« 激しさと美しさの人 | Main | 「コーヒーの焙煎を考える(27)」 »

2009.10.25

「ミルクティーの魅力」

20091025_pot

日に日に秋が深まっていってますね。さかもとこーひーの秋冬向け紅茶のご注文を順調に頂いています。「ウバハイランズ」が続けてご注文きた時は、みなさん一番高い紅茶が好きなのか?…「ウバハイランズ」の魅力に興味があるのか?…プレーンティーの方がお好みなのか?…不思議でしたが…お店で毎日のように「カームデイズ」を淹れていると…ミルクティーの魅力が伝わっていって、とっても励みになっています。「カームデイズ」は最初にパックした分が売り切れたので、又ブレンドしてパック作業が待っています。

木曜日に、おゆみ野店になってからの常連のご夫婦が来られて…夏のキャンブリックティーやミントティーも楽しんでくださったのですが…お時間があったので、こーひーの後に「カームデイズ」をお淹れしました。とっても僕と味覚の相性が良いご夫婦で…最初にご来店頂いた時から楽しくお話ししながら、率直なご感想を頂いています。

で、「カームデイズ」をミルクティーにして召し上がって頂いたのですが…そのしっかりとしたコクと心地よい渋みがミルクに負けず、最後の最後までバランス取れていることに喜んで頂きまして…奥さんが「ミントみたいな香りはなに?」と…そう、きちっとメンソール系の香りがあるウバをブレンドしてあるので、ミントの香りがほのかに活躍しているんですね…素晴らしい感覚に驚きました。

そしたら…翌朝開店直後に、又ご夫婦で来られて…手作りのカラメルでコーティングしたピーカンナッツと家庭菜園の野菜を差し入れいてくださいました。今迄も紅茶好きだったけれども、あんなミルクティーは初体験だったし、あの後家まで帰る途中ずーっと紅茶の香りが漂っていて、飲んだ時よりも香りを感じたし…紅茶の後味があんなに快感だったとは!…そんな風に喜んでくださいました。

そうなんです…紅茶の渋みは一般的に嫌われますが(紅茶を仕事にしている人までが嫌ってますが…)…スペシャルティコーヒーの酸味と一緒で…心地よい魅力的なものと不快なものがあるだけなんですね。

紅茶の繊細で滑らかな渋みは、味わいというよりも触感で、その刺激がなんとも快感、心地よいのです。その触感に豊かな香りとコク、さらにたっぷりのミルクが一緒になってミルクティーの魅力になるんですね。

あぁ!まだ紅茶の話しで、今日のこーひーの本題に入ってない♪

で、翌日金曜日の午後…うちの長年の常連さんで、僕も何度かこーひーや紅茶教室させて頂いた「Baking Studio Grano Di Ciaco」http://chojiiro.exblog.jp/帰りの生徒さんが車2台で寄ってくださり… こーひーのあと「カームデイズ」を淹れました。この時は、まずみなさんご自身でミルクを入れて頂きひと口ふた口…その後、僕がミルクを足して、さあーどうぞ!

昔から紅茶教室ではいつもそうしているのですが…しっかり淹れた紅茶に入れるミルクの量がみなさん少なめなんです。僕がだ〜っとミルクを足した後のひと口は、みなさん驚きの声があがりますね。ミルクティーの魅力が伝わった瞬間です。

土曜日は、今度の土曜日にもある、いつものサンク・オ・ピエでのワイン会http://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/diary/200909020000/を長年主催してくれている友人がお母さんと来店してくれて、やっぱりこーひーの後に「カームデイズ」を淹れました。友人はワインのプロですので…さかもとこーひーの感想でも酸味の質やキャラクター、香り等で興味深い内容を話してくれますが…紅茶のタンニンの渋みでも楽しい話しができました。

もうひとつ、月曜日に都内に出かけたのですが…夕方になって、友人とまずアイリッシュパブで一杯…そのあと、お気に入りのそば屋さんに行ったら、ラッキーなことに飛露喜があったので、お刺身やらなんやらで飛露喜の吟醸を楽しみ、最後はせいろで〆て、駅までぶらぶら歩いていると、リプトンティーハウスがあったので、ふらっとはいって紅茶を頂きました。しっかりとした味わいのものを勧めてもらい、濃いめに淹れてと頼みました。流石よい紅茶でしたが…僕には薄い。ポットから茶葉を抜いてあったので、好みの濃さにも調節できませんでした。

そんなこんなで…今日の本題はスペシャルティコーヒーの「完熟した爽やかな甘さ」について書こうと思っていたのですが…長くなってしまったので…次回に延期です。

スペシャルティコーヒーの世界をリードしているブラジルのシルビオレイテ氏のお話しが、この10年僕が追い求めているテーマとしっかりかぶっていたので…その辺にからめて書こうと思ってます。


|

« 激しさと美しさの人 | Main | 「コーヒーの焙煎を考える(27)」 »

僕の好きな紅茶」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42520/46579094

Listed below are links to weblogs that reference 「ミルクティーの魅力」:

« 激しさと美しさの人 | Main | 「コーヒーの焙煎を考える(27)」 »