« 「グアテマラ・アゾテァ、ケニア・キアラガナ、ユニティ2011、コスタリカ・ドンマヨ、ペーパームーン」 | Main | 「女子の古本屋」 »

2011.08.19

「コーヒービジネスを考える(23)」

「コーヒービジネスを考える(23)」

前回は、
カフェの優位点から…

ビーンズショップのカフェ併設は、
僕はお勧めしません…

というお話しでした。

そう頻繁ではありませんが、
機会を見つけては、
若い人のお店に行っています。

特に、この5年10年以内に独立したお店に興味があります。

自家焙煎店の流れからスペシャルティコーヒーに
切り替わった世代では無く、

スタートからスペシャルティコーヒーに出会って、
独立したような世代のお店です。

そういったみなさんは、

僕の世代が当たり前だと思っているような知識が
全く無いままに独立したり、

僕の世代とは、生まれ育った時代背景が違うので、
全く価値感や感覚が違ったりするので、

とっても、興味深いし、刺激になります。

まぁ、今の40代以上だと、なんとなく共通するところがありますが、
30代だと新鮮な驚きがあります。

そういった感じで、
スペシャルティコーヒーのカフェやビーンズショップを見て回ると…

これが、以外な程、新鮮さが無いことに、驚き、失望します。

表面的なデザインやファッション性は、
時代を現していますが、

僕は、そんな上っ面には興味が無くて、

不易流行と言いますが、

不易の変わらない土台、骨組みに新鮮な取り組みがあるかどうかで
驚きたいのです。

表面的な流行の変わっていくもの、外装内装はまぁ良いのです。

勿論、流行のエスプレッソでもカプチーノでも、
ラテアートでも良いのですが、

その本質に、若い新鮮な驚きが欲しいのです。

欧米からサクッと持ってきました、
なんてのは、もう飽き飽きです。

片付けの時間になったので、続きます。

今日はこの辺で…。

一年程前に書いたブログをご紹介します。
スペシャルティコーヒー・スモールビジネスマーケティング


さかもとこーひーのHPのバックナンバーから、
「独立を目指す君へ」
でも、色々と書いています。

|

« 「グアテマラ・アゾテァ、ケニア・キアラガナ、ユニティ2011、コスタリカ・ドンマヨ、ペーパームーン」 | Main | 「女子の古本屋」 »

コーヒービジネスを考える」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「コーヒービジネスを考える(23)」:

« 「グアテマラ・アゾテァ、ケニア・キアラガナ、ユニティ2011、コスタリカ・ドンマヨ、ペーパームーン」 | Main | 「女子の古本屋」 »