« 「職人でいる覚悟」 | Main | 「味が強い野菜」 »

2011.09.07

「コーヒービジネスを考える(26)」

「コーヒービジネスを考える(26)」

前回は、
直接販売と間接販売,
というお話しでした。

長引く不景気に、
震災、原発問題が追い打ちをかけて、
かなり厳しい情報が入ってきますが、

もう少し具体的な話しでは、
個人店の自家焙煎店で、
震災後…20%、30%落ちている店が
少なからずあるということです。

酷い状況だと、
50%ダウンもあると聞きます。

そこまで厳しいとは知りませんでした。

直接販売の個人店で、
そういった影響を受けているということは、

直接販売の意味が分かっていないと
いうことなんだと思います。

たんなる販売店、小売店になってしまっているのでしょうか?

間接販売では出来ない
直接販売の強みがあると思いますが、

そんなこと考えていないんでしょう。

自己満足、自己中の専門店なんでしょうか。

セブンイレブンの鈴木さんが強調しているお話しで、

「お客様の為」
は絶対ダメで、

「お客様の立場になって」
でないといけない、

そんな意味合いがあります。

深い話しです。

それを理解するには、
その「お客様」が誰なのか?
を、明確にする必要があります。

今日はこの辺で…。

一年程前に書いたブログをご紹介します。
スペシャルティコーヒー・スモールビジネスマーケティング


さかもとこーひーのHPのバックナンバーから、
「独立を目指す君へ」
でも、色々と書いています。

|

« 「職人でいる覚悟」 | Main | 「味が強い野菜」 »

コーヒービジネスを考える」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42520/52670934

Listed below are links to weblogs that reference 「コーヒービジネスを考える(26)」:

« 「職人でいる覚悟」 | Main | 「味が強い野菜」 »