« 「ニカラグアCOEロスヒグエロス」 | Main | プロのつぶやき705「20周年記念・さかもとこーひー5つのこだわり(5)丁寧な暮らし」 »

2013.08.25

「深煎りコスタリカ」

Photo
雨が降ってやっと涼しくなった今朝、こーひー淹れようと手が伸びたのは…「深煎りコスタリカ」
滑らかな口当たりがなんのひっかかりも無くひと口ふた口と飲み進んでしまう。意識させないほどきれいで明るい味わいとコーヒー感。余韻の爽やかなオレンジとチョコレートがキレ良くご機嫌です。
【深煎りコスタリカ】
「深煎りグアテマラ」「深煎りコロンビア」「深煎りモカシダモ」と続き、大好評な深煎りシリーズですが…今月は「深煎りコスタリカ」です。
コスタリカはスペシャルティコーヒーにとってとても重要な産地です…そのしっかりとしたコクは他に無い魅力だと思います。しかし、その豊かな酸味に親しめない方もいらっしゃいます。そこで、さかもとこーひーでは「コスタリカ・ロサンゼルス」とか「コスタリカ・シンリミテス」あるいは先日の「コスタリカNWエルバポール」といった華やかさと繊細で柔らかな魅力を持ったコスタリカこーひーの魅力をお届けしています。
で、今回は「深煎りコスタリカ」のためにぴったりの豆を選びました。勿論、さかもとこーひーの深煎りですから焦げた苦味などありません。ひと口目から滑らかでコクのあるきれいな味わいです。
チェリーとかオレンジのキャラを深煎りにして、きれいで円やかでしっかりとしたコクのある深煎りに仕上げました。深煎り好きな方でしたら、ふた口三口でグイッと飲み干してしまうでしょう。
さらに、余韻のオレンジ感が甘くキレ良く心地よいと思います。そこにほのかなフローラル感やストロベリーも感じられます。ただの深煎りではありません。華やかさと円やかなコクが魅力的な「深煎りコスタリカ」です、お楽しみください。
農園名:ラ・ペーニャ
生産者:ロドルフォ・リベラ
生産処理:プエンテ・タラス ミル
エリア:タラス、サンタクルス、レオンコルテス
プロセス:ハニーコーヒー(パルプドナチュラル)
品種:カトゥーラ50%、カトゥアイ50%
標高:1,700 m

|

« 「ニカラグアCOEロスヒグエロス」 | Main | プロのつぶやき705「20周年記念・さかもとこーひー5つのこだわり(5)丁寧な暮らし」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「深煎りコスタリカ」:

« 「ニカラグアCOEロスヒグエロス」 | Main | プロのつぶやき705「20周年記念・さかもとこーひー5つのこだわり(5)丁寧な暮らし」 »