« 「これから帰ります。」 | Main | ニカラグア、エルサルバドル産地レポート1 »

2010.03.14

「ニカラグア・ブエノスアイレス」

20100314_logo


20100314_photobuenos

11日間と長い臨時休業でご不便おかけしました。帰国後、焙煎発送に追われて、やっと追いつきました。これからは、普段通りにお届けできます。よろしくお願いします。

四駆の後ろ座席で、内蔵をグラグラゆっさゆっさと揺すられながら一時間二時間の移動…絶壁の山肌を横目にしながら、はぁーはぁードキドキ息が上がりながら急斜面を登ると農園の一番高い地点にやっと立って…朝9時に東からの日射しをいっぱいに浴びて、少し冷たい心地よい風を感じました。ニカラグアとエルサルバドルの農園訪問の旅は、そんなニカラグアの「カサブランカ農園」と「ブエノスアイレス農園」からスタートしました。

今回のニカラグア、エルサルバドルのレポートはブログやこのプロのつぶやきで順番にアップしていきますが…「ニカラグア・パカマラ」が予想以上に注文が多く、早くも売り切れてしまいましたので…替わりに、やはり今回訪問した「ニカラグア・ブエノスアイレス」を急遽発売いたします。

「選べるSセット」…「トレジャーズセット」…「四季のセット」…「ジョイセット」…が、「ニカラグア・パカマラ」から「ニカラグア・ブエノスアイレス」に入れ替わります。

【★ニカラグア・ブエノスアイレス】
今回訪問してきた「ブエノスアイレス農園」をご紹介します。50年の歴史のあるファミリー農園で、品質重視で生産していて、このファミリー農園から、昨年COEに2農園が入賞しているそうです。非常に急峻な山で、東南向き斜面に面していました。日射しが強く、又乾燥していて涼しい風が吹いていました。コーヒーの樹はシェードツリーに覆われている様子が印象的でした。

「カサブランカ農園」は反対斜面、「ニカラグアCOEナランホ」は隣の農園です。この地域から素晴らしいコーヒーがいくつも生産されています。

植えられている品種は「マラカツーラ」が80%で…植えて6年、マラゴチッペの甘さとボディを生かし、カツーラの明るさとアシディティを加えているそうです。では、そんな「ニカラグア・ブエノスアイレス」の魅力をご紹介します。

全体的な印象は…酸味の質の素晴らしさと甘さのバランスが取れて魅力的なことと…さらにマウスフィールの心地よさが加わって余韻が印象的になっていると思います。

香りは…フローラルやピーチからハニーライクにベリー、ミルクチョコレートと流れていき…柔らかな甘い口当たり、爽やかな余韻が甘さを伴って、長く続いていきます。

親しみ易く、円やかな口当たりから…明るく爽やかな甘さ、フローラルやピーチのキャラクター、長く心地よい余韻…と「ニカラグア・ブエノスアイレス」の美味しさをお楽しみください。

1575円/250gパック(税込み)

|

« 「これから帰ります。」 | Main | ニカラグア、エルサルバドル産地レポート1 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ニカラグア・ブエノスアイレス」:

« 「これから帰ります。」 | Main | ニカラグア、エルサルバドル産地レポート1 »