« プロのつぶやき888「日本人がおいしいと感じるスペシャルティコーヒー?」 | Main | プロのつぶやき890「さかもとこーひーがカクテルになった!」 »

2017.03.05

プロのつぶやき889「スモールビジネスの問題点、悩み」

2010305

プロのつぶやき889「スモールビジネスの問題点、悩み」

3月に入りました…朝はまだ寒いですが、日中は暖かな千葉で日射しが気持よいです…そして花粉が暴れまくってきました。僕は今年花粉楽なので助かっています。

こーひーレッスンが続いていますが…先日の公民館…常連さんのお宅…今度は教育委員会から中学生相手に話して欲しいと言われ、飛んでいきます。幼稚園や小中学校は毎年行ってますが…いつも文化部の主催でママさん相手なので、生徒対象ははじめてです。いつもと内容を少し変えて…盛り上げつつ教育的な話しを織り込んでいこうかなと思ってます。

常連さんのお宅でのこーひーレッスンで…ブラジル・クラシクス、ミモザカフェ、コスタリカ・シンリミテスを持って行き…用意されたお菓子がニューヨークチーズケーキとチョコレートのテリーヌでした。

いつものように…「丁寧な暮らし」と「コーヒーはフルーツだ!」の話しから…まずは、ブラジル・クラシクスの話しから淹れて、チーズケーキとチョコレートテリーヌをひと口…次にミモザカフェを淹れて、チーズケーキとチョコレートテリーヌ…同じお菓子がこーひーによって違う印象になる体験をして頂きました。

ミモザカフェとチョコレートの相性の良さにはみなさんから声があがり一気に盛り上がりました。そして、コスタリカ・シンリミテスになると…ミモザカフェとは違うタイプなのに、やはりチーズケーキにもチョコレートにも違う相性の良さがあって、楽しんでもらえました。

そんなこんなで…金融公庫総合研究所の20人以下の小企業担当で研究をされている方お二人が来店されて…2時間程インタビューされました。

独立前の話しからはじまり…開店してからの色々な話しをしましたが…印象的だったのは小さなお店や会社はどうしても生産性が低いこと…それと集客の悩みが共通なことでした…集客に苦労していて、どう集客していいのか分からないということです。

公庫の申し込みの話しでは…きちんと計画書を書いてくる人は全体の20-30%位しかいなくて…しかも、きっちりと数字も書き込んだ人でもその数字の根拠に欠けているとのことでした…まぁ、色々な業種共通だということです。

僕の最初の独立の時、やはり公庫に申し込みに行ったのですが…もう35年前…手書きでレポート用紙に売り上げ予想から、その内容、経費、原価、集客のために何をするのか等々何枚も書いて行きましたっていうと…そういう人は少ないですと言われました。ただ、その時に自分の数字の根拠がなかったので…その根拠を手にしたくてずーっと学んできたという話しになりました。

それから…大きな会社、大手チェーン店が拡大する中…地域に魅力的な繁盛個人店が増えて、チェーン店と個人店が共存することが地域の暮らしを快適に豊かにして、日本の成熟した暮らしにつながると思っていると話しをしたんです。

さかもとこーひーの常連さんでも、自宅をリフォームしたりしてお店をはじめる方珍しくないですし…地域の色々な業種の店主と知り合い、アドバイスもしていますし…勿論同業の若いみなさんへのアドバイスもしています…その際のポイントは…売っちゃいけない…地域に常連さんを増やす事…お客さんと駆け引きしない…セールやキャンペーンはしない…ネットで売ろうと思わない…そんな話しをすると、びっくりされていました。

集客やリピートの話しになっても…常連さんとのコミュニケーション、情報発信、信頼関係となんか昔の商売の話しのようですが…ほんと重なりますね。

少し前に…とってもこだわっている自家焙煎店の取材もされたそうなんですが…こだわりの話しは熱心でも、伸びない、お客が増えない、集客に苦労しているそうです。そして、ほとんどの方が出来ない言い訳ばかりだそうです。まぁ、何をどうしたら良いのか分からないのでしょう。

そうやって2時間も話しをしたのですが…そこにはお客さんの話しが出て来ないんですね。常連さんが感じる価値や魅力の話しも無いんです。

売ってはいけない、フェアーにすること、常連さんを増やす事、お客さんが習慣的に使いやすいようにと話すんですが…売り上げばかり気にしているようでは難しいですかねー…売り上げばかり気にして、お客さんのこと気にしないんですよね。

それぞれの業種で修行して、技術を身につけて、独立しても…経営はそれぞれの業界の常識レベルなので…失敗のリスクが大きいですね。そこに、小資金、少人数ですから…それだけでもハンデあります。

ネット情報があるので…時々、とってもこだわっているようにみえるお店がコアーなお客さんで繁盛しているようにみえることがありますが…プロがみれば、内実の厳しさはすぐ分かります。

地域に魅力的な個人店あると…暮らしが豊かに心地よくなるんですけどねー…2時間の間、真面目な話しをしながら、15分に1回は笑いを取って、なかなか満足したインタビューでした。笑いをとれるってのは…みなさん感じているツボを突いているからですね。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき888「日本人がおいしいと感じるスペシャルティコーヒー?」 | Main | プロのつぶやき890「さかもとこーひーがカクテルになった!」 »

コーヒービジネスを考える」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42520/64974271

Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき889「スモールビジネスの問題点、悩み」:

« プロのつぶやき888「日本人がおいしいと感じるスペシャルティコーヒー?」 | Main | プロのつぶやき890「さかもとこーひーがカクテルになった!」 »