« コーヒーのコク研究(41) | Main | 愚痴で90分 »

2009.05.01

コーヒーのコク研究(42)

きれいに晴れ上がって…お客さんはみなさん連休モードで…常連さんからはじめての方までいらしてくれて、いい感じでした。

なつおさん
>コーヒーのお話から、昆布や納豆などの単語が出てきていてびっくり。

>やみつきを感じさせる本能的な美味しさ・・・

>一見、関連の無さそうな食材などの共通項。
>深いし、面白いですね〜♪
-----

なつおさん、ありがとうございます。
そうなんです、スタートは
10年程前になるでしょうか、スペシャルティコーヒーのカッピングを勉強しだした頃…「コク」という表現が誤解を生みやすいという問題がありました。「コク」って分かったようで、人によって違う感覚だったりすることがあるんです。

で、「コーヒーのコク」なんですが…「ボディ」という表現もあります。ワインや紅茶、ウイスキーでも使います。ところが、旧来のコーヒーの汚れた味わいを「ボディがある」「コクがある」と捉えるミスを犯しやすいのです。

で、「ボディ」よりも「マウスフィール」の方が効果的な表現として使われることも多いのです。

しかし、「ボディ」と「マウスフィール」は微妙に違いますし「コク」も分かったようで、説明しづらい。

と、思っていたら目の前にこの「コクと旨味の秘密』って本があらわれたのです。食べ物の「コク」も「コーヒーのコク」も通じる事が多く、だいぶすっきりしてきました。

|

« コーヒーのコク研究(41) | Main | 愚痴で90分 »

コーヒーのコク研究」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コーヒーのコク研究(42):

« コーヒーのコク研究(41) | Main | 愚痴で90分 »