« プロのつぶやき884「家庭料理はおいしくなくてもいい」 | Main | プロのつぶやき886「コスタリカ・シンリミテス、アローン、ブラジル・クラシクス、桜ぼんぼりカフェ、ミモザカフェ」 »

2017.02.05

プロのつぶやき885「コーヒーバッグ・カフェデイジー&カフェフィガロ」

20170205

プロのつぶやき885「コーヒーバッグ・カフェデイジー&カフェフィガロ」

2012年に発売して以来5年、さかもとこーひーの定番になった「ドリップバック」が「コーヒーバッグ」に替わります。

「ドリップバック」は気軽に淹れられて便利だったのですが…自分でも出張先のホテル等で使っていましたが…コーヒーカップのサイズだったり、お湯の注ぎ具合だったりで…慣れないと少し手間取ることがあり、気になっていました。

「コーヒーバッグ」自体は以前から知っていたのですが…それも使い勝手だったり、味わいだったりが今ひとつで見送っていました。

昨年末にサンプルをもらった「コーヒーバッグ」は不織布のフィルターで…さらに粉の挽き具合を製造ラインに乗せられる一番細かくすることで…味わいも金属フィルターのドリップコーヒー並みになり…これなら「ドリップバック」よりも簡単便利で味わいも向上するので即決めました。

後は粉の量だったり、挽き具合だったり、ブレンド内容だったりを調整して…粉の量を増やして、12g/1個使い、出来るだけ細挽きにして…納得のクオリティと魅力に仕上がったので…今回の発売となりました。

今迄の「ドリップバック」は終了となります…使いやすく、味わいも向上した「コーヒーバッグ」をお楽しみください。価格はそのまま…「オフィスパック」も同じです。

-150cc(通常のコーヒーカップ)~200cc(マグカップ)にコーヒーバッグ1個の目安です。

-95℃以上の熱湯を注ぎます。(熱湯はさかもとこーひーの基本です。)

-上下に数回振ってお湯に浸します。

-4分以上置いて、コーヒーバッグを引き上げて、出来上がりです。

-150cc(通常のコーヒーカップ)ですとしっかりとした味わいになります。

-200cc(マグカップ)ですと、やや柔らかめの味わいになります。

-マグカップの方が湯量があって、コーヒーバッグがしっかりとお湯に浸かり、抽出が良い感じです。

-300cc位のコーヒータンブラーですと2個の目安です。

-グラスサーバーやポットで2人3人分淹れて、カップに注ぎわけても良いですね。

「カフェデイジー」と「カフェフィガロ」の2種類あります。

「カフェデイジー」は…優しい味わい柔らかな口当たり…エルサルバドル・ブラジル・深煎りブラジルのブレンドです。

「カフェフィガロ」は…しっかり濃いめ円やかなコク…中米の深煎り・深煎りブラジル・マンデリンのブレンドです。

「コーヒーバッグ」によって「ドリップバック」よりもさらにクオリティアップし…口当たりが円やかで…カフェプレスや金属フィルターのドリップの魅力に近づいて…さかもとこーひーをもっと気軽に色々な暮らしのなかで楽しんでもらえると思います。(僕自身は…マグカップでたっぷりと飲むのが気にいっています。)

さかもとこーひーの大きな2つのテーマ…「丁寧な暮らし」と「コーヒーはフルーツだ!」…の答えのひとつです。

【コーヒーバッグ・カフェデイジー】

優しい味わい柔らかな口当たりです…エルサルバドル、ブラジル、深煎りブラジルのブレンドです。

イメージした味わいは…不快な苦味や酸味がでないこと…円やかで滑らかな味わいになること…余韻はきれいで爽やかな印象と甘い香りが心地よいこと…です。(色々なお好みの方が飲まれると思いますので…余計なキャラクターが前にでないようにしています。)

ベースになっているのは…スペシャルティコーヒーの基本で…雑味の無いきれいな味わい、後味のキレのよい爽やかさ、心地よい芳醇な余韻です。(窒素充填パックで、個別包装ですから…かなりコンデション良いと思います。)

「ドリップバック」から「コーヒーバッグ」にしたことで…口当たりの円やかさがとっても良くなったと思います。

ひとりの時に手間かけずに気軽に飲みたい時…一番反応がよかった出張や旅行に…家ではさかもとこーひーをカフェプレスやペーパードリップで淹れていても、会社ではさかもとこーひー飲めなかった方…コーヒーバッグなら相手を選ばずに気軽にプレゼントにできますし…まぁ、その辺は私坂本よりもみなさんのほうが詳しそうですが…「どこでもさかもとこーひー・カフェデイジー」をお楽しみください。

★コーヒーバッグ・カフェデイジー 1500円/10個入り(税別)

☆選べるSセット、コーヒーバッグ・カフェデイジー 1000円/10個入り(税別)

☆コーヒーバッグ・カフェデイジー・オフィスパック 5000円/60個入り(10個入り×6パック)(税別)

(カフェデイジー、カフェフィガロの混載OK)

「コーヒーバッグ・カフェデイジー」は、10個入りになっています。「選べるSセット」では250gの扱いになり、1000円です。

又、まとめ買い用に「コーヒーバッグ・カフェデイジー・オフィスパック」をご用意いたしました。

*オフィスパックは…「コーヒーバッグ・カフェデイジー」と「コーヒーバッグ・カフェフィガロ」を混ぜてもOKです。

オフィスパックは6パックですので、カフェデイジー何パック、カフェフィガロ何パック

とお伝えください。(オーダーフォームの際は、連絡欄にご記入ください。)

これで、さかもとこーひーの常連のみなさんにこーひーを淹れる環境にない時でも、気軽に「どこでもさかもとこーひーのある暮らし」がしやすくなったと思います。

【コーヒーバッグ・カフェフィガロ】

しっかり濃いめ円やかなコクです…中米の深煎り・深煎りブラジル・マンデリンのブレンドです。濃いめといっても、強い苦味は避けています。勿論、不快な苦味ざらついた苦味なんてありません。

「カフェデイジー」よりも…豊かなコク円やかな味わいをイメージしました。深煎り好きの方にもピッタリだと思います。円やかなチョコレート系のキャラクターですね。

ブレンドした時のポイントは…まず、普通のコーヒーカップで淹れた時の豊かな深い味わいと円やかな甘さの余韻です。そして、マグカップで淹れても、しっかりとしたこーひー感があること。さらに、ミルクを入れて思わずニッコリするようなミルクとの相性の良さがあること…アイスこーひーにも出来ること。

「ドリップバック」から「コーヒーバッグ」にしたことで…口当たりの円やかさがとっても良くなったと思います。

朝焙煎した豆をすぐブレンドし…その日のうちに工場に発送します。翌日工場に届き、2.3日で窒素充填パックしますので、焙煎後4.5日で窒素充填パック個別包装になっていますから…かなりコンデション良いと思ってます、お楽しみください。

ひとりの時に手間かけずに気軽に飲みたい時…一番反応がよかった出張や旅行に…家ではさかもとこーひーをカフェプレスやペーパードリップで淹れていても、会社ではさかもとこーひー飲めなかった方…コーヒーバッグなら相手を選ばずに気軽にプレゼントにできますし…まぁ、その辺は私坂本よりもみなさんのほうが詳しそうですが…「どこでもさかもとこーひー・カフェデイジー&カフェフィガロ」をお楽しみください。

★コーヒーバッグ・カフェフィガロ 1500円/10個入り(税別)

☆選べるSセット、コーヒーバッグ・カフェフィガロ 1000円/10個入り(税別)

☆コーヒーバッグ・カフェフィガロ・オフィスパック 5000円/60個入り(10個入り×6パック)(税別)

(カフェデイジー、カフェフィガロの混載OK)

「コーヒーバッグ・カフェフィガロ」は、10個入りになっています。「選べるSセット」では250gの扱いになり、1000円です。又、まとめ買い用に「コーヒーバッグ・カフェフィガロ・オフィスパック」をご用意いたしました。

*オフィスパックは…「コーヒーバッグ・カフェデイジー」と「コーヒーバッグ・カフェフィガロ」を混ぜてもOKです。

オフィスパックは6パックですので、カフェデイジー何パック、カフェフィガロ何パック

とお伝えください。(オーダーフォームの際は、連絡欄にご記入ください。)

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき884「家庭料理はおいしくなくてもいい」 | Main | プロのつぶやき886「コスタリカ・シンリミテス、アローン、ブラジル・クラシクス、桜ぼんぼりカフェ、ミモザカフェ」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42520/64852855

Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき885「コーヒーバッグ・カフェデイジー&カフェフィガロ」:

« プロのつぶやき884「家庭料理はおいしくなくてもいい」 | Main | プロのつぶやき886「コスタリカ・シンリミテス、アローン、ブラジル・クラシクス、桜ぼんぼりカフェ、ミモザカフェ」 »