもう夏…7月のさかもとこーひー人気のセットのご紹介です。お楽しみください。(手さげギフト袋、小1-2個用、大3-4個用、無料))

【7月のニコニコ♪250gお得パック】
2008年7月は、夏の空(水出しアイス)です。口当たりの円やかさと透明感、後味の香りと満足感、ミルクを入れてさらに美味しいことを大切に作りました。6月半ばからご注文が増えてきました、夏の空の季節ですね。ギフトにも良く使われています。

《★夏の空(水出しアイス)》1050円/1L用3個入り(税込み)
*水1リットルに、水出しアイスパックを1パック、冷蔵庫で、一晩(約12時間)で、出来上がります。
*保管は、冷蔵庫で2〜3日間が目安です。
*お好みの濃さは、水の量で加減してください。
*パックを水の中にきちんと沈めてください、しっかり濃くなります。

【エスプレッソセット】
世界のバリスタに高い評価を受けているブラジル、ダテーラ農園を使った、新しいセットです。「エスプレッソ・ダテーラ」はダテーラ農園をエスプレッソをイメージして焙いたシングルオリジン(ストレートコーヒー)です。「ラテ・ダテーラ」はダテーラ農園を使って、ラテやカプチーノのミルクと合わせた時の心地よさ、爽やかな甘さ、余韻の豊かさをイメージしたブレンドです。勿論、カフェプレスやコーヒーメーカーでもその魅力を存分に楽しめます。さかもとこーひーの新しいエスプレッソの魅力をお楽しみください。

《★エスプレッソ・ダテーラ》
《★ラテ・ダテーラ》

各250g
2300円(税込み)


【ジョイセット】
お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセットの初夏バージョンです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《★ケニア》
《★ノスタルジア》
《☆ブラジル・ドナ農園》
《★深煎りブラジル・パッセイオ》
《★スマイル》

各100g
3150円(税込み)

【《旬・瞬》カフェCセット】
さかもとこーひー人気一番のセットです。2008年初夏向け3つをセットにしました。毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。お楽しみください。

《★ノスタルジア》
《☆軽やかなブラジル》
《★スプラッシュカフェ》

各250g
2800円(税込み)

【トレジャーズセット】
さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。

《★ケニア》
《★スマイル》

各250g
3000円(税込み)

【深煎りセット】
深煎り好きの常連さん向けに用意したセットです。いい感じの苦味系好きな方のお好みにドンピシャ!深煎りセットにそれぞれのお好みをプラスして、そんなご注文からみなさんのお好みがとっても良く伝わってきます。

《★ケニア》
《★深煎りブラジル・パッセイオ》

各250g
3000円(税込み)

【軽やかセット】
軽やか系好きのみなさんに安心して自信をもってお勧めできるセットです。華やかで軽やか、円やかな魅力をお楽しみください。

《☆ブラジル・ドナ農園》
《☆夏への扉》

各250g
2600円(税込み)

【新・定番Bセット】
いい感じの苦味系好きな常連さん向けの定番こーひーセットです。「ノスタルジア」は…きれいな味わい、円やかでコクが豊かで、後味はまたすっきり、余韻がきれいな新定番いい感じの苦味系ブレンド。「茜ブレンド」は定番こーひー人気NO1、深・エチオピアモカを使ったブレンドで深煎りの円やかな味わいです。「特上フレンチ」はインドネシアを使ったブレンドでマンデリン好きな方に人気です。

《★ノスタルジア》
《★茜ブレンド》
《★特上フレンチ》

各250g
2600円(税込み)

・・・はじめてのさかもとこーひー・・・

【はじめてのAセット】
「はじめてのAセット」を「ジョイセット」と同じ100g×5個の組み合わせにして…お試しのお得価格にリニューアルしました。はじめての方の為のセットなので色々とさかもとこーひーを試したいとのご要望を頂き…なるほど、それはその通りだな〜と反省しました。これで、その時のさかもとこーひーの色々な個性を試せると思います。

《★ケニア》
《★ノスタルジア》
《☆ブラジル・ドナ農園》
《★深煎りブラジル・パッセイオ》
《★スマイル》

各100g
2650円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての深煎りセット】
深煎り好きのみなさん向けに、お試しのいい感じの苦味系[深煎りセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》ないい感じの苦味系250g2つのセットです。

今は、[ケニア][深煎りブラジル・パッセイオ]です。

《★ケニア》
《★深煎りブラジル・パッセイオ》

各250g
3000円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての軽やかセット】
苦味の苦手なみなさん向け、お試しの爽やかな軽やか系[軽やかセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》な軽やか系250g2つのセットです。

今は、[ブラジル・ドナ農園][夏への扉]です。

《☆ブラジル・ドナ農園》
《☆夏への扉》

各250g
2600円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)
・・・

では、また・・・。

・・・
*要注意!…さかもとこーひーのコツは…
[挽きは細かく]
[粉の量は少なく]…です!
・・・
手さげ袋ギフトラッピング
(大3〜4個用、小1〜2個用、無料)がご好評です。
・・・
【毎月お届けコース】
・お届けの量やご予算、お好み等お知らせください。勿論セットでも大丈夫です。セットにプラスしても大丈夫です。価格、送料等は通常のお届けと同じです。(最初はメールでご相談してください)
・・・
いつでも♪《3000円以上(コーヒー)で送料無料!》
・・・
《【代金引換】手数料無料!》
・・・

【何を買ったら良いのか?お勧めは?その他ご質問等お気軽にメールしてください、お待ちしてます。】

【お願い】
冷凍保存した豆や粉を取り出したら、何よりも直ぐに!!袋を元の冷凍庫に戻してください。
冷凍、解凍の繰り返しは劣化を早めます。ジッパー付き袋をその為に使っています。
(豆は2週間以内でしたら、常温保存をお勧めします。粉は必ず冷凍保存をお願いします。)

《コーヒーはフルーツだ!》

2008年7月20日 坂本・丁寧な暮らし・孝文


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.13

「エスプレッソ・ダテーラ、ラテ・ダテーラ」

先週の週末が猛暑で…これで梅雨明けかと思いましたが、今週は暑いながらも曇ったり豪雨があったり…で、この週末もピーカンでさらに猛暑、雲は積乱雲もくもくでしたが、来週の予報はまだ曇りや雨があります。朝の焙煎終わったら汗ぐっしょりになる季節がそこまできてますね。みなさん、ご自愛ください。

さて、エチオピア産コーヒーが残留農薬問題検査により輸入がストップしています。7月入荷予定だったモカ・イルガチェフェが、フローラルワイニー熟したフルーツで甘く柔らかな余韻、明るく円やかな酸ととっても素晴らしいサンプルでしたのに、その豆も結局キャンセルになったと連絡がありました。大変に残念です。

深・エチオピアモカをはじめ、人気NO1の茜ブレンド、モカジャバ、モカブレンド、エスプレッソブレンド、ラテブレンドと作れなくなってしまいます。ご不便おかけしますが、よろしくご了承ください。大手から個人店まで日本のコーヒー屋はみんな困っていると思います。茜ブレンド、モカジャバ、モカブレンドはあとひと月位は大丈夫だと思います。(エチオピアモカは、ブレンドで大活躍でしたので大変ですし、残念です。)

しかし…無いものは無いですし、愚痴を言っても仕方が無いので…気持ちを切り替えて、新しい魅力作りに励んでいます。(こんな時こそ、職人の頑張りどころだと言い聞かせています。)まずは、エスプレッソブレンドとラテブレンドを全くイチからイメージし直しました。スペシャルティコーヒーのエスプレッソやラテ、カプチーノの魅力を探り出してから、早いものでもう7年8年経ちますし、家庭で楽しむエスプレッソ、ラテをイメージしたエスプレッソブレンド、ラテブレンドに取り組んでも4年経ちました。

全体としては少ないんですが、エスプレッソ好きの常連さんも年々増えてきまして…最近はプロのような抽出をする方も多く、そのレベルアップには驚いています。さかもとこーひーのエスプレッソ好き常連さんは、茜ブレンドが人気NO1、あとはラテブレンド、特上フレンチと続いています。家庭用のマシンでの茜ブレンドの人気はずーっと高く、最初は何故なんだろうと思っていましたが…ここ数年は茜ブレンドの深・エチオピアモカのワイニーさや甘さ、口当たりの心地よさ、中米の深煎り豆の明るい酸のミルクとの相性の良さが気に入られているんだと分かり、なるほど!!と頷いています。

で、そのラテブレンドや茜ブレンドも作れなくなりますので…気合いを入れ直し…ここ3年4年で積み重ねたイメージを生かし、全く新しいエスプレッソ、ラテ用のこーひーを作りました。「エスプレッソ・ダテーラ」と「ラテ・ダテーラ」をご紹介します。

世界のトップバリスタに高い評価を受けているブラジル、ダテーラ農園、WBC(世界バリスタ選手権)でも多くの入賞者に使われていたり、ワイナリーを立ち上げる時のような土壌の区分、土作りから地中深く根を張るような栽培管理、収穫から精選処理の一環した管理、真空パックによる梱包、トレーサビリティ、スタッフの福祉…等々スペシャルティコーヒーをリードしている農園のひとつだと思います。その、ダテーラ農園のパルプトナチュラルを確保して、新しいさかもとこーひーのエスプレッソ、ラテブレンドにチャレンジしました。

共通するイメージは…柔らかな甘さ、爽やかな印象、熟成感のある円やかなマウスフィールと余韻…です。

【★エスプレッソ・ダテーラ】
まずは、せっかくですので…ダテーラ農園のシングルオリジン(ストレートコーヒー)用として、エスプレッソをイメージしたロースティングポイントで焙いた「エスプレッソ・ダテーラ」です。さかもとこーひーでは「深煎りブラジル」として色々なブラジルの農園のこーひーをお届けしていますが…そのイメージと共通部分があります。

素材の素晴らしさが感じられる、きれいで明るい味わい、ミルクチョコレートやバニラのキャラクターが素晴らしいと思います。特に、甘さの印象が柔らかさと明るさを持っていて、そのまま余韻に繋がって、さらに冷めて明るく爽やかな甘さになって…バランスといい、流石素晴らしい豆だと唸りました。その明るさや爽やかな甘さがエスプレッソにした時にマウスフィールの豊かさ心地よさと供に生きていること…ここに、ダテーラ農園をエスプレッソで楽しむ魅力があるんじゃないかと思い…みなさんに「エスプレッソ・ダテーラ」としてお届けすることにしました。お楽しみください。

勿論、エスプレッソだけでは無くって…通常のカフェプレスやコーヒーメーカー、ペーパードリップでもお勧めします。ご機嫌な深煎りのブラジルが楽しめると思います。

1260円/250gパック(税込み)

【★ラテ・ダテーラ】
こちらは、ダテーラ農園を使って、ミルクと合わせた時の心地よさ、爽やかな甘さ、余韻の豊かさ、ミルクの美味しさをイメージしてブレンドしました。ミルクとのバランス、引き立つ甘さ、爽やかさに長年の経験が生かされました。

先日、さかもとこーひーを使ってくださっている県内のカフェで…煮だしのミルクティやアイスのミルクティを淹れてきましたが(さかもとこーひーでは紅茶を扱っていませんが…。)同じ茶葉、ミルク、淹れ方、それらの量で、少しのバランスの違いによって、はっきりと魅力が違ってくるんです。この辺のバランスによる美味しさがポイントになりますね。

コーヒーでも相通じるポイントを感じてまして…濃さ、苦さ、甘さ、酸と関係してきますが、爽やかな酸を微妙に隠し調整しながら生かすと後を引く余韻の爽やかな甘さが引き立ってくると思います。エスプレッソとミルクが一緒になって、ラテやカプチーノのひとつの魅力となって、余韻まで爽やかに豊かに心地よい、そんなブレンドをイメージしました。使った豆はダテーラ農園にコロンビアとマンデリンです。素晴らしいコロンビアに出会って数年ですが、コロンビアのバランスによって常連さんが感じる印象の違い、魅力の違いが手に取るように感じられるようになりました。マウスフィールや明るさが上手く魅力となるようバランスとってます。

こちらも、勿論通常のカフェプレスやコーヒーメーカー、ペーパードリップで淹れて、たっぷりのミルクを注ぎ、温かく、冷たく、どちらでもお楽しみください。

1260円/250gパック(税込み)

【エスプレッソセット】
世界のバリスタに高い評価を受けているブラジル、ダテーラ農園を使った、新しいセットです。「エスプレッソ・ダテーラ」はダテーラ農園をエスプレッソをイメージして焙いたシングルオリジン(ストレートコーヒー)です。「ラテ・ダテーラ」はダテーラ農園を使って、ラテやカプチーノのミルクと合わせた時の心地よさ、爽やかな甘さ、余韻の豊かさをイメージしたブレンドです。勿論、カフェプレスやコーヒーメーカーでもその魅力を存分に楽しめます。さかもとこーひーの新しいエスプレッソの魅力をお楽しみください。

《★エスプレッソ・ダテーラ》
《★ラテ・ダテーラ》

各250g
2300円(税込み)

そんなこんなで、みなさんにはご不便おかけしますが…ピンチはチャンス、又「深・エチオピアモカ」が入荷するまで(まだ、何時になるか分かりませんが…。)新しい魅力作りに励みます。ご期待ください。

では、また・・・。

・・・

梅雨があけたらもう夏…7月のさかもとこーひー人気のセットのご紹介です。お楽しみください。(手さげギフト袋、小1-2個用、大3-4個用、無料))

【7月のニコニコ♪250gお得パック】
2008年7月は、夏の空(水出しアイス)です。口当たりの円やかさと透明感、後味の香りと満足感、ミルクを入れてさらに美味しいことを大切に作りました。6月半ばからご注文が増えてきました、夏の空の季節ですね。ギフトにも良く使われています。

《★夏の空(水出しアイス)》1050円/1L用3個入り(税込み)
*水1リットルに、水出しアイスパックを1パック、冷蔵庫で、一晩(約12時間)で、出来上がります。
*保管は、冷蔵庫で2〜3日間が目安です。
*お好みの濃さは、水の量で加減してください。
*パックを水の中にきちんと沈めてください、しっかり濃くなります。

【エスプレッソセット】
世界のバリスタに高い評価を受けているブラジル、ダテーラ農園を使った、新しいセットです。「エスプレッソ・ダテーラ」はダテーラ農園をエスプレッソをイメージして焙いたシングルオリジン(ストレートコーヒー)です。「ラテ・ダテーラ」はダテーラ農園を使って、ラテやカプチーノのミルクと合わせた時の心地よさ、爽やかな甘さ、余韻の豊かさをイメージしたブレンドです。勿論、カフェプレスやコーヒーメーカーでもその魅力を存分に楽しめます。さかもとこーひーの新しいエスプレッソの魅力をお楽しみください。

《★エスプレッソ・ダテーラ》
《★ラテ・ダテーラ》

各250g
2300円(税込み)


【ジョイセット】
お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセットの初夏バージョンです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《★ケニア》
《★ノスタルジア》
《☆ブラジル・ドナ農園》
《★深煎りブラジル・パッセイオ》
《★スマイル》

各100g
3150円(税込み)

【《旬・瞬》カフェCセット】
さかもとこーひー人気一番のセットです。2008年初夏向け3つをセットにしました。毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。お楽しみください。

《★ノスタルジア》
《☆軽やかなブラジル》
《★スプラッシュカフェ》

各250g
2800円(税込み)

【トレジャーズセット】
さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。

《★ケニア》
《★スマイル》

各250g
3000円(税込み)

【深煎りセット】
深煎り好きの常連さん向けに用意したセットです。いい感じの苦味系好きな方のお好みにドンピシャ!深煎りセットにそれぞれのお好みをプラスして、そんなご注文からみなさんのお好みがとっても良く伝わってきます。

《★ケニア》
《★深煎りブラジル・パッセイオ》

各250g
3000円(税込み)

【軽やかセット】
軽やか系好きのみなさんに安心して自信をもってお勧めできるセットです。華やかで軽やか、円やかな魅力をお楽しみください。

《☆ブラジル・ドナ農園》
《☆夏への扉》

各250g
2600円(税込み)

【新・定番Bセット】
いい感じの苦味系好きな常連さん向けの定番こーひーセットです。「ノスタルジア」は…きれいな味わい、円やかでコクが豊かで、後味はまたすっきり、余韻がきれいな新定番いい感じの苦味系ブレンド。「茜ブレンド」は定番こーひー人気NO1、深・エチオピアモカを使ったブレンドで深煎りの円やかな味わいです。「特上フレンチ」はインドネシアを使ったブレンドでマンデリン好きな方に人気です。

《★ノスタルジア》
《★茜ブレンド》
《★特上フレンチ》

各250g
2600円(税込み)

・・・はじめてのさかもとこーひー・・・

【はじめてのAセット】
「はじめてのAセット」を「ジョイセット」と同じ100g×5個の組み合わせにして…お試しのお得価格にリニューアルしました。はじめての方の為のセットなので色々とさかもとこーひーを試したいとのご要望を頂き…なるほど、それはその通りだな〜と反省しました。これで、その時のさかもとこーひーの色々な個性を試せると思います。

《★ケニア》
《★ノスタルジア》
《☆ブラジル・ドナ農園》
《★深煎りブラジル・パッセイオ》
《★スマイル》

各100g
2650円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての深煎りセット】
深煎り好きのみなさん向けに、お試しのいい感じの苦味系[深煎りセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》ないい感じの苦味系250g2つのセットです。

今は、[ケニア][深煎りブラジル・パッセイオ]です。

《★ケニア》
《★深煎りブラジル・パッセイオ》

各250g
3000円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての軽やかセット】
苦味の苦手なみなさん向け、お試しの爽やかな軽やか系[軽やかセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》な軽やか系250g2つのセットです。

今は、[ブラジル・ドナ農園][夏への扉]です。

《☆ブラジル・ドナ農園》
《☆夏への扉》

各250g
2600円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)
・・・

では、また・・・。

・・・
*要注意!…さかもとこーひーのコツは…
[挽きは細かく]
[粉の量は少なく]…です!
・・・
手さげ袋ギフトラッピング
(大3〜4個用、小1〜2個用、無料)がご好評です。
・・・
【毎月お届けコース】
・お届けの量やご予算、お好み等お知らせください。勿論セットでも大丈夫です。セットにプラスしても大丈夫です。価格、送料等は通常のお届けと同じです。(最初はメールでご相談してください)
・・・
いつでも♪《3000円以上(コーヒー)で送料無料!》
・・・
《【代金引換】手数料無料!》
・・・

【何を買ったら良いのか?お勧めは?その他ご質問等お気軽にメールしてください、お待ちしてます。】

【お願い】
冷凍保存した豆や粉を取り出したら、何よりも直ぐに!!袋を元の冷凍庫に戻してください。
冷凍、解凍の繰り返しは劣化を早めます。ジッパー付き袋をその為に使っています。
(豆は2週間以内でしたら、常温保存をお勧めします。粉は必ず冷凍保存をお願いします。)

《コーヒーはフルーツだ!》

2008年7月13日 坂本・丁寧な暮らし・孝文


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.11

「コーヒーの焙煎を考える(3)」

このところ芋焼酎の「百合」ばかり飲んでいたので…少し気分を変えようといきつけのいまでやさんに寄って日本酒の冷蔵庫を覗いていたら…三千盛の「れいじょう」という夏限定のお酒がありました。三千盛は僕が最初に地酒の美味しさに目覚めた蔵で…30になる少し前でしたから、もう25年近く前になりますか…先輩に連れられていった千葉の地酒屋さんでまず出てきたお酒でした。それまでベタ甘の日本酒で嫌な思いをしていらい全く日本酒を飲んでいなかった僕には、そのきれいな味わい、辛口のバランスの良さ、さりげない豊かさとひと口でお気に入りになりました。この蔵は吟醸ブームになっても吟醸を避けていたイメージがありますが…このところ飲んでいなかったのですが…最近は色々と出ているんですね。さて、その「れいじょう」ですが…家に帰ってラベルを見ると、純米吟醸でした。酒米が美山錦100%ということが関係しているのでしょう、りんご系の吟醸香が山田錦とは違って、ほのかに杏のようなニュアンスが加わって、三千盛らしいきれいな辛口の魅力そのままに爽やかさと涼しげさ、滑らかさが一体となって、流石三千盛とご機嫌でした。

さて、そんなこんなで、「コーヒーの焙煎を考える(3)」ですが…先日カフェに勤める若い男女が突然やってきまして…たまたま少し時間があったので(パッキング中だと時間に追われているので、なかなか相手ができません)少し話しをした時に焙煎の話題にもなりました。

その時にもでた話題ですが…水分抜きの前に、中点温度とかボトム温度とか云ってますが、豆を投入して温度が一番下がった時の温度について細かい話しをしました。焙煎初期にカロリーオーバーすると、水分抜けは悪いし、表面が焼けてしまって、香りが上手く出ず、甘味や円やかさ余韻も出きらなくなってしまうと考えているんです。その際に、ボトムの温度と火力の2つのコントロールが出来ないと、せっかくの素材のポテンシャルが出せないと考えているんです。

スペシャルティコーヒーの焙煎のあれこれを検証していた頃…ボトムの温度の1℃の違いや、焙煎初期の段階で、どの温度までは火力をどこまで上げられるか、基準を探して行きました。この基準ができてしまえば、あとは守れば良いので単純なんですが、焙煎機によっても、環境によっても違ってくるので、自分で探すしか無いでしょう。

明らかな表面焼けは分かり易いのですが、かすかに香りや甘味、滑らかさを減じているレベルを明確にできないと、同じように焙いても美味しかったり、イマイチだったりで、右往左往することになるでしょう。サンプルローストなら、弱火でスタートして、徐々に強火にしていけば大丈夫なんで、やりやすいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.10

コーヒーのコク研究(48)

あんまり評判が良いので…遅ればせながら…「下妻物語」を借りてきて観ました。いや〜、予想以上に面白かった。勢いが良いし、キャスティングもはまって…ロリータとヤンキー〜?…なんじゃそれ〜!…って思ってたら、いつのまにか引き込まれてました。いい塩梅でした。

では、コーヒーのコク研究(48)に進みます。

-「面影のコク」「比喩・抽象のコク」と例えた第三層のコクは、食べ物ばかりではなく、むしろ、食べ物以外にしばしば登場する。そして、なかなか味わい深い表現となることがよくある。
-食べ物以外にコクという言葉を使いだした事から、コクの範囲が飛躍的に拡大した。

-コクのある人間、コクのある言葉とか、使われることがある。
-登場人物の心のひだや性格の陰影まであぶりだしてしまう声の技術がある。コクのある声という表現がぴったりだと思える。
-落語の噺家の話芸もコクがある。
-朗読にしろ落語にしろ、視覚を借りずにただ耳だけで楽しむ話芸には、想像力をかきたてる効果がある。
-声だけでなくて間も抑制もコクのある噺には大切のように思う。
-ニュースや司会のアナウンサーにもコクのある声を持つ人がいる。
-俳優の中には年々演技にコクの出てくる人がいる。

-日本では「濃い人間」などと濃厚な存在感を表現するが、濃いだけではコクには至らない。

僕は落語を好きで日常的にCD、DVDを楽しんだり、年に数回(月いちまでは行けませんが)はライブに行って楽しんでます。寄席はもうずいぶんと行ってません。で、落語の特徴としては同じネタを違う噺家さんで聴いたり、同じ噺家さんの同じネタで違う会を比べたり、同じネタを繰り返し聴いたり…師匠と弟子で同じネタを聴いたり…昔の名人と今の名人で比べたり…それはそれは楽しみがたくさんあります。

そんななかから、勢いやパワーを感じたり、練り具合、成熟度、枯れ、花、洗練…それぞれが良いもんです。で、コクも確かに感じますね。40半ば位から感じることが多いように思います。40前後のお気に入りの噺家さんを見つけると…そこから20年30年は贔屓して楽しめます。昔は20代30代の勢いある若手を見つけると嬉しいもんでしたが…自分が50過ぎると、あんまり若いと馴染めない部分があって、どうせなら40過ぎくらいからの人になってしまいますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.06

「里山ビジネス」

昨日の7/5土曜日は梅雨明けかと思うような夏日でしたが、またお天気は下り坂で梅雨明けまではもうひと息のようです…それでももう1週間位で関東地方はあけるようですね。先週から「夏の空(水出しアイス)」のご注文がぐっと増えてきました。おひとりでまとめてのご注文もくるようになって、そんなところに季節を感じます。まず、「軽やかなブラジル」の豆が代わったので新しい「軽やかなブラジル」のご紹介から進めます。(写真はいつも素敵な写真を送ってくださるTさんからの日南海岸です。)

【☆軽やかなブラジル】
5月からお届けしてきた「軽やかなブラジル」のロットが代わりました。今回の「Fazenda Santa Alina」 はサンパウロ州とミナスジェライス州の州境の火山の外輪山の斜面に広がっていて、2005年のカップオブエクセレンスに入賞の実績がある農園だそうです。

さて、その「Fazenda Santa Alina 」ですが…円やかで爽やかさが一体となったまさに「軽やかなブラジル」にぴったりなこーひーになりました。きれいで円やか親しみやすい口当たりがほっとすると思います。ミルクチョコレートとアーモンドが上手くバランスとれて、隠し味の柑橘系やベリーやプラム、ほのかなハニーライクな香りが余韻を魅力的にしていると思います。エアコンで冷えた時など、ゆっくりと楽しむと落ち着ける味わいだと思います。お楽しみください。

1050円/250gパック(税込み)

さて、プロのつぶやき439での達郎のアコースティックライブの話題でふれた…「そこにはない音」がくっきりと浮かんでくる。炙りだされた文字のように。…確かに、僕にもドラムスにサックスにコーラスがしっかり聴こえてました。…なんですが、先日届いた「TATSURO MANIA」(ファンクラブ会報)の達郎インタビューでも…3人のアコースティックライブでの出来る曲、様にならない曲の話しをしながら…3人で音数も厚みもギリギリのところでやっているから、そっちの部分はみんな必死でね。それが突進感になって出てくるんだよね。…無い音が聴こえてくるようにならないとダメなんだ。…と、あって、やっぱりそうなんだ!と嬉しかったですね。…そして…あくまでもシャレだよ、シャレ、あれは。…と結んでました。しかし、無い音が聴こえてくるようにイメージして演奏し、聴く側にも聴こえてくるなんて、贅沢なもんです。これだからずーっと待たされても待ってしまうんですね。

そんな職人気質が心地よいですが…玉村豊男さんの「里山ビジネス」を読んでいたら…フランス、ブルターニュの塩掻き職人(機械を使わず手で掻き集める塩)から、職人的仕事観について触れていました。…いくら熟練したからといってそれだけ時給が上がることもない、拡大よりも持続的な考え、お金を稼ぐためにやっている仕事でも、お金を稼ぐことだけを目的とは考えず、その過程である仕事の作業そのものによろこびを見出すのです。…そんな日本では本来伝統的であった仕事観、金銭観を書いています。

別のページでは…由緒や歴史のある土地、特別な建造物、珍しい風景動植物がないと成り立たない何百万人もの人を集める大きな観光に対して小さな観光についても書いています。玉村さんは、海外旅行をする人に、名所旧跡もいいけれど、泊まっているホテルの半径500メートル以内をまず歩いたらどうですか、と勧めているそうです。非日常の世界に触れるのが大きな観光なら、日常を想像するのが小さな観光だと云っています。素材の出自や由来を厳密にトレースすることにはそれほどこだわっていないと云い、最近の食品のブランド化の意味を問い、生活観光の可能性を探っています。

玉村さんの1977年のデビュー作「パリ 旅の雑学ノート」でファンになって以来ずーっとそのライフスタイルや価値感に触れてきました…が、この10数年は何故か彼の本から遠ざかっていました…そして、今回久しぶりに読んでみて、職人的仕事観、日常の豊かさにブレが無いことにホッとしました。すでに昔の日本は無くなって、ありとあらゆる輸入文化の影響を受けた今の日本の豊かな成熟…普通の生活にある成熟した豊かさを考えるヒントがたくさんありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.05

「コーヒーの焙煎を考える(2)」

梅雨明けかと思う程暑い中、次男の高校の文化祭に行ってきました。暑さと高校生のエネルギーに圧倒されて…かみさんと早々と退散…体育館でのライブに芝居、お化け屋敷、茶道華道写真に美術部、喫茶店と昔と変わらないですね。お昼は前から行きたかった千葉市内のお蕎麦屋さん。女性向きのお店で雰囲気もメニューも値段も蕎麦通から少し外していい感じです。かみさんは梅おろし蕎麦、僕は穴子にメゴチ、キスの江戸前天ぷらそばに生ビール…かみさん満足、僕は蕎麦とつゆがイマイチで少し残念がっていると…自分でやるしかないんじゃない?…全く困った親父です。蕎麦はシンプルだけに微妙なバランスの違いで美味しさへの影響が大きいです。

さて、「コーヒーの焙煎を考える(2)」ですが…サンプルローストでも、焙煎機でも、はたまた、焙煎機でも大きさや国内、国外色々なメーカーによる違いとありますが…焙かれて成分が化学変化するのは豆自体ですから…その豆のどのような化学変化を目指すのかを整理しないとはじまりません。何か必殺のテクニックや機械があるわけでは無いと思ってます。確かに再現性やコントロールのし易さ、機械の持っているポテンシャルはあると思いますが…同業者を見てきた中では、必殺の機械を追いかけながら、愚痴を言っている人が目立つような印象を持っています。

で、豆のロースティング行程に進む前に厄介なのが水分抜きです。豆は丸くて水分を持っているので、これを上手い事抜かないと上手くロースティング行程で成分が発達しないです。

以前は「蒸らし」によって水分抜きをする考えでした。蒸気乾燥という考え方です。木材の乾燥でその蒸気乾燥という方法を知りました。また、センサーをセメントで装着する工程でまず高い湿度と温度で乾燥し、次に低い湿度で乾燥するという方法にも出会いました。蒸らして豆の芯から水分を抜いて行くという考えです。手網焙煎をはじめた時は、最初アルミホイルで網を覆って蒸らして、そのあとホイルを外して焙いたのを思い出します。

スペシャルティコーヒーに取り組むようになって…「エアーフロー」による水分抜きに出会いました。蒸らさずに空気の流れによって乾燥していく考えです。これは洗濯物が乾くのは風によって乾くのと同じですね。で、その頃色々と排気を変えて検証していきました。焙煎機によって排気能力や焙煎機自体の熱を蓄える力、輻射熱の力等々違ってきますので、自分の焙煎機にあったバランスを探さなければ上手くいきませんので。

で、今は…「エアーフロー」による水分抜きをしています。この考えになってもう7.8年になるかな?…なぜ「エアーフロー」に変えたと云いますと…香りも味わいにも、明るさや爽やかさが出たからです。スペシャルティコーヒーの持つ香りや爽やかな甘さ、余韻の心地よさ、全体の明るい魅力が感じられて変えました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.01

コーヒーのコク研究(47)

今日は7月1日、53才の誕生日でした。50過ぎてからは残り人生を考える誕生日です。小学校の頃、21世紀になる45才はどんな感じなのか全くイメージできませんでしたが、そこから8年も過ぎてしまいました。そろそろ10年後に頑固じじいになるための準備はじめなきゃ。

今日の夕方少し時間に余裕があったので県内のカフェに飛んで行って…煮だしのミルクティとアイスミルクティを淹れてきました。それと、うちのこーひーの淹れ方についても色々と意見交換。紅茶もこーひーもレシピだけでは伝わらない部分があって厄介で楽しいです。(それにしても、いつも煮だしのミルクティとアイスミルクティを淹れてひと口飲んでもらった瞬間の笑顔が嬉しいです。)

さて、コーヒーのコク研究(47)は…「本能」「学習」「修練」と三層に分けたコクです。

-コアーの強烈なコクを求めるのは本能で、誰でも生まれつき持っている感覚といえる。
-その外側の第二層のコクは「連想のコク」、コクを楽しむための様々な技術でもあり、我々はこのようなコクを自然に学習している。

-第三層の最外郭のコクは「面影のコク」「比喩、抽象のコク」、余分な要素を取り去ったものにコクの面影を感じる、修練が進む事で獲得できる高度な満足感によるコク。

-物質的要素がなくなった分だけ精神世界の肉付けが重要になる。

-人間の嗜好はコアーのコクから始まってより外側のコクを目指しているよう。
-子供の味覚から大人の味覚へという言い方もできる。
-最終的には多くの達人は第三層のコクを楽しむ境地に浸って満足する。

ここまできて…嗜好がでてきました。嗜好品であるコーヒーのコクも、コーヒーの中にある本能的に人間が必要とする要素からくるコクからはじまり、コアーのコクを連想する要素の第二層のコク、さらに嗜好品としてのコク、それぞれがまとまって魅力的なコクになっているとまとまってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »