« 秋晴れの気持ちよい土曜日 | Main | 今日のこーひー »

2011.10.30

「表と裏」

20111023_photo

朝日を浴びながら田んぼ道を歩いて通勤していると…指先に冷えを感じる季節になりました。秋晴れの昼間…「こんな日は昼寝に最高だねぇ♪」とスタッフに話すと…「え~、お散歩じゃないですかぁー!」…と、まぁ、そんなこんなでお客様からのご注文も増えて来て…こーひーが美味しく感じる季節になりました。

昨晩はいつものワイン会が幕張本郷のサンク・オ・ピエhttp://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/でありました。イタリアワインがテーマだったんですが…いつものように選りすぐったワインと、そのワインに合わせた料理を愉しみましたが…メインの栗の手打ちパスタには驚きました。ソースは富士幻豚のラグーで、これも味わい深くご機嫌ですが、そのパスタだけで味わうと、舌触り、コシ、香り、のどごしとなんとも深い魅力で…思わず、これじゃぁ、お蕎麦屋さんはたまったものじゃないですね!って言ってしまいました。

デザートのコアントローの生チョコにやっと形を保ってるフランボワーズのチョコのパイは勿論、はじめてのバナナのタルトが…バナナのお菓子はけっこう何でも美味しいし、僕もオリジナルのレシピをいくつか持ってますが…生のバナナくささを抑えアーモンド生地のリッチさとバランス良く、う~~ん、バナナのキャラをこうデザインするかと勉強になりました。持ち込んだ「エルサルバドルCOEサンタ・ジョセフィータ」もぴったりで好評でした。ワイン良し、料理良し、デザート良し、こーひー良しでご機嫌でした。

帰りの電車で…主催してくれている友人が今週は赤坂で志の輔に行って来てと話しだし…おぉ!赤坂ACTシアター1300人「柳田格之進」に行ったんだ!…僕は月曜日に巣鴨の80人「柳田格之進」行ってきたんだよ…と、盛り上がってしまいした。

巣鴨で噺が終わった最後に…このあと赤坂ACTシアター1300人で演るんだけど…1300人が大変で、80人なら楽ってことは無くて…1300人をひとつに集中させて噺を進めるのと…ひとりひとりの顔が見える80人で噺すのとは全く別のエネルギーが必要なんだといったような話しになりました。

志の輔師はいままで自分のお客を増やす事にも頑張ってきたけれども…大会場でやるベースはこのような小さな場で数をこなしているからだと言っていて…そんなところに惹かれますね。

こーひーで言うと…先日、ブラジル・ミナスジェライス州小規模生産者44ロットのカッピング会がありました。カッピングは…日常の焙煎やブレンドを検証するカッピングや…産地に行った時には、その日に視察してきた農園の豆を夕方にするカッピング…その年にどの豆を使うかどうかを決めるカッピング…カップオブエクセレンスの豆全部並べてのカッピング…等々色々とあります。カッピングの基礎は共通ですが…目的によって求められるカッピングの技術は違ってくるんですね。買い付けには買い付けのプロとしてのカッピング技術が必要ですし…ロースターには、自分のお客様がいますから、お客様の感覚を自分のものにしてのカッピング技術が必要になってきます。また、焙煎には焙煎を検証するためのカッピング技術が必要です。

で、今回のミナスジェライス州でセレクトされた44ロットのカッピングは…同じ産地ですから、似たようなクオリティ、キャラクターの豆が並ぶ中…時々ハッとするクオリティやキャラクターの豆があります。仕入れる仕入れないは別にして、このような一気に多くの豆を身体で経験するというのは、プロとしての引き出しを増やすのになによりの宝だと思います。

しかし、せっかくこのような恵まれた機会が日本にいながらあるのに…参加者が思ったよりも少なく…もったいないなぁー!やはりプレミアム感の強い派手な豆でないと感心薄いのかなぁー?と帰り道で感じたのでした。特に経験の積み重ねが大切な若い人には素晴らしい機会だと思うのですが…。自店で使っている豆だけでは経験が限られてしまいますからね。

最後に…WOWOWエキサイトマッチの解説で楽しませて頂いているジョー小泉さんのの「ジョー小泉さんひとりごと」の「表と裏2011/10/25」にとっても感銘を受けました。

先日、八重樫選手が新チャンピオンになったタイトルマッチ戦後の話しで…「八重樫選手が新チャンピオンの座に就いたあと、オフィシャルと会食。それから新宿のチャンピオン一行のホテルに慰めに行った。ボクシングは真剣勝負だ。負けたほうは悔しい。だから、世界戦のあと、外国人が負けたとき、「ごくろうさん。いい試合だったよ。また頑張ろう」と言うため、それだけのために宿舎を訪れるようにしている。」

「ものごと何でも二つの顔がある――表と裏だ。ボクシングにおいてそれは勝利と敗北、すなわち、喜びと悔しさだ。新チャンピオンは喜色満面、一方、王座を奪われた前王者は失意落胆。ひとつの結末が二つの側面を強いコントラスト(対比)で描く。敗者は早々とリングを去り、勝者は長くリングに留まり、インタビューを受け、数多くの写真を撮られる。ちょうどそのとき、敗者はもう医務室で検査を受けている。ああ、ボクシングは何と厳しいのだろう、いつものことながら。」
震災をきっかけにして、Twitterはじめています。こーひーの話しをメインにぽつぽつやってます。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。

|

« 秋晴れの気持ちよい土曜日 | Main | 今日のこーひー »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42520/53120571

Listed below are links to weblogs that reference 「表と裏」:

« 秋晴れの気持ちよい土曜日 | Main | 今日のこーひー »