«  「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ、グアテマラ・エルインフェルト・パカマラ、ホンジュラスCOEフロル・デ・カフェ、エルサルバドル・ラスヌベス」 | Main | パナマ・エスメラルダ・ゲイシャの試飲 »

2012.03.20

深煎りこーひーの魅力を…。

新しい焙煎機になって、約ふた月…日に日に身体にも感覚にも馴染んできて…そんなタイミングで「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」と「グアテマラ・エルインフェルト」を焙き、今日から発売しました。

お陰さまで…通販も来店もそのふたつのこーひーのご注文を頂いています。仕入れが高価で量も少ないので、焙煎できる回数が少ないので失敗出来ませんから、かなり集中して焙煎します。ある程度焙煎機に馴染んでいないと販売できる豆が無くなってしまいますからね…。

「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」も「グアテマラ・エルインフェルト」も…他にない際立った香りの素晴らしさと、滑らかで気品があり、豊かさも兼ね備え、余韻も長く魅力的なんですが…ともに、上質な甘さと酸の心地よさがそのクオリティを支えていると思います。

ですから、深くは焙いていませんし、浅くてもバランスが悪くなりますので、ピンポイントでロースティングポイントを決めています。(まぁ、どの豆もピンポイントですけどね…。)

新しい焙煎機になって…微妙な焦げが全く無くなりましたので…優しく円やかな口当たりが多くの常連のお客様、そしてはじめてのお客様にもご好評頂いています。

しかし…その反面、深煎り珈琲の心地よい焦げがお好みだったり…その苦味に慣れている方には…あれっ?味わいが変わっちゃった?…酸味のこーひー?…そんなご感想も頂いています。

そういったみなさんには本当に申し訳ありません。驚かれた方がいらっしゃると思います。

今朝届いた2通のメールがそのようなご感想でした。

「無事に届きました。以前の特上アイスに比べると、深煎りというよりも中煎りくらいの感じでしょうか。個人の好みなので難しいですが、すこし油が浮くくらいでないと深煎りとは言い難い感じもしています。」


「前回、前々回注文した豆は酸味が目立ち飲みにくく、私の好みではありませんでした。酸味が少なく、香りがよい豆を、いくつか教えていただけませんか。」

Oさん、Iさん、ありがとうございました。そうですよね。

酸味の問題は…粗挽きにしたり、お湯の温度を下げ、ペーパードリップで淹れる方が特に感じやすいようです。さかもとこーひーの場合は…細挽き、95℃以上の高温のお湯をお勧めしています。さらにカフェプレスで淹れると私坂本が飲んでいる味わいと同じように楽しめると思います。

ペーパードリップでも良いのですが、すこしさっぱりとして、滑らかな味わいや甘さが弱くなりますので、より酸味を感じやすくなると思います。

「コーヒーはフルーツだ!」ですので…完熟した豆を選別したものしか使っていませんが、甘さと質の高い酸味のバランスに際立つ魅力がありますし…それが味わい深さや味わいの厚みにもなっていると思いますので…酸味の全く無いような豆では豊かな味わいにはならないと思ってます。

そうは言っても、酸味と甘みのバランスはおひとりおひとり違いますし…Oさんが「すこし油が浮くくらいでないと深煎りとは言い難い感じもしています。」と仰るように…深煎りこーひー好きのお客様のお好みにぴったり合うような味わいのこーひーも追い求めて行きます。

せっかく焦げ無い焙煎機にしましたから…焦げは無くて、しかも、深煎りこーひーの魅力いっぱいの焙煎を目指して、日々検証しています。もうだいぶ目処がたってきましたので…あとひと月ふた月でかなり完成すると思います。ご期待ください。

|

«  「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ、グアテマラ・エルインフェルト・パカマラ、ホンジュラスCOEフロル・デ・カフェ、エルサルバドル・ラスヌベス」 | Main | パナマ・エスメラルダ・ゲイシャの試飲 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42520/54266523

Listed below are links to weblogs that reference 深煎りこーひーの魅力を…。:

«  「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ、グアテマラ・エルインフェルト・パカマラ、ホンジュラスCOEフロル・デ・カフェ、エルサルバドル・ラスヌベス」 | Main | パナマ・エスメラルダ・ゲイシャの試飲 »