« 「ニカラグア・ブエノスアイレス」 | Main | 「ボリビアCOE、ブラジル・カクェンジ、モクレン」 »

2010.03.18

ニカラグア、エルサルバドル産地レポート1

Img_0019

帰国して1週間、ようやくコンデションが戻ってきました。のんびりしていたら、レポートが全然進みませんでしたので、そろそろニカラグアとエルサルバドルの産地レポートをスタートします。

今日は、まず、ニカラグアの初日です。

前日着いて泊まったManaguaを朝7:00に出発し、
ヌエバセゴビア地域のOcotalオコタールに向けて、
日本のODAで整備された道路をガンガン飛ばして行きました。

農園では、
ウエットミルからドライミルまで、
2日かかっていたのが、
道路の整備によって、
2時間に短縮したそうで、

この時間短縮がコーヒーの品質向上に大きな効果を
もたらしたそうです。

収穫してからの精選処理は時間が重要で、
せっかく完熟した豆を収穫しても、
そこから時間がかかると発酵のリスクが大きくなって
しまうんです。

で、最初の農園は…

今週から発売した
「ニカラグア・ブエノスアイレス」でした。

この農園はお馴染みの
「ニカラグア・カサブランカ農園」の隣と云いますか、
反対斜面にある農園です。


5月までは乾期で、今はほとんど雨降らないそうです。


Buenos Aires農園は、
植えて6年のマラカツーラが80%で、
カツーラが20%ということでした。

マラカツーラは、
マラゴチッペの甘さとボディを生かし、
カツーラの明るさとアシディティを加えた良さがあるそうです。

50年の歴史のあるファミリー農園で、
昨年COEに2農園入賞し、
いつも品質重視で栽培しているそうです。

四駆でグイグイ登って行きましたが、
後ろの座席に座っていたら、
ゆらゆらユッサユッサ揺られて…
おっさんには辛いものがありました。

そんな非常に急峻な山を登ると、
東南向き斜面で、
非常に日射しが強くて、
ジリジリ照りつけてましたが、

乾燥していて涼しい心地よい風が吹き向けて
ました。

日射しや土壌、降水は勿論ですが、
風の具合も大切です。

それと、
シェードツリーに覆われているのも印象的でした。
聞くと8種類のシェードツリーが植わっているそうです。
3種類のインガやバナナは肥料に役だつし、
柑橘系は防虫、
棕櫚は根が深く土壌の崩落防止になるそうです。

見事に紫から赤に完熟した実が成っていました。


その後、カッピングすると、
酸の質と甘さが印象的で、
マウスフィールの素晴らしさがより魅力的にしていると
思いました。


少し前にお届けした
「ニカラグアCOEナランホ」も
お隣だそうです。

取りあえず、今日はこの辺で…。

|

« 「ニカラグア・ブエノスアイレス」 | Main | 「ボリビアCOE、ブラジル・カクェンジ、モクレン」 »

ニカラグア・エルサルバドル産地巡り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニカラグア、エルサルバドル産地レポート1:

« 「ニカラグア・ブエノスアイレス」 | Main | 「ボリビアCOE、ブラジル・カクェンジ、モクレン」 »