« ブレンドのトレーニング | Main |  「プロバット焙煎のモカ・イルガチェフェ&マンデリン・ボナンドロク」 »

2012.02.04

ショコラ尽くしで行きます!

今朝、起きると…サンク・オ・ピエのシェフからメールが届いていました。

「ショコラ尽くしで行きます!マンジャリ生チョコ、カライブのテリーヌとカレボーのフランボワーズです。」

今晩のいつものワイン会のデザートです。先日、シェフからマンジャリの生チョコ頂いているし…昨日はワイン会を主催してくれているKさんが来店して、ブレンドの試作をしたし…。

それではと…さきほど、今晩のワイン会用のブレンドを作りました。昨日の「エルサルバドル・サンイシドロ」の代わりにたまたま豆が残っていた「グアテマラ・ラリベルタッド」を使い…「モカ・イルガチェフェ」と「ケニア」で微妙に割合を変えてカッピングです。

これから、スタッフとのおやつで淹れて最終チェックします。かなり、楽しみです♪

「マンジャリは、純マダガスカル産のグラン・クリュ。産地に希少価値があるだけでなく、ヴァローナが丁寧に最高品質のカカオ(クリオロの混合種)を選別し、格別な香りを保障します。爽やかな酸味が特徴。」

「カライブは、味に丸みと格別なフルーティさを与えるカリブ海産のトリニタリオ種を使用。ふくらみのあるまろやかな香り。ドライフルーツ、プルーン、フレッシュなタバコ、焼きたてのパンの風味が特徴。」

この2つはヴァローナ社ですね。カレボーはベルギーのチョコレート会社で、それにフランボワーズで仕上げると、これもかなり際立った魅力になります。

これに合わせるには…ヤワじゃダメだし、深煎りでもダメだし…しっかりとした酸のクオリティを秘めて、ボディ、マウスフィール、甘さ、香りと要求されます。

|

« ブレンドのトレーニング | Main |  「プロバット焙煎のモカ・イルガチェフェ&マンデリン・ボナンドロク」 »

フードペアリングの方程式」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、以前より拝見させて頂いています。

このコメントは承認して頂かなくても構いません。

前から気になっていた事、疑問に思っていた事を、正直に書かせていただきます。

焙煎方法の説明の中で、分の単位を10進法で言い換えているのはなぜですか?前から気になっていました。

丁度、「設計屋のブログ」という記述の中で、時間の単位を説明していたので、やはり決まりごとがあると思うのです。

昨年の11月28日の、スミからスミまで2、で書かれていた内容はもっともだと思いました。あと、最近では、ハンドピックの意味、とかの記述、坂本さんのサイトと比較しながら、いろいろ考えさせられました。

これは決して悪意ではありません、ご了承ください。

Posted by: エスプリ | 2012.02.05 15:39

エスプリさま

こんにちは、さかもとこーひーの坂本です。
コメント、ありがとうございました。

メールでお返事したのですが、
却ってきてしまいましたので、
こちらでお返事いたします。

エスプリさまがどういった立場の方か分かりませんので、
どうお答えしたら良いものか悩みます。

10進法にしているのは、
日常の焙煎で、ブレを抑え、再現性を求め、
コントロールしやすいからです。
いち職人の仕事のしやすさからです。

「設計屋のブログ」拝見しました。
お知らせくださり、ありがとうございます。

私のブログを意識して書かれていると思いました。

何か、私の書いていることに反発をされているように
感じますが、それが何故なのか?分かりません。

私は、私が魅力的だと感じるこーひーを
さかもとこーひーの常連さんに届けたいだけんんですが。

さかもとこーひー飲んで、書いているんでしょうか。

産地やハンドピック、田口さんに対しては、
的外れにしか思いません。

まぁ、色々な考えが出るのは良いと思います。
また、コメントください。
ありがとうございました。

Posted by: さかもとこーひー | 2012.02.05 16:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ショコラ尽くしで行きます!:

« ブレンドのトレーニング | Main |  「プロバット焙煎のモカ・イルガチェフェ&マンデリン・ボナンドロク」 »