« February 2009 | Main | April 2009 »

2009.03.31

「コーヒーの焙煎を考える(7)」

2002年10月23日に87才で逝去された山本夏彦さんの新しい本「浮き世のことは笑うよりほかなし」が届いた。もう亡くなって6年半経つなんて…。晩酌しながらパラパラ読んでいくと…言葉の宝が次から次へと現れる。僕の精神安定剤。

さて、「コーヒーの焙煎を考える(7)」ですが…「表面焼け」はボトムポイントと焙煎初期のカロリーオーバーの両面でチェックしてます。火力は焙煎スタート時、130℃の2段階で最大火力を決めてます。

この火力を見極めてからは火力オーバーによる「表面焼け」が避けられるのでシンプルになりました。

微妙な「表面焼け」があると、焦げにも繋がるし、水分抜けは悪くなるし、香りの表現が甘くなるし、甘味も出づらく、爽やかさ、明るさと…スペシャルティコーヒーの魅力がマイナスになると考えてます。

まず、ここをどう見極めるかでしょう。スペシャルティコーヒーを取り組む店の多くが焙きが浅い原因の多くが、ここを見極めていないことと水分抜きの甘さにあると思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.30

コーヒーとワインの酸

くま塾長さん
>私も「学び」とはどういう事なのか?、日々考えています。
坂本さんの仰られているように、肝心なところはやはり独学なのかも知れませんね。
誰かに学ぶことは大事ですが、やはり独自性を目指すには、独学の部分が必要なのかも知れません。
そして、本当の意味で独自性を作っていかないと、小さなところの醍醐味はないと・・・

くま塾長さん、いつも、ありがとうございます。独学っていっても、基礎や理論が大切なのは勿論ですよね。そこから、独自性を作っていくときに、ある意味の独学の重要さが現れるのでしょう。本質を見極め、独自性に進む時のテーマでしょうね。独学の裏には、教われない領域があるんでしょう。自ら学ぶということでしょう。

今日のサンク・オ・ピエシェフのブログで「さかもとこーひーとパウンドケーキ」のタイトルでプロの学びについて書いています。

ここでも触れていますが…僕は自分のこーひーとお菓子のフードペアリングに楽しみを見出していますが…その時のイメージの裏には、こーひーの酸の量とキャラクターとお菓子の相性をベースにしています。勿論、さかもとこーひーは一般のお客様が酸味を前面で感じないようにバランスを取っていますが…その隠し味の酸はとっても大きな役割をしていますので、フードペアリングを考える時にはまずそこからスタートしているんです。

で、サンク・オ・ピエのシェフもさかもとこーひーの酸の表現を元にしてクランベリーとフランボワーズのパウンドケーキを作ってくれたそうです。

まぁ、シェフは日常的にワインと料理の組み合わせでイメージしているので当たり前のことでしょうけれども…同じアプローチしていたようです。

その辺の微妙な感覚はシェフの料理とワインの組み合わせを頂くなかで、色々と盗まさせてもらっていることも多いんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.29

共通点は独学

昨日土曜日は、「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」でした。先月の「四季を味わう会」の日もそうでしたが…昨日も普段の倍以上のお客様が朝から閉店まで来店くださり、心地よい疲れでした。「四季を味わう会」、常連さん、いつも宅配でお届けしているお客様のはじめての来店、まったくはじめてのお客様と一緒にこーひー飲んで、お話しできました。おゆみ野店で僕が一番したかった形です。ありがとうございました。

さて、まず「四季を味わう会」ですが…お菓子は…一皿目が、「シトロニエ」「ウイークエンド」パティスリー ドゥー・コリーヌ、千葉県千葉市緑区おゆみ野中央3-22-2-103…二皿目が、「松葉最中」「本練羊羹」ささま、東京都千代田区神田神保町1-23でした。

さらに、幕張本郷のサンク・オ・ピエ、千葉市花見川区幕張本郷7-5-14-2F,Tel 043-274-5532のシェフが前日に「クランベリーとラズベリー風味のパウンドケーキ」を送ってくれました。こちらも参加のみなさんや運良く来店されたお客様と一緒に頂きました。

こーひーは一皿目と一緒に「タンザニア」「コスタリカ」、二皿目には「モクレン」「ボリビアCOE」を淹れました。女性のお客様には「シトロニエ」「ウイークエンド」のレモン風味のムースとパウンドケーキに軽やかで華やかなタンザニアがとってもきれいに合って、それがご好評でした。タンザニアの余韻に感じるミント風味がレモン風味にドンピシャですね。そして、モクレンの優しい味わいと余韻の円やかなコクがささまさんの最中や羊羹の上品で洗練されたコクの美味しさとの相性の良さにお茶よりもさかもとこーひーが合うということに驚かれていました。そうなんですねー!

「クランベリーとラズベリー風味のパウンドケーキ」は僕も驚いたのですが…タンザニアのさりげないきれいな酸にも、モクレンの静かな味わいにも、ボリビアCOEのきれいで豊かな味わいにも、その香り、味わいが見事に合い、さかもとこーひーにならなんでもOK!って感じでした。シェフ、ごちそうさまでした。

そんなシェフのブログにシェフの親友のピアニスト、クリヤ・マコトさんのCD紹介がされてました。クリヤ・マコトさんは僕もファンで店で良くCDかけていますが…シェフとクリヤ・マコトさんの共通点が独学であると書いています。クリヤ・マコトさんは音楽を聴くことと演奏することで自分を高め、シェフは料理を食べることと作ることで自分を鍛えてきた。その他に大事なのが読むこと、だと。

僕もお二人と同じように独学で来ました。美味しいということはどういうことなのかを探し、ひたすら飲み、食べて、読んできました。自家焙煎店で働き学んだこともありません。クリヤ・マコトさんやシェフと共通しています。

今一番大切にしている学ぶことは…素材とお客様の間にある何かを感じ続けることでしょうか。

そんなこんなで、次回の「四季を味わう会」ですが…最近常連さんから、こーひーには困っていないけれど、紅茶に困っている…そんな声がとっても多いんです。美味しい紅茶ってどんな味なの?どこで買ったら良いの?いくら位の紅茶が良いの?淹れ方は?…紅茶の情報が雑誌や本、専門店で色々とあります、勿論、みなさんそういった情報は得ているんですが…どうも、満足していないんですね。

僕にしたら…そうでしょう〜〜〜!…です。渋みを嫌い、紅茶の持っている心地よい渋みの魅力が伝わっていない、高価で希少価値のお茶を少量販売している、香りも分かり易いプンプンする香りばかりで、毎日飲んでも飽きのない良い香りが伝わっていない、目先の変ったお茶で売ろうとしている…僕の感じている紅茶の不満を書いていると切りが無いのですが…みなさん困っているのが分かったので、真面目に紅茶を扱おうと考えるようになりました。

それで、紅茶の会をしようか、日程はどうしようか、まだ決まっていませんので…次回の「四季を味わう会」のお知らせはしばらくお待ちください。ご要望等お待ちしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.26

「モクレン」が評判いい!

肌寒い今日は、どんより曇ったり、晴れ間が見えたり、急に風吹いて、遠くの空が腫れているのに、こっちは雨だったり…気圧が入れ替わっているんでしょう。

土曜日、日曜日、月曜日と色々と楽しい事があって、何から書きましょうか。月曜日はささまさんまで行ってきたし、日曜日はオーチャードホール、土曜日の夜はサンク・オ・ピエさんで8周年記念コース、都内に行く電車の中では「バーテンダー」って何十年ぶりに漫画読んでグッときたり。

そんな中、土曜日は一日中来るお客さん来るお客さんに「モクレン」淹れて、感想聞いてました。

いつもは、そのこーひーがお好みになりそうな常連さんを思い浮かべて味作りするんですが…この「モクレン」は、その常連さんが自分だったんで…勿論自分が気に入るのは問題無く…では、お客さんはどう?…こういった時お店で一緒に飲んで、感想だけで無く、笑顔から何から伝わってくるのでご機嫌です。

優しい口当たりを大切にしたので…飲みやすさから好印象だったようです。一番のポイントの余韻に漂う、マンデリンのクリーミーなマウスフィールとエキゾチックなフレーバーも伝わったようで…みなさん、ご好評でした。

夜のサンク・オ・ピエさんワイン会にも持ち込んで、食後にみなさんと一緒に飲みましたが…だいぶワイン飲んでましたが、ご好評でした。特に最後がフォアグラのプリンというもの凄いデザートだったので、その後にこーひーとしても良かったと思います。

さかもとこーひーの定番…名物ブレンドに育つと嬉しいですね。羊羹から最中やらフィナンシェ、パルミエ等々と合わせては、みんなで楽しんでいます。大きい大きいパルミエはキッチリ焼いてあってそれだけだと人によっては少し苦いくらいですが…モクレンと一緒だとぐ〜〜〜っと美味しくなります。幸せ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.24

ジョー・サンプル&ランディー・クロフォード

日曜日は渋谷オーチャードホールの「ジョー・サンプル&ランディー・クロフォード」にかみさんと行ってきました。もう30年前になりますね、お気に入りだったクルセイダーズにランディー・クロフォードがフィーチャーされた「Street Life 」にやられました。

今回はドラムスに大御所スティーブガット、ベースはジョー・サンプルの息子ニック・サンプルのアコースティクバージョンです。

ピアノ、ドラム、ベースと素晴らしい音色にランディー・クロフォードのオンリーワンの歌声。ジョー・サンプルがソロで弾いた「Melodies Of Love 」で完全に20代に戻り、ランディー・クロフォードの「No Regrets」でやられました。

今日はWBC終わった後、ふたりのジョー&ランディー「ノー・リグレッツ」「フィーリング・グッド」とCDかけてましたが…ステージがうかびました。そうそう、前から6列目のほぼ真ん中、最高の席でした。お客さんは僕より少し上が多いかな、ネクタイも目立って、達郎とは少しお客さん違いますね。

それにしても、歌伴のスティーブガット、ジョー・サンプルも当たり前ですが素晴らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.23

神田駿河台下 ささま 

今日は、午前中WBC見てから…今週土曜日の「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」の為に、神田駿河台下 ささまさん迄行ってきました。羊羹に松葉最中…桜餅もあったので今晩の楽しみに2つ。

しかし、行列も無く静かなお店なのに…途切れなく混雑無くお客さんが来ます。いい感じです。

桜餅は…美味しさ突き抜けて、侘び寂び感じます。 

3月はみなさん予定があるそうで、まだ定員に余裕があります。ご参加、お待ちしています。

「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」
-3月28日(土)11時30分〜13時頃
-さかもとこーひーおゆみ野店にて
千葉市中央区生実町1605-4 260-0813  Tel0120-041751
-参加費 500円(お菓子代)
-定員6名(先着順とさせていただきます)
-お名前、電話番号、おところを添えて、
 メール、お電話でお申し込みください。
takafumi@sakamotocoffee.com
0120-041751

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.22

さかもとこーひー…「5つのこだわり」

急激に暖かくなり、風が吹き荒れ…順調だった花粉症の症状が一気に酷くなった1週間でした。ちょうど薬が無くなるタイミングだったので、すぐお医者さんに行き楽になりました。同時に毎朝の焙煎の温度管理、火力設定を日に日に春から夏の設定へと調整しています。いつも通りのつもりでいると一瞬でカロリーオーバーになってしまいます。ほんの1℃高くなってもさかもとこーひー飲み慣れていない方なら…美味しい!…って、言ってくれると思う微妙なところですが…柔らかな口当たりや円やかなマウスフィール、余韻の甘さが少し弱くなり、味わいが固い印象になってしまいますので…油断ができません。

まず…「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」のお知らせです。お菓子の候補が絞れてきました。まず、近所の新しいフランス菓子屋さんのシトロエニというレモンムースにホワイトチョコレートをアクセントにしたとても爽やかでこーひーに合うケーキ、さらに同じ店のウイークエンドというこちらもレモン風味のバターケーキ。この二つはタンザニアにとっても合います。和菓子は神田駿河台下ささまさんの羊羹に松葉最中にしようと思ってます。こーひーはタンザニア、モクレン、コスタリカ、ボリビアCOEと今月の新しいこーひーを楽しんでもらおうと思ってます。椅子を3つ増やしましたので、6名を越えても大丈夫です。ご参加お待ちしています。(なんだかお菓子が増えていきます)

「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」
-3月28日(土)11時30分〜13時頃
-さかもとこーひーおゆみ野店にて
千葉市中央区生実町1605-4 260-0813  Tel0120-041751
-参加費 500円(お菓子代)
-定員6名(先着順とさせていただきます)
-お名前、電話番号、おところを添えて、
 メール、お電話でお申し込みください。
takafumi@sakamotocoffee.com
0120-041751

次は…[さかもとこーひー…「5つのこだわり」]…のご紹介です。実は昔から「こだわり」が嫌いで、紅茶の店テ・カーマリーをやっていた頃から…「こだわりのお店ねー。」とか、良く言われました。その度に…心の中では「こだわってなんかいません。当たり前のことしているだけです。」なんて、思ってました。恥ずかしい!

僕の中では「拘る」は「囚われる」と一緒でネガティブな意味合いです。「こだわっている」と言われると、じゃぁー、他のことはどうでもいいみたい!な感じで受け止めていました。自分で「こだわりの店」とかは言えないですね。

しかし…そんな独りよがりの面倒くさいこと言っているから、お客さんが分かりづらくなってしまうんですよね。うちの女性陣二人からも軽く鼻で笑われています。自分のしょうもないこだわりよりも、お客さんに伝わり易い言葉ってのが大切なんで…[さかもとこーひー…「5つのこだわり」]を書いてみました。

・・・
* INTERNET Watch でインタビューを受けました。生い立ちから現在まで上手にまとめてくださいました。自己紹介の代わりです、宜しかったらご覧ください。

前編 
後編


・・・

では…[さかもとこーひー…「5つのこだわり」]…のお話しです。

「完熟コーヒーの爽やかな甘さを知っていますか?」

1.コーヒーはフルーツだ!
「コーヒーはフルーツ」で、農産物です。豊かな土壌、太陽・風・雨等の恵み、健康に育てられた木から花が咲き、実が熟していきます。良く熟したフルーツがとっても美味しいのと一緒で…完熟した実ばかり集めたコーヒーは雑味の無いきれいな味わいで、香り良く、爽やかな甘さいっぱいです。10年前から理想的に完熟した素材の仕入れにチャレンジし、3年程かかって仕入れルートを作りました。今は安定して素晴らしい素材を使えるようになり、さらにより常連さん好みの素材を探し、手当することにエネルギーを注いでいます。

2.焙煎は素材とお客様をイメージして
いくら素晴らしい素材でも…焙煎で1℃10秒でも失敗すると台無しです。さかもとこーひーでは、私坂本だけが毎朝6時頃から開店前に一人静かに集中して焙煎しています。全ての焙煎の火力、時間、温度を記録し、ブレの無い正確な焙煎を心がけています。しかし、それだけでは魅力的な美味しいこーひーにはなりません。「素材のポテンシャル」と「常連さんのお好み」の両サイドからイメージして…素材の魅力を生かし、お客様が美味しい!と感じるポイントに焙き上げます。(嫌な苦味、酸味、雑味のコーヒーはありません。爽やかできれいな味わいがさかもとこーひーの基本です。勿論、毎日焙煎してますので、新鮮な豆をお届けします。)

3.豆を挽いて、カフェプレスで淹れる
僕がお勧めする淹れ方は…豆をやや細挽きに挽き…95℃以上の熱いお湯で…4分間お湯に浸します。勿論、ペーパーで淹れても良いのですが、少しすっきりとした味わいになります。カフェプレスで淹れたこーひーは香り高く、円やかな味わい、爽やかな甘さの余韻が楽しめます。(粉の量も少なくてすみます。…10g250cc…20g500cc…30g1000cc…が目安です)カフェプレスの代わりにティーポットで淹れて茶こしで濾しても同じです。

4.さかもとこーひーの四季
さかもとこーひーでは毎月新しいこーひーを発売しています。日本の四季のある豊かな暮らしに魅力を感じていますので…桜ぼんぼりカフェ、ミモザカフェ、夏への扉、夏の空、ペーパームーン、ベラ・ノッテ、イルミネーション、陽だまり…等々、季節感豊かなこーひーがお客様の日常に親しまれるよう願っています。そして、季節の和菓子、ケーキとのフードペアリングにも楽しみを感じています。(日本の四季を感じるこーひーをお届けするのが、私の一番の楽しみです。)

5.丁寧な暮らし
10代の頃にコーヒーや紅茶の仕事を目指した時の初心は…豆から挽いて淹れるコーヒー、ティーポットで淹れる紅茶のひと手間を厭わない丁寧な暮らしでした。お湯を沸かし、きちんとコーヒーや紅茶を淹れ、ひと時のお茶の時間の寛ぎを味わう。その頃から35年程の長い時間が経ってしまいましたが…ようやく、目指したクオリティで自分のイメージするこーひーをお届けできるようになった気がしています。

以上、[さかもとこーひー…「5つのこだわり」]について、
「メールde珈琲塾2009」で、さらに詳しく語っています。
お申し込み、お待ちしています。

では、おひとりで、ご家族、お友達とご一緒に…
さかもとこーひーでゆっくりとお寛ぎください。
(ご質問ご感想、お待ちしています。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.19

「コーヒーの焙煎を考える(6)」

日に日に暖かくなり、風も吹き荒れています。最近は毎朝の焙煎の温度管理、火力設定を春から夏の設定へと調整しています。いつも通りのつもりでいると一瞬でカロリーオーバーになってしまいます。ほんの1℃高くなってもさかもとこーひー飲み慣れていない方なら…美味しい!…って、言ってくれると思う微妙なところですが…柔らかな口当たりや円やかなマウスフィール、余韻の甘さが少し弱くなり、味わいが固い印象になってしまいますので…油断ができません。

豆を投入して、一度温度が下がりきりますが…その温度を中点とかボトムポイントとか言います。うちの焙煎の場合、ここの温度を何度にコントロールするかが最初のポイントになっています。先日来点された同業の友人との会話では…そこの新しい焙煎機だと、その辺が安定していて、中点が毎回同じような温度になるそうです。

だからといって、そのコーヒー飲んでもいませんし、どの程度の幅に安定しているのか、そのブレの範囲で味わいにどの程度影響しているのか、許容範囲も人によって違いますので、なんとも言えませんが…どちらにしても、不安定さに焙煎人が四苦八苦していることで共感し、盛り上がります。

うちの場合、ある温度から1℃でも高いと失敗になります。僕しか分からない位の違いなんですが…以前何度もよそのコーヒーで、うちだと1℃2℃3℃高かった時の味わいの固さ、香りの出なさ、円やかなマウスフィールが弱まっている、甘さが出きっていない等々感じました。

「表面焼け」…って言いますが、焙煎初期にカロリーオーバーして表面焼けすると、味を辛く感じたり、深く焙こうとすると表面がカロリーに対して保たなくて、焦げの原因になったりします。が、今回言っているのは、もっともっと微妙な表面焼けです。辛味も出ないで、わずかながら香りやマウスフィールを減ずる微妙な表面焼けで、この感覚やどの温度でそうなるかを見極めた時は嬉しかったものです。これはひたすらカッピングで比較しながら掴んでいきました。

これは、焙煎機が違えば温度も火力も違ってくるし、同じ焙煎機でも違ってきますので、自分の環境で掴むものでしょう。

また、スペシャルティコーヒーの素材ですと、素材自体がクリーンカップですので、多少の表面焼けしていても、一見きれいな味わいに感じるんですね。(特に汚れた味わいのコーヒーに比べると)そうすると、もっとポテンシャルあるのに…うん、美味しい!最高!…って、ひと言で、良しとしてしまうケースを見てきました。

なかなか厄介かテーマです。

で、ボトムポイントでも表面焼けしますが、焙煎初期のカロリーオーバーでも表面焼けするので、ますます厄介です。(特にうちの焙煎機のメーカーでは。)その点欧米の焙煎機の方が優秀だと聞きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.18

ロワゾー・ド・リヨン

今日のおやつは何にしようかなー?と思いつつ…豆が足らなくなって急遽焙煎していたら…友人が湯島のロワゾー・ド・リヨンさんのケーキとクロワッサンを持ってきてくれました。評判を聞いていて、行きたいなぁーと思っていたので、ラッキーでした。女性陣二人も大喜び。6種類のケーキを仲良く切り分けて美味しく頂きました。素材も技術も素晴らしい。千葉のケーキ屋さんでは味わえないようなケーキでした。春らしく柔らかで上品な味わいでしたが、僕にはちょっと女性的な味わいで、今度はお店に行って、もっと男性的な味わいのお菓子も頂きたいと思いました。ごちそうさま!おなかいっぱいの今日のおやつでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.17

同業のお客様が突然来店

今月の新しいこーひーを無事発売して、葉書DMも出し、HPでのインフォメーションもしての、休み空けの忙しい一日が終わり、片付けをしていたら…駅前からの電話…タクシーのドライバーさんに店の場所を教えて…数分後…何年かぶりにお会いする同業のお客さんが来店してくれました。

店は閉めているので…こーひー淹れて…ゆっくりとお話ししました。商売のこと、焙煎のこと、お客さんのこと、生活、お菓子、お酒…楽しいひと時でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.16

「ボリビアCOE、タンザニア、モクレン、コスタリカ」

朝6時頃店に向かう時、すっかり明るくなってきました。3月も半ばになり、花粉症さえ無ければ良い季節ですね。今日はそれぞれ個性の違う新しいこーひーが4つ…「ボリビア・カップオブエクセレンスコーヒー」、2年目の「タンザニア」、マンデリンの新しいブレンドの「モクレン」、春らしい明るい魅力の「コスタリカ」のご紹介です。(そうそう、もひとつ「welcome to マイリビング」をさかもとこーひー入門編のブレンドとして再スタートします。)

それと…「トレジャーズセット」を250g×3袋のセットにリニューアルしました。250g×3袋の新しいセットのご要望がありまして…まず、「定番Bセット」の内容を毎月変えていくことにしました…そして、「トレジャーズセット」を「《旬・瞬》カフェCセット」のお宝セットとして、250g×3袋のセットにします。

さらに…「はじめてのAセット」をさかもとこーひー入門編ブレンドとしてスタートした「welcome to マイリビング」とその月の一番高級なカップオブエクセレンス等のこーひーとの250g×2袋にしました。この2つをお試し頂ければ、さかもとこーひーの奥深い世界にすんなりと馴染んでいけると思います。

次は…「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」のお知らせです。お菓子の候補が絞れてきました。まず、近所の新しいフランス菓子屋さんのシトロエニというレモンムースにホワイトチョコレートをアクセントにしたとても爽やかでこーひーに合うケーキ、さらに同じ店のウイークエンドというこちらもレモン風味のバターケーキ。この二つはタンザニアにとっても合います。和菓子は神田駿河台下ささまさんの羊羹に松葉最中にしようと思ってます。こーひーはタンザニア、モクレン、コスタリカ、ボリビアCOEと今月の新しいこーひーを楽しんでもらおうと思ってます。先週椅子を3つ増やしましたので、6名を越えても大丈夫です。ご参加お待ちしています。(なんだかお菓子が増えていきます)

「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」
-3月28日(土)11時30分~13時頃
-さかもとこーひーおゆみ野店にて
千葉市中央区生実町1605-4 260-0813  Tel0120-041751
-参加費 500円(お菓子代)
-定員6名(先着順とさせていただきます)
-お名前、電話番号、おところを添えて、
 メール、お電話でお申し込みください。
takafumi@sakamotocoffee.com
0120-041751

・・・

【★ボリビアCOE】アラン農園
さかもとこーひーはじめてのボリビアのカップオブエクセレンスコーヒーのご紹介です。カップオブエクセレンスコーヒーはそれぞれの産地国の印象的な魅力、特徴が際立っていますが…このボリビアも他の産地に無い素晴らしい魅力いっぱいです。

ひと口目からクリーミーなマウスフィールに甘さが寄り添い、ドライフルーツのような濃縮感のある円やかさと明るいキャラクターがいい感じでバランスとれてます。艶やかなフローラル、ブラックベリーから柑橘系のキャラクターに冷めてくるとスパイシーな余韻が印象的です。香り高い美味しいバゲットやブリオッシュと一緒に飲んだらご機嫌でした。お楽しみください。

1890円/250gパック(税込み)

【★タンザニア】キリカフェ農協
昨年さかもとこーひー8年ぶりのタンザニアとしてご紹介した「タンザニア・キリカフェ農協」が今年も入荷しました。ボリビアCOEから一転して軽やかさが良いキャラクターになっています。

きれいで爽やかな味わいの後を追いかけるように甘味に包まれた余韻がとっても心地よいこーひーです。ひと口目の軽やかな味わいから、徐々に顔を出すフローラル、オレンジのキャラクターが心地よく、余韻で感じられるミントがこのタンザニアを印象的なこーひーに仕上げています。明るく柔らかな口当たりの甘さの余韻にさりげないミントの個性が春にぴったりでしょう。フランス菓子屋さんにおやつを買いに行った時、このタンザニアにピッタリだと浮かんだレモンのムースやレモン風味のバターケーキと合わせたらイメージとおりとっても美味しく頂けました。

1575円/250gパック(税込み)

【★モクレン】
先日、マンデリンを焙煎している時に…マンデリンを注文してくれた多くの常連さんのメールや、そのマンデリンのご感想が頭に浮かび…マンデリンとエチオピアモカのブレンドである「モカジャバ」が作れなくなって、その無くなったモカジャバに対する何人かの常連さんメールも思い浮かべてました。

すると…フッと新しいマンデリンのブレンドのイメージが浮かんできて…焙煎しながら候補の豆のカッピングの準備をして(これもおゆみ野店に移転した利点ですね、焙煎機の横でカッピングできるので、助かります。)…まずは、2種類で確認し、もうひとつ加える豆と割合が浮かび、あっという間にマンデリンの新しいブレンドが出来ました。

後は、スタッフや常連さんと何度か試飲して感想を聞き、名前のアイデアももらって…フラワーアレンジをお願いしているSさんと、Sさんのお友達でガーデニングの仕事をされているHさんに別々に聞いたのに、なんと!同じ「モクレン」の名前が上がりました。うちの女性陣二人の意見も一致して…「モクレン」に決めました。おゆみ野にはモクレン並木道があって、毎年とってもきれいで、車で走り抜ける時が快感なんです。

洗練されたきめ細やかな優しい口当たり、マンデリンの柔らかな心地よいマウスフィールと甘さ、余韻にマンデリンのスパイシー&エキゾチックなフレーバーが漂うイメージです。使った豆はマンデリンにケニアとコスタリカです。華やかなタイプではなくて、内省的な静かな魅力を求めました。(あまり私私って前に出ないモクレンの雰囲気にぴったりだと思います。)

出来上がってみると…50代の私的な思い入れ、好みを反映した常連さんのお好みよりも自分の欲望を優先したブレンドになりました。さかもとこーひーで人気のこーひーとは違った個性、魅力になっています。(もし、この「モクレン」が育ってさかもとこーひーを代表するブレンドのひとつになっれくれたらとっても嬉しいです。)

1260円/250gパック(税込み)

【★コスタリカ】ウエストバレー
こちらは久々のコスタリカです。コスタリカの明るい魅力が春向きだろうと思って用意しました。明るいきれいな味わいから、クリーミーで円やかな口当たり、ベリー類のキャラクターから甘味に包まれたマウスフィールがとっても心地よいこーひーです。特に余韻の柔らかな甘さには熟し具合の良さを感じました。少し個性は違いますが…「深煎りエルサルバドル」のような親しみやすいこーひーになっています。

1260円/250gパック(税込み)

【★welcome to マイリビング】
おゆみ野店移転記念ブレンドとして登場した「welcome to マイリビング」ですが…名前のとおり…リビングでの気持ちのよいひと時の為のこーひーです。

その後、毎日さかもとこーひーはじめてのお客様と一緒にこーひーを飲んでいて…みなさんそれぞれで、苦味酸味に対する感じ方も違いますし、普段のお好みも違う中…はじめにどのようなこーひーを試してもらったら、さかもとこーひーにすっと馴染んでもらえるか?を考えていました。

で、気がつくと自然に…あまり深煎りとか中煎りとか関係無く…「深煎りエルサルバドル」から試飲してもらうと、そのお客様の感覚が分かりやすく…その素直な口当たりや甘さ、香りが苦味酸味が苦手な方には飲み易いし…ご感想を聞いて、ここからもっと違うキャラクターのこーひーにも進みやすいことが分かりました。

そんなこんなで…「welcome to マイリビング」を深煎りエルサルバドルをベースにして、季節によって、コスタリカ、ケニア、グアテマラ、コロンビアとアクセントにする豆を替えるブレンドにいたします。完熟豆の滑らかな甘さ、味わいを素直に表現しました。複雑な味わいにはしてません。この「welcome to マイリビング」がお好みにあったら…ここから味わい深いこーひーや華やかなこーひー、色とりどりな香りのこーひー、爽やかな甘さのこーひー等々魅力的なこーひーの世界がお待ちしています。

この「welcome to マイリビング」を「はじめてのAセット」に入れて、ここからさかもとこーひーに親しんで頂きたいと思ってます。

1260円/250gパック(税込み)

・・・

3月のさかもとこーひー人気のセットのご紹介です。お楽しみください。(手さげギフト袋、小1-2個用、大3-4個用、無料))

【3月のニコニコ♪250gお得パック】
「深グアテマラ・フェリシダ」に代わりました。いままでのプルカルよりも春向けに少し明るい爽やかさにバランスをとっています。熟した甘さの魅力が印象的でした。キャラクターはグアテマラのハニーライクからカシスとミルクチョコレートが加わり、グアテマラの魅力をしっかりと感じます。

《★深グアテマラ・フェリシダ」》1050円/250g(税込み)

【新・トレジャーズセット】250g×3袋
さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。常連さんにリクエストに応えて、3袋セットにリニューアルしました、お楽しみください。

《★ボリビアCOE・アラン農園》
《★タンザニア・キリカフェ》
《★モクレン》

4000円(税込み)

【《旬・瞬》カフェCセット】250g×3袋
さかもとこーひー人気一番のセットです。2008年春向けの3つをセットにしました。毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。お楽しみください。

《★タンザニア・キリカフェ》
《★モクレン》
《★コスタリカ》

3000円(税込み)

【定番Bセット】250g×3袋
定番深煎りこーひー2つに、《旬・瞬》な深煎りこーひー1つの組み合わせで、毎月内容を変えていきます。

《★ミモザカフェ》
《★カフェソカロ》
《★栞カフェ》

2800円(税込み)

【四季のセット】250g×2袋
じょじょにファンが増えている「四季のセット」です。

《★ボリビアCOE・アラン農園》
《★タンザニア・キリカフェ》

3150円(税込み)

【深煎りセット】250g×2袋
深煎り好きの常連さん向けに用意したセットです。いい感じの苦味系好きな方のお好みにドンピシャ!深煎りセットにそれぞれのお好みをプラスして、そんなご注文からみなさんのお好みがとっても良く伝わってきます。

《★ボリビアCOE・アラン農園》
《★モクレン》

3000円(税込み)

【ジョイセット】100g×5袋
お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセット春に向けてバージョンです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《★ボリビアCOE・アラン農園》
《★タンザニア・キリカフェ》
《★モクレン》
《★コスタリカ》
《★ミモザカフェ》

3150円(税込み)


・・・はじめてのさかもとこーひー(通販専用)・・・

【はじめてのAセット】250g×2袋
さかもとこーひーはじめての方向けのセットです。「welcome to マイリビング」は、さかもとこーひー入門編のブレンドとしてイメージしました。滑らかな口当たりで苦味や酸味が苦手な方でも親しみ易いと思います。深煎りエルサルバドルをメインに四季によってアクセントの豆を代えていきます。さかもとこーひーの完熟豆特有の爽やかな香り、円やかで甘い味わいをお楽しみください。そして、もうひとつはその月最高の豆を加えてセットにします。親しみ易い「welcome to マイリビング」とその月最高の豆の組み合わせでお楽しみください。

《★ボリビアCOE》
《★welcome to マイリビング》

2800円(税込み、送料、代金引き換え手数料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。)


・・・

では、また・・・。

・・・
*要注意!…さかもとこーひーのコツは…
[挽きは細かく]
[粉の量は少なく]…です!
・・・
手さげ袋ギフトラッピング
(大3~4個用、小1~2個用、無料)がご好評です。
・・・
【毎月お届けコース】
・お届けの量やご予算、お好み等お知らせください。勿論セットでも大丈夫です。セットにプラスしても大丈夫です。価格、送料等は通常のお届けと同じです。(最初はメールでご相談してください)
・・・
いつでも♪《3000円以上(コーヒー)で送料無料!》
・・・
《【代金引換】手数料無料!》
・・・
クール便(冷蔵、210円)ご希望の方は、連絡欄でお申し付けください。

【何を買ったら良いのか?お勧めは?その他ご質問等お気軽にメールしてください、お待ちしてます。】

【お願い】
冷凍保存した豆や粉を取り出したら、何よりも直ぐに!!袋を元の冷凍庫に戻してください。
冷凍、解凍の繰り返しは劣化を早めます。ジッパー付き袋をその為に使っています。
(豆は2週間以内でしたら、常温保存をお勧めします。粉は必ず冷凍保存をお願いします。)

《コーヒーはフルーツだ!》

2009年3月15日 坂本・丁寧な暮らし・孝文

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.14

常連さんの夫婦仲

友人が経営者の夫婦仲と倒産についてブログ書いていました。ず〜っと前から感じていたことですが…うちの常連さんは夫婦仲の良い方がとっても多いんです。そりゃー、夫婦仲悪かったら、わざわざさかもとこーひー取り寄せて飲むことなんて無いですよね。

いくらお金持ちでも、美味しいものに興味なかったり(特にコーヒー豆買うのはそれほどお金かかりませんので、高級なコーヒー飲んでいてもそれほどステイタスにもならないでしょうし…)こーひーゆっくりと楽しむひとときに価値を感じなかったりすると…コーヒーなんてなんでもいい!…って、感じでしょうか。

そんなコーヒーやお茶に魅力を感じて、一生の仕事にしようと若い頃思ったんですけど。

さて、我が身を振り返ってみると…若い頃はエネルギー余ってるし、自己顕示欲も強く、夫婦で商売していると、自分の思うようにならなかったり、お金の苦労があったりすると…ぶつかったりばかりでした。

ようやく、最近はお互い都合良くエネルギーも減ってきて、余分な衝突も避けるようになり…ここおゆみ野店に移転してからは、穏やかなお客様ばかりで、心地よい仕事の環境に恵まれ…若い頃イメージしていた…おだやかな日常に少しはなってきたように思ってます。

その上、まだまだ、クリエイティブな欲望はしっかりありますので、日和ってもいないし、枯れるにはまだまだ若いです。

今日も…焼き立てのお菓子の差し入れやうぐいす餅の差し入れがあって、たいして忙しく無いのにそこそこ良い売り上げで、なかなか幸せな商いになっていきそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.13

味作りの進化の凄いことです。

この二三日、さかもとこーひーに馴染みの無いはじめてのお客さんが目立っています。今日なんか、カフェと間違えてきて、なんの違和感も無くスッとテーブルに座ってコーヒー農園の写真をアルバムをメニューだと思って開き、アレッ?…店内を見渡して、どうやらカフェではないと気がついたお客さんが三組もあって…無料ですからこーひー飲んでいってください…って、言っても、おしゃべりしたかったのでしょう、帰っていかれました。少しずつ店の存在が広まっているんでしょう。

そんなこんなで、最近とっても感心しているのが…カップラーメンや生みそのインスタントお味噌汁の味作りの進化の凄いことです。

普段なかなかそういったものを頂くことが無かったので、むかしのイメージしか持ってなかったのですが…最近お昼のお弁当の時に頂くと…その巧みな味作りには驚きしかありません。勿論、コスト面の制約がありますので化学調味料使ってますが、それを上手に隠しているし、他の味と組み合わせてバランスとってます。まぁ、じっくり味わえばすぐ分かるし、特に冷めてくるとごまかしようが無いのは仕方無いでしょう。

それにしても、ここまで作り上げる為にには相当な研究とノウハウの積み重ねがあるでしょう。たいしたものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.12

今日のおやつ

いつも葉書DMを出す前日はのんびりした日になるんですが…今日も朝から宛名ラベルと葉書DMを印刷して、午後はラベル貼りが半分以上できました。ひと段落したところで…おやつを買いにひとっ走り近所のフランス菓子屋さんまで。

今朝焙いたタンザニアとコスタリカがイメージとおりだったので…そのキャラクターを考えて…ウイークエンドというレモン風味のバターケーキとお気に入りのダックワーズ。

さっそく、まずは、タンザニア淹れて…スタッフのKさんに…このタンザニアは、余韻のミントな風味がポイントなんだ…と、いうと…ミント?…そうそう、フローラル、オレンジ、ミントと順番に感じられると良いんだよね。

で、飲みながら説明すると…徐々に感じてきたようで…そこに、レモン風味のウイークエンドをひと口…これは、タンザニアにピッタリだと思ったんだけど…やっぱりバッチリだねーとご機嫌でした。

コスタリカは、明るく円やかな口当たりで、こっちの方が最初は親しみ易いけど、ウイークエンドと合わせると、美味しいんだけど、タンザニアと一緒の時のような魅力は消えちゃうでしょ?…え〜、ほんとほんと。

ダックワーズは歯に軽く当たったサクッとした感じが最初のポイントで、そんな感触が上手に焼けてるねー…そんなさかもとこーひーのおやつ時間でした。

こーひーもお菓子も美味しくて、満足満足。新しいフランス菓子屋さんに行く回数が増えそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.11

「コーヒーの焙煎を考える(5)」

来週発売予定の新しい豆やブレンドの仕上げに入っています。今回はロースティングポイントがイメージとズレがあり、微調整に神経使っています。

先日友人が焙煎機の掃除を念入りにしたら、排気のバランスが変わってしまい、調整に手間取ったということで…色々と話しをしました。僕の場合はそういったバランスの崩れが怖いので一気に掃除しないようにしています。サイクロンやらサイクロンまでの煙突、外の煙突、排気ファンや冷却機等々ローテーション組んで順番に掃除します。その方が楽ですしね。

ここおゆみ野店に移転してきてからは、焙煎機周りのスペースも広くなったし、外の煙突は短いし、掃除が楽になってます。掃除しづらいと、ついつい掃除が後回しになることがあるので、掃除し易さもポイントですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.10

千葉の繁盛やきとり&ラーメン

昨日はワイン仲間のKさんと一緒にKさんに焼き鳥屋さんに連れてってもらいました。都賀の大八さんっていう地元では有名なお店です。6時に入ると先客がちらほら、焼き台の準備も進んでいて…ビール頼み…モツ煮込み、おこうこ…カシラ、レバー、軟骨…ボリュームがあるし、焼きがバッチリで、美味しい、美味しい。レバにタンの刺しも追加、ホッピーやらジンジャーハイに沖浸けで、満腹。先代夫婦に若夫婦、高校生の娘さんも手伝って…気がつくと、満員で入れないお客さんが残念そうに帰っていってました。仕事が丁寧だし、あの肉の大きさは焼きによいバランスなんでしょう。

で、ついでに、ちょっと足を伸ばして…津田沼の必勝軒までラーメン食べに。何でも千葉県で一番行列ができる店とか。月曜日は夜だけの営業で、他はお昼だけらしい。さらに、毎日スープも違うと。麺は自家製。運良くたいして待たずに入れて…ラーメンを。今日は豚骨。う〜〜ん、驚いた。麺も美味しいけど…スープのきれいなこと、後味の切れも良いし。あまりラーメン詳しくないですが…豚骨ラーメンでこんなスープははじめてでした。見事に乳化してます。朝6時から炊いているといってました。

Kさんお気に入りの店で、流石良いお店でした。教えてもらって良かった良かった、いい仕事体験できました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.08

椅子増やします

だいぶ平日と土曜日の来店の違いに慣れてきました。平日は近所のお客さんがぱらぱらと来られます。お急ぎの方はサッと買ってサッと帰られますし…はじめての方やゆっくりできる方はこーひー飲みながら色々とお話ししてます。常連さんは世間話で盛り上がるし、さかもとこーひーに慣れてない方は「コーヒーはフルーツだ!」って話しから、カフェプレスでの淹れ方やブレンドやシングルオリジンの違い、お菓子との相性の話し等が多いですね。

で、先週土曜日の「第一回さかもとこーひーの四季を味わう会」の時もテーブルがいっぱいの時に常連さんが何組か来店されてちょっと混雑模様でした…昨日の土曜日は久しぶりに晴れていい天気…2時頃から閉店まで喋れども喋れども状態で、ちょっと疲れましたが、充実した時間を持てました。(こーひー次から次へといっぱい淹れましたが、この辺は喫茶店やっていた経験が役にたってますね。)

突然、さかもとこーひーの前にやっていた紅茶の店テ・カーマリー開店当時からの女性のお客様二人がわざわざ来てくれ…会うのは16年17年ぶり?…お互い二十代の頃のままに話しが盛り上がったり…市内でも少し遠いところにお住まいの常連さんがご家族でいらっしゃって、カフェプレスでの加減や普段の飲み方、お好み等々お話しできましたし…ワイン会でご一緒することがある常連さんは息子さんと一緒に来られて…その質問に答えているうちにどんどん専門的な深い話しになったり…おゆみ野店に移転した大きな理由の「お客様とのコミュニケーション」がイメージとおりに実現できてきています。

が、ゆっくりとこーひー飲んでコミュニケーションの場にしようと6人テーブルにしたのに…2組3組と重なると狭い狭い!…ので、かみさんと話しをして、椅子を増やすことにしました。店の広さにはまだ多少余裕があるので、テーブルも増やしたいのですが、とりあえず椅子はすぐ増やせるので、これから下見に行って、気に入ったのがあったら買ってこようと思ってます。

そんなこんなで…今週は「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」の準備をスタートしました。(毎月だとちょっと忙しいですね)まず、マンデリンを焙煎している時に…マンデリンを注文してくれた多くの常連さんのメールや、そのマンデリンのご感想が頭に浮かび…マンデリンとエチオピアモカのブレンドである「モカジャバ」が作れなくなって、その無くなったモカジャバに対する何人かの常連さんメールも思い浮かべてました。

すると…フッと新しいマンデリンのブレンドのイメージが浮かんできて…焙煎しながら候補の豆のカッピングの準備をして(これもおゆみ野店に移転した利点ですね、焙煎機の横でカッピングできるので、助かります。)…まずは、2種類で確認し、もうひとつ加える豆と割合が浮かび、あっという間にマンデリンの新しいブレンドが出来ました。後は、スタッフや常連さんと何度か試飲して感想を聞き、名前のアイデアももらって…もうすぐ発売できそうです。優しい洗練された口当たりの後、余韻にマンデリンのフレーバーがエキゾチックに漂うイメージです。華やかなタイプではなくて、内省的な静かな魅力を求めました。

で、何回もその新しいブレンドを飲みながら…これは羊羹にぴったりくるな!と…すぐに近所の和菓子屋さんでせっかくなんで一番高い極上羊羹を買ってきて確認しました。勿論、バッチリです。と、いうことで…「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」では、僕に一番好きな神田駿河台下のささまさんの本練羊羹と黒糖入り本練羊羹の2種類と合わせてみます。こちらの羊羹は香り味わい食感と抜きん出ているので、僕も楽しみです。

そして、ケーキですが…去年近所にできたフランス菓子の店に何回か通っていたら…レモンムースにホワイトチョコレートが隠し味になったケーキがとっても美味しくて、他のムース系のケーキもいくつか試したのですが、3人の意見が一致してシトロニエというレモンムースのケーキに決まりそうです。レモンの爽やかさが印象的ですが、ホワイトチョコレートが挟んであることで、こーひーとの相性がグッと良くなっていると意見が一致しました。

その他、ボリビアのカップオブエクセレンスコーヒーや、春に向けての明るいキャラクターのコスタリカを準備しています。まだ、お申し込みはお二人ですので、ご参加お待ちしています。

みなさんのご感想、ご質問を大切にして、これからのさかもとこーひーの味作り、企画のヒントにしていきます。では、次回のお知らせです。

「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」
-3月28日(土)11時30分~13時頃
-さかもとこーひーおゆみ野店にて
千葉市中央区生実町1605-4 260-0813 0120-041751
-参加費 500円(お菓子代)
-定員6名(先着順とさせていただきます)
-お名前、電話番号、おところを添えて、
 メール、お電話でお申し込みください。
takafumi@sakamotocoffee.com
0120-041751

お待ちしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.07

椅子増やそ!

天気が回復した土曜日…2時頃から順番にお客さんが続いてグッタリ疲れました。前の店の開店頃からの常連さんの女性お二人が突然来てくれたり(25年来のお客さんで、会うのは15年ぶり?)…通販の常連さんがはじめて来店してくれたり…閉店まで、カフェのようにコーヒー淹れて、お話ししてました。何杯も飲み比べて頂いて、それぞれのこーひーの個性の違いを一緒に比べたり、お好みを探したり…理想的なコミュニケーションです。でも、6席じゃ窮屈なんで…とりあえず椅子だけでも増やすそうと思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.06

「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」

冷たい雨の嫌な一日ですが…こんな雨の中はじめてのお客様が続けて来店してくれ…じっくりとお好みを聞きながら、色々と試飲して頂き…さかもとこーひーの「コーヒーはフルーツだ!」っていう素材の話しから…カフェプレスの淹れ方…それぞれの魅力の違いなどお話ししました。

特にお二人目の方は…酸味に敏感で…どのような感じ方をされるのか受け止めながら…結局5杯も飲んで頂きました。最後には、お好みのタイプがはっきりと伝わってきました。嬉しい瞬間です。

そんなこんなで、「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」のお知らせです。

今回は、フルーツを使ったムース系のケーキに、2年目になる「タンザニア・キリカフェ」が入荷するので、それを合わせてみようと思ってます。ケーキは今色々と選んでいるところです。

もうひとつのお菓子は…今試作しているマンデリンのブレンドに僕の一番好きな和菓子屋さん、神田駿河台下ささまさんの2種類の羊羹を合わせてみようと思ってます。

あと、こーひーはボリビアのカップオブエクセレンスコーヒー、コスタリカ等々用意しています。お申し込みお待ちしています。

-3月28日(土)11時30分〜13時頃
-さかもとこーひーおゆみ野店にて
千葉市中央区生実町1605-4 260-0813 0120-041751
-参加費 500円(お菓子代)
-定員6名(先着順とさせていただきます)
-お名前、電話番号、おところを添えて、
 メール、お電話でお申し込みください。
takafumi@sakamotocoffee.com
0120-041751

(毎月の新しいこーひーと季節のお菓子を味わいながら、スペシャルティコーヒーの魅力を楽しみたいと思います。勿論、さかもとこーひーの基本的な淹れ方から色々とオフレコのお話しもできると思います。お菓子はケーキ、和菓子、パン等々…話題のお菓子、季節のお菓子、僕のお気に入りのお菓子を取り寄せたりしたいと思います。さかもとこーひーがイメージしているカフェプレスで淹れた香りの魅力、爽やかさ、甘さの余韻、味わい深さとご機嫌なお菓子のフードペアリングをお楽しみください。(一部、幻となった僕のオリジナルのケーキのリクエストもありますが…まぁ、そのうち余裕ができたらということで…。)普段のこーひー教室は無料で、お菓子だけ用意してもらっていますので、参加費はお取り寄せのお菓子代として500円お願いします。一応、毎月続けていこうと思ってますが、あまり決めつけずにゆるい感じで楽しみたいと思います。お申し込み、お待ちしています。(おゆみ野店での「コーヒーレッスン」もスタートしました。2名様から予約をお待ちしています。1時間〜1時間半位で、さかもとこーひーをたくさん淹れて飲みながら…こーひーの基本、魅力をお話しします。)さかもとこーひーが初めての方でも、常連さんでも、お気軽にお申し込みください。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.05

マンデリンの新しいブレンド作り

今日は、久しぶりに晴れ渡り、朝イチで気分良く焙煎スタート。

マンデリン焙きながら…マンデリンのご感想思い浮かべたり、中止しているモカジャバ待望のメール思い出したりしていたら…マンデリンのブレンドが浮かんできて…焙き上がったらさっそくカッピンググラス並べて試してみました。まずは、2種類でブレンドして確認し…そこにもう1種類足したら…イメージ以上の出来で…ご機嫌な仕上がりでした。

確認のため出来上がったブレンドを飲みながら…う〜〜ん、これは絶対羊羹に合いそうだと思い、午後近所で羊羹買ってきて…スタッフと3人で楽しみました。予想とおりバッチリ合いました。

今月のさかもとこーひーの四季を味わう会では、僕のお気に入りの羊羹用意して、このブレンドと合わせましょう。

問題は名前なんですが…3人であーだこ〜だと…煮詰まったところに…常連のHさん来店…助けをもとめると…素晴らしい名前がでてきました。

円やかで洗練された口当たりの余韻にマンデリンの香りが漂います。マンデリンやモカジャバ好きのみなさんにお勧めですね。もう少しお待ちください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.04

テーブル増やすか!

今日も冷たい雨の一日…春前にもう少し辛抱のようです。今年は花粉症がほとんど出ないので助かってます。

最近気になってきたのが…6人掛けのテーブルひとつでは、お客さんが重なった時にちょっと狭い感じです。先週土曜日の「四季を味わう会」の時も…テーブルはいっぱいで…そこへ常連さんが何組か来店されて…ちょっと混雑模様でした。

お陰さまで、この近辺でもさかもとこーひーのことが噂になってきたのか、リピートのお客様もはじめてのお客様も来店が増えてきました。

嬉しいし、有り難いことですが…ゆっくりとこーひー飲んで頂けるよう余裕を持って6人掛けにしたつもりが…甘かったようです。幸い、スペースはなんとか工夫できそうなので、どんなテーブル増やしたら良いか考えてみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.02

山下達郎 NHKホール

まだまだ、昨日の山下達郎 NHKホール の余韻に浸ってます。

かみさんと昼過ぎに出て、公園通りの「新宿ねぎし」で遅い昼飯。いつも行くお茶の水や八重洲店は男性客多めですが、渋谷公園通りだと日曜の2時過ぎで行列が途切れず、若い男女から年配まで客層広いです。1000円前後での値段で、あの肉の美味しさ、スープ、お新香、とろろ、麦飯のバラエティ…みなさん価値を感じているんでしょうね。

その後、まだ時間ああるので、ぶらぶらハンズへ行って、店で使える物ないかなぁーと物色…さらに歩いてヴィロンでバゲットとサンドイッチ買って、NHKホールで開場待ち。

ヴィロンの焼きたてのバゲットの美味しさったら最高にご機嫌…これが2時間3時間経つと別ものになってしまう儚さ。

ライヴは…僕にとって最高の音だった6年前のNHKホールに近づいた素晴らしい音で…ピアノ、ギター、ベース、ドラム、コーラスとみんな良く聴こえて楽しめました。勿論、土岐さんのサックスは絶品です。3000人のホールが一瞬で300人のライブハウスになってしまいます。

スタートのカッティングギターの音の良さに気を取られていましたが、達郎は1曲目えへん虫で声が出なかったようで…ラストでもう一度リベンジしてくれて、これが又ご機嫌、さらにおまけで今迄生で聴くチャンスがなかった曲もサービス。嬉しいハプニングでした。かみさんも楽しんだみたいです。

バンドがどんどん一体化していっているのが実感できて、来月の中野サンプラザが又楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「レポート第一回四季を味わう会」

今朝起きたら、冷たい雨がシトシト降って、春に向かって最後の冷え込みに震えてます。昨日土曜日は、曇り空でしたが、なんとかお天気が持って…「第一回さかもとこーひーの四季を味わう会」を楽しく行いました。今日はそのレポートと「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」の募集のお知らせをしたいと思います。

その前に、Internet Watchというサイトでのインタビューが載りました。去年取材の申し込みがきて、うちはIT関係とは言えないので、一度お断りしたんですが、IT社長でなくても構わないということで、1月の定休日に取材を受けました。まぁ、いつも話しているお馴染みの内容なんですが…僕はマイナーなIT関連サイトなんだろうと、無知ながら失礼な認識しかありませんでしたが…インタビュー記事の前編が載ってすぐに、うちのIT関係をサポートしてくれている友人からメールが入りました。

彼はInternet Watchがメルマガでスタートした初期からの読者で、ヤフーを見ない日があってもInternet Watchを見ない日は無いと!…いつものように朝そこに行ったら、いきなり僕が写真入りで登場して、心臓止まったそうです。

その後、とっても興味深いことが続きました。まず、うちのメールde珈琲塾の申し込みが急に増えて…ついで、はじめてのAセットの注文が急に舞い込みました。それが、男性がほとんどで、さらに豆のお客様が8割。Internet WatchからさかもとこーひーHPに来ても、コーヒーに興味の無い方には、馴染みにくい内容なのに…豆で買ってコーヒー淹れている男性が思ったより多いんだなぁーと驚きました。昨日は隣の市からはじめて来店された男性のお客様は以前からさかもとこーひーが気になっていて、Internet Watchで又さかもとこーひーを目にして、おゆみ野店まで足を運んでくれました。なかなか興味深い経験でした。

そんなこんなで、去年の10月におゆみ野店に移転した目的のひとつが、自分の店でこのようなイベントを企画して、お客様とコミュニケーションを深め、さかもとこーひーの魅力を磨いていきたいということでしたので…移転4ヶ月経って、ようやくスタートした気分です。

「第一回さかもとこーひーの四季を味わう会」のお題は…桜餅とマカロンでした。数多くの千葉市内の和菓子屋さんの桜餅を食べ比べた結果…千葉市中央区鶴沢町のつる本さんの「さくら花餅」になりました。つる本さんは「つる本の栗」という栗ひと粒のまわりをうすく白あんで包んだおまんじゅうが有名で…20数年食べてますが、毎回毎回常に同じ焼き色、形、味わいの、本当に丁寧な仕事ぶりに感心しているお店です。他にも最中、どら焼きととっても美味しいのですが…とくにどら焼きは上野のうさぎやさんに迫るほどの完成度、魅力で最高です。

で、そのさくら花餅は、2月の最終週にならないと発売しないし、夕方行っても売り切れなので、今回はじめて頂いたのです。そして、その見た目、香り、食感、味わい、余韻とどれも素晴らしい魅力で、何かと五月蝿い僕でも文句のつけようが無い素晴らしいお菓子で…ほんと、勉強になりました。昨日参加されたみなさんも喜んでくれました。

マカロンは、ピエール・エルメ・パリ青山のヴァニーユとローズにしました。こちらはまだ僕が食べたこと無かったのでこの機会にさかもとこーひーに合わせてみたいと…長男が表参道の美容院に勤めているので、前日に送ってもらうよう頼みました。会のスタート時間を考えて、早めに冷蔵庫から出しておいたので…サクッという食感と豊かな香り、味わいが広がったと思います。

淹れたこーひーは…「桜ぼんぼりカフェ」…「深グアテマラ・フェリシダ」…「ミモザカフェ」…「コロンビアCOE・リリアナ農園」でした。話しは…「コーヒーはフルーツだ!」からはじまり「丁寧な暮らし」「さかもとこーひーの四季」と進み、あとはこーひーとお菓子を楽しみながら、自由に質問して頂き、色々とお答えしました。

では、掲載の許可を頂いたご感想をご紹介します。

千葉市Tさん(ご夫婦での参加で、ご主人のご感想)
「飲みやすくて、おかしに合って深い味わいで驚きました。お菓子の合うコーヒーはなかなかめぐりあえないのでとてもよい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。」

千葉市Tさん(ご夫婦での参加で、奥様のご感想)
「4種類いただいたコーヒーのひとつひとつの違い個性がとてもわかりやすく、楽しかったです。これからコーヒーをいただく時間を今迄以上に楽しめそうです。ありがとうございました。」

千葉市Oさん
「コーヒーはフルーツだ!」という言葉は刺激的でした。丁寧な暮らしは心がけたいです。大事なことだと感じました。今日こちらで挽きたての豆の香りをいただきましたががこんなにも幸せな気分になったことはありません。桜餅とマカロンといっしょにいただきましたが、和菓子のあんこに合うのが以外!でした。イメージしていたものと違いお手軽に楽しめるコーヒー。家族で楽しんでみたいなとも思いました。」

TさんとOさんは、お店の前でばったり一緒になり、家がお隣同士だそうで、驚いてました。他には、いつもお届けしているSさんは、HPの紹介文を頼りに選んでいて、実際に飲んで選べるのはとても良いと仰ってました。Nさんは、お菓子と僕の話しとみなさんとともに味わうコーヒーがこーひーの居場所として理想的なシチュエーションになっていると、仰ってくれました。

第一回でしたので、最初僕も緊張してましたが、みなさんの寛いだ笑顔に助けられ、すぐにいつものペースになり、少し時間をオーバーして、楽しい会になったと思います。ありがとうございました。お客様とのコミュニケーションは最高です。

みなさんのご感想、ご質問を大切にして、これからのさかもとこーひーの味作り、企画のヒントにしていきます。では、次回のお知らせです。

「第二回さかもとこーひーの四季を味わう会」
-3月28日(土)11時30分~13時頃
-さかもとこーひーおゆみ野店にて
千葉市中央区生実町1605-4 260-0813 0120-041751
-参加費 500円(お菓子代)
-定員6名(先着順とさせていただきます)
-お名前、電話番号、おところを添えて、
 メール、お電話でお申し込みください。
takafumi@sakamotocoffee.com
0120-041751

第二回は、フルーツを使ったムース系のケーキと僕のお気に入りの老舗和菓子屋さんのお菓子を考えています。こーひーは3月発売のもの+その時のお客様のリクエストでたくさん淹れようと思ってます。
(毎月の新しいこーひーと季節のお菓子を味わいながら、スペシャルティコーヒーの魅力を楽しみたいと思います。勿論、さかもとこーひーの基本的な淹れ方から色々とオフレコのお話しもできると思います。お菓子はケーキ、和菓子、パン等々…話題のお菓子、季節のお菓子、僕のお気に入りのお菓子を取り寄せたりしたいと思います。さかもとこーひーがイメージしているカフェプレスで淹れた香りの魅力、爽やかさ、甘さの余韻、味わい深さとご機嫌なお菓子のフードペアリングをお楽しみください。(一部、幻となった僕のオリジナルのケーキのリクエストもありますが…まぁ、そのうち余裕ができたらということで…。)普段のこーひー教室は無料で、お菓子だけ用意してもらっていますので、参加費はお取り寄せのお菓子代として500円お願いします。一応、毎月続けていこうと思ってますが、あまり決めつけずにゆるい感じで楽しみたいと思います。お申し込み、お待ちしています。(おゆみ野店での「コーヒーレッスン」もスタートしました。2名様から予約をお待ちしています。1時間~1時間半位で、さかもとこーひーをたくさん淹れて飲みながら…こーひーの基本、魅力をお話しします。)さかもとこーひーが初めての方でも、常連さんでも、お気軽にお申し込みください。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »