« April 2011 | Main | June 2011 »

2011.05.31

「アイスこーひー、2011・夏」

関東はもう梅雨入りだそうで…早いですねー!。この春から続いている中米を中心とした今年の生豆の手当が進み…このところはカップオブエクセレンスのカッピング会やらなんやらで…都内にでかけることが多くなっています。

今月に入ってからでも…「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」…「ベストオブパナマ」…「コロンビア」「グアテマラ」等々と、それに付属しての様々な生豆のカッピングを繰り返しています。もう少しカッピング会が続きますが…ほぼ今年の手当が見えてきました。

価格高騰は頭の痛いところですが…まずは、際立つ魅力のこーひーを仕入れて…いつもの価格で楽しんで頂けるよう、工夫をしていきます。ご期待ください。

さて、何人ものお客様から催促されてしまいましたが…やっと、さかもとこーひー「アイスこーひー、2011・夏」のご紹介です。

まず…1Lの水に、1パック一晩で出来上がりの「夏の空(水出しアイス)」は、さかもとこーひーの女性陣の意見を取入れ、リニューアルしました。

そして…「ハリオの水出し珈琲ポット、1000cc」が安く仕入れできましたので…近所のホームセンターのセールよりさらにお安くできました。ご利用ください。

後は…「アイスこーひー・オンザロックス」でも「水出しアイスこーひー」でも、お好みの淹れ方で、お気軽にお楽しみください。

【夏の空(水出しアイスパック)】
復活して5年目の「夏の空(水出しアイスパック)」です。暑い夏には、お湯を湧かしたくない、まとめて作って、いつも冷蔵庫に用意しておきたい…でも、香りが良くって、後味が爽やかなアイスこーひーじゃないと!…で、今年も専用のブレンドを作りました。

まず…去年のブレンドと今年のブレンドで、2つの違う「水出しアイスこーひー」を作り…スタッフのみんなの感想を聞きました。ポイントは…後味、ミルクとの相性の良さ、円やかなコク…結果…マンデリンの割合を増やした新ブレンドに決定しました。

1Lの水に、1パック一晩が標準です…濃さは…水の量で加減してください。円やかなコクがあると思いますので、ミルクをお好みでたっぷりと入れると、手軽にアイスラテが楽しめます。

*水1リットルに、水出しアイスパックを1パック、冷蔵庫で、一晩(約12時間)で、出来上がります。
*保管は、冷蔵庫で2~3日間が目安です。
*お好みの濃さは、水の量で加減してください。
*パックを水の中にきちんと沈めてください、しっかり濃くなります。

1260円/1L用3個入り(税込み)

僕としては、オンザロックで急冷したアイスコーヒーの爽やかさが、水出しでは出ないと思っているので、出来れば「スプラッシュカフェ」や「茜ブレンド」に…「特上アイスコーヒー」「アイスコーヒー」を、普段の60%のお湯の量で普通に淹れ、後は氷で急冷して欲しいのですが…「夏の空(水出しアイス)」も評判良いので…嬉しいです。

【ハリオの水出し珈琲ポット、1000cc】
「ハリオの水出し珈琲ポット」が安く仕入れられましたので、うちの近所のホームセンターのセールよりさらにお安くしました。

840円/1000cc

*水出しアイスこーひー
-ハリオの水出し珈琲ポット、1000ccで説明します。
-「スプラッシュカフェ」「アイスコーヒー」「特上アイスコーヒー」「茜ブレンド」等を使います。
-「やや細挽き」(さかもとこーひーの通常の挽き具合です。)を使います。
-50-80g位が目安です。
-爽やかゴクゴクタイプは「50g」
-コクまろ満足タイプは「80g」
-お好みで、粉の量を加減してください。
-水を注ぎ入れ「8時間-ひと晩」冷蔵庫に置きます。
-筒状のフィルターを抜き取って冷蔵庫で保存します。

*その他…「スプラッシュカフェ」「茜ブレンド」「特上アイスコーヒー」「アイスコーヒー」…がアイスこーひーにお勧めです。

-「スプラッシュカフェ」はコクと切れの良さが一番だと思い、お勧めです。ミルクを入れても味わいの深さと切れの良さが生きてます。

-「茜ブレンド」もアイスコーヒーに向いています。コクと円やかさが魅力的です。

-「特上アイスコーヒー」はアイスコーヒーに濃さやコクを求める方向けです。

-「アイスコーヒー」はさっぱりゴクゴク飲みたい方向けです。

*アイスこーひー・オンザロックス
-粉の挽き具合、量はホットと同じで大丈夫です。
-「スプラッシュカフェ」「茜ブレンド」「特上アイスコーヒー」「アイスコーヒー」等を、ホットの60%の湯量で淹れます。
-たっぷりの氷に注ぎ入れ、よく混ぜて急冷します。
-カフェプレス、ペーパードリップ、コーヒーメーカー全部同じです。

震災をきっかけにして、Twitterはじめています。こーひーの話しをメインにぽつぽつやってます。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.22

「さかもとこーひーの紅茶、2011・夏」

20110522_logo

お待たせしました… 「さかもとこーひーの紅茶、2011・夏」を、ご紹介します。さかもとこーひーの前に営業していた「紅茶の店テ・カーマリー」時代の常連さんからの熱心なリクエストにお応えして…36年間愛飲してきた僕好みの紅茶を発売して2年…お陰さまで、僕の好きな紅茶の魅力が少しずつ広まり、紅茶ファンの常連さんが増えてきました、励みになっています。

紅茶好きのお客様の期待に応えまして…今年のアイスてぃーをいちからブレンドし直しました。サンプルを取り寄せたら…ちょうどタイミングよく、この2月3月のクオリティシーズンに採れたスリランカの紅茶が色々と届きました。

アイスてぃー用に探していた、スリランカのミディアムグロウンの産地キャンディとルフナのサンプルがイメージにピッタリで…それに香りや繊細さが際立っているディンブラをブレンドして完成しました。これで、だいぶ僕のアイスてぃーのイメージ通りになってきました、ご機嫌です。

さらに…「ヌワラエリア」のサンプルも一緒に届き…そのマハガストッテ茶園の紅茶が、予想以上に素晴らしいお茶でしたので…即発売を決めました。これからの暑い季節にも爽やかな魅力いっぱいの「ヌワラエリア」をお楽しみください。

【キャンブリックティー】
僕自身19の時から紅茶の魅力に取り付かれ、21の時に神田神保町のティーハウスタカノに入り、紅茶にどっぷりつかるようになりました。その時に一番衝撃的だったのが「キャンブリックティー」というアイスミルクティーでした。

アイスティーは、通常濁りの無いきれいな色合いを出せると上手な淹れ方とされていましたが…それでは味わいの薄い(良く言えばさっぱりした)ものにしかなりません。で、その「キャンブリックティー」は、茶葉をたっぷり使い、抽出も時間をかけてしっかり淹れ、氷で急冷すると一瞬でクリームダウンという白濁するほど濃く淹れ、そこにたっぷりのミルクと隠し味のハチミツを入れました。

その発想の素晴らしさ、出来上がったアイスミルクティーの豊かで切れが良く爽やかな魅力に驚きました。夏は勿論、冬でもかなり出る人気の紅茶で、その後独立したテ・カーマリーでも変らず人気でした。

その魅力を、今の僕の感覚でブレンドし、お届けします。(勿論、レモンやその他プレーンのアイスティーにも使える茶葉です。)「キャンブリック」というのは、亜麻色のことからきていて、亜麻の薄い茶色とミルクティーの色が似ているのでそう表現されているようです。

1260円/100gパック(税込み)

【ヌワラエリア】 (プレーンティー向けスリランカ)(2.5g、1.5分、お湯160cc/ティーカップ1杯分)
紅茶を販売するようになって…僕としてはミルクティーの魅力をお伝えして来たのですが…ミルクを入れないプレーンティーのご要望の多さが印象的でした。今回、素晴らしい「ヌワラエリア」のサンプルが届いたので…暑い時にも、爽やかさが魅力なプレーンティー用紅茶としてご紹介することにしました。

「ヌワラエリア」と言えば…36年前にスリランカの紅茶園を廻った時に泊まったホテルを思い出します。イギリスの植民地時代のホテルで…広いロビーのコーナーには暖炉が3つ4つあって、冷え込む夜にツアーメンバーが集まって、熱く紅茶談義をしたものでした。そのホテルの前には、競馬場があって、こんなインド洋上の小さな島の山頂まで競馬場を作ってしまう帝国の貪欲さに驚いたものでした。

「ヌワラエリア」は、スリランカでもハイグロウンとされる高地産紅茶ですが…その特徴である、爽やかな香りと味わいがとってもよく楽しめるサンプル(マハガストッテ茶園)だったので、発売予定に無かったのですが、即ご紹介しようと決めました。

ミルクを入れないプレーンティーにピッタリで…渋みの弱い軽めの味わいです。香りはフレッシュさがとっても心地よいフローラルと少し冷めるとオレンジのキャラクターが魅力的です。味わいは、軽いだけではなくて、円やかな旨味を連想するようなコクがあります。上等な煎茶に通じるようなキャラクターです。とっても長い余韻が楽しめます。大好評だった「ウバハイランズ」が売り切れてしまいましたので、その代わりにもお勧めします。お楽しみください。(2.5gと少し少なめの茶葉と、1.5分前後の短い時間で、薄めでお楽しみください。)

1575円/100gパック(税込み)

【シナモンティー】
こちらは、キャンブリックティー用のお茶にシナモンスティックを砕いて混ぜています。これは、テ・カーマリーの時に、キャンブリックティーにシナモンの香りを加え、爽やかな甘さのアイスティーにしていました。その時は一杯一杯、シナモンスティックを砕いて淹れていましたが、家庭で気軽に淹れられるように、あらかじめブレンドしました。あの頃良くテニスをしていましたが、夏には、シナモンティーのキャンブリックティーをまとめてつくり、持っていったのを思い出します。テニス仲間に大好評でした。シナモンスティックでかき混ぜただけのシナモンティーとは別物です。ひと口ひと口飲む毎に心地よく漂う紅茶とシナモンの香りをお楽しみください。(ミルクを入れても、プレーンでも楽しめます。)

1260円/100gパック(税込み)

【カームデイズ】(ミルクティー向けスリランカブレンド)(3g、4分、お湯160cc、ミルク40cc/ティーカップ1杯分)
一番オーソドックスなミルクティーの魅力を楽しめる「カームデイズ」です。スリランカのディンブラ茶を2種類、ウバ茶を1種類ブレンドしました。華やかで爽やかな香り、円やかで豊なコク、ミルクティーを引き立てる心地よい渋みと甘さの長い余韻、ミルクをたっぷりと入れると、これぞミルクティーといった色になる濃い鮮紅色の水色…と、我が家で30年親しんできたミルクティーの魅力です。

「紅茶にはケーキ」と昔から言われますが…特に、生クリームを使ったケーキや、バターケーキ、焼き菓子とのフードペアリングは、なんとも幸せな気分になると思います。「カームデイズ」をしっかりと濃く淹れ、薄茶色になるほどたっぷりのミルクを加えたミルクティーとの相性の良さはご機嫌です。

4分間ゆっくり蒸らして、40cc程のたっぷりのミルク(常温)を加えてください。華やかな香り、円やかな口当たり豊かなコク、奥行きのある飽きのこない余韻…「Calm Days」の名のままに、静かで穏やかなひと時をお楽しみください。(プレーンティーで楽しむ時は…2分前後蒸らしてください。)
(「Calm Days」は、僕が大好きな外山安樹子トリオのアルバム「All is in the Sky」の収録曲からお借りしました。ベースの関口さんは、うちの常連さんで、千葉の老舗茶舗の若旦那で、僕のおばあちゃんからずーっと関口園さんのお茶のファンなんです。)

1575円/100gパック(税込み)

・・・
紅茶の基本の淹れ方
(紅茶の本によっては…「6.ポットの中をスプーンで軽くひとまぜする」をしないものもありますが、茶葉の周りにエキスがにじみ出ていて、軽くひとまぜすることで香りも色も味わいも一瞬で広がります。)
1.新鮮な水をやかん(ケトル)で沸騰させる  
2.ティーポットを温める  
3.茶葉の量を計り、ティーポットに入れる
4.沸騰したお湯をティーポットに注ぐ(ボコボコ完全に沸騰したお湯をできるだけ素早く注ぐのがコツです。ケトルを離れたテーブルに持って行くと湯温がさがります。) 
5.表記の時間蒸らす   
6.ポットの中をスプーンで軽くひとまぜする 
7.出来上がりです、カップに注ぎ分けてお楽しみください。
8.ミルクティーは、1カップに常温のミルクを40cc程たっぷりとお入れください。

-アイスティーの場合は、
7.たっぷりの氷で急冷する

・・・
「キャンブリックティー」
-1杯、オンザロック式
茶葉5g,お湯100cc,4分、ハチミツ1tsp(ティースプーン)+牛乳 40~50cc=120cc

-5杯、オンザロック式
茶葉25g,お湯500cc,4分、ハチミツ5tsp+牛乳 200~250cc=800cc

-10杯、オンザロック式
茶葉50g,お湯1000cc,4分、ハチミツ10tsp+牛乳 400~500cc=1600cc

・・・
「シナモンキャンブリックティー」
-1杯、オンザロック式
茶葉5g,お湯100cc,4分、+牛乳 40~50cc=120cc

-5杯、オンザロック式
茶葉25g,お湯500cc,4分、+牛乳 200~250cc=800cc

-10杯、オンザロック式
茶葉50g,お湯1000cc,4分、+牛乳 400~500cc=1600cc

・・・
「アイスプレーンティー(シナモンティー)」
-1杯、オンザロック式
茶葉3g,お湯100cc,30秒、

「アイスレモンティー」
-1杯、オンザロック式
茶葉3g,お湯100cc,30秒、レモンスライス1枚
氷の上にレモンスライスをのせ、
熱い紅茶をレモンスライスに当ててから
氷に触れさせ、急冷する。


震災をきっかけにして、Twitterはじめています。こーひーの話しをメインにぽつぽつやってます。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2011.05.19

「コーヒービジネスを考える(12)」です。

「コーヒービジネスを考える(12)」です。

前回書いたのが、4月15日でしたので、
ひと月以上空いてしまいました。

どうも、気持ちが沈みがちです。

そんなこんなで…あらためて…気軽に…

コーヒービジネスを考えていってみようと思います。

最近、改装中だったJR千葉駅の、
昔はショッピングセンターと言っていた、
今は「ペリエ」という名前で、

「ペリエ3」が「ペリエ カーニバル」となって
オープンしました。

千葉駅から、千葉公園方面への地下通路があって、
昔は違法駐輪の自転車が乱雑に置いてあり、
その後は、暗い地下通路に自販機がずらーーーっと並んでました。

その地下通路にタリーズが出来て、
地下通路がテラス席になったんですね。

スタバは駅周辺に何店舗かあるんですが、
そごうの方迄歩くので、
これは便利になりました。

地下通路が明るくなったし。

でも、いつも新刊書をチェックしていた
キディランドが狭くなっちゃんたんです。
これが、ちょっと不便になりましたね。

まぁ、カフェの味やクオリティ、雰囲気、スタッフの感じ、
値段、メニュー等々…お店側は勿論それぞれの常連さんも
色々と違いがあるんでしょうけれども、

多くのお客さんにとっては、
そうたいした違いが無いのが現実でしょう。

これは、個人で一生懸命やっているカフェでも
同じだと思います。

僕は、昔紅茶の店を10年営業していて、
他の店との違いに集中していましたが、

20年位経って、
今振り返ると、
そう意気込んでいたのは自分だけで、
お客さんにとっては、
それほどでも無かったんだろうと思ってます。

勿論、今でも、その頃のお客様がいらっしゃいますし、
昔話になると、
僕が忘れてしまったようなことを、
色々と憶えてくれてお話しが弾むこともありますが、

それでも、
大きく見ると、
そんなもんなんだろうと思ってます。

それが、不特定多数を相手にするビジネスの
怖さ辛さなんでしょう。

今は、同じコーヒーのビジネスでも、
喫茶からビーンズショップという、
飲食業から製造小売りという
全く違った商いになっています。

コーヒー業界を見ていると、
喫茶やカフェの流れの大きな影響を感じます。

後は、卸のBtoBですが、
これも、卸先が飲食業なので、
結局同じです。

小売りになると、
量販店ルートがメインですから、
不特定多数相手ですし、

中間業者が入るので、
間接販売になります。

お客様に直接接する小売業が
ビーンズショップになりますが、

マーケットは小さいし、
集客が難しいし、
お菓子やパンのように
買ってすぐ食べられるわけでは無いので、

淹れる手間があったりで、
開店したからといって、
すぐにお客さんが来るわけでは無いですし、

売り上げ規模も小さく、
販売の手間もかかりますので、

業界としては、
まともにビジネスの対象にはなりにくいところが
ありますね。

だからこそ、そこに、可能性があると
ほくそ笑んでいます。


一年程前に書いたブログをご紹介します。
スペシャルティコーヒー・スモールビジネスマーケティング


さかもとこーひーのHPのバックナンバーから、
「独立を目指す君へ」
でも、色々と書いています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.18

憧れだった。

児玉清さんが亡くなられた。

ニュースでは「アタック25」のことが多いようですが…以前「プロのつぶやき」にも書いたのですが…僕にとっては「週間ブックレビュー」が一番印象的でした。2006年に書いたんですね。http://www.sakamotocoffee.com/corum/colum355.html

本当に本が好きで、その本の魅力がす~~っと伝わってくるのが…紹介されたその本を読まないことが多いのに…快感でした。

自分が大切にしているものの魅力を伝える喜びを児玉清さんから学びました。

あと、休みの日にラジオでビバリーヒルズを聞く時に…その前の番組の人生相談にも長く出ていらっしゃいました。その語りは、人生ままならないながらも一歩前に進むようにほんの少し背中を押すあたたかさが伝わってきました。

後おぼえているのは、黒澤監督の映画にでたときのどなられたというエピソードでしょうか。児玉さんでも、若い時は当然ながら、若気の至りがあったんだと思ったことを思い出しました。

憧れの人でした。

ご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.15

「コロンビアCOEパロセコ、ベストオブパナマ・ベルリナ、エチオピアモカ・ナチュラル、スプラッシュカフェ」

20110515_logo

このところ、寒暖の差が大きく雨だったり不安定な陽気でしたが…今日日曜の朝は初夏らしくピーカンで爽やかに晴れ上がっています。大震災の影響の中、努めて平静でいるようにしていましたが…やはり気持ちに余裕が無いのでしょう…「モクレン」はまだですか?と常連さんに聞かれるまで忘れていて、季節が通り過ぎてしまい…さらに、「水出しアイスパック」や「キャンブリックティー」を催促され…反省です。

因みに、「水出しアイスパック」と「キャンブリックティー」は近々発売の予定です。「キャンブリックティー」に使う紅茶のサンプルが新茶の切り替わりで…やっと今年の新茶が届き…予想以上に求めていたキャラクターの紅茶が見つかったので、今までよりもより僕のイメージに近い「キャンブリックティー」にブレンドできそうです。もう少し、お待ちください。

そして…5月の新しいこーひーの発売は来週予定していましたが…「ルワンダCOEキブンブウェ」と「ブラジル・パラグアス」が予想以上に売れて足りなくなりましたので…一週間早めて、今日発売にしました。

テストローストでさすがカップオブエクセレンスの魅力と感心した「コロンビアCOEパロセコ」…さかもとこーひーではすでにお馴染みのパナマ・ベルリナ農園のベストオブパナマ受賞豆「ベストオブパナマ・ベルリナ」…「エチオピアモカ」「モカ・イルガチェフェ」とご紹介してきたモカシリーズの第3弾の「エチオピアモカ・ナチュラル」…最後は、お馴染み夏のベラ・ノッテ系10年目になる「スプラッシュカフェ」の4つのこーひーをご紹介いたします、お楽しみください。

【コロンビアCOEパロセコ】
10年程前スペシャルティコーヒーに踏み込んでから数年は、素晴らしいコロンビアに出会えず、さかもとこーひーには長くコロンビアがありませんでしたが…コロンビアのカップオブエクセレンスをはじめて手にしてからは、毎年コロンビアの素晴らしい魅力に触れ…この一年でも…ウイラ地区の「コロンビア・ロスイドロス」…ナリーニョの地区の「コロンビア・サマニエゴ」と…ウイラ地区のコロンビアのナショナル・ウィナーを受賞した「コロンビア・ペドリーガルNW」と、コロンビアだけでも、様々なキャラクター、魅力の多様性をご紹介できるようになりました。

それらコロンビアのスペシャルティコーヒーに共通する魅力は…コロンビアマイルドと言われる…優しくて、円やかな素晴らしい口当たり、マウスフィールの心地よさだと思ってます。赤道に近い立地、2000mに迫る標高、勿論他に無い恵まれた気候土壌に最近の情報や技術の普及も大きな力になっているのでしょう。

今日ご紹介するコロンビアのカップオブエクセレンス受賞こーひー「コロンビアCOEパロセコ」は…テストローストでさすがカップオブエクセレンスの魅力と感心しました。コロンビアの南端ナリーニョ地方で1960mの標高だそうです。

その魅力は…まず、きれいで明るい感じの味わいと華やかさが素晴らしく、その華やかなひと口目にCOEを受賞した際立つ魅力を感じました。キャラクターは…チェリーやフローラルの印象がはじめに感じられ…次には、オレンジやグレープフルーツの柑橘系があらわれ…冷めると、良く熟したブラックカラントやプルーンの甘さやフルーツ感がこの「コロンビアCOEパロセコ」の味わい深さの魅力だと思いました。さらに…余韻にはスパイシーさやチョコレート感からワイニーさまで楽しめました。

コロンビアの多様な魅力をお楽しみください。(今回、この「コロンビアCOEパロセコ」は、200gパックになります、ご了承ください。)

1890円/200gパック(税込み)

【ベストオブパナマ・ベルリナ】
去年の8月にご紹介し、ご好評頂いた「パナマ・ベルリナ農園」のベストオブパナマを受賞したこーひーです。このベルリナ農園は、一昨年、今までのパナマコーヒーで一番素晴らしいと感じた農園ですが…今回改めてこの農園のポテンシャルの高さを実感しました。

その魅力は…なんと言っても、口当たりの柔らかさと繊細さに上品な甘さが際立っていると思います。優しいだけで無く、滑らかと共に、フルーティな甘さが素晴らしいですね。熟したベリーな感じから…フローラルの華やかさに…チェリーの感じが繊細さと爽やかな魅力を支えていると思いました。冷めると…軽めの赤ワインが長く続く余韻の魅力につながり…軽ろやかさとともにキレの良さが次のひと口を誘います。

これからの季節のフルーツたっぷり、涼感あふれるスイーツにドンピシャでしょう。初夏に爽やかな魅力をお楽しみください。

1890円/250gパック(税込み)

【エチオピアモカ・ナチュラル】
「エチオピアモカ」「モカ・イルガチェフェ」とご紹介してきたモカシリーズの第3弾の「エチオピアモカ・ナチュラル」をご紹介いたします。「エチオピアモカ」はエチオピアのシダモ地方で…「モカ・イルガチェフェ」はエチオピアのイルガチェフェ地方…共に、ウオッシュトという水洗式の精選処理方法です。同じエチオピアで「モカ・イルガチェフェ」とも「エチオピアモカ」のシダモとも明らかに違うキャラクターで魅力です。

こちらの「エチオピアモカ・ナチュラル」は…エチオピアのリム地方で、ナチュラル式という精選処理方法なんです。ナチュラル式は収穫した実を果肉を除去しないでそのまま乾燥した後に脱穀すると、大雑把にいうとそんな感じです。(水洗式は、水を使い果肉を除去した後に乾燥工程に入ります。)

ナチュラル式というと甘さやコクに際立ったものがあるものの、素朴と言いますか、洗練とは遠いものが多い中…この「エチオピアモカ・ナチュラル」は繊細さや気品が感じられる素晴らしいこーひーだと、最初の印象でした。

まず、ジャスミンのような揮発性の香りからはじまり…熟したフルーツ、黒いベリーから冷めるとチョコレートやワイニーのキャラクターと味わい深さが素晴らしいです。

円やかで…少し深煎りでも苦く無く…エキゾチックな魅力や、クリーミーな味わい深さ…冷めてさらに魅力がアップし…奥深く長い余韻の素晴らしさといった逸品だと思います。ナチュラル式としては、非常にばらつきや欠点の無さに感心しました。勿論、ナチュラル式の甘く、滑らかで、円やかな良さも抜きん出ています。お楽しみください。

1575円/250gパック(税込み)

【スプラッシュカフェ】
最後は、10年目の初夏向けのいい感じの苦味系「スプラッシュカフェ」…基本的なイメージは…「水しぶきの爽やかさ」で決まっています。ホットでも、アイスでも、ストレートでもミルクを加えても…涼しげなコーヒーの魅力をお届けします。ポイントは柔らかな甘さと切れの良さ、爽やかな余韻です。

ブレンドしたのは、柱のグアテマラにケニアとコスタリカです…が、今年のブレンドはグアテマラを増やして、より華やかさにバランスを取りました。そして魅力的な「夏のラテ」ということで、ミルクを入れた時の夏の美味しさが決めてです。いい感じの苦味系好きの常連さんのお好みを大切にして…ベラ・ノッテ…ミモザカフェ…スプラッシュカフェと基本のバランスを大切にしながら…季節にあった魅力になるようブレンドしています。ベラ・ノッテの夏バージョンです。

1575円/250gパック(税込み)


震災をきっかけにして、Twitterはじめています。こーひーの話しをメインにぽつぽつやってます。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

「あなたもジャッジだ」

さっき、Twitterに書いたのを、アップします。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「あなたもジャッジだ」ジョー小泉訳…読了。これで、明日のエキサイトボクシングの楽しみが深まる。こーひーのカッピングでも、このくらい内容のしっかりした冊子があってもいいでしょう。

「あなたもカッパーだ」…これで、ブログ連載しようかな。この10年で、素材のカッピングの基礎については、ほんと素晴らしく充実してきたけれども…ロースティングやブレンド、商品作り、さらにお客様の感覚を感じる…そんな実戦的なカッピングスキルに困っている若い人をよく見る。

でも、まともなローストが出来ないと、意味無いし、言葉が通じ無いので…同じ豆をカッピングしながらじゃないと無理ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.09

「笑顔のちから」

20110508_photo

今朝(5/8・日)の千葉はきれいに晴れ上がっています。田植えが進み、ツツジが咲き誇ってきました。Tシャツ一枚で過ごす初夏の心地よい陽気になってきました。今日も自転車に乗って、本屋寄ってお昼食べてお菓子買って、ぶらぶらしてこようと思ってます。

昨日の土曜日、近所から仙台に転居していたお客様が来店されて…被災のことをリアルに伺いました。又、他の被災地のお客様からメールやお手紙が届いています、長年の常連さんの被災のお話しが身につまされます。

仙台のご自宅が半壊してしまったお客様は、余震でさらに被害が大きくなり、全壊認定になったそうです。家を津波に持っていかれてしまった相馬市のお客様から、ご丁寧なお手紙を頂きました。そのお手紙には…おぞましい震災…ささくれだった心…未曾有…壊滅的…空前絶後…といった言葉が列挙されています。

アパートに引っ越をして…日常生活を構成していた自宅家族友達を失い…創造だにしないマイナスからのスタートになり…それでも、時間をかけて新しい生活をつくっていく…そんな内容でした。

先日、被災地を回って支援活動してきたという方のお話しで…今、被災地に足りないものは「笑顔」だそうです。「笑顔」は生きる活力を生む…と、いうことです。

芸能人の炊き出しは…芸能人というだけで笑顔が広がり…さらに、暖かい食べ物の美味しさがさらにエネルギーを生むと…なるほど!でした。物資や食料の支援や復旧と同時に…笑顔を生むちからが必要なんですね。

そんなこんなで…さかもとこーひーでは、GWにアプリコットのケーキやフルーツケーキ、ガトーウイークエンドゥを用意して、こーひーと共に楽しんで頂きましたが…みなさんとっても喜んでくださって、笑顔が増えました。

ケーキをひと口、そしてこーひーをひと口の後のニコっとした笑顔…これは、美味しいお菓子だけでも、こーひーだけでも味わえない美味しさ、快感だと思います。フルーツのキャラクターが強めに出ているケーキは、味に雑味があったり、甘みやコクの乏しいコーヒーだと、ちょっと合わせにくいんですが…きれいな味わい、甘さと円やかなコク、爽やかな魅力のこーひーだと、アッというほど相性が良いんです。

そんなこの1週間…毎日毎日言われたのが…「このケーキ、坂本さんが焼いたんですか?」なんです。幼稚園の時からの幼なじみも遊びに来ましたが…「あのキルシュトルテを、もう一回食べさせろよ!坂本。」…って、言われまして…。紅茶の店テ・カーマリーをやっていた頃の人気ケーキなんですが…その頃まだ保育所に行っていた長男は、20年経った今でもキルシュトルテの美味しさを覚えているようで…。

この1週間で日に日に気持ちが盛り上がってきまして…オーブンを店に入れて、さらに季節に合わせて、こーひーに合わせて、ケーキを焼こうと思うようになってしまいました。

まぁ、スペシャルティコーヒーに取り組んで10年以上になったわけですが…なんとか素晴らしい素材を仕入れて使ってみたいと思っていたその頃に比べて…今は本当にクオリティの高い、そして多様な魅力の素材が手に入るようになりましたので…素材の素晴らしさを伝えることから…さらに、その素材の魅力を縦横無尽に、より深く愉しめるように、可能性を追求したいものです。もっと、もっと、楽しんで、笑顔をお届けしたいと思います。

なんて、思っていたら…昨日サンク・オ・ピエのシェフから…ミモザカフェとあと何かもうひとつ…と、注文メールが来まして…う~~ん、ただ選んで送ったんじゃぁー芸が無いし…二三日前にシェフのブログ http://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/diary/201105060000/ にサンク・オ・ピエのイチゴのミルフィーユをイメージしたブレンドのことと、さらにそのこーひーに合わせたデザートの事が以下のように書いてあったので…さっそくブレンドを作りました。

「アーモンド生地のカトル・カール(1/4が4つという意味のケーキ生地で、この場合は、アーモンド粉とバターと砂糖と卵が同割)にアプリコットを入れて焼きました。それから、野イチゴのフラン、ミュール(桑の実)フランボワーズ(木苺)フレーズ・デ・ボア(野イチゴ)ミルティーユ(ブルーベリー)グロゼイユ(赤スグリ)カシス(黒スグリ)などのフランス産ミックスフルーツのコンポートをのせたバニラのフランです。シャーベットは定番の蜂蜜と牛乳です。4月5月のコースのデザートのイチゴのミルフィーユのためにさかもとさんが作ってくれたサンク・オ・ピエブレンド、イチゴというと普通はコーヒーには合わないのだが、そこはさかもとさん、見事にミルフィーユにあうこーひーを作ってくれました!」

イチゴのミルフィーユに合わせたブレンドを作り…サンクのシェフが、それならとそのブレンドにも合うように、野いちごのフランやアーモンドプードルを使ったアプリコットのケーキを作り…それならと、違うアプローチで新しいブレンドを作る。愉しい仕事。しかも、ジャズのアドリブのように一瞬で…。スペシャルティコーヒーの世界ってほんと楽しいです。(どんなに素晴らしい素材だって、手の内に入れなきゃ職人の名折れですからね。)

震災をきっかけにして、Twitterはじめています。こーひーの話しをメインにぽつぽつやってます。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.02

「若冲に学ぶ」

20110502_photo

*GW臨時営業のお知らせ。
-5/1(日)2(月)の定休日だけ休み…
-5/3(火・祝)4(水・祝)5(木・祝)は営業いたします。

今朝は曇っている千葉ですが…うちの近所は、田んぼに水が入り田植え真っ盛りのGWです。29日30日とアプリコットのバターケーキを用意して、来店のお客様にリラックスして頂きました。

お陰さまで、普段の土曜日よりも忙しく…ケーキを多めに用意していたんですが…足らなくなって、急遽追加で買いに行ってきました。GW後半もたっぷりと用意していますので…お気軽に寄ってください。普段日曜祝日が定休日ですので…遠方のお客様が来店しづらいこともあって…GWの祝日を営業していますが…船橋市や都内からわざわざご来店頂き、色々とお話しができました、有り難いことです。

普段から、チョコレートを用意して、試飲のこーひーとともに召し上がって頂き…こーひーとチョコレートが一緒になった時の幸せな感覚を楽しんで頂いていますが…このGWは、さらに一歩進んだ魅力的なフードペアリングの快感を体験していただこうと…アプリコットのケーキを用意しました。ケーキだけだと…ちょっと強すぎるかな?っと思うくらいに、アプリコットの酸が印象的な味わいなんですが…ケーキをひと口、そしてこーひーをひと口飲むと…みなさん、あっ!とだったり、ほぉー♪だったりで…その印象にニコッとされます。

アプリコットのきれいな酸味がこーひーととっても良い相性なんですね…でも、これが汚れた味わいのコーヒーだと、そんな魅力にはならないのです。この辺が、従来のコーヒーとスペシャルティコーヒーの違いのひとつでしょう。勿論、素材だけスペシャルティコーヒーで、焙煎やブレンドが悪かったらそうはなりません。

(今、数名の人に焙煎のアドバイスをしていますが…実際に、焙煎の規準とずれている時と、規通りに進んだ時の違いや…ロースティングポイントの1℃2℃の違いによっての香りや甘さの印象の違いを…カッピングで体験してもらった時の驚くやら、嬉しいやらの表情の変化が楽しいです。それまで説明だけでは半信半疑だったのが、一瞬で確信に変わりますね、体験は愉しいです。)

今週は、NHKで伊藤若冲の特集を4回シリーズでやっていました。毎回、その秘密をスーパーハイビジョンを駆使しながら、技術的に解きほぐししていってましたが…その鮮やかな色彩の秘密が、発色の効果を完全に理解して…それを生かすために超細密な技術を使っていることに、毎回驚いてばかりいました。

鳳凰の鮮やかな黄金の輝きには、なんと金を使っていないってことで…結果として、黄金の輝きを表現しているようなんですが…全て、イメージを現実化するための技術とその結果にう~~んを唸ってしまいました。

そのイメージをを表現するために、隠れた部分での役割の大きさと言いますか…なんとも、良い難いですが…先日発売された大瀧詠一師の「A LONG VACATON  30th Edition」の目玉は、オリジナルカラオケで…同業者にとっては、今まで歌で隠れていたアレンジが明かされ…そこに、ノウハウの数々が潜んでいるそうです。

しかし、それも、最初に表現したいイメージありきで…そのイメージを現実化するために、どのような技術を駆使したらよいか!ってことだと思ってます。だから、技術だけ盗んでも仕方無い部分もあるのですが…技術によって、新たなイメージが刺激されることもありますから…ややこしい話しになってきました。

そんなこんなで…こーひーでも…どのような魅力をイメージするかどうかが無いと無意味なんですが…それも、新しい素晴らしい素材に出会う事によって、新たなイメージが湧くことが多いですし…そこから、ロースティングポイントの1℃2℃の違いで、現れるキャラクターや甘みのバランスを決めたり…ブレンドの可能性を探ったりしてます。

特に、今回のように、色々なお菓子とのフードペアリングをイメージするときは…こーひーの要素とお菓子の要素が合わさって、ひとつのイメージになるように、感じない部分での役割がポイントになってきますね。

もっと、ピンポイントで合わせる…サンク・オ・ピエ用のこーひーだとhttp://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/…前菜からデザートへの流れや、ワインも考慮して…デザートとこーひーの時に、お客様がどういった感じになっているのか…その辺を踏まえて…デザートとこーひーのバランスを仕上げていきます。なので、そのこーひーだけを飲んでも、あんまりピンとこないかもしれませんね。

と、いうことで…GWのお客様から、このケーキ坂本さんが焼いたんですか?って何回も聞かれまして…その度に、いえいえ買ってきたんですって答えてましたから…そろそろ、オーブンを店に用意して、久しぶりにケーキ焼かなきゃなぁーと思いはじめました。(自慢ですが…パウンドケーキだけで、オリジナルレシピが10以上ありますから…。)

震災をきっかけにして、Twitterはじめています。こーひーの話しをメインにぽつぽつやってます。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »