« プロのつぶやき814「深煎りコスタリカのブレンドの可能性」 | Main | プロのつぶやき816「モカ・イルガチェフェ(ハマ)、 マンデリン・タノバタック」 »

2015.10.04

プロのつぶやき815「エスプレッソNo2、リニューアル」

20151004
プロのつぶやき815「エスプレッソNo2、リニューアル」
10月に入り秋本番になってきました。先日の定休日は毎年恒例赤坂ACTシアターでの「志の輔中村仲蔵」に行ってきました。前半に「仮名手本忠臣蔵」の説明をきれいな浮世絵の場面に添いながら1時間強程…その後本番の落語で「中村仲蔵」終演まで3時間の熱演です。
このスタイルになって4年目ですが…最初から行っているので同じ構成、同じ「中村仲蔵」を4回観ています。最初の時はかみさんと一緒だったんですが…2回目からはパスされて毎回違う人探して行っています。
で、今回が一番グッときました…グッときながら浮かんだのは…あぁ!これはイノベーションがテーマでそのエネルギーに惹き付けられているんだということでした。
「仮名手本忠臣蔵」五段目の場面の話しで…この五段目は六段目切腹の見せ場の前のダレ場で、弁当幕と呼ばれるほど軽い幕だったそうですが…衣装をガラッと替え工夫し、水を頭からぶっかけ、演出を変え…大看板になる…まぁ、出世物語と言えますが…これってイノベーションだなーと思ったんです。
志の輔師のパルコ劇場や本多劇場にこの赤坂ACTシアターと色々なチャレンジもそう考えると…旧来の寄席や独演会からのイノベーションと言えるなぁーと…そこにエネルギーを感じ、何度でも惹き付けられるんだなぁーと思いながら…万来の拍手を背に外に出て見上げるとちょうどスーパームーンが赤坂のビルの上に輝いてました。
スペシャルティコーヒーは素材そのものがイノベーションと言えますが…ロースター、ビーンズショップとしてのイノベーション…スペシャルティコーヒーの新しい魅力、さかもとこーひーの常連さんにどんな心地よく魅力的な日常をお届けできるか?…まだまだエネルギー必要です。
そんなこんなで…2年半ぶりに「エスプレッソNo2」のリニューアルしました。以前の「エスプレッソNo2」の話しはこちらです。>プロのつぶやき680
【エスプレッソNo2】
カフェが繁盛するための「エスプレッソNo2」というコンセプトで…スペシャルティコーヒーの「爽やかな甘さ」「華やかな香り」「余韻の心地よさ」をエスプレッソやラテで楽しめるようにイメージした「エスプレッソNo2」でした。
エスプレッソブレンドを使ってくれている千葉市新宿町のタポスコーヒーさんから「秋になるのでなんかそういった季節に合わせた感じにできますか?」と言われ…おぉ!それはお易い御用だと…基本は共通しつつ、どういう魅力がいいかなぁ~とイメージしてみました。
リニューアル前は…「最初に印象的な華やかな香り…そして、透明できれいな味わいから、円やかなコクボディ感に続きエスプレッソ特有の甘さが豊かな味わいとなり、香りと甘さとコクが一体になって長く心地よい余韻が楽しめると思います。(ダブルで伝統的な14~16gで淹れてみてください。)ミルクと合わせると、微妙にバランスをとった酸が活躍してミルクを引き立て、汚れた味わいの無い爽やかなラテやカプチーノになるでしょう。使った豆は…グアテマラ、エルサルバドル、ブラジルです。」でした。
スペシャルティコーヒーのきれいな味わい、華やかな印象を大切にしながら…エスプレッソのクリーミーで円やかな口当たりや余韻のコーヒー感を前に出そうと…エルサルバドルの替わりにこちらもリニューアルした「深煎りコロンビア」を使い…2種類のグアテマラのバランスを整えました。
ねっとりとしたと言いたくなるようなクリーミーで円やかな口当たりと余韻のコーヒー感と甘さ…そこに漂う華やかな魅力…そんなエスプレッソになると思います。勿論、ラテやカプチーノにした時の幸せな美味しさもアップしたと思います。
まぁ、何かと言えばタポスコーヒーさんに寄って…自分の豆をタポスさんの凄腕で淹れてもらい飲めると言う…自分が一番恵まれているんじゃないかという環境なんですが…なので、ブレンドのリニューアルも言葉ひとつでできてしまいますね。
それと、蜂蜜や色々なシロップ等でアレンジしたラテはほとんど飲まなかったのですが…タポスコーヒーさんの季節のメニューで試してみると…スペシャルティコーヒーの華やかさが余韻のキレを良くして、後味が爽やかなので…最近は結構ご機嫌に楽しんでいるんです。1カップのアレンジコーヒーがまるでひとつのケーキのような満足感いっぱいの余韻になりますね。
リニューアルした「エスプレッソNo2」は…2種類のグアテマラにブラジルとコロンビアのブレンドになりました。お店は勿論、家庭でもお楽しみください。(カフェプレスやドリップでも楽しめます)
1500円/250gパック(税抜き)
さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき814「深煎りコスタリカのブレンドの可能性」 | Main | プロのつぶやき816「モカ・イルガチェフェ(ハマ)、 マンデリン・タノバタック」 »

エスプレッソ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき815「エスプレッソNo2、リニューアル」:

« プロのつぶやき814「深煎りコスタリカのブレンドの可能性」 | Main | プロのつぶやき816「モカ・イルガチェフェ(ハマ)、 マンデリン・タノバタック」 »