« 「コーヒーの焙煎を考える(26)」 | Main | 「秋冬向け紅茶」 »

2009.10.04

「おゆみ野店1周年」

20091004_flower

日に日に秋らしくなってきました、昨日の土曜日は、頭の上を秋雨前線が通過しているのが分かるような雲の動きでした。朝出る時は曇りで、焙煎スタートの頃ポツポツ、焙煎終わる頃にはどしゃ降り、お昼過ぎには西の空が明るくなって、夜はきれいに輝く満月。どしゃ降りにビックリして、ネットで天気図見たら前線が頭上にありました。今朝は空気が入れ替わって、秋晴れです。

で、昨日は一日ご機嫌になってました。来週発売開始予定の秋冬向け紅茶なんですが…煮だしミルクティー用は夏のキャンブリックティーを調整して出来上がり、メインのミルクティー用のスリランカのブレンドもイメージとおりに上手く仕上がり…後は、ウバ茶の良いのが見つかったら扱おうと思ってました。すでに結構気に入ったウバのサンプルがあったのですが…木曜日に「坂本さん好みのウバのサンプル送るね」と紅茶の仕事をしている友人から電話があって、土曜日午前中に届きました。

直ぐ、テイスティング準備…茶殻の香りだけで、これは!と思い…先の候補だったウバと届いたばかりのウバの茶殻をまずかみさんに見せて「どう?」って聞いたら…香りをみて、即届いたばかりのウバを選びました。勿論、テイスティングしたら…ウバ特有の華やかで鮮やかなメントール系と称される香り、味わいのコク、繊細な心地よい渋み、長く続く余韻の豊かさ、水色の美しさ…そのまま電話したら、土曜日で不在でしたので…月曜日に在庫量を確認して、後はどのくらい確保できるか問題ですね。(スペシャルティコーヒーと同じで、トップクオリティのものは数が限られ追加の仕入れができないので、心配です。)僕が好きなウバ茶の魅力をお届けできそうで、嬉しいです。

さらに、まだ船積み前のブラジルのサンプルの第一弾2つも届き、それぞれ期待以上のクオリティ、魅力で…これもすぐ希望本数を出しました。たくさん確保できると嬉しいのですが、素晴らしい素材は取り合いになるでしょうから、不安ですね。

そんなこんなで…10月14日(火)に、おゆみ野店移転1周年を迎えます。去年の今頃は、毎週定休日に引っ越しの準備をしていました。特に、天井から壁から床を、3人でペンキ塗ったのが一番大変でした。

あっという間の1周年ですが…スタッフ同士の連係がすっかり整って、長年の常連さんやおゆみ野店からおなじみになった常連さんと和やかな毎日になっています。

また、この数ヶ月は…以前から気になっていたというはじめてのお客様の来店が目立って増えてきましたし…同時にコーヒーレッスンのお申し込みも増えていますので…地域のコーヒー好きなみなさんにさかもとこーひーの魅力を広げて行くやりがいを実感しています。

チョコレートやお菓子と一緒に試飲していただいたり…「コーヒーはフルーツだ!」だっていう、完熟した豆の話しから、ペーパードリップやコーヒーメーカー、カフェプレス、ミルのお話ししたりしながら…こーひーの魅力を伝える日々を続けて行きます。

そこで…そろそろ、より魅力的なこーひーの可能性を探って行く為に…欧米や産地への訪問を復活しようと思ってます。素晴らしい素材が無くてははじまりませんし、素材だけあっても魅力的なこーひーはできません。素材と技術と感覚の追いかけっこをより刺激的に進めて…こーひー大好きなみなさんに未知の魅力・体験をお届けしようと思ってます。ご期待ください。

|

« 「コーヒーの焙煎を考える(26)」 | Main | 「秋冬向け紅茶」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42520/46391650

Listed below are links to weblogs that reference 「おゆみ野店1周年」:

« 「コーヒーの焙煎を考える(26)」 | Main | 「秋冬向け紅茶」 »