« 「女子の古本屋」 | Main | 「フィネスのあるこーひー」 »

2011.08.25

「コーヒービジネスを考える(24)」

「コーヒービジネスを考える(24)」

前回は、
30代の方のスペシャルティコーヒーのカフェやビーンズショップを見て回ると…
これが、以外な程、新鮮さが無いことに、驚き、失望します。
というお話しでした。

表面的なデザインやファッション性は、
いい感じで、時代を現していますが、

欧米からサクッと持ってきました、
なんて感じなんですね。

或は、
昭和の自家焙煎専門店が、
エスプレッソに変わっただけとか…。

まぁ、それでもいいじゃないかと言われれば、
そうなんですが、

そこに、今のお客様の暮らしが見えないんです。

さかもとこーひーの常連さんには、
30代40代50代の主婦の方が多いですが、

みなさん、20年前30年前
…いやいや10年前でも考えられなかったような
成熟したと言いますか、
豊かな暮らしが伝わってきています。

そのような方の暮らしに、
スペシャルティコーヒーでも何か彩りを添えられると
思うんですが…。

単なる、素材自慢、農園自慢しか伝わってこないんです。

焙煎やブレンドのスキルはまだまだこれからでしょうし…。

今日はこの辺で…。

一年程前に書いたブログをご紹介します。
スペシャルティコーヒー・スモールビジネスマーケティング


さかもとこーひーのHPのバックナンバーから、
「独立を目指す君へ」
でも、色々と書いています。

|

« 「女子の古本屋」 | Main | 「フィネスのあるこーひー」 »

コーヒービジネスを考える」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「コーヒービジネスを考える(24)」:

« 「女子の古本屋」 | Main | 「フィネスのあるこーひー」 »