« プロのつぶやき823「レストランのデザート専用のブレンド作りは楽しい!!」 | Main | プロのつぶやき825「茜ブレンド、カフェタブロー、特上フレンチ、特上アイスコーヒー」 »

2015.12.06

プロのつぶやき824「アトムの子、カフェヴィータ、カフェコージー」

20151206
プロのつぶやき824「アトムの子、カフェヴィータ、カフェコージー」
温暖な千葉ですが、我が家のまわりもきれいに紅葉してきました。すっかり冬ですねー、焙煎始める時の店の室温はまだ10℃越えていますのでけっこう快適です。
常連のお客様から「ゆすらカフェ」のご感想を頂きました。…『ゆすらカフェ』:和菓子に合うコーヒーということで以前から関心があり、初めていただきました。うっ?コーヒーなのに黒蜜の味がする!。それも舌の奥の両側で。これがコーヒー豆のもつ甘味なのでしょうね。関西で有名な和菓子屋さんの餡子のお菓子をいただきながら、『ゆすらカフェ』を一口。うっ?コーヒーの味が、ほうじ茶のようになった!。不思議な味覚の体験です。これほどに和のティストを出せる『さかもとこーひー』は素晴らしい!。
Aさま、ありがとうございます、とっても励みになります。和スイーツ、餡子、黒蜜、わらび餅等にピンポイントで合わせた「ゆすらカフェ」…発売して2年になりますが、ご好評頂きすっかり定番こーひーになっています。
元々さかもとこーひーは和菓子に合うのは分かっていて、おやつに良く合わせていましたが…和菓子にお茶は勿論美味しいのですが…和菓子が和菓子の美味しさでしか無いので、こーひーと一緒になって、和菓子がもっと美味しくなるようにイメージしたブレンドなんです。子供の頃からの餡子好きなのでできたブレンドかなと思ってます、有名店の高級な和菓子からスーパーやコンビニの気軽な和菓子までなんでも合いますね。
そんなこんなで…今日はさかもとこーひーのベーシックなブレンド…ほのぼのこーひー「アトムの子」「カフェヴィータ」「カフェコージー」「アイスこーひー」のご紹介です。
まず、価格ですが
…1500円/500g(税抜き)は変わりません。
…1000円/250gパック(税抜き)、250gパックが900円から1000円になります。…250gパックは「選べるSセット」にできるようにしました。
実際、ほとんどのお客様が500gパックでのご注文ですの…あまり関係無いと思いますが…「アトムの子」「カフェヴィータ」「カフェコージー」「アイスこーひー」…価格が安いだけでは無く、それぞれをとっても気にいってくださっている常連さんがいらっしゃっるので…「選べるSセット」で他のこーひーと組み合わせられるようにしました。
ここ数年の原価高騰が止まりませんので…多少の価格調整をしていますが、基本的な価格はまだ維持できると思います。家庭向けのビーンズショップですので…毎日の暮らしの中のこーひーとして…美味しさやクオリティだけでは無く、価格もとっても大切ですので…さかもとこーひーのノウハウを使ってなんとか維持していきます。
勿論、レストランやカフェ等にとってもこーひーの原価は大きな問題ですので…卸価格も今のまま維持していきます。
寒くなってお申し込みが増えている「こーひーレッスン」ですが…その時に必ずお話ししているのが…「コーヒーはフルーツだ!」ですので…如何に完熟した実だけを揃えた豆を使うかが最初に大切で…見た目だけでは分からない熟度を見抜き仕入れるかがプロの仕事のひとつになっています。…ということです。
勿論、見た目だけでは分かりませんから、カッピングで味によって選んでいるのですが…ほのぼのこーひーの「アトムの子」「カフェヴィータ」「カフェコージー」「アイスこーひー」といった一番安いこーひー(100g当り300円です)でもクオリティを落としていません。
では、高い豆と安い豆と何が違うのかと聞かれたら…高い豆は際立った魅力や個性があります…安い豆は会社だったりカフェやレストランだったり、不特定多数の方が飲むことが多いので、3つ4つとブレンドしてあまり個性の強く無い親しみやすい味わいにしています…と、答えています。
それと、香りや味わいの際立ったものは、味わいの個性からも、価格的にもあまり高い豆は使えません。そこで大切なことが…クリーンで甘さのある豆を如何に選ぶかということです、ベーシックなクオリティですね。素晴らしい香りや際立った酸の豆は使いません。
後は、500gパックにすることで…1500円/500gパック(税抜き)を実現維持しています。一番ベーシックな豆にその店の土台(考え方やクオリティや技術、センス等々)が出ると思っていますので…以下にご紹介する4つのブレンドにかなり力を入れています。
ヘビーユーザーの常連さん、会社や病院美容院、レストランやカフェ等からよくご注文頂いている…ほのぼのこーひー4つです。
【アトムの子】
ほのぼのこーひーの約50%が一番人気の「アトムの子」です。後味のきれいな、雑味嫌な苦味の無い深煎りブレンドです。
子供の時に鉄腕アトムを読んでいて21世紀ってどんな未来なんだろうと思っていた21世紀になるんだとハッとして…ちょうどスペシャルティコーヒーという素晴らしい素材を知った頃だったので…今迄の苦味の深煎りでは無く…きれいな味わいのさかもとこーひーの21世紀のベーシックな深煎りを作ろうと思ったブレンドです。
中米の豆3-4種類を使い(グアテマラは必ず入っていますね)…深煎りのコーヒー感、きれいな味わい、すっきりとした後味、円やかなバランスを大切にしています。
毎日の暮らしの中で…こーひーだけでも、お菓子やパンと一緒でも、食後にもぴったりな一番人気の「アトムの子」です。クオリティや魅力、価格はさかもとこーひーのプライドです。(因みにネーミングは達郎のアトムの子からです。ちょうど鉄腕アトムで育った世代ですので…。)
1000円/250gパック(税抜き)
1500円/500gパック(税抜き)
【カフェヴィータ】
暮らしの中のこーひーをイメージして「カフェヴィータ」とネーミングしました。「アトムの子」「カフェヴィータ」「カフェコージー」の中で真ん中の濃さ、味わいです。
「カフェコージー」に「アトムの子」をブレンドしています。ベーシックなブレンドでも、やはりみなさん苦味濃さにお好みがありますので…3つのタイプを用意しました。濃いめは苦手だけど、すこししっかりした感じも欲しいといった常連さん向けです。
「アトムの子」で50%…「カフェヴィータ」25%…「カフェコージー」25%…そんな感じでお好みが分かれています。
1000円/250gパック(税抜き)
1500円/500gパック(税抜き)
【カフェコージー】
ティーポットを保温するティーコージーからネーミングしました。居心地の良い、寛いだって感じでしょうか。苦味の弱い、円やかさや優しい味わいのブレンドです。中煎りですが、酸味は穏やかで、酸味が苦手っていう方が酸味感じないと仰ることが多いですね。(嫌な酸味は勿論ありませんので)
中煎りの中米の豆2-3種類とブラジルをブレンドして…バランス良く、優しいフルーティさです。苦味や濃い目が苦手な方向けです。
1000円/250gパック(税抜き)
1500円/500gパック(税抜き)
【アイスこーひー】
すっきりとしたきれいな味わいのアイスこーひー向けのブレンドです。基本は「アトムの子」と一緒です。
水の量をホットで淹れる時の60%にして…氷をたっぷりと用意し…オンザロック式で急冷するのをお勧めしています。
透明感のある、後味のきれいな、ガブガブ飲めるアイスこーひー用ブレンドです。
1000円/250gパック(税抜き)
1500円/500gパック(税抜き)
さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき823「レストランのデザート専用のブレンド作りは楽しい!!」 | Main | プロのつぶやき825「茜ブレンド、カフェタブロー、特上フレンチ、特上アイスコーヒー」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき824「アトムの子、カフェヴィータ、カフェコージー」:

« プロのつぶやき823「レストランのデザート専用のブレンド作りは楽しい!!」 | Main | プロのつぶやき825「茜ブレンド、カフェタブロー、特上フレンチ、特上アイスコーヒー」 »