« 「コーヒービジネスを考える(22)」 | Main | 「コーヒービジネスを考える(23)」 »

2011.08.15

「グアテマラ・アゾテァ、ケニア・キアラガナ、ユニティ2011、コスタリカ・ドンマヨ、ペーパームーン」

20110814_logo

・・・
*「ほのぼのこーひーの価格」についてお知らせです。

この春に、大きな話題になったコーヒー相場の高騰ですが、今年の新豆の手当がほぼ終わり、その高騰は、予想されたとはいえ、大変に大きなものでした。

が、各「セット」の価格と、「3000円以上・送料無料」の、2つは堅持いたします、ご安心ください。

そして、本当に心苦しいのですが…

「ほのぼのこーひー」の…「アトムの子」「カフェヴィータ」「カフェコージー」「アイスコーヒー」を…1575円/500g、945円/250gに…8月16日(火)から、変えさせて頂きます。

お支払い方法の変更と共にして、できるだけお客様のご負担を少なくするように考えました、よろしくお願いいたします。

・・・

*お支払い方法、についてお知らせです。

08/08(月)発送分から…
-お支払いは…「コンビニ、郵便振替払い(手数料無料)」…を、標準にさせて頂きます。

-「代金引換払い」は…「4200円以上、代金引換手数料・無料」…「4200円未満、代金引換手数料・210円」になります。

-「代金引換払い」をご希望の方は…「連絡欄」に…「代金引換」「代引き」「コレクト払い」等とお申し付けください。
ご記入の無い場合は「コンビニ、郵便振替払い(手数料無料)」でお届けいたします。

-送料は…「3000円以上・送料無料(こーひーの金額、税込み)」…のまま変更しません。

・・・

8/12(金)から夏休みに入っています。(8/15(火)までです。)18周年のお祝いメッセージをたくさん頂きまして、ありがとうございます。本当に励みになります。

12日の夜は…常連の関口さんがベースで活躍している外山安樹子トリオhttp://homepage2.nifty.com/akiko-toyama/ のCD発売記念ライブで千葉港のクリッパーに行ってきました。ますますパワーアップしたトリオにご機嫌でしたが…おひとりおひとりの上手さは勿論のこと…トリオとしての熟成が進んでいるような印象でした。

そうそう達郎のニューアルバム「Ray Of Hope 」が発売されたので…ネットやラジオ、雑誌のインタビューや他の人のコメントを読みあさっています。まぁ、コアなファンと言いますか、オタクと言いますか…。達郎の言っている事は、相変わらず昔から同じと言いますか、ブレ無いので、僕にとって安心?精神安定剤?みたいなものです。また、愚痴ってるとか、また、矛盾しているとか、突っ込みどころもあって楽しめます。

それと、そこに至った前提条件や流れをきちんと話してくれますので…前作以降の反省等もあったりして、そうなのかとニヤニヤしてしまいます。一番興味深かったのは…「菊地成孔、山下達郎を語る」 http://natalie.mu/music/pp/tatsuro/page/5 で、音楽の専門家からの話しは、なるほど!と面白いですね。特にポップスという青春ジャンルでの「ナイスエイジング」についてが興味深かったです。加齢の可能性について触れています。

後は、お墓参りして…それと、14日(日)にコーヒー仲間とサンク・オ・ピエでランチです。そのランチの為に…新しい豆使ってブレンドを作りました。これが、狙い通り上手くいったので…「ユニティ2011」として、みなさんにも楽しんでもらおうと決めました。「アニバーサリー2011」の流れですね。

そんなこんなで…8月のこーひーのご紹介です。まず…次々と通関が切れている中米の新着豆の中から…「グアテマラ・アゾテァ」です。僕がイメージしているグアテマラの魅力がとっても際立っています…次は、ケニアの第二弾「ケニア・キアラガナ」これは、サンプルでカッピングした時よりもさらにグッと素晴らしくなって「ケニア・カングヌ」とはキャラが変わって、その違いも愉しんでいただけます。

そして、サンク・オ・ピエでのランチの後のこーひーとして自分の為にブレンドした「ユニティ2011」こちらも高い豆だけで贅沢にブレンドし、18周年の感謝を込めました…新着豆の「コスタリカ・ドンマヨ」オレンジのキャラクターや余韻の滑らかさが暑さに疲れたこれからの季節にピッタリだと思います…最後は、少し早めに登場の「ペーパームーン」秋を先取りです。お楽しみください。

【グアテマラ・アゾテァ】
さて…2月の「グアテマラ・ラスロサス」以来久々にグアテマラの魅力をお届けします。ここ数年カップオブエクセレンス以外でも…トップ中のトップのクオリティの豆が色々と選べる環境になってきました。通関切れたばかりの…この「グアテマラ・アゾテァ」もまさにグアテマラのメインの産地アンティグア地方の際立つ魅力いっぱいです。

僕がいつもグアテマラに求める…特徴的なフローラルとハニーライクさが豊かに香り…余韻まで心地よく楽しめます。同時に、味わいは、柔らかできめ細やかな甘さが伝わって来て…上品さが印象的です。

さらに、ゆっくりと味わっていくと…円やかなベリー系にほのかな柑橘系が寄り添って…とっても明るく切れの良い爽やかさに繋がっていると思います。余韻の柔らかな甘さは本当に素晴らしいですね。この柔らかな感じと、キレの良さが相まって…上品さを支えていると思います。まずは、今年のグアテマラの第一弾をゆっくりとお楽しみください。

1890円/250gパック(税込み)

【ケニア・キアラガナ】
先月ご紹介した、僕の中のケニアNO1「ケニア・カングヌ」に続いての第二弾「ケニア・キアラガナ」をご紹介します。サンプルの時は…「ケニア・カングヌ」と並べて比べると…紙一重「ケニア・カングヌ」が魅力的かなと思いましたが…自分で焙煎してみたら…個性の違いがありますが…この「ケニア・キアラガナ」の素晴らしさに驚き、反省しました。

「ケニア・カングヌ」のブルゴーニュの上質な白ワインのようなキャラを今でも自宅で楽しんでいますが…この「ケニア・キアラガナ」は、滑らかな口当たりとシトラスオレンジからカシスへと長く続く余韻に浸ってしまいます、素晴らしい。

まずは、ケニアとしてはクリーミーさと円やかさが印象的です。口当たりがご機嫌だと思います。そして、シトラスオレンジの感じからはじまり…カシスや赤ワインのワイニーさがコクや味わい深さを支えてくれます。冷めて来るとほのかなミルクチョコレートな感じが甘く柔らかな魅力に繋がっているでしょう。夏の終わりから初秋にかけてに、滑らかさとシトラスオレンジのキャラがピッタリだと思います、お楽しみください。

1890円/250gパック(税込み)

【ユニティ2011】
さかもとこーひー18周年記念感謝のブレンド第二段です。「アニバーサリー2011」が、華やかさ、柔らかな口当たり、上品な甘さをイメージしましたが…この「ユニティ2011」は、色々なキャラクターがひとまとまりになった洗練さ繊細さと同時にさりげなく複雑なコクをイメージしました。

実は…最初はプライベートなブレンドとして考えました。14日(日)にコーヒー仲間とサンク・オ・ピエでランチするんですが…その食後のこーひーを、新着の豆でブレンドして楽しもうと思ったのです。せっかくのコーヒー仲間同士のランチなんで…締めのこーひーは特別な企画モノにしたいですよね。

サンク・オ・ピエhttp://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/はフレンチレストランで…素材の魅力が際立つしっかりとした調理、しかも洗練されたきれいな味わいなんです。前菜からメイン、デザートと、シェフのコース料理のリズムとメロディが心地よく楽しめるのですが…そのように2時間3時間ワインとともに味わってくると…どんなに素晴らしいシングルオリジンでも、ちょっと料理やデザートに押されてしまい、印象が弱まる感じなんです。

複雑なキャラクターを持っているシングルオリジンでも、やはり味わいがシンプルなんです。こちらの味覚嗅覚も疲れてきていますし…。そこで、ブレンドをイメージします。

クオリティの高い豆だけを使い…キャラクターの際立つ豆同士は、その魅力が喧嘩しやすいのですが…そこを上手に噛み合わせて…ひとつのまとまった魅力にブレンドすると…やさしく、滑らかな味わいであっても、料理からデザートの流れにスッと乗り、出しゃばらず押されずで、全体のバランスがとっても良く、最高にご機嫌なんです。勿論、シェフの料理もデザートも、よく知っていますから…特にデザートが分かっていれば、そこにピンポイントで合わせられます。その辺は、この10年、随分と研究しました。

そんなこんなで…「ユニティ2011」です。使った豆は…「グアテマラ・アゾテァ」に「ケニア・カングヌ」と「コロンビアCOEパロセコ」です、贅沢でしょ。これを…洗練、繊細を大切にして…ジャズのトリオが、ある瞬間にひとりひとりが消えて、トリオというひと塊になって圧倒されることがありますが…そんなひと塊のブレンドにしたいとイメージしました。

まず、最初の印象は…透明な味わいから…フローラルとシトリック系の香りが浮かび上がり…繊細なシルキーのような口当たり…そして、「グアテマラ・アゾテァ」のハニーライクさが顔を出して…全体の明るい味わいから、余韻の長い上品な甘さへと続いていくと思います。飲み終わった後に、すーっと柑橘系のフローラルな香りが上がってくると笑顔になります。かなり渾身のブレンドになりました、お楽しみください。unityを辞書引くと…ひとまとまり、統一といった感じの意味なので「ユニティ2011」としました。

1575円/250gパック(税込み)

【コスタリカ・ドンマヨ】
今日は最初予定になかった「ユニティ2011」が入ったので、5種類のご紹介になって大変です。こちらも、新着の「コスタリカ・ドンマヨ」です。

コスタリカのトップクオリティの豆には、いつもしっかりとした柱のあるような印象を感じます。その、しっかりとした味わいを、オレンジのキャラクターが鮮やかな魅力に仕上げています。明るい味わいになりますね。少し深めに焙煎してありますが…苦味が前に出て来る直前で煎り止めてありますので…しっかりとした味わいながら、すーっと親しみやすくなっていると思います。

少し冷めるとチョコレートやベリー系の味わいが感じられ…余韻の魅力が長く続きます。この辺のきれいな味わいの中のコクと円やかさが良いですね。暑さに疲れたときにぴったりだと思います。余韻の滑らかな感じも良いですね。ブルーベリーのパウンドケーキにドンピシャでした、お楽しみください。

1575円/250gパック(税込み)

【ペーパームーン】
最後は…7年目になった秋の爽やか系ブレンド「ペーパームーン」です。「木陰」が作れなくなってしまうので…少し早い登場です。日が暮れるのがどんどん早くなってくる季節、夕方買い物にでた帰り、車から見上げるお月さんの奇麗な事、そんな季節をイメージしました。

今年の「ペーパームーン」は、今までのブレンドからリニューアルしました。「アニバーサリー2011」に使った「ボリビアCOENWアルベルト」の可能性がどんどん見えてきましたので…その「ボリビアCOENWアルベルト」の魅力を違った角度から生かしてみようと思いました。

色々なパターンを試したのですが…一番「ペーパームーン」のイメージにぴったりだったのが…「ボリビアCOENWアルベルト」と「エチオピアモカ2.0」のブレンドでした。

秋の爽やか系に相応しく…明るく爽やかな味わい…そこに、「エチオピアモカ2.0」の繊細さや、味わい深さ、さらに、フローラルやスパイシーな香り、そしてきれいな余韻と…いいペーパームーンになったと思います、お楽しみください。

1575円/250gパック(税込み)


震災をきっかけにして、Twitterはじめています。こーひーの話しをメインにぽつぽつやってます。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。


|

« 「コーヒービジネスを考える(22)」 | Main | 「コーヒービジネスを考える(23)」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「グアテマラ・アゾテァ、ケニア・キアラガナ、ユニティ2011、コスタリカ・ドンマヨ、ペーパームーン」:

« 「コーヒービジネスを考える(22)」 | Main | 「コーヒービジネスを考える(23)」 »