« 「甘さの多様性」 | Main | 「エキサイトマッチスペシャル」 »

2009.11.12

「文銭最中」

先日新橋で用事を済ませた夕方、駅に向かってフラフラ歩ってたら…なんともいい感じの和菓子屋さんがあって…気がついたら入ってました。

店員さんが、スッとお茶を出してくれ…何にしようかと…美味しそうな最中が目についたので、まず、最中を頼んで…レジ横には豆大福…「今、創業記念で50%増しなんです」…え〜、50%増しってどういうことですか?…「50%いつもより大きいんです」…思わず、豆大福も買ってしまいました。

翌日、大福は少し固くなってしまいましたが、美味しい!

なんとも餡の味わいが上品で、香りも良いんです。

最中は「文銭最中」って言って…和菓子のガイドブック見たら、有名な店で載ってました。

この「文銭最中」…いきなり、僕の最中ランキングで3位に入りました。

少しこがしめの皮とたっぷりと入った滑らかな餡が素晴らしい!

餡は滑らかできれいな味わい、何と云っても、ほのかなやさしい甘味と上品な香りの長い余韻がご機嫌です。

「アニバーサリー2009」の優しい味わいと豊かな香りにピッタリでした。

接客もとっても感じよくって、お気に入りの和菓子屋さんが一件増えてニコニコです。

因みに、1位は駿河台下ささまさんの「松葉最中」、2位は銀座空也さんの「空也もなか」です。

|

« 「甘さの多様性」 | Main | 「エキサイトマッチスペシャル」 »

日常」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「文銭最中」:

« 「甘さの多様性」 | Main | 「エキサイトマッチスペシャル」 »