« プロのつぶやき824「アトムの子、カフェヴィータ、カフェコージー」 | Main | プロのつぶやき826「コスタリカ・シンリミテス、カラーズ、新春・夢カフェ、ベラ・ノッテお正月、コロンビア・ロスイドロス」 »

2015.12.13

プロのつぶやき825「茜ブレンド、カフェタブロー、特上フレンチ、特上アイスコーヒー」

20151213
プロのつぶやき825「茜ブレンド、カフェタブロー、特上フレンチ、特上アイスコーヒー」
*12/30(水)~1/4(月)お正月休みになります。…12/29(火)が年内最終発送になります。
12月に入ったと思ったら、もう半分過ぎてしまいました…あと2週間が1年で一番忙しい毎日になります。先週は月火と夜飲み会が続き睡眠不足でした…昨日はいつものワイン会が12月で華やかにありました。後は飲み会の予定ありませんので…よく寝てコンデション整えて2週間頑張っていきます。
もっとも年内最終営業日12/29(火)の夜は店のスタッフさん全員とお疲れさまの食事会で…それも楽しみです。
そんなこんなで…今日はさかもとこーひーのベーシックな深煎りブレンド…モカ・イルガチェフェ(ハマ)をブレンドした「茜ブレンド」…深煎りブラジルをブレンドした「カフェタブロー」…マンデリン・タノバタックをブレンドした「特上フレンチ」と「特上アイスコーヒー」のご紹介です。
そして、価格ですが…1500円/250gパック(税抜き)になります。
1000円/250gでしたので、大幅な値上げとなりますが…実際はみなさん「選べるSセット」でのご注文ですので…1000円/250gと変わりません。
4つともに開店当初からのブレンドで…なかなか値上げを出来ないできましたが…流石に「茜ブレンド」には「モカ・イルガチェフェ(ハマ)」を…「カフェタブロー」には「深煎りブラジル」…「特上フレンチ」「特上アイスコーヒー」には「マンデリン・タノバタック」をブレンドしていますので…他のこーひーとバランスが合う価格にしました。
まぁ、「選べるSセット」で買われる価格は変わりませんので、よろしくご了承ください。
勿論、レストランやカフェ等にとってもこーひーの原価は大きな問題ですので…卸価格も今のまま維持していきます。(先日、お世話になっている会計事務所担当者からの決算報告がありましたが…この4年5年で原価が10%増えていて…分かっていましたが、一瞬気を失いました。が、まだまだ工夫して頑張っていきます♪)
「茜ブレンド」…「カフェタブロー」…「特上フレンチ」「特上アイスコーヒー」…ですが、さかもとこーひー開店間もない頃からのベーシックな深煎りブレンドです。
それぞれに、10年以上他のこーひーは飲まないといったコアなファンのお客様がいるブレンドで…深煎りブレンドでの多様な魅力をお届けしたいという気持ちから…ベースになる深煎りブレンドにモカだったり、深煎りのブラジルだったり、マンデリンだったりをブレンドすることで…キャラの違いを明確にしたものです。
途中で素材がスペシャルティコーヒーになりクオリティアップし…焙煎機がプロバツトに替わり焙煎のタイプが変わりましたが…このベーシックな深煎りブレンドは継続して人気なんです。さかもとこーひーの味作りの基本的な考え方が変わっていないなぁーと思いますね。
【茜ブレンド】
モカ・イルガチェフェ(ハマ)をブレンドした深煎りブレンドです。この3つのベーシックな深煎りブレンドの中でも長く人気NO1です。
ずーっとなんで「茜ブレンド」が人気なのか分からず…他のブレンドも同じように美味しいと思うのに「茜ブレンド」が目立って人気なのが???で…色々と考えたり、常連さんに聞いたりして…どうやらモカ特有の香りや円やかさのバランス・コク、余韻が他に無い魅力になっているんだと考えています。
深煎りのコーヒー感…モカ・イルガチェフェの香り…このバランスが人気のポイントなんでしょう。家庭でエスプレッソを淹れる常連さんにも長く人気です。
ネーミングの茜はコーヒーで良く使われていますが…コーヒーの木が茜科ということから「茜ブレンド」としました。時々お嬢さんの名前ですか?と聞かれますが…うちは息子二人なんで関係無いですね。
1500円/250gパック(税抜き)
【カフェタブロー】
深煎りブラジルをブレンドしたベーシックな深煎りブレンドです。「茜ブレンド」がモカ・イルガチェフェ(ハマ)に対して…深煎りブラジルでキャラの違いを明確にしました。
深煎りブラジルのチョコレート系の口当たりの柔らかさや親しみやすい深煎りブレンドとなっています。酸味が苦手な方にも人気です。優しい深煎りの口当たり…チョコレート系の味わいや甘さ…強い苦味は無くて、余韻が心地よいと思います。
ネーミングは絵画において完成品を表すと聞き…深煎り自家焙煎店だった開店当初深煎りのバランスが取れてひとつの完成したブレンドかなと思い「カフェタブロー」としました。山下達郎のアルバム「MOONGLOW」の中の「RAINY WALK」が好きで…その歌詞にタブローのよう♪ってあって、耳に残っていたんです。作詞は吉田美奈子さんですね。
1500円/250gパック(税抜き)
【特上フレンチ】
マンデリンを使った深煎りブレンドです。「茜ブレンド」「カフェタブロー」に対して…より苦味やコクのある深煎りブレンドを作ろうと…マンデリンをブレンドしました。
まぁ、さかもとこーひーの深煎りですので…極端な苦味や不快な苦味、焦げはありませんが…マンデリンのアーシーさや他に無い口当たりの魅力、余韻のコク、ダークなキャラとディープな深煎りの魅力になっていると思います。
マンデリンを使って贅沢になっているので「特上フレンチ」とネーミングしましたが…フレンチというほど黒っぽくはなっていませんが実はしっかりと深く焙いています。深煎りブレンドらしい味わいですね。
1500円/250gパック(税抜き)
【特上アイスコーヒー】
これは「特上フレンチ」と基本的に同じブレンドです。すっきり爽やかな「アイスこーひー」に対して…しっかりとコクのある円やかな「特上アイスコーヒー」になっています。
淹れ方は…ホットコーヒーと同じで、水の量だけ60%に減らします。たっぷりの氷を用意して、水を60%に減らして淹れたこーひーを一気に注ぎ、オンザロック方式で急冷して出来上がりです。1杯でも、数杯でも同じ考え方です。
まとめて淹れて冷蔵庫で保存する時もオンザロック方式で急冷して冷蔵する方が…味わいがきれいですし、後で飲む時もコンデションが良いと思います。
1500円/250gパック(税抜き)
さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき824「アトムの子、カフェヴィータ、カフェコージー」 | Main | プロのつぶやき826「コスタリカ・シンリミテス、カラーズ、新春・夢カフェ、ベラ・ノッテお正月、コロンビア・ロスイドロス」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき825「茜ブレンド、カフェタブロー、特上フレンチ、特上アイスコーヒー」:

« プロのつぶやき824「アトムの子、カフェヴィータ、カフェコージー」 | Main | プロのつぶやき826「コスタリカ・シンリミテス、カラーズ、新春・夢カフェ、ベラ・ノッテお正月、コロンビア・ロスイドロス」 »