« April 2017 | Main

2017.05.28

プロのつぶやき901「個人店が長く商売繁盛していくポイント」

20170528

プロのつぶやき901「個人店が長く商売繁盛していくポイント」

・・・

*2017年6月19日(月)から、ヤマトさんの配達時間帯指定が以下に変更になります。

*「お届け指定時間」(2017/06/19(月)~)

1) 午前中  2)廃止 3)14時~16時

4)16時~18時 5)18時~20時 6)19時~21時

よろしくお願いします。

・・・

5月最後の日曜日…今年も半分になりますね。ケーキやパンにあうこーひーは勿論ですが…レストランのデザートの盛り合わせから和スイーツにあうこーひーも当たり前…最近はお蕎麦の後のこーひーと進み…遊びでお寿司の後のこーひーをブレンドして仲間のお寿司屋さんに渡したら…昨晩常連さんばかりだったのでそのこーひー淹れたらとっても好評だったと夜電話がありました。

お寿司のお茶の後のこーひーってイメージだと伝えてあったので…その流れでおだししたそうです。酢飯に魚、醤油…炭水化物にタンパク質に脂に旨味にカラメルメラノイジン等々…お寿司が終わって、お茶でひと息…その余韻から自然にこーひーの香りや味わいでくつろぐ…僕ならそこに干菓子があったらご機嫌です…まぁ、シャレですシャレ♪

今度は鰻の後のこーひーってリクエストされました…その店の鰻は食べていて…タレが甘く無くってキレ良く鰻の味わいもしっかりとしているので…そんなに難しく無いですね。インドカレーの食後のこーひーもできていますしね…。

その前に今日はサンク・オ・ピエ6月7月コース用ブレンドを作ります。抹茶とパッションフルーツがひと皿にのっています。抹茶もパッションフルーツも合わせられますが…一緒のお皿になると…少し慎重に考えイメージします。まぁ、候補の豆はすでに4つ5つ浮かんでいるので…後はカッピングするだけです。勿論、料理やワインの流れもイメージします。

そんなこんなで…プロのつぶやき901回記念ですが…最近地域でのレストランやカフェ、ケーキ屋さんのご紹介が多く…サポートが増えています。

10年20年修行しての独立の方いますし…主婦の方が長年の夢をかなえる店もありますし…独立して10年20年営業している方もいます。

色々こーひーの話ししたり…どのようなこーひーにするかという話しもしますが…みなさん朝から晩まで店で仕事していますので…なかなか世間の他店のことが分かりません。

業界内の情報もありますし…休みの日に他店いかれる方もいますが…一般のお客さんの感覚が分かりづらいです。その辺のお客さん目線の話しから…メニューの分かりやすさだったり…価格だったり…少し変えるとグッと良くなる事あるんですよね。

みなさんリスク背負って独立して…同業他店気になるでしょう…でも、お客さんはどこに行くか自由なので…お客さん目線大切なので…自分の店のことになるとこれが難しいです…さかもとこーひーにしても一緒で、他所の店のことはよく分かるのに、自分の店になると難しくなってしまいます。

特に、やる気のある店程、売る気満々なので…お客さん見えなくなることがあります。お客さん売られるためにいるんじゃ無いですからねー。

マーケティングのテクニックがネット上でも色々とでているので…みなさん効率的にどう売るか!!に影響受けやすいですよね。でも、お客さん効率的に売られるためにいるんじゃ無いですからねー。

で、若い店主に話すことは…地域に常連さんが増えるように意識するといいよ…地域のどのようなお客さんに来て欲しいの?…商品はそのお客さんに喜ばれるの?…価格は?

さかもとこーひーはビーンズショップですが…ビーンズショップはリピート商売なんで…最初お客さんとっても少ないですが…毎年少しずつ常連さん増えていくと安定した商売になるんです。

まぁ、街のお店はどんなお店でも結局はリピートしてもらわないと長く商売できないです。地域に信頼してもらえるように…地域の常連さんの暮らしのいち部になれるように意識する…そんな基本から、では具体的にひとつひとつどうして行くか?へと進みます。

お陰さまで…さかもとこーひーを使ってくださるお店が増えてきて…ホームタウンこーひーが少しずつ進んでいます。そうそう、先日タポスコーヒーに寄ったら…サンク・オ・ピエとさかもとこーひーの常連さんご夫妻がお茶していて、隣に座って話しをしたんですが…コーヒーバッグが1つで2杯分淹れられるという話しになり…僕は2.5杯大丈夫と言ってた常連さんいますよ…そういう重要情報は早く教えて…そんな昼下がりでした。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.21

プロのつぶやき900「900回記念・本音のつぶやき」

20170521

プロのつぶやき900「900回記念・本音のつぶやき」

・・・

*2017年6月19日(月)から、ヤマトさんの配達時間帯指定が以下に変更になります。

*「お届け指定時間」(2017/06/19(月)~)

1) 午前中  2)廃止 3)14時~16時

4)16時~18時 5)18時~20時 6)19時~21時

よろしくお願いします。

・・・

いよいよ初夏ですねー…朝6時に田んぼ道を歩いて通勤していますが…すでに朝日が登り眩しく…田んぼの苗の緑が美しくそよいでいます。夜はテニスにボクシングとTV観戦が忙しい毎日です…昔は野球や格闘技も好きだったのですが…ここ10年位はテニスとボクシングばかりです。

どちらも個人戦で…心技体頭全てを必要とする過酷な競技なところに惹かれます。冷静な頭と強い気持…筋力パワースタミナスピードと磨いた技術…いいですねー。

そんなこんなで…1999年にさかもとこーひーのホームページ開設した時からのコーヒーコラム「プロのつぶやき」が900回になりました…約18年…毎週日曜日アップしてきました。

同業者や異業種の社長さんに会うと…毎週毎週よく書けますねーと言われます…そうそう、数日前都内からわざわざ来られた僕より少し先輩のコーヒーマニアのお客さん…「プロのつぶやき」を全部読もうとしているところだそうです。昔独立準備中だった方は、最初からプリントして読んでいると仰ってました。

まぁ、書いている事は同じことの繰り返しですよと答えていますけどね。

10代の夢のひとつがコラムニストや解説者でした…あーだこーだと好き勝手なこと言いながら、なるほど!!と思わせ、いい気分になりそうだと思ったのです。今でも若い経営者仲間に…難しいことを分かりやすく説明して…「わかりやすいです!」と言われると…それはそれはいい気分です。

で、HPを開設する時にコーヒーコラムを毎週書こうと思いました…これで〆切りのある人生になると…。HPあれば、自分で勝手に〆切り作れますからね。山本夏彦翁の言葉で「世は〆切り」が好きなんです。それまでは、連載とか持って〆切りのある仕事したいなぁーと思ってましたが…HPつくってから雑誌の連載も本だすのも興味無くなりました。

その「プロのつぶやき」が900回…昭和の深煎り自家焙煎店でスタートして、スペシャルティコーヒーに出会い、今の日本の暮らしを心地よく豊かにする魅力を追いかけて来た24年のうちの18年です。

そうそう、さきほどのコーヒーマニアのお客さん…都内中心に色々な自家焙煎店やカフェを廻っているそうですが…試飲のグアテマラ・ラスロサスを飲みながら色々と話しをして…最後にこーひーが冷めて美味しいに驚いていました。

同じ日に…スペシャルティコーヒーに対してかなり勉強ししらべているケーキ屋さんに行ったのですが…シェフもこーひーが冷めて美味しいに驚いていました。さかもとこーひーにしてみれば…冷めて美味しいのが基本なんですが…ご両人ともそういったコーヒーには出会わなかったそうです。

ジャズドラマーの奥平真吾さんがTwitterで…「ミュージシャンの演奏は人に聴かれて初めて存在する。」という実感に至っている。だからボクの演奏をライブで聴いてくださった方、CDで聴いてくださった方には感謝の念が尽きない。…とありました。

全く同感で…「美味しさはあるものじゃ無くて、感じるもの」…長く自分に言い聞かせている言葉です。音楽も美味しさも…ミュージシャンや店と聴く人味わう人の間にあるものですね。

30年位前になりますか…フランスの三ツ星シェフが、その店で修行した日本の料理人の店を訪ねた際…「日本のお客さんにジャポニゼしてフランス料理を伝えなさい」と料理の専門雑誌で読んだのを憶えています。

多分、その時の意味は、日本化した洋食や洋菓子では無くて…日本の材料を使っても、日本のお客さんに向けてもフランス料理の本質は届けられる…そういったことだったと思ってます。まぁ、フランス的な魅力といいますか…。

で、さかもとこーひーは輸入文化としてのコーヒーで、自家焙煎店をスタートしましたが…スペシャルティコーヒーという農産物として素晴らしい素材に出会って18年…欧米を真似るのでは無く、スペシャルティコーヒーの本質を掘り下げて、今の日本のお客さん、暮らしに魅力的になるよう…家庭で、カフェや喫茶店で、レストランやケーキ屋さんパン屋さんで…意識しています。

30年40年前の30代40代の方々と…今の30代40代の方々は衣食住趣味嗜好がかなり違います。輸入文化の商売は本場もののコピーからはじまり…ジャポニゼへと進み…成熟したら本場が本物とは違う世界になるでしょう。

勿論、本場に学ぶものが無いとかそういうことでは無くて…本場でも素晴らしいものもあれば、素晴らしく無いものもあるという…当たり前のことになるわけです。

7月で62になりますが、コーヒーのジャポニゼが形になってきたなぁーと、なかなかいい気持になっています。今の日本の暮らしを豊かに、心地よくするようなこーひーをこれからもお届けしていきます。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.14

プロのつぶやき899「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ、ターナー、グアテマラ・ラスロサス、夏の空(水だしアイスパック)」

20170514

プロのつぶやき899「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ、ターナー、グアテマラ・ラスロサス、夏の空(水だしアイスパック)」

・・・

*2017年6月19日(月)から、ヤマトさんの配達時間帯指定が以下に変更になります。

*「お届け指定時間」(2017/06/19(月)~)

1) 午前中  2)廃止 3)14時~16時

4)16時~18時 5)18時~20時 6)19時~21時

よろしくお願いします。

・・・

GWが終わり、これから梅雨まで気持の良い季節ですね…が、夏日の後に昨日今日は肌寒くなり油断できません…くれぐれもご自愛ください。

最近、レストランやカフェ、ケーキ屋さんをご紹介頂くことが増えてきてご縁を感じていますが…千葉市花見川区宮野木台に開店した「カフェ ノイエ」さんは、お蕎麦屋さんのお嬢さんで…ご自宅をリフォームされたカフェなんですが…手打ち蕎麦をだすカフェなんです。

お客さんとして何度かさかもとこーひーに来られてから…ある時相談されました。色々とお話ししながら…開店前のお店に伺って…その蕎麦を頂いたら、蕎麦ッ食いの僕が驚く美味しさ!!…しかも、蕎麦マニアや通向けの蕎麦では無くて、普通に食べて美味しい二八蕎麦…しかも、蕎麦つゆのバランスが素晴らしい。

自家焙煎と同じように手打ち蕎麦も脱サラが多い業界ですが…そういったお店は蕎麦が良くても、つゆのバランスがいまひとつの場合があるんですね。そこが良かったので流石蕎麦屋さんの娘だと思ったんです。

しかし、カフェなのに、蕎麦なんてどうでしょう?と仰っていたので…うちのお客さんにやはり自宅リフォームして、週一でお蕎麦ランチとカフェしているお店ありますよと言いながら…蕎麦のあとにぴったりなブレンドをお勧めしたんです。

で、開店して数日経ってしまいましたが…昨日お邪魔してお蕎麦とコーヒーを頂いて来ました。量もたっぷりなお蕎麦、そば湯を楽しみ…コーヒー! イメージとおりになんの違和感も無く、自然な流れで、美味しく頂きました。個人的に通ってしまいそうです。

余談ですが…蕎麦食べ終わったら…「坂本さん、お蕎麦美味しそうにきれいに食べますねー♪」と言われてしまい…そうですかー、蕎麦好きで40年食べてますからねーと言ったら…「えー、怖い人に食べてもらっちゃった」と言うので…いやいやマニアでもなんでも無いただ好きなだけのおっさんで♪…。

そんなこんなで…初夏に向けてのこーひー4つのご紹介です。

「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」が終わってしまい…「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」の登場です。その「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」を使った「ターナー」になりました。

まずは…ゲイシャ種を世界的に有名にしたエスメラルダ農園の「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」…とてもご好評いただいたので、パナマ・エスメラルダ・ゲイシャバージョンの「ターナー」…2月に訪問した農園フローラル円やかな魅力の「グアテマラ・ラスロサス」…夏にむけて水だしパック「夏の空(水だしアイスパック)」…の4つです、お楽しみください。

【パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ】

「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」をご紹介しましたが…今回は久しぶりの「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」です。

「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」の最初の印象は…フローラル&ピーチ&シトリックで…気品溢れるピーチにフローラルとレモンバーベナが重なったフレーバーです。

「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」の最初の印象は…フローラル&シトリックで…鮮烈なレモンバーベナにフローラルが重なったフレーバーです。

あらためてカッピングすると…レモンバーベナ…フローラル…アプリコット、ピーチ…エレガント、クリーミー&ベルベッティ…白ワイン…スイートジンジャー、スパイシー、シナモンカルダモン…圧倒的な魅力と複雑な味わいが押し寄せてきて…やはり世界にゲイシャ種の魅力を広めたエスメラルダ農園のゲイシャだと思いました。

「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」と「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」の違いを分かりやすくすると…エルインヘルト・ゲイシャは赤いベリー、アールグレイや赤ワイン…エスメラルダ・ゲイシャはシトリック、白ワイン、スイートジンジャー…。

どちらもエレガントですが…エルインヘルト・ゲイシャは、クリーミー&エレガントな質感…エスメラルダ・ゲイシャはベルベッティ&エレガント…。

どちらも…エネルギーあふれる余韻の魅力、長さ、豊かさへと流れ、やはり特別な魅力のコーヒーだと思います。

農園名: ラエスメラルダ農園

農 園 主: プライス ピーターソン

所 在 地: Chiriqui, Boquete

プロセス :フリーウォッシュド

標    高: 1500-1700m 

品    種: Geisha 100%

「ゲイシャ(Geisha)種はスペシャルティコーヒーの世界で最も注目を集めている品種です。エチオピア起源の原種といわれるこのゲイシャが世界の注目を集めたのは2004年。パナマの国際オークション(Best of Panama)でラ・エスメラルダ農園が出品した[Jarmillo Especial]がポンドあたり21$という当時の最高落札価格を記録したことからはじまりました。そして、2007年の同オークションでもエスメラルダ農園のゲイシャ種は落札価格1ポンド当たり130ドルという史上最高値を大きく更新しました。」

 

「このゲイシャ種は粒が大きく、細長い外観をしており、カップは非常に秀逸なフローラルなアロマと柑橘類を思わすフレーバー、驚くほどすっきりした甘味を伴った酸味が特徴的です。しかし、ゲイシャ種は栽培が難しく、あまりに生産性が低いために長い間全く注目されることもなく、ほとんどが姿を消し、現在では非常に貴重な品種となっています。」

「 このラ・エスメラルダ農園は、パナマ西部・バルー火山の山すそに広がり、平均標高1600m、豊かな降雨に恵まれ、農園内にも天然林が保護されているなど、豊かな自然環境に囲まれています。また、農薬を使わず、完熟実だけを手摘みし、収穫後の加工も細心の注意を払って行われているなど、まさに『世界最高のコーヒー』が生産されるにふさわしい農園です。」

3000円/100gパック(税抜き)

(選べるSセットで2000円/100g)

【ターナー】

ご好評頂きご機嫌な「ターナー」ですが…「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」が終わってしまうので…それではと「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」を登場させて…パナマ・エスメラルダ・ゲイシャバージョンの「ターナー」も楽しんでもらえるようにしました。

長くさかもとこーひーを使ってくださっているカフェのOさまから「ターナー」の追加注文がありました。

「「新境地のブレンド」ターナー、すごいです。正直、びっくりました!」とメールにコメントがあり…ベーシックなさかもとこーひーから…尖ったシングルオリジンやブレンドまで長く味わってくださっているので…「正直、びっくりました!」のひと言は嬉しく励みになりました。

5/12(金)山下達郎NHKホールは、2階3列目で…観やすくて、音が素晴らしくて…お目当てのアコースティックトリオ「ターナーの汽罐車」では…3400人のホールに響き渡るギターとベースのビートを土台に難波さんのピアノソロの超絶技巧で複雑なのに心地よく美しい絶品さにしびれました。

この時の鮮烈な美しさに…パナマ・エスメラルダ・ゲイシャバージョンの「ターナー」を思い浮かべてしまいました。超絶技巧で複雑なのに心地よく美しい…素晴らしいです。

「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」の魅力をより引き立てる「グアテマラ・ラリベルタッド」「グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン」「コスタリカ・シンリミテス」なんとも贅沢な…まぁ、道楽です。

「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」のより鮮烈な華やかなシトリック&フローラルさとエレガントでベルベッティな感じが伝わってくると思います…お楽しみください。

・・・

「デイドリーム」は前回の達郎ツアーで「デイドリーム」という大好きな曲を聴いていてイメージしたのですが…3月に行った今年のツアーでは「ターナーの汽罐車」というやはり大好きな曲を聴いていて「ターナー」が出来ました。どちらも「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」を使った60代の新境地にチャレンジしたブレンドです。

今回のツアーでは…アコースティックトリオで演奏したのですが…ベース伊藤広規さんのビートに難波弘之さんの耽美的なピアノソロにうっとりとして…イギリスの画家ターナーの色彩のトーンを感じさせる照明がマッチして美しく…今迄に無い素晴らしい体験を堪能できました…その演奏と照明の美しさに刺激を受けて…ブレンドをしました。

達郎とベース伊藤広規のビートグルーブにのっての難波さんの超絶テクニックなのに美しい耽美なピアノソロ…そこから柔らかく円やかなコーヒー感口当たり味わいと華やかな印象…「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」を使ってターナーの美しい色彩の輝きをイメージしました。

使った豆は…「グアテマラ・ラリベルタッド」「グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン」「コスタリカ・シンリミテス」「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」です。なんだか今ある最高クオリティの豆だけになってしまいました。

複雑さとバランス…抜きん出た豆ばかりブレンドして、エレガントで複雑な魅力を出したかったのです。何気なく味わったらバランス良く飲みやすい円やかさ滑らかさ…そこから浮かんでくる目眩くキャラクター…どの豆もクオリティの高い酸をもっているのに、全体としては柔らかく円やかなコーヒー感味わいと華やかな印象…まぁ、ある意味道楽のブレンドです。

・・・

2000円/200gパック(税抜き)

【グアテマラ・ラスロサス】

「グアテマラ・ラリベルタッド」に続いて…数年ぶりに登場の「グアテマラ・ラスロサス」です。グアテマラのメインの産地アンティグア地方とは違う、ウエウエテナンゴ地方で、COE入賞実績もある優秀な農園で…この3年毎年息子は訪問している素晴らしい農園です。

グアテマラ・ウエウエテナンゴ地方は、素晴らしいフレーバープロファイルを持ったコーヒーが産出され…有名な「エルインヘルト農園」も「ラリベルタッド農園」もウエウエテナンゴ地方です。

豆の状態の甘く華やかな香りで…あぁ!久しぶりのラスロサスだなぁー素晴らしい農園だなと思いました。

最初に優しい滑らかさの印象が素晴らしいです。そこに香りが追いかけてきます。オレンジからフローラル、余韻を味わっているとチェリーやクランベリーのような感じがご機嫌です。少し冷めて、さらに味わっていくと円やかクリーミーさが繊細さを伴って優しい魅力いっぱいです。

完全に冷めると…ミルクチョコレートのキャラクターの中にブルーベリーやチェリーが顔を出し、ワイニー&チェリーなエレガントさで…余韻にブルゴーニュのよく熟成した白ワインを感じると…う~~ん♪と唸り…完全に冷めると滑らかで甘い口当たりにりんごな感じが顔を出す、素晴らしいグアテマラです。

熱いときから冷めて冷たくなってからも…尖った味わいの全く無い、とっても円やかで優しい滑らかさが素晴らしいこーひーだと思います。柔らかで円やかな口当たりに…華やかさや気品が加わり…余韻には複雑な味わい深さが愉しめる…このウエウエテナンゴ地方のグアテマラの魅力をお楽しみください。

品 種: ビジャサルチ、カツーラ、ブルボン、ムンドノーボ種

栽培地: グアテマラ ウエウエテナンゴ地域 サンペドロネクタ地区

農園主: ローランドさん

標 高: 1370~1680m

年平均気温:22°C、相対湿度 60%

土壌: ローム・粘土質

雨量: 1,700mm

収穫時期: 1月から4月

生産処理: 水洗方式(FW)、天日乾燥

グアテマラ8つの地域の一つ、ウエウエテナンゴ地域は、グアテマラ市より西に最も遠く、メキシコ国境沿いにある標高の高い産地です。 土壌は岩石を多く含み、険しい景観が印象的な地域です。有名なインヘルト農園を始め、高品質及び個性的な品質で有名な農園が多数みられる地域です。ラスロサス農園は、1915 年に開園され、現在のオーナー、ローランドさんは 4 代目になります。ロサスとはバラの意味で、農園はたくさんのバラの花に囲まれています。2011 年より毎年訪問しておりますが、自然環境豊かな場所にあり、コーヒーはすくすくと育っておりました。コーヒー生産に適した標高の高さ、理想的な環境条件で、高品質のコーヒー生産に取り組んできた結果、カップオブエクセレンス(国際品評会)入賞の実績を何度も上げております。ローランドさんは、典型的なラテン気質の方で、直ぐ意気投合しました。風味はウエウエテナンゴ特有のフルーティな風味に加え、チョコレートのような甘み、粘性のある触感が印象的なコーヒーです。

1500円/200gパック(税抜き)

【夏の空(水だしアイスパック)】

復活して11年目の「夏の空(水出しアイスパック)」です。暑い夏には、お湯を湧かしたくない、まとめて作って、いつも冷蔵庫に用意しておきたい…でも、香りが良くって、後味が爽やかなアイスこーひーじゃないと!…で、今年も専用のブレンドを作りました。

ブレンドは基本的に去年と同じです。中米の深煎りに、ブラジルとマンデリン・ボナンドロクの深煎りが「水だしアイスこーひー」の豊かなコクと円やかさを引き立てています。

1Lの水に、1パック一晩が標準です…濃さは…水の量で加減してください。円やかなコクがあると思いますので、ミルクをお好みでたっぷりと入れると、手軽にアイスラテが楽しめます。

*水1リットルに、水出しアイスパックを1パック、冷蔵庫で、一晩(約12時間)で、出来上がります。

*保管は、冷蔵庫で2~3日間が目安です。

*お好みの濃さは、水の量で加減してください。

*パックを水の中にきちんと沈めてください、しっかり濃くなります。

1200円/1L用3個入り(税抜き)

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.07

プロのつぶやき898「1千人・10万人のお客がいれば…。」

20170507

プロのつぶやき898「1千人・10万人のお客がいれば…。」

GWの千葉はなかなか良いお天気でした…店は月曜日定休日だけで、通常営業していました。通販は普通にありますが…GW後半は来店のお客様が少なくのんびりしていましたので…色々とブレンドの課題を決めて遊んでいました。

最初は…「お寿司の食後のこーひー」…お寿司の食後のこーひーなんて考えたこと無かったんですが…和スイーツの流れで「ゆすらカフェ」は蕎麦に合うのは分かっていましたので…ならば、お寿司に合わせるには?…イメージしてみました。

シャリの炭水化物、米酢…醤油、魚の脂…そう思ったらなるほどなるほど…やはり米酢と醤油がポイントですね。醤油のカラメルとメラノイジンを踏まえると答えが見えて来ました。お寿司屋さんの若旦那が今度飲ませてとメールしてきたので…どんな感想もらえるか楽しみです。個人的には…お寿司の食後に普通にお茶で〆てからのコーヒーは嬉しいかなと思いました。

翌日は調子にのって…「インドカレーの食後のこーひー」をブレンドしてみました。インドカレー屋さんどこでもコーヒーありますが…たんにコーヒーあるだけ…或は、インド産の豆を使っている拘っているお店がありますね。ただ、僕としてはインド産の豆の味わいがインドカレーに合う訳ではないのでどうかな?と昔から思っていました。普段、インドカレーの食後はチャイかラッシーでコーヒーは飲まないですね。

で、スパイシーなカレーに合わせたこーひー…もうこれは直ぐイメージできました。ナンやライスの炭水化物、スパイス、チキンやマトンのタンパク質、ギーやバターの油…ご機嫌です。

最後は…季節を先取りして「サクランボのクラフィティやパイ、キルシュトルテ等々」に合わせたこーひー…これも即イメージできて…仕上がりは予想以上のエレガントさ…もっとも使った豆が「グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン」「コスタリカ・シンリミテス」「モカ・イルガチェフェ(ハマ)」で…贅沢なブレンドになってしまいました。

そうそう…この3つとも頭の中でブレンドして…スタッフさんにいきなりカフェプレスで淹れてもらいました。普段はカッピンググラス並べて…候補の豆を用意して…色々と比較するのですが…まぁ、お遊びなので細かい検証は省いて、頭の中だけで仕上がってしまいました。

そんなこんなで…達郎神奈川県民2daysの初日に行って…神奈川県民は1年5ヶ月ぶりで2回目なのですが…お気に入りの雰囲気です。中野サンプラザやHNKホール…そして地方のホールとも違って…うるさすぎず、静かでもなく、歌も演奏にも集中して聴いて楽しみ、いい盛り上がりで、いい雰囲気で好きです…とっても良い2daysの初日でした。

ところが…2days2日とも行ったさかもとこーひーの常連さんが…初日良かったけど、2日目はもっと良かったとコメントしていて…え~~!!…そうなのか…では、中野サンプラザ2daysの2日目のチケットを持っているので…初日の抽選も申し込んでしまいました。もし、初日も当ったら比較できます。(転売防止の本人確認が厳しくなり、さらに1人で申し込むと結構当るので、喜んでます。)

で、MCで…去年の新宿ロフトのアコースティックライブで400人の席に6万人の申し込みがあり…スタッフがこれならドームできますね…っという話しから…ドームも武道館もアリーナも興味無い…2000人規模のホールで数こなすんだ…海外の話しやら色々あったけど興味無い…そんな暇があったら神奈川県民もう1回やるといって大盛り上がりでした。

今回のツアーで2000人を50回やると…約10万人…その10万人のお客が来てくれれば、10万人のお客がいればそれで十分なんだと言ってました。

ビジネスとしたら、こじんまりとしてどうなんだという考えもあるでしょうが…さかもとこーひーもスケールは違いますが同じ考えなんです。

元々、紅茶やコーヒー、喫茶店でのんびりと暮らしていきたいと思ってはじめた仕事ですが…食べていけないとか、色々あって…自家焙煎のビーンズショップで食べていけるようになりましたから…拡大のモチベーションが最初から欠落しています。物欲ないし、高級な車や時計、家興味無いし…美味しいもの食べて飲んで、好きなライブに行けたらそれで十分なので…。

で、最近、新しいカフェやレストランのサポートが増えていますが…どうしても裏では「売り上げ」「集客」の話し悩みになります。

その時に…「売り上げ」なんて考えなくて良いと…地域のお客さん、常連さんが何人いますか?…常連さん、リピーターのお客さんが増えるような店作りを考えれば当然「売り上げ」もついてきますよ…そんなアドバイスをしています。地域に常連さん増えたら、新規のお客さんも増えますよ…集客のコストかけるなら、その分常連さんに使った方が新規のお客さん増えますよ…これほんとで、時間あれば説明できるんです。

お店によって…継続していくのに必要なお客さんの数は違いますが…常連さんが通いたくなる店にならなければ…個人店もチェーン店も継続していけないですからね。

ビーンズショップならば、10万人もいらなくて…1000人2000人の常連さんがいれば家族が食べていけます。

ちょうど良いお客さんの数は、業種やお店によって違いますが…お客さんが多すぎても少なすぎても上手くいかないものです。売り上げも多すぎても、少なすぎても上手くいかないものです。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main