« July 2008 | Main | September 2008 »

2008.08.26

ジンからバーボン

ほんと涼しく秋めいています。今日は会計事務所の担当の方が来るので、セブンイレブンでバタークッキーとチョコチップクッキー買ってきて…パナマ・マウニエル農園と一緒にお茶してもらいました。クッキーがあまりにも美味しくて、担当の彼もパナマ・マウニエル農園に合いますねーと喜んでくれました。夏は終わりですね。

そんなこんなで、晩酌をジンからバーボンに変えました。まだ、トニックウオーターがあるので、バーボン&トニック。カラメルにバニラのフレーバーがホッとします。そして、余韻のフルーティさからフローラルが漂うのがご機嫌ですね。このフレーバーが好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.24

志の輔、生志

このところ、急に涼しくなってきた千葉です。盛り上がった北京オリンピックも今日8/24で終わりですね。僕は格闘技好きなんで、レスリングや柔道を熱心に観てました。最近は陸上が観ていて楽しめます。気がつくと、昔に比べ日本の応援よりも各競技の選手の凄さ美しさに目がいくようになってます。競技毎、それぞれの鍛え抜かれた身体の違いや美しさに釘付けです。

先日20日に都内でわずか80人という、志の輔師のディープな独演会に行ってきました。国立劇場1600人3回の会でも即完売で、ほんとチケットが取りづらい落語家なのに…80人の会?…志の輔師も「ここは秘密結社ですか〜?、口外無用ですね〜。」なんて言ってました。

まず、前座の志の八「看板のピン」…前座っぽくなくて慣れた感じでした。志の輔師の新作「となりの喧嘩」…あいかわrずの大受け爆笑。ここで、新真打生志師をゲストに迎えて真打披露の口上…いいもんですねー。鉄九郎、鉄六のお二人の長唄三味線…去年の国立劇場やお正月のパルコ以来です。生の三味線、うっとりします。さらに志の輔師の「猿後家」…こちらも大爆笑。

国立劇場での「中村仲蔵」の大評判が伝わってきてますが、今回は新真打生志師がトリなんで、爆笑系ネタを選んだんでしょうか。うちの開店以来の常連さんが富山に帰省した際、志の輔師の富山での会に行ってきたそうです。そこでも「中村仲蔵」やったそうで、そのお客様は国語の先生でもあり色々とお話ししてくださいました。う〜〜ん、チケット取らなかったのを少し後悔しました。新作の爆笑系も好きですが、人情噺は余韻が長くて惹かれます。

そして、新真打、笑志改め生志師の「舟徳」です。本等で名前は知っていましたが…そのエピソードは歌舞音曲が苦手で、談志師の許しが出ずに真打まで20年かかったというようなものばかり。さてさて、どんなものかとおもったら…声は良いし、もう独自のリズムもメロディーも持っていて…いや〜大した腕の良さでした。追っかけたくなります。談志師の認めた真打は流石ですね。

志の輔師は、500人1000人と増えて行くとお客さんがどんどん固まりになっていくので、80人といった少人数の方が緊張するって言ってました。また、一番普段の地に近い自分がでるのがこの会だとも言ってました。お客さんは年配の方もいましたが、30前後の若い方がとっても多く、若い女性も目立って、大受けしてました。いい感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.17

「パナマ・マウニエル農園、カフェソカロ、深煎りエルサルバドル」

15日はお墓参りの後、地元の花火大会…16日は昼間千葉神社の御神輿を観て、夕方からはロッテマリーンズ対楽天イーグルスのナイトゲームを観てきました。5回終了時には花火が上がって、二日連続花火の迫力を堪能しました。マリーンズは今5位なんで残念ですが…評判の応援が良いのも手伝ってとっても楽しめました。

帰りも楽だし、はまりそうです。岩隈の自己最多16勝の素晴らしいピッチングの前に敗れ、9回終了するともの凄い雷と豪雨でこれまたビックリでしたが…今朝は一気に涼しくなりました。

さて、7月の新商品発売からまだ3週間と間がないですが…今週は…パナマ特有のきれいで柔らかな味わいと清々しいフローラルの香りが最高の「パナマ・マウニエル農園」…茜ブレンドに代わる円やかな新・定番いい感じの苦味系ブレンド「カフェソカロ」…滑らかな口当たりと甘味でもうお馴染み「深煎りエルサルバドル」と3つのお知らせです。

「秋の気配」を先取りでお楽しみください。

【☆パナマ・マウニエル農園】
久しぶりになりますが、パナマの素晴らしいコーヒーが届きましたのでさっそくご紹介します。パナマをご紹介する時にまず…その柔らかな親しみやすい口当たりや心地よいフローラルやフルーツの香り、甘い余韻の魅力を大切にしています。さかもとこーひーがはじめてで…苦く無くって酸っぱく無くて、香りが良くて甘いコーヒーください…そんな方にも自信をもってお勧めできるのがパナマの素晴らしいコーヒーです。

で、この「パナマ・マウニエル農園」ですが…柔らかな口当たりは勿論のこと、透明感の素晴らしいきれいな味わいにその柔らかな口当たりがひと口目から飲み干した後の余韻まで感じられて、その素材の素晴らしさを実感しました。

さらに素晴らしいのは、清々しいフローラルの香りの魅力、そこに追いかけてくるのがラズベリーやアプリコットのフルーツの魅力、口当たりは柔らかさにクリーミーな円やかさが加わって、そのまま華やかな明るい甘さが余韻になっています。ご機嫌なパナマですね。清々しい軽やか系に仕上げました。上品な苺や洋梨のシャルロット、ロールケーキ、フルーツのタルト等と一緒に合わせたいこーひーだと思います。

1575円/250gパック(税込み)

【★カフェソカロ】
こちらは、いよいよ深・エチオピアモカの在庫が寂しくなってきて…人気NO1の茜ブレンドが定番Bセットに入れておけなくなってきたのを受けての…新・定番いい感じの苦味系ブレンドです。茜ブレンドに代わるといっても、深・エチオピアモカを使えないので…茜ブレンドは忘れてゼロからのイメージ作りに入りました。

先にお届けした「ノスタルジア」が…きれいな味わい、円やかさとコク、後味がスッキリときれいな余韻、安心さのある魅力…そういったイメージでしたので…そこに味わいのふくらみや微妙なニュアンスを魅力にしたいなぁーとブレンドしました。

使ったのは…「深煎りブラジル」「深煎りエルサルバドル」「マンデリン」です。どの豆も突出することなく、ひとつのブレンドとしてまとまるようにバランスをとり、滑らか円やかないい感じの苦味系に加えて、飽きのこない長く親しんで頂けるよう微妙な複雑さや味わいの膨らみ、奥行きをイメージしました。これから大切に育てて行きたいと思ってます。お気に入りのチョコレートやマカロンと一緒にお勧めしたいです。

名前は…僕の好きなギタリストの佐橋佳幸さんのインスト曲から頂きました。スペイン語で広場とか人が集まる場という意味だと聞き素敵だなぁーと思いました。そんな人の集まる魅力になるといいなぁーと思ってます。

この「カフェソカロ」を新・定番Bセットに茜ブレンドの代わりに入りました。「カフェソカロ」「ノスタルジア」「特上フレンチ」の3つのセット(2700円)になりました。お楽しみください。

1050円/250gパック(税込み)

【★深煎りエルサルバドル】
最後は、もうすっかりお馴染みになって、常連さんのご贔屓にもなっている「深煎りエルサルバドル」です。中米のそれぞれの小さな国のコーヒーが…エルサルバドル、コスタリカ、パナマ、グアテマラ、ホンジュラス等々…それぞれに個性的な魅力を持って、お客様に贔屓にされるようになり、そんな豊かさに喜びを感じています。

さて、その「深煎りエルサルバドル」ですが…通常の滑らかなミルクチョコレート、親しみやすく柔らかな口当たりのいい感じの苦味系に加えて、このシャングリラ農園の豆は赤いベリーや甘く穏やかなシトリック、さらにほのかな赤ワインのキャラクターも感じられ、より味わい深い魅力になったと思いました。

こちらは、できるだけ長くお届けできるように準備しています。お好みのケーキやパン、和菓子と一緒にお気軽にお楽しみください。

1050円/250gパック(税込み)

・・・

いよいよ夏真っ盛りの8月のさかもとこーひー人気のセットのご紹介です。お楽しみください。(手さげギフト袋、小1-2個用、大3-4個用、無料))

【8月のニコニコ♪250gお得パック】
8月は、「ケニア」です。暑さに疲れきった8月を「ケニア」の爽やかな香りと余韻、柔らかな甘さでリフレッシュして乗り切ってください。冷たい飲み物より温かなこーひーが身体に優しいと思い、お勧めします。

《★ケニア》1260円/250g(税込み)

【《旬・瞬》カフェCセット】
さかもとこーひー人気一番のセットです。2008年晩夏向け3つをセットにしました。毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。お楽しみください。

《★カフェソカロ》
《★深煎りエルサルバドル》
《★ほたるカフェ》

各250g
2800円(税込み)

【新・定番Bセット】
いい感じの苦味系好きな常連さん向けの定番こーひーセットです。「カフェソカロ」は茜ブレンドに代わる円やかで味わいに深みのある新定番いい感じの苦味系ブレンドです。「ノスタルジア」は…きれいな味わい、円やかでコクが豊かで、後味はまたすっきり、余韻がきれいな新定番いい感じの苦味系ブレンド。「特上フレンチ」はインドネシアを使ったブレンドでマンデリン好きな方に人気です。

《★カフェソカロ》
《★ノスタルジア》
《★特上フレンチ》

各250g
2700円(税込み)

【トレジャーズセット】
さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。

《☆パナマ・マウニエル農園》
《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》

各250g
3150円(税込み)

【ジョイセット】
お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセットの晩夏バージョンです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《☆パナマ・マウニエル農園》
《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》
《★アニバーサリー2008》
《★深煎りエルサルバドル》
《★カフェソカロ》

各100g
3150円(税込み)

【深煎りセット】
深煎り好きの常連さん向けに用意したセットです。いい感じの苦味系好きな方のお好みにドンピシャ!深煎りセットにそれぞれのお好みをプラスして、そんなご注文からみなさんのお好みがとっても良く伝わってきます。

《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》
《★アニバーサリー2008》

各250g
3150円(税込み)

【新・四季のセット】
常連さんから、250g2個のセットで色々と楽しみたいとリクエストを頂き、新しい2個セットを考えました。深煎りセットやトレジャーズセット、軽やかセットとは別の組み合わせで魅力的なセットをお届けします、お楽しみください。

《☆パナマ・マウニエル農園》
《★アニバーサリー2008》

各250g
3000円(税込み)

【軽やかセット】
軽やか系好きのみなさんに安心して自信をもってお勧めできるセットです。華やかで軽やか、円やかな魅力をお楽しみください。

《☆パナマ・マウニエル農園》
《☆木陰》

各250g
3000円(税込み)

【エスプレッソセット】
世界のバリスタに高い評価を受けているブラジル、ダテーラ農園を使った、新しいセットです。「エスプレッソ・ダテーラ」はダテーラ農園をエスプレッソをイメージして焙いたシングルオリジン(ストレートコーヒー)です。「ラテ・ダテーラ」はダテーラ農園を使って、ラテやカプチーノのミルクと合わせた時の心地よさ、爽やかな甘さ、余韻の豊かさをイメージしたブレンドです。勿論、カフェプレスやコーヒーメーカーでもその魅力を存分に楽しめます。さかもとこーひーの新しいエスプレッソの魅力をお楽しみください。

《★エスプレッソ・ダテーラ》
《★ラテ・ダテーラ》

各250g
2300円(税込み)

・・・はじめてのさかもとこーひー・・・

【はじめてのAセット】
「はじめてのAセット」を「ジョイセット」と同じ100g×5個の組み合わせにして…お試しのお得価格にリニューアルしました。はじめての方の為のセットなので色々とさかもとこーひーを試したいとのご要望を頂き…なるほど、それはその通りだな〜と反省しました。これで、その時のさかもとこーひーの色々な個性を試せると思います。

《☆パナマ・マウニエル農園》
《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》
《★アニバーサリー2008》
《★深煎りエルサルバドル》
《★カフェソカロ》

各100g
2650円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての深煎りセット】
深煎り好きのみなさん向けに、お試しのいい感じの苦味系[深煎りセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》ないい感じの苦味系250g2つのセットです。

《★コスタリカCOEラ・ペニャ農園》
《★アニバーサリー2008》

各250g
3150円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)

【はじめての軽やかセット】
苦味の苦手なみなさん向け、お試しの爽やかな軽やか系[軽やかセット]を送料無料で用意しました。その時のお勧め《旬・瞬》な軽やか系250g2つのセットです。

《☆パナマ・マウニエル農園》
《☆木陰》

各250g
3000円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)
・・・

では、また・・・。

・・・
*要注意!…さかもとこーひーのコツは…
[挽きは細かく]
[粉の量は少なく]…です!
・・・
手さげ袋ギフトラッピング
(大3〜4個用、小1〜2個用、無料)がご好評です。
・・・
【毎月お届けコース】
・お届けの量やご予算、お好み等お知らせください。勿論セットでも大丈夫です。セットにプラスしても大丈夫です。価格、送料等は通常のお届けと同じです。(最初はメールでご相談してください)
・・・
いつでも♪《3000円以上(コーヒー)で送料無料!》
・・・
《【代金引換】手数料無料!》
・・・
クール便(冷蔵、210円)ご希望の方は、連絡欄でお申し付けください。

【何を買ったら良いのか?お勧めは?その他ご質問等お気軽にメールしてください、お待ちしてます。】

【お願い】
冷凍保存した豆や粉を取り出したら、何よりも直ぐに!!袋を元の冷凍庫に戻してください。
冷凍、解凍の繰り返しは劣化を早めます。ジッパー付き袋をその為に使っています。
(豆は2週間以内でしたら、常温保存をお勧めします。粉は必ず冷凍保存をお願いします。)

《コーヒーはフルーツだ!》

2008年8月17日 坂本・丁寧な暮らし・孝文


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.11

「お陰さまで、15周年」

*8/15(金)〜8/17(日)夏休みを頂きます、連休中のご注文は8/18(月)から発送します。よろしくお願いします。

お陰さまで、この8月11日に、さかもとこーひー開店15周年を迎えます。19才でフルーツパーラーの修行をスタートし、その後紅茶の店に勤め、27才で「紅茶の店 テ・カーマリー」として独立、38才で「コーヒー豆売り店 さかもとこーひー」を開店…気がつけば、53才、修行に入ってから34年、最初の独立からは26年、お客様のお引き立てあってのことです、本当にありがとうございます。

そして、毎週アップしてきたこのコーヒーコラム「プロのつぶやき」がもうすぐ450回、HPを開設してから約9年ですかー!まぁ、書いていることはいつも同じ事ばかりなんですが…同じ内容でも少しずつ進んでいきたいと思ってます。

と、そんなこんなの書き出しは毎年決まったことを振り返っています。ちょうど先日・・・泉麻人さんの「シェーの時代 おそ松くんと昭和こども社会」を読んでいたら、赤塚不二夫さんの訃報を知りました。昭和30年生まれの僕にとって赤塚さんは・・・赤塚さんのたくさんの作品のなかでも・・・なんといってもおそ松くんであり、シェーなんです。泉麻人さんは昭和31年生まれだそうですから、全く同じ世代です。ちなみにさんまさんは昭和30年7月1日生まれで僕と同じ誕生日なんです。

すっかり漫画を読まなくなって20年以上になりますが・・・あらためて手塚さんと赤塚さんの大きな影響を受けている自分に気づき驚いています。(さらに、ちばてつやさんです。)おそ松くんを読んで大笑いし、友達と一緒にシェーって大笑いしていたあの日々を思い出しました。赤塚さん、ありがとうございました。

さて、お陰さまで、15周年を迎え・・・素材とスキルをどうにか手のうちにでき、常連さんと自分のイメージの共有も進み・・・そろそろ次のステップに進み、喫茶人生の仕上げに入れそうかなぁーと感じています。先週書いた・・・「人生暇つぶしですが、暇つぶしのひとつとして、大変いい暇つぶしを志の輔はしているんじゃないですか。」…談志師の言葉・・・僕も「いい暇つぶし」だったと言えるよう、これからも充実した喫茶の世界を歩いて行こうと思ってます。

これからも「思わず笑顔のこぼれる美味しさ」を大切にしていきます。さかもとこーひーの四季をお楽しみください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.03

「人生、成り行き」

暑中お見舞い申し上げます。8月に入りました。昨日の土曜日はかみさんとキッチンの小物を探しに船橋のイケアへ行ってきました。駐車場はさすがに8月で車が少ないと思いましたが、店内は小さな子供連れのファミリーでいっぱいでした。50代60代は少ないですね。

お昼を店内のレストランで頂いた時、リンゴンベリー(Lingon berry)ジャムが売っていて、買ってきました。今朝トーストと一緒に食べたら、きれいな酸味で美味しかったですねー。リンゴンベリーと砂糖だけなのにしっかりゼリーのように固まっていたので…調べたら、ペクチンも豊富のようです。コケモモの改良種だそうです。酸味も強いようなのでジャムにピッタリでしょうね。ミートボールのソースにも使われるようです…あの酸味なら、ソースに使われるのがよく分かります。お気に入りがひとつ増えました。

8月になるとさかもとこーひー開店前にかみさんと妹と3人で近所にポスティングした日の暑さを思い出します。もう、15年前になってしまいました。当たり前ですが…あの頃40前だったのに、今は50過ぎて、特に今年になってからは明らかに身体も気持ちも変わっていっているのを実感し、静かな苛立ちとどう対応していったものか右往左往しています。人生の大きなコーナーを回っているんでしょう。

そんな折、談志師の「人生、成り行き-談志一代記-」を読みました。立川流の顧問でもあり、談志師の信頼篤く…「江戸前の男」「浮かれ三亀松」「芝居の神様 島田正吾・新国劇一代」等々演芸著作も多い吉川潮さんが聞き手となった半生記です。

まぁ、談志師は本もたくさん書いてますし、CD、DVDも多くその中でも色々と語っていますので、何度も聞いた内容が多いですが…はじめてのエピソードも含め、50過ぎて読むとあらためてヒヤッとする箇所が多かったのにビックリでした。

僕にとっての談志師は…笑点(笑点を企画し、司会をしていたんです、40年位前)で新しい笑いのセンスに触れ…「伝統を現代に」から影響受け…「落語は人間の業の肯定」でなるほど!…10数年前からは「イリュージョン」が前にでるようになってたんですが…僕の中で「イリュージョン」がイマイチぼやっとしていたんですね。その「イリュージョン」は人間のなんともいえないもやもや、不完全さ、いい加減さ、人間の奥底にあるワケのわからないもの、言葉で説明できないもの…イリュージョンこそが人間の業の最たるものではないか…と、信頼している聞き手を得て微にいり細にいり語っていて…スッキリ腑に落ちました。

最後は…立川流の傑作と評価する志の輔師との対談で…ここも子弟ならではの興味深い言葉の数々にページをめくるのがもどかしくなりましたが…今の落語家で、この手の落語(妾馬とか紺屋高尾といった内容を含んだ中くらいの噺)を分解し、そこに花を咲かせるという点においては、こやつが一番うまい。…といったように褒めてます。噺に見事に桜花を爛漫と咲かせてくれます。ダリアの花を満開にさせるし、あるいは一面を菊畑に埋めてしまう。

そうなんでうよねー、僕が志の輔師に惹かれるのもその花の見事な咲かせ方なんでしょう。その花のきれいさに拍手をしているんでしょう。目の前のお客さんにどんな花を咲かせてみせようかという気持ちに拍手しているんでしょう。花の咲かせ方、花の生け方、こーひーの魅力作りにも共通だと思います。素材をみつめ、常連さんを思い浮かべ…魅力をイメージする。

最後に志の輔師も「苛立ち」を口にしてます。僕としては…我の強い子供だったので、少しはおだやかになりたいと思ってきましたが…50過ぎての今迄に無い「苛立ち」に戸惑いがあります。何の解決にはならないものの、同世代の「苛立ち」に触れると、共感し救いになります。

そんなこんなで、もうすぐコーナー回りきって直線コースが見えてきそうです。プライベートも仕事も上手くコーナーリングして…充実の50代60代に向かいたいと思ってます。8月後半にはその志の輔師のディープな落語会のチケットを取れました。都内の60人前後の会です。東京の大きな会場とも違う、地方の会とも違う、小さな小さな都内の会に行きたいけれども、そんなの無理だろうと思っていたら…見つけて、取れました。

「世の中どうという程の事あない」…僕の持っている談志師直筆の短冊の言葉です。「人生暇つぶしですが、暇つぶしのひとつとして、大変いい暇つぶしを志の輔はしているんじゃないですか。」…談志師の志の輔への言葉です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »