« November 2011 | Main | January 2012 »

2011.12.31

美味しさの本質2011・さかもとこーひー

午前中に買い出しを済ませて…午後は買ったまま積み重なっていっている本読んだり…談志師のDVD観て過ごします。夜はボクシング世界戦を3試合観ます。

そんなこんなでリラックスしていたら…サンク・オ・ピエのシェフが大晦日にズド~ンと内角胸元のけぞらせるキレの素晴らしいストレートを投げ込んできました。美味しさの本質2011 http://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/diary/201112310000/

食べる事、美味しいということ。

サンクのXマスメニューの鹿のコンソメを味わった際…なんか、味わいに圧倒されて、上手く言葉にできていなかったのです。

説明すれば…クリーンで、滑らかで、繊細な香りと味わいが長く余韻まで続き、気品のある旨味に~…そんな言葉になってしまうのですが…それでは、美味しさの本質を鷲掴みにできていないような…。

で、シェフとのメールのやりとりの中に…「北海道の大地で生き抜いてきたエゾ鹿の生命力の精髄を味わうようで、思わず目を閉じて心の中で手を合わせたものでした。」とあり、ポンと膝を打ったのです。

そうそう「生命力を味わう喜び」です。

僕が10代でこーひーや紅茶を仕事にしたのは…どんなにレベルの高い料理であっても、栄養摂取という一面から逃れられないと思ったのが理由のひとつなんです。

こーひーや紅茶の魅力は、栄養摂取から離れて…精神的なエネルギーに繋がっているという一面を感じたからです。

それから、30数年…美味しさを追いかけていくと快感に突き当たり…美味しさとか快感とか見つめていると、結局、種の保存なんだなぁーと思うようになりました。

コーヒーで言えば、果物の種子ですから、そんなものに何の魅力を感じるんだろうと思ってました。

で、結局種の保存のエネルギーなんだと。

こーひーレッスンでは時々お話しするのですが…美味しいこーひーには、完熟した実ばかりを集めることが重要で…しかし、コーヒーの樹は人間に食べられたり、飲まれたりするために完熟しているわけではなくって…発芽の準備、自分の子孫を増やすためなんだと。

きれいな花が咲き、素晴らしい香りがするのも同じだろうと…。

そんなエネルギーを、人間の文化で頂くんだと思ってます。

鹿のコンソメについて…常連のお客様の一人は「魂に沁み入るような美味しさ」と…仰ったそうです。まさに…精神の美味しさ、魂の美味しさなんだと思います。

「生命力を味わう喜び」「種の保存のエネルギー」…人が生きるエネルギーに美味しさの本質のひとつがあるんでしょう。

フレンチとこーひーという違う道ながら…同じ方向を目指しているシェフと仕事でコラボできる喜びを感じる大晦日です。

それに、こんなに手間隙コスト技術を駆使したスープであっても…無造作に飲み干せば、それでおしまいですから…商売上手な人なら見向きもしない料理でしょう。実際、コンソメ自体廃れて行っているようです。

だからといって、サンク・オ・ピエもさかもとこーひーも小難しい店ではありません。手間隙かけた…あるいは基本的なことから手抜きしない…美味しさを、カジュアルに楽しんで頂ける店です。美味しいもの好きの方なら、気軽にリピートできるスタイルです。

そんなこんなで…分かりやすい美味しさを届けながら…根底では、お金にならない魂の仕事にチャレンジする…千葉の職人噺でした。2011年最後のアップになります。良いお年をお迎え下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界戦が3試合

おはようございます。お陰さまで…一気に疲れがでています♪…今日明日くらいは、身体も気持ちも、おもいっきり緩めます。

これから、スーパーやデパートに行って、買い出し。まぁ、僕には…サンク・オ・ピエのフォアグラのテリーヌもスモークサーモンも届いているので…後は、美味しい蒲鉾あればご機嫌ですが…。

夜は…ボクシング世界戦が3試合です。

19時半頃から…TBSたけしの番組内で…井岡チャンプの防衛戦。

21時半から…テレビ東京で、WBAフェザー級の細野選手の挑戦と…WBASフェザー級統一選が内山チャンプです。

亀田劇場とは違う試合が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.30

最後の今日のおやつ

大掃除が終わり…予定通り数名の駆け込みのお客様が来店し…スタッフ全員で、市原の月廻舎 さんの豆大福とベラ・ノッテでお茶して…お開きでした。帰りにはいまでやさんに寄って、お酒2本に焼酎、ワインにシャンパーニュ、お年賀用のお酒買って、社長に専務に店長にスタッフのみなさんと挨拶…これで、今年はおしまいです。心からのお礼を申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大掃除

おはようございます。昨日で無事2011年の営業を終わりました。と、言っても…今日明日と緊急の発送や来店があると思いますが…毎年のことですので…。今日はスタッフと一緒に店の大掃除です。昨日の夜から喉が痛くなりました。正月休みになると…きちんと具合が悪くなります…♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.29

今年最後の焙煎

今年最後の焙煎…穏やかに晴れて、風も無い為か…とっても安定した焙煎進行でご機嫌でした。駆け込みのご注文が朝から来ています。今日は夕方ギリギリまで即発送体制です。目指せ!アマゾンアスクルより迅速に♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.28

今日のおやつ

今日のおやつ…注文の電話やメール、ご来店のペースがが普段と違って…パラパラばたばたと、年末らしい忙しなさです。いつもは夜から午前中に電話やメールのご注文が集中して…それを午後パッキング、発送するんですが…午後になってひとつふたつ追加して…しばらくすると、又追加…そんな繰り返しです。ひと息入れて…次男が札幌のエグザイルから、雪で足止めくらいつつ戻ったお土産の白い恋人にはモカ・イルガチェフェ…ご機嫌な相性の良さです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年の営業も今日12/28と明日12/29で終わりです。

今年の営業も今日12/28と明日12/29で終わりです…お陰さまで、朝からご来店、電話予約と頂いています。年の瀬気分になってきました。今日明日気合い入れて、お待ちしています♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.27

今日のおやつ

今日のおやつ…常連さんから頂いたベルギー・ヴィタメールのロイヤル・マドレーヌ・ショコラとさっき試作したサンク・オ・ピエ用ブレンド…う〜〜ん、なかなかディープな魅力♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のこーひー

今日のこーひー…年末の発送の段取り終えて…サンク・オ・ピエのシェフから届いた年明けメニュー向けのブレンドの試作…今迄の流れから少し趣向が変わったタイプのブレンドで…ブレンドしていて、かなり面白〜い♪…自分の店では考えない…座付き作家の楽しい仕事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.26

「年忘れこーひー放談」

20111226_photo

今日25日が2011年最後の日曜日なんですね。なので、毎年恒例の「年忘れこーひー放談」は1回だけになります。

我が家のクリスマスは…長男は独り立ちしているし、次男は20歳の誕生日なのに、友達と札幌までエグザイルのコンサートに行ってしまい…夫婦ふたりでは別にケーキもいらないかぁ~♪なんて話しになっていました。毎年、子供のリクエストでイチゴのショートケーキを作ったり、あちこちのケーキ屋さんに予約したりしていた頃が懐かしいです。

昨日土曜日に幼稚園からの幼なじみ友人夫婦が来たら全く同じ話題になって…。まぁ、この年になると、どこもそんな感じでしょうか、まだ当分先ですが、後は孫へのプレゼントの楽しみでしょうね。もっとも、毎日のようにおやつでケーキありますからね…。

先日、千葉のラーメン好きには必携の…「ラーメンマップ千葉6」(山路力也著)が発売されました。千葉ラーメン必食の55軒…千葉の知られざる地ラーメンを訪ねて…最新!今注目の新店厳選25軒…千葉ラーメン感動の名店25軒…といった内容です。

僕は、まぁ、普通のラーメン好きで、それほど詳しくは無かったんですが…最近、ラーメン業界の多様性に興味をもっています。低価格大規模チェーンがしっかりとありますから、他の業種と同じように低価格競争に巻き込まれても当然のような気がします。しかし、次から次へと個性的な店が出来…新しい行列店が出来ています。牛丼が300円とかいう時代ですから…ラーメンも同じような競争になって、個人店は淘汰されてしまう可能性があるのに…800円前後で繁盛するという魅力を届けているのは、見事だと思ってます。

この「ラーメンマップ千葉6」を…いちページいちページ、一軒一軒、ひとりひとりの店主の紹介を見て行くと…思わず遠くても行ってみたい気持ちになってきます。

そうなると…仕事柄、スペシャルティコーヒー業界に置き換えてしまいます。著者の山路さんはさかもとこーひーの近所にお住まいで、お客様でもあるのですが…山路さんとお話しすると…ラーメン店は比較的設備も内装にも大きなお金が必要無いので、多産多死の面があるようです。10年続く店はかなり少ないようです。そんな中…千葉県だけでも、これだけの本ができる業界に育っていることに関心を持っていこうと思ってます。

そんなこんなで…2011年が終わろうとしています。振り返ると…「震災、原発、大型台風」と「コーヒー相場の高騰」のふたつがあまりにも大きなことでした。

まず、あらためまして、震災、原発、大型台風で被災されたみなさまに心からのお見舞いを申し上げます。さかもとこーひーは通販の割合が多い店ですので、被災されたお客様が多くいらっしゃいます。

震災後一年二年してからボディブローのようにさらにダメージが効いてくると聞きました。まだまだ、これから想像を越えて長きにわたり復興をしていくことになります。

被災されたお客様からご連絡があった際の「こーひーが普通に飲める日々」というお言葉が身にしみました。年末になると、ご注文の際に添えられるお言葉が増えるのですが…今年はとりわけ多くなっています。被災されたお客様からも、他の地域のお客様からも、様々な表現でありますが…日常の暮らしに関する内容が多く印象的です。

そして…こーひーとしては、コーヒー相場の高騰がTV新聞他マスメディアで大きく報道されました。高騰はここ数年続いていたのですが…それがあまりにも激しくなったのです。実際、先日の決算の際、一年間の仕入れ額の高騰にあらためて驚きました。

10年前後前、スペシャルティコーヒーに取り組みはじめた頃の仕入れ価格からは、2倍3倍となってしまいました。もっとも、その頃より、はるかに質も量も恵まれた状況になっているので…悪いことばかりではありません。

業界では、春から値上げするケースが目立ちましたが…さかもとこーひーでは高騰した豆を使い始める夏になって、どうにか策を考えないと立ち行かない状況でした。

しかし…日本の経済状況の悪さに、震災が追い打ちをかけましたし…さかもとこーひーは日常の暮らしの豊かさをテーマにしていますので…常連さんが飲み辛くなる価格は避けたいので…セット価格をなんとしても維持したいと考えました。

そこで、お客様にはお手数おかけするのですが…「代金引換手数料・無料」が通常のお支払いでしたのを…「コンビニ・郵便振替手数料・無料」の通常お支払い方法に替えさせて頂き、手数料のコストダウンを豆の高騰に当てることでセット価格の維持をしようと思ったのです。

個々の価格は上がってますが、ほとんどのお客様が注文されるセット価格は据え置き…さらに、限定された選べるSセットを自由に選べるようにバージョンアップしました。

そんな状況の春から夏にかけて…焙煎機を替えることを考えました。新しい焙煎機に替える理由のひとつは…年々焙煎の回数がきつくなってきましたので、焙煎機の容量を増やす事で体力の衰えをカバーすることです。

まぁ、それは数年前から考えていたのですが…勿論、同時にこの10年でスペシャルティコーヒーの魅力を手の内にしてきて…さらに、スペシャルティコーヒーのポテンシャルを引き出し、スペシャルティコーヒーの魅力の可能性にチャレンジしたいということが大きい理由です。

さらに…今以上の焙煎量に対応することで原価率の上昇を受け止めようと…原価が上昇している分は、焙煎量を増やすことで…セット価格を維持しようと思いました。

そこには…工業製品ならば良いのですが…クラフトとしての焙煎を人任せにはできないということがあります。同業者には、焙煎を人任せにしている店が増えていますが…焙煎のメソッドが確立されていない店程、平気で人任せにするように感じています。「スペシャルティコーヒーはクラフト」はどこに行ってしまったのでしょうか。

すみません、なんだか、長くなってしまいました。

そんなこんなで…1月の半ばには新しい焙煎機が設置されます。新しい焙煎機で…スペシャルティコーヒーの魅力の可能性へのチャレンジ…焙煎量を増やす事で、体力の衰えをカバーし、セット価格を維持すると…都合の良いことを考え…新しいさかもとこーひーをスタートしようと思ってます。(そうそう…2月くらいから、日曜日の営業をスタートしようと思ってます。)

最後に…被災されたお客様からご連絡があった際の「こーひーが普通に飲める日々」の大切さを肝に銘じ…2012年は、気合いを入れ直して…こーひーを通じて…平穏な暮らし…を、元気!!にお届けします。平穏な暮らしから、日々の、明日へのエネルギーをお届けしたいと思ってます。良いお年をお迎え下さい。

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.25

今日のおやつ

今日のおやつ…アリオに行って、ヒートテックやら五本指靴下から買って…市原の月廻舎 さんで買って来た磯辺巻とあんこのお団子と関口園さんの玉露玄米茶でひといき。う〜〜ん、お団子もお茶も美味しい♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9時間半寝てました。

一年で一番疲れている土曜日…今朝起きたら、9時間半寝てました。明日から残り4日間の営業ですので、なんとかコンデション維持できそうです。キャリアの浅い同業者には、風邪ひいたり、腰痛めたりしている人がいて…なんだかなぁーと思ってしまいます。自営業は正月になったらまとめて風邪ひいたり腰痛くなったりするもんです。今朝の「イルミネーションカフェ」と胡桃やオレンジの入った焼きたてのパンが美味しかったなぁ〜。そんなこんなで…これから今年最後のプロのつぶやき「年忘れこーひー放談」書くとします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.24

今日のおやつ

今日のおやつ…午前中に来た幼稚園からの同級生がケーキを差し入れしてくれたので…みんな早いもの勝ちで取り合って…ベラ・ノッテと一緒に♪…最後に残ったチョコレートケーキにベラ・ノッテがご機嫌です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスディナーのさかもとこーひー

実はサンク・オ・ピエのクリスマスディナーはまだ一回も食べていません。さかもとこーひーのピークと被ってますので…来年はいけるように体制を整えよぉぉぉぉぉ!!…写真だけで香りも味わいも感じられますぅー。さかもとこーひーは〆のこーひー・SPブレンドで参加してます♪http://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/diary/201112240000/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のこーひー

さすがに疲れがたまってきたXマスシーズンの土曜日の朝…常連のTさんから頂いた手作りのクッキーひとつと「グアテマラCOEエルバレントン」で気合い一発♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.23

今日のおやつ

今日のおやつ…スタッフのKさんが買って来た誉田のちいさなお店タルトの「ガトーショコラ」に「エルサルバドル・レクエルド」…オレンジピールがアクセントになっていて美味しい♪…エルサルバドル・レクエルドもご機嫌なマッチング。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

臨時営業しています。

今日は祝日ですが…年末なので営業しています。臨時営業なのに…通販もご来店のお客様もいらしてくれて有り難いです。と、思っていたら…開店の頃からの常連さんから電話で…もしかして、やってるかな?と電話してみたんですー♪いつもの3つお願いしま〜す。あと1回分しか豆無いんです〜♪…やっててよかった♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.22

「借りぐらしのアリエッティ」

「借りぐらしのアリエッティ」が録画してあったので、観たら…びっくり♪画も音楽もきれいで…リズムはいいし…ファンタジーかと思ったら、なんとラブロマンスで♪好きな映画がふえました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のおやつ

今日のおやつ…スタッフのKさんの差し入れの鳩サブレ…我が家の好物なんでご機嫌です…鳩サブレには今ならこれ!「モカ・イルガチェフェ」…バターの風味とサクッと焼けた鳩サブレに「モカ・イルガチェフェ」の繊細ながらしっかりした味わいがドンピシャです。Kさんが、なんで合うんだろ?ってびっくりしてました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.21

今日のおやつ

石川県小松市の栗むし羊羹「月よみ山路」を友人がお土産にくれて…さっそくグアテマラCOEエルバレントンを淹れて、みんなでおやつ…美味しい羊羹でご機嫌…グアテマラCOEエルバレントンの甘さにもドンピシャでさらにご機嫌♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のこーひー

今日のこーひー…お陰さまで、一年の忙しさのピークに突入しています。昨日は休憩取れずに…今やっと座って「モカ・イルガチェフェ」でひと休みできました。年末年始に寛いでいただけるよう、疲れも何のその、気合い入れて焙煎、発送いたします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.18

「グアテマラCOEエルバレントン、モカ・イルガチェフェ、新春・夢カフェ、陽だまり、エルサルバドル・エルレクエルド」

20111218_logo

*お正月休み…12/30(金)~01/4(水)です。

*お年賀、ギフト、直ぐに発送します。

*「イルミネーションカフェ」と「ハッピーXマスブレンド」は、もう一週間、引き続き発売しています。

12月の半ばを過ぎました。今年最後のこーひーのお知らせです。お陰さまで、さかもとこーひーも忙しい毎日になっていますが…確実に年々疲れやすくなっているようです。まぁ、当たり前の話しですね。1月には新しい焙煎機が入りますので…気分一新して頑張れそうです、ご期待ください。

そんなこんなで…大震災原発台風豪雨と日本中が甚大な被害にあった2011年でした…そこで、2011年最後のこーひーは…より良い2012年を祈年しまして…華やかで、笑顔いっぱいになるこーひーをお届けします♪

まず…カップオブエクセレンスこーひーは、フローラルな香り、柔らかな甘さがお正月にピッタリ「グアテマラCOEエルバレントン」…2011年最後になって衝撃を受けた「モカ・イルガチェフェ」…華やかな香りと味わいがおめでたい「新春・夢カフェ」…円やかなコクと甘さが冷え込む季節に嬉しい「陽だまり」…最後は、エルサルバドルの訪問農園「エルサルバドル・エルレクエルド」…の5つです、お楽しみください。

【グアテマラCOEエルバレントン】
今年、お正月向けにお届けするカップオブエクセレンスこーひーは「グアテマラCOEエルバレントン」です。

これまで、毎年ホンジュラスのカップオブエクセレンスこーひーをお正月用にご紹介してきましたが…この「グアテマラCOEエルバレントン」の…フローラルな香りに包まれた柔らかなな甘い味わいがお正月にはピッタリだと思い、今年のお正月こーひーとしてご紹介することにしました。

口当たりの柔らかな甘さとフワッと印象的なフローラルな香りが、まず魅力的だと思います。勿論、カップオブエクセレンスこーひーですから…ただきれいで親しみやすい美味しさだけではありません。

だんだん冷めてくると…ほのかなトロピカルフルーツな感じにチョコレート感が浮かび上がり…余韻には、和三盆のような柔らかな甘さが際立つ魅力になっていると思います。華やかさとともに、この柔らかな甘さがのんびり和みたいお正月にドンピシャだと思って、この「グアテマラCOEエルバレントン」をご紹介することにしました。

滑らかな親しみやすい味わいとバランスの素晴らしい「グアテマラCOEエルバレントン」をお楽しみください。グアテマラシティーから31キロ離れたビジャカナレス地区、1370mの農園です。

2100円/250gパック(税込み)

【モカ・イルガチェフェ】
お待たせしました…しばらく切らせていて常連さんから催促されていましたが…いきなり、驚きのモカ・イルガチェフェです。サンプルをカッピングした時点でも素晴らしく良かったのですが、自分で焙煎して、すぐにカッピングしたら興奮してしまいました。

土曜日にフライングして店で出したら…最初に来られた常連のOさんが「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャに通じますね。」と…で、スタッフとのお茶の時間にこの「モカ・イルガチェフェ」を淹れたら…スタッフのKさんがカップに注いだだけで「なんですか!この香りは…」と驚き…昨晩の今年最後のワイン会に持ち込んだら…シェフをはじめ、みなさんから驚きの声声声…。

まず…ひと口目から華やかな香りと優しい滑らかな味わいが印象的だと思います。フローラル…スイートジンジャー…ベリー…シトラス…。口当たりは滑らかで繊細…余韻には柔らかな甘さ…それが長く長く続き、冷めきってから、滑らかで円くて明るくい甘さとともに…ブルゴーニュ的なワイニーが追い打ちをかけます。

さらに…甘さに包まれた柔らかな酸の素晴らしさ。土曜日に試飲でお出ししていたのですが…みなさん、これがモカですかー!って感じで、モカの酸っぱさが苦手な方が、ニコニコしてました。さかもとこーひーで一番の「モカ・イルガチェフェ」に出会いました、是非、お楽しみください。

1890円/250gパック(税込み)

【新春・夢カフェ】
さて、…3年目の、新年お正月用ブレンド「新春・夢カフェ」です。香り良く優しい円やかさで和みます!

新年にふさわしく、華やかなキャラクターを最初にイメージしています。柔らかな口当たり、きれいな味わいで、リラックスして、またお正月のお客様どなたにも親しみやすい美味しさだと思います。

ひと口めの華やかな香りと口当たりが印象的で…透明感が嬉しいきれいな味わい、優しい円やかな味わいから…余韻にモカ・イルガチェフェのフローラルな香りと柔らかな甘さが贅沢です

使ったこーひーは…コロンビア・ロスイドロス…モカ・イルガチェフェ…コスタリカ・ロサンゼルス…で、コロンビア・ロスイドロスのマイルドな味わいをベースにして、コスタリカ・ロサンゼルスでバランスをとり、モカ・イルガチェフェで香りと甘さを印象的にしています。

「華やかな和みこーひー」と言えるでしょうか。穏やかで柔らかな口当たりは、勿論和菓子にもドンピシャです。新春の華やかさを彩り…お節、食事のあとこーひーだけでも、お菓子と一緒でも幸せに和める「新春・夢カフェ」です。

1575円/250gパック(税込み)

【陽だまり】
真冬向けこーひー5年目の「陽だまり」です。風の無いよく晴れた冬の日、窓辺でお気に入りのチョコレートと一緒に和む…そんなあったか~い美味しさをイメージしました。真冬の寒さに縮こまった気持ちや身体がふっと緩む心地よさを感じるようなブレンドを作りたいと思っています。

今回の「陽だまり」は…グアテマラ・ラリベルタッドを使おうと最初からイメージしていました。冷え込みを癒すように…ひと口目から円やかなコクと甘さに和みます。余韻にはグアテマラ・ラリベルタッドの甘いフローラルな香りと柑橘系の味わいが心地よく続き…冷めきると、ミルクチョコレートの甘さが心地よく和むと思います。

使ったこーひーは…グアテマラ・ラリベルタッド…エルサルバドル・シャングリラ…ブラジル・バハラスです。まったりコク円系真冬向けブレンドです、お楽しみください。

1575円/250gパック(税込み)

【エルサルバドル・エルレクエルド】
最後は、毎年ご好評で、3年目になる訪問農園「エルサルバドル・エルレクエルド」です。

エルサルバドルこーひー特有の口当たりの素晴らしさ、甘さをベースにして…繊細さと華やかさが印象的です。滑らかな口当たりと心地よい甘さから…透明感のあるフルーティさがより魅力的にしていると思います。冷めてからは、チョコレートな感じにオレンジが潜み…円やかな味わいにピーチのようなキャラクターも感じられました。飲み終わると…爽やかな切れの良い余韻が残って素晴らしいですね。

おゆみ野店では…さかもとこーひーはじめてのお客様に安心してエルサルバドルこーひーをお勧めできます。親しみ易い口当たりの良さ、心地よい甘さ、明るい透明感の素晴らしさ…日常的なこーひーとして親しみ…お菓子やパンと一緒に楽しみ…時にはゆっくりと味わい心落ち着ける…そんなこーひーだと思います、お楽しみください。

この「レクエルド農園」は、1400から1500mの高さにあって…山に登っていく途中、遠くからコーヒー農園を見ると…ウインドブレーカーと呼ばれるワッフルのような模様の防風林が印象的でした。エルサルバドルは風が強く…風速100m吹いたこともあったそうです、想像できませんね。「レクエルド農園」は…100%ブルボン種で、無化学肥料、落葉での肥料にもなっているそうです。

1575円/250gパック(税込み)

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.17

今日は今年最後のワイン会

さて、煙突掃除も終わり…今晩はサンク・オ・ピエで今年最後のワインの専門家の友人Kさん主催のワイン会です。

1973 Belle Epoque (Perrier Jouet)
2000 Bienvenue Batard Montrachet (Ramonet)
2002 Gevrey Chambertin (Claude Dugat)
1986 Musigny Cuvee Vieilles Vignes (Vogue)
VORS Pedro Ximenez (Emilio Lustau)

先週スタッフ感謝の食事会の時にもシェフが、一皿目からちょっと…ですよ♪って言ってましたので、どんな食事になるでしょう。持ち込むこーひーは「モカ・イルガチェフェ」です。ブルゴーニュ好きなメンバーには、このモカ・イルガチェフェは喜んでもらえると思います。ひと口目の印象も良いですが…冷めきってからの余韻にはブルゴーニュ的なワイニーがあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のこーひー

今日のこーひー…昨日焙煎した「モカ・イルガチェフェ」があまりにも素晴らしいので…おゆみ野店で今日フライングして発売しちゃいました。試飲でお淹れしていたら…最初に来られた常連のOさんが「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャに通じますね。」…と、ひと言。

そう…「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」が注目されたのは、モカ・イルガチェフェの素晴らしいキャラクターがあったのが大きいんです。ですから、奥深いところで繋がっているんです。

そうしたら…愛知のKさんから嬉しいコメントを頂きました。

「坂本さんが「旬・瞬のコーヒー」と言い出してから2~3年経つのでしょうか?先回頼んだベラノッテを開けた瞬間、ベラノッテの香りから「あ~今年も晩秋が来たなぁ・・」と感じました。その時の旬の豆を提供してくれているので、豆で季節感が感じられるんですね。(長年飲み続けた甲斐がありました)」

和菓子が好きで…餡子と粉くらいしか使わないのに、銘とデザインで見事に季節を伝えていることが羨ましくて…こーひーで季節感を伝えたいと思っているので、とっても嬉しい朝でした。《旬・瞬》使い出して、もう10数年になりますけどね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.16

今日のこーひー

今日のこーひー…来週から発売予定の新着「モカ・イルガチェフェ」…今朝テストローストして即カッピング…今スタッフと一緒にカフェプレスで淹れて飲んでます。朝のカッピングからその香りの鮮烈さ、シルキーマウスフィールの心地よさ、柔らかな甘さ、長い余韻、冷めきってからの円やかで滑らかな酸のクオリティ。ひさしぶりに驚きの魅力です。フローラル、スイートジンジャー、ベリー、シトラス、ブルゴーニュワイニー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.15

今日のこーひー

今日のこーひー…朝からギフトのお客様の来店が続き…「イルミネーションカフェ」と「ハッピーXマスブレンド」の注文が集中してますが…僕は来週から発売の「新春・夢カフェ」と「陽だまり」の仕上げに入ってます。カッピングではOKで…これからカフェプレスで淹れて、スタッフと普通に飲みながらチェックです。おやつは市原市若宮の月の家さんの草だんごと大福で疲れを癒すんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.13

今日はTVの取材でした。

12月の休み明けで…それだけでもかなりテンパってる状況ですが…地元ケーブルTVの取材で…どうなることやら???…取材中にも常連さんが順番に来店してくれて、話しが弾むし…でも、さすが優秀なスタッフのおかげで無事終わりました。豆も空っぽになって…明日も気合い入れます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.12

「コーヒービジネスを考える(33)」

「コーヒービジネスを考える(33)」

今年最後の「コーヒービジネスを考える」になります。
前回は、11/10でした。

すみません、間が空きました。

スペシャルティコーヒーのコモデティ化から、
ラーメン業界はコモデティ化から逃れていて、
素晴らしいなって話しが進みました。

今年を振り返ると…

日本にスペシャルティコーヒーが入って来て、
10年を越えて…

最近は、そのスペシャルティコーヒーに興味を持った
若い方々の参入が目立ってきました。

喜ばしいことだと思ってます。

しかし、業界のリーダーの方々を見ていると、

相変わらず10年間変わらずの素材、産地、生産者フォーカスと
エスプレッソ、バリスタばかり。

その先に進んでいません。

焙煎のメソッドは右往左往、
焙煎が確立できなければブレンドにも、フードペアリングにも
進めません。

踏み込んでいると思っているのは自己満足ばかり。

さらに、スペシャルティコーヒーで
どうビジネスにしていくのかも示されず、
素材自慢ばかり。

スペシャルティコーヒーはカスタマー・オリエンテッドで、
クラフトなのに…その重要な原則は置いてきぼりです。

ネットではエスプレッソ関連で盛り上がっているようですが、
これは、昭和の自家焙煎、ネルドリップが、
スペシャルティコーヒー、エスプレッソになっただけだと
感じています。

勿論、それは素晴らしいのですが、
あくまでも一部のマニア層イノベーター層の話しです。

で、今日の本題ですが…
ずーっと気になっているのが…

「原料」と「消費者」です。

スペシャルティコーヒーをリードする立場の方々から、
何度も「原料」と「消費者」と聞いています。

「原料」と「消費者」はコモデティコーヒーの言葉だと思ってます。

スペシャルティコーヒーはクラフトだと考えている人が、
「原料」と言うでしょうか?

フレンチや和食の料理人が、
自分が仕入れたクオリティの高い魚や肉や野菜を
「原料」と言うでしょうか?

同じように、
「消費者」はマスマーケット、コモデティマーケットの不特定多数のお
客さんに対する言葉です。

顔の見える生産者から、
クオリティの高い生豆を仕入れ、
クラフトで焙煎したスペシャルティコーヒーは、

その際立つ魅力、価値を評価し、必要としてくださるお客様、顧客に対して
届けるものだと思ってます。

それは、
コンシューマー、消費者では無く、
カスタマー、顧客だと思ってます。

リーダーのみなさんは、
スペシャルティコーヒーを工業製品としての
ビジネスチャンスとしか感じていないのでしょうか?

こんな根本的なことが、
業界で認識されていないことに、
疑問を感じています。

今年はこの辺で…。

一年程前に書いたブログをご紹介します。
スペシャルティコーヒー・スモールビジネスマーケティング


さかもとこーひーのHPのバックナンバーから、
「独立を目指す君へ」
でも、色々と書いています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「Xマスブレンドの作り方」

温暖なここ千葉もいよいよ真冬になってきたようで…昨日は徒歩出勤途中の水たまりが凍っていました。お陰さまで、さかもとこーひーも12月らしい忙しさで毎日バタバタしています。今日はこれから、女性スタッフへの感謝の食事会でサンク・オ・ピエにランチに行ってきます。

今週試作した「サンク・オ・ピエXマススペシャルブレンド」を持って行き…デザートとの相性を確認します。一応これなら大丈夫というように仕上がったのですが…やはり最後は実際に体験しないと分かりませんからね。http://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/diary/201112010000/

そのデザートは…「サンク・オ・ピエ、クリスマスコース」…フォアグラ100%のテリーヌ、黒トリュフのピュレと自家菜園の有機サラダ添え…オーストラリア産天然車海老とカナダ産リ・ド・ヴォーのソテー、ニューブール風…シェフ入魂!エゾ鹿のコンソメ…本日の白身魚、「黒と赤」クリスマス・スペシャル…エゾ鹿の背肉のロースト、フォアグラのソテー、マデラソース、黒トリュフのピュレ…と、料理が続いた後の…

「ヴァニラ風味のアイスクリーム、ノルマンディー・イジィニー産のカラメル風味のクリーム」…「ヴァローナ社グランクリュのマンジャリの生チョコ・パヴェ」…「小さなイチゴのショートケーキ、クリスマススペシャル」…さかもとこーひー・クリスマス・スペシャルブレンド又は紅茶、2種のパン…と、いったデザートです。

このようなデザートにピンポイントでこーひーを合わせるわけです。ピンポイントといっても、ひと皿に3種類のっていますので、そうは簡単ではありません。こういった楽しみは、どんなに素晴らしいエスプレッソであっても無理ですね。

さかもとこーひーの2種類のXマスブレンド「イルミネーションカフェ」と「ハッピーXマスブレンド」の場合は…そこまでピンポイントではなく…もっと幅広く大きくイメージしています。

さかもとこーひーを使ってくださっているカフェ「天の庭」さんのブログで「イルミネーションカフェ」をご紹介してくれています。http://ameblo.jp/amanoniwa/entry-11099220949.html
  

「そろそろ年末を間近に迎えて、寒さ増してくるこのごろ。熱い珈琲とスィートポテトプディングで一息つく・・・。そんな時間が持てることの幸せを思っていたりします。今回は、スペシャルなブレンドを一つとコスタリカ、コロンビアの単一豆をご紹介します。

『イルミネーションカフェ』
以前にご紹介した『ユニティ2011』、すごくすごく美味しくて、味わい深くて、全く飽きない。ウチにも、リピートの要望まで来たのですが、やはり焙煎元のさかもとこーひーさんでも今年一番の反響だったそうで、その遅くはないリピートにもお応えできませんでした。 それもそのはずなんです。凝り性の坂本さんが、普段はそのまま単一豆として出しているCOEやスペシャルビーンズを感性鋭くブレンドしたものだったから。個性を打ち消し合わないように気を使って、ブレンドしたそうです。

そして今回、クリスマスを目前に控え、ユニティのコンセプトでイルミネーションをイメージしたブレンドを作ってくれました! 早速試飲しましたが、深いですね。口を付ける前の香りは、ほどよい苦みと酸味を想像させるのですが、一口めから甘みを思わせるベリーの香りがドン!と来て、シトラス系からミント系へと、香りがどんどん続いて行きます。切れ味は鋭く、旨味と少しの酸味を残して、珈琲の苦みを彩ってくれます。『旨苦』とは、こういうことを言うのかもしれません。」

とっても嬉しいコメントで「イルミネーションカフェ」のイメージが伝わっているのが励みになります。

さかもとこーひーはこのようにご紹介しました…「イルミネーションカフェ」さかもとこーひーのXマスブレンドは2つあります。華やかなコクまろ系Xマスブレンド「イルミネーションカフェ」と…優しい爽やかな甘さ系Xマスブレンド「ハッピーXマスブレンド」です。

この「イルミネーションカフェ」ですが…夏のアニバーサリー「ユニティ2011」が今年で一番評判が良かったのを受け止めて…イメージしました。「グアテマラ・ラスロサス」「ケニア・キアラガナ」「ベストオブパナマ・アルティエリ」「モカ・イルガチェフェ」を使った、とっても贅沢なブレンドになっています。

Xマスシーズンの夜に街を彩るイルミネーションの煌めきからネーミングしました。ベラ・ノッテ好きの常連さんは勿論、さかもとこーひーのお客様にはみなさんに安心してお勧めできます。ワインの後にもお勧めです。

まず…ベルベットのように滑らかで甘い口当たりから…ベリーとかハニーライクな華やかさ…ミルクチョコレート…と、華やかさと円やかさを併せ持った魅力になっています。

さらに…ハニーライクとかフローラルから…柑橘系のキャラが感じられ…徐々に、落ち着いた円やかな口当たりが心地よく…
冷めると、円やかな甘さが華やかな香りと共にご機嫌に広がっていきます。円やかで親しみやすいんだけど…奥行きがあって、味わい深い!…そんな贅沢なXマスブレンドです。生クリームやチーズ、チョコレートは勿論、フルーツいっぱいのタルトにもバッチリです。

そして「ハッピーXマスブレンド」こちらは…優しい爽やかな甘さ系Xマスブレンドで…親しみ易く、どなたにもお勧めできる美味しさをイメージして…「コスタリカ・ロサンゼルス」「ボリビアCOENWアルベルト」「モカ・イルガチェフェ」「ブラジル・カクェンジ」を用意、ブレンドしました。

さかもとこーひーの女性陣に「イルミネーションカフェ」と「ハッピーXマスブレンド」をカフェプレスで一緒に淹れて、感想を聞くと…人気が二分しました。普段から濃いめのこーひー好きのKさんは「イルミネーションカフェ」で円やかぁー!…優しい味わいのこーひーが好きなOさんは「ハッピーXマスブレンド」で美味しいー!…。

まず…透明感とか優しい口当たりの味わいを最初に感じられると思います。そして、華やかな香りが次々と押し寄せてきます…柑橘系から赤いベリー系、そしてほのかなミルクチョコレート感…わざわざ4つのこーひーをブレンドして、バランスを整えた魅力だと思います。そして…冷めると甘さが顔を出してきます。

飲み易いのに…お菓子と一緒に楽しんでも、何故かこーひーの印象が心地よくしっかりとしている…そんなさかもとこーひーのXマスブレンドです、お楽しみください。

このように、常連さんのお好みによって…華やかなコクまろ系と優しい爽やかな甘さ系とタイプを分けています。さかもとこーひーのブレンドは3種類の豆を使うことが多いのですが…Xマスブレンドはどちらも4種類を使い…キラキラするような華やかさと、ひと口毎に違う印象が現れるようにイメージしています。

季節柄プレゼントに使われることも多いので…円やかな親しみやすさを基本にして…円やかさにフォーカスするとお菓子に負けてしまうことがあるんですが…お菓子との相性も良くなるように、コクや味わい深さでバランスを取っています。(余談ですが…今朝食で、ちょうどよく熟した洋ナシにイルミネーションカフェがとってもよく合いました。)

そういったブレンドに対して「サンク・オ・ピエ、Xマススペシャルブレンド」はもっとピンポイントにイメージするわけです。

まず、コースの流れをイメージして、味の変化やワインによる酔い具合、お腹の具合も考えて…最後の3つのデザートを分解していきます。(まぁ、そうは言っても、メニューを読む数分のことです。)

「ヴァニラ風味のアイスクリーム、ノルマンディー・イジィニー産のカラメル風味のクリーム」…は、ヴァニラをたっぷりきかせたアイスクリームにノルマンディー産のカラメルバタークリームをかけます少し塩分があるクリームで苦みはさほど強くはないです。

「ヴァローナ社グランクリュのマンジャリの生チョコ・パヴェ」…これはもうご存知ですよね!ってシェフは言ってますが、滑らかさとコクが抜きん出ていて、ヤワなコーヒーでは全く歯が立ちません。リキュール使っていないのに、コニャック等が入っているかのようなキャラがあります。(リキュール入りのチョコレートは、このようなトップのショコラに近づきたいのかと思いました。)

「小さなイチゴのショートケーキ、クリスマススペシャル」…柔らかなスポンジにコアントローシロップをたっぷり打って、カスタードクリームとホイップクリームを合わせてイチゴの小さなショートケーキにします。

と、いうことなので…ヴァニラにアイスクリームにカラメルバタークリーム…生チョコ…コアントロー、カスタード、ホイップクリーム、イチゴ…そんな要素ですね。

アイスやカラメルバタークリームにカスタードやホイップクリームに合わせるならシンプルなんです。コクやボリューム感とバランス取れば失敗は無いでしょう。

しかし、そこにコアントローとイチゴがあると、喧嘩してしまいます。まだコアントローだけならちょっと経験すればすぐイメージできると思いますが…イチゴがハードルになりますね。

そこで、豆の棚を眺めて…コロンビア・ロスイドロス、グアテマラ・ラリベルタッド、コスタリカCOEシンリミテス、コスタリカ・ブルマス、ケニア…をピックアップしてカッピングのスタートです。

順番にカッピングして、デザートをイメージしながら、ひとつずつ確認していきます。すると、コスタリカ・ブルマスとケニアには全く手が伸びなくなりました。で、残った3つをカッピングスプーンで割合を変えながらブレンドします。

ポイントは…コスタリカCOEシンリミテスです。イチゴと聞いた瞬間に「コスタリカCOEシンリミテス」が浮かびました。後は、コスタリカCOEシンリミテスのバランスと他の豆でどう「マンジャリの生チョコ・パヴェ」や「ヴァニラ風味のアイスクリーム、ノルマンディー・イジィニー産のカラメル風味のクリーム」を受け止めるかなんです。

そんなこんなで…「コロンビア・ロスイドロス」をメインにして…「グアテマラ・ラリベルタッド」と「コスタリカCOEシンリミテス」を脇にしました。まぁ、実際にブレンドできるまでは5分10分くらいなんで…スタッフのみんなは何やってるんだろぉ?あんなに簡単なのか!…そんな印象持ってそうです。カッピングは最後の確認で、重要な作業は頭の中で進めていますから、見えないんですね。

勿論、その後、何度かカフェプレスで淹れてみんなで試飲します。チョコレートの焼き菓子やハーゲンダッツのオペラとも一緒に楽しみました。では、そろそろ、ランチに行ってきます。

(えっ?…どうやって豆をピックアップするのか?…まぁ、香りや甘さ、余韻のキャラ、コクやボリューム感…全てそれぞれの豆を観て行くのですが…ポイントは酸のキャラ、質、ボリュームです。)

震災をきっかけにして、Twitterはじめています。こーひーの話しをメインにぽつぽつやってます。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.11

今日は女性スタッフ感謝の食事会

今日は女性スタッフ感謝の食事会…寒そうだけど、今日もきれいに晴れ上がりました。これから「プロのつぶやき」の原稿書いて…お昼はさかもとこーひー女性スタッフ全員と(と、いってもかみさん入れて3人ですが…。)サンク・オ・ピエでランチです。そして、今週試作した「サンク・オ・ピエXマススペシャルブレンド」をデザートの時に確認します。さて、どうなりますか♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.10

今日のこーひー

今日のこーひー…流石に12月の土曜日なので…朝から忙しく、ギフトも重なり…バタバタしながら…お正月用の「新春・夢カフェ」と「陽だまり」をブレンドしてます。昨日から冷え込みが厳しくなってきたので…真冬向けのブレンド作っていても実感伴ってイメージしやすいですね。「新春・夢カフェ」は華やいだキャラで…「陽だまり」はぽっかぽかなまったりキャラですが…共通するのは、寒い時に嬉しい暖かな甘さです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.09

「東京六厘舎」初体験

ラーメン好きの人から見たらほんと初心者なんですが…でも、ラーメン好きだし…この10年のラーメン業界の流れは商売的に興味深いものがあって…機会を見つけては色々なラーメン屋さんに行っています。で、八重洲地下街を通ることが多く…東京ラーメンストリートを通る度に「東京六厘舎」の行列に驚いていました。並ぼうかと思うんですが…1時間待ちとか当たり前だし…濃厚なのはヘビーだし…極太麺ってイメージできないし…って、感じだったんです。

で、先日夕方通ったら…ん?20分位?…並んでみました。

普通のつけめんにチャレンジ…入り口の案内のスタッフから厨房のスタッフまで気合い入っていて気持ちのよい声が飛び交ってました。

カウンターの隅で、厨房の流れや動きを見ながら待っていると…それほど待たずに出来上がってきました。

ほぉー!ほんと太いや…海苔の上にはナニナニ魚粉?…へぇ〜。

そんなこんなで完食…なるほど!こりゃぁー行列できるわけだ♪…美味しいって感じよりも、快感!ですね。

極太麺が口の中で踊る踊る。讃岐うどんを讃岐で食べた時の快感を思い出しました。まさしく、マウスフィールの魅力です。美味しさにとって食感触感でとっても魅力的な要素だと思っているので…なるほど!でした。

そして、後味が濃厚スープでイメージするものとは全く違って…爽やか?とまでは言えなくても、心地よい余韻で、これまたビックリ。余韻の香りが長くあるので…なんだろうと思ったら魚粉なのか出汁なのかとってもいい案配にほのかな香りが味わいとともに続いているんですね。これにはさらにビックリ。これ、計算して作ってるんだろうなぁ。

結論は…美味しさ越えて、快感に浸るラーメンでした。因みに、人間にとって病み付きになる美味しさは…炭水化物とあぶらと出汁の香りが一緒になったものなんだそうです。これって、動物が必要な成分なんですね。ラーメンにはこれが揃っているので魅力的で、商売としても強いんでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のこーひー

今日のこーひー…朝からバタバタ…午後は…新しいモカ・イルガチェフェのサンプルと友人の豆のカッピングして…サンク・オ・ピエのXマスSPブレンド作り…そして出来たブレンドをカフェプレスで淹れ…チョコレートが無かったので…ハーゲンダッツのオペラと一緒に…またまたご機嫌な相性になりました♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.07

今日のこーひー

今日のこーひー…午後から都内のため…焙煎、ブレンド、伝票発行して…「コスタリカCOEシンリミテス」を紙コップに入れて飲みながら、駅まで歩く。今ランチ食べてコーヒーが目の前に…う〜〜ん、手が伸びません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.05

「伝統を現代に」

20111204_photo

一年で一番忙しいシーズンに入り…発送は例年通りなんですが、おゆみ野店に来店されるお客様、しかもはじめてのお客様が増えてきまして、嬉しい忙しさです。毎晩、10時過ぎには布団に入ってコンデション整えていますが…5年前と比べると、あきらかに疲れやすくなっていますね。新しい焙煎機の設置が1月半ばに決まりましたので、待ち遠しいです。

で…談志師の影を引きずりながら…先週火曜日に臨時休業してご不便おかけしましたが…福井に行って、去年開店した友人のお店、達郎のコンサート、永平寺と廻ってきました。

友人の店は、まだ開店一年と少しなんですが、女性の店らしい雰囲気で…これからのビーンズショップは女性に向いているなぁーと感じました。

店が茶色のイメージで、豆の入った瓶が並び、100gの量り売り、壁には手挽きミルやドリップポット、足下にはペーパー、ブルマンの樽や麻袋、頑固そうな男性主人、お客さんは通やマニア…そんな昭和の拘りの自家焙煎店から遠いイメージの店をさかもとこーひーは目指していますが…女性オーナーの店は柔らかい雰囲気で羨ましいと思いました。30代40代の女性が自然と足を運んでしまう魅力いっぱいでした。

その友人がチケットを取ってくれた達郎25年ぶりの福井ははじめてのお客さんが半分以上で、もの凄い盛り上がり!…ツアー再開の去年一昨年は、昔からのファンが多かったのですが…3年目になり、かなり新しいファンが増えている感じです。

キャリアが長くなると、長年のコアなファンばかりになって…それも嬉しいのですが…新しいファンが馴染みにくくなりやすいので…半分以上はじめてのお客さんでの素晴らしい盛り上がりがとっても良かったですね。

さかもとこーひーも長年の常連さんが多いのですが…最近は、30歳前後の若いお客さんが増えてきまして…特に、おゆみ野店では直接そのような若い方とコミュニケーションして…その感性を受け止めるようにしています。それぞれの世代で…20代の頃どのような時代で、どのような店に行っていたかで、同じこーひーを飲んでも感じ方が違いますからね。

翌朝は、昔から行きたかった永平寺に友人が車で送ってくれて…まだ観光客が少ない早い時間に門前に立つと…あっと息を呑むような凛とした空気に感激しました。世俗にまみれた観光寺には無い、修行の緊張感が横溢して流石永平寺だと…。

修行僧の説明を聞いたり、ビデオで修行の様子を観たりしながら…庭をゆっくりと眺め…瓦を寄進して…外に出ると、気温が上がり、観光客が増え、ちょっと緩い雰囲気になってましたので、早い時間に行けてラッキーでした。

お寺に行くと、屋根の線がきれいなのでいつも気にしています。印象的だったのは尾道の浄土寺のエレガントな屋根の線でしたが…永平寺は対照的で力強さ厳しさが伝わって来る美しさで、回廊に座り込みしばらく眺めていました。

そんなこんなで…談志師の追悼番組を録画しては夜観たり、週刊誌の追悼記事を読んだりの日々で…中でも、連載していた関係からか週刊現代の追悼大特集ぶち抜き24ページ「天才・立川談志逝く」がとっても印象的でした。まず、談志師をはじめ落語家や寄席を撮り続けている橘蓮二さんの写真集から選ばれた写真が素晴らしい!高座の勢い匂いそのままだったり、楽屋でのご機嫌な笑顔だったり、セレクトも素晴らしいです。

そして、談志師が画伯と敬していた山藤章二画伯の追悼の言葉…同世代、同時代人として、それも濃密に共通感覚をもった者同士としての淋しさを「つまらなくなっちゃったなぁ」と仰っています。

伝統芸能というものは、師匠から受けたカタチを後生大事に伝承するという宿命があったのを、談志師が変えたと。彼は「己を語れ」と言う。現代に生きている自分の価値感や美意識を投入して語れと言うのだ。

多くの古典落語ファンの楽しみ方は、のんびりゆったりと噺の世界に浸りたいのである。それが、談志落語になると、突然噺の途中に談志の意見、解説、哲学が入ってくる。その芸を「邪道」だとする考えもあるだろう。

談志ファンは数はそう多くはないがマニアックだ。彼らは「噺」より「談志」を聴きにくる。

彼が黙って伝統の部分だけで生きていれば、まちがいなく”平成の名人”として落語史に名を連ねただろう。それを”自分の才能に正直に生きた”ために、”誇り高き孤立の芸人”として生涯を全うした。カッコヨカッタ。

いや~、短い文章の中に、談志師へ思いがこもった見事な言葉だと思います。最後の「カッコヨカッタ。」がいいです。

古典を分析して、再構築し…さらに、「伝統を現代に」で時代を生きる今に解釈し作る。まさに、ポップな魅力に溢れていると思います。こーひーの世界に繋げると…素材を見つめ、その魅力分析し、目の前のお客様の為に再構築デザインする…そのように受け止めています。

「伝統を現代に」…伝統を守るだけでは衰退し、今を生きるお客様と離れていってしまいます。こーひーも、今のお客様の暮らしをイメージした魅力作りをしていこうと思ってます。

震災をきっかけにして、Twitterはじめています。こーひーの話しをメインにぽつぽつやってます。
http://twitter.com/sakamotocoffee

「この味を知ることができて幸せです。」…お客様にそう言ってもらえるようなこーひーをお届けしたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.04

今日のこーひー

今日のこーひー…たっぷりぐっすり寝て元気になってきました。そんな日曜の朝はゆっくりと「イルミネーションカフェ」で、クロックムッシュにヨーグルト。普段は焙煎しながら、オレンジジュースやバナナ、ヨーグルトの朝食なので、慌ただしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.03

今日のこーひー

今日のこーひー…相変わらず朝からバタバタ…やっとひと息…今日も「コスタリカCOEシンリミテス」…そうそう、昨日突然ケーブルTVの方が来店し…駅からさんぽの取材依頼されました。話すことはいつも「コーヒーはフルーツだ!」と「丁寧な暮らし」なんで慣れてますが、カメラが苦手で緊張するんですね♪…こーひーレッスンなら二人から50人まで大丈夫なんですけどね…。この辺遺跡史跡が多くて、よくリタイア世代の方々が修学旅行のように10人位で巡ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.02

今日のこーひー

今日のこーひー…こーひー屋の一番忙しい月に入り…毎晩10すぎには布団に入り…仕事量が増えても、コンデション維持する毎日になってきました。今朝は開店前から2組のお客様来店があり、嬉しいことです♪…やっとひと息ついたので…「コスタリカCOEシンリミテス」の繊細デリケートエレガントな魅力を身体に憶えさせます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.01

今日のおやつ

休み明けの為か?…昨日、今シーズン一番の忙しさで…今日もなかなか忙しく…やっとひと息…試食して美味しかったのでお土産に買って来た「永平寺栗きんつば』には「グアテマラ・ラスロサス」…う〜〜ん、上品♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »