« プロのつぶやき904「グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンス、デイドリーム、ケニア・ンディアラ、ブラジル・カクェンジ」 | Main | プロのつぶやき906「勝者のメンタリティ・繁盛店のメンタリティ」 »

2017.06.25

プロのつぶやき905「エスプレッソNo3」

No3

プロのつぶやき905「エスプレッソNo3」

梅雨寒になったり…陽がでると夏日になったり…湿気があったり…まぁ、梅雨ですね。みなさん、くれぐれもご自愛ください。

そんななか…先日いつもお邪魔している常連さんのお宅でのこーひーレッスンでは…さかもとこーひーの女性陣みんなファンで、ケーキレッスンも受けに行っているタルトさんのリンツァートルテとビスキュイロールケーキが用意されるというので…2つのケーキにドンピシャで合わせたこーひーを持って行きました。

8名参加でしたが…4名の方がはじめましてで、4名の方はお馴染みのみなさんでした…はじめましての方向けに最初は「ブラジル・クラシクス」を淹れて…「ブラジルクラシクス」のとびっきり普通に美味しい魅力からスタートです。みなさん説明を聞きながら…「ブラジル・クラシクス」の親しみやすさ、雑味の無い柔らかな味わいと余韻の心地よさを感じてくださいました。

2杯目は「カフェフィガロ」…いつもは季節の深煎りブレンドなので「スプラッシュカフェ」になるところですが…リンツァートルテに合わせて「カフェフィガロ」…共にしっかりした味わいなのに、一緒になると一瞬で爽やかなキレの良い味わいで、あっという間にケーキもこーひーも無くなってました。

リッチな味わいにフランボアーズのジャムが魅力的なリンツァートルテですが…とっても美味しいけれど、そのリッチさゆえに最後のほうはひと口目の美味しさの印象が弱まりがちです。

そこに「カフェフィガロ」が合いの手を入れると…リンツァートルテの後味を爽やかにキレ良く…次のひと口、次のひと口と気がつくと無くなっているという体験にみなさんびっくり喜んで頂けたようです。(実は、リッチさとフランボアーズの酸が相反するためにコーヒーを合わせるのは簡単では無いと思います。)

そして、ビスキュイロールケーキには「グアテマラ・エルインヘルトイエローナンス」…ビスキュイ、クリーム、フルーツをイエローナンスの華やかさが受けとめ、みなさん絶賛してくれました。ビスキュイの繊細な触感、クリームやフルーツのフレッシュな味わいをイエローナンスのきれいで華やかな味わいが相性良いです。

ひとつひとつのこーひーの香りや味わい、魅力の違い…お菓子との相性の違いを体験して頂けて…楽しいひとときでした。

そんなこんなで…今日は「エスプレッソNo3」のお知らせです。

【エスプレッソNo3】

カフェが繁盛するための「エスプレッソNo2」というコンセプトで…スペシャルティコーヒーの「爽やかな甘さ」「華やかな香り」「余韻の心地よさ」をエスプレッソやラテで楽しめるようにイメージした「エスプレッソNo2」です。

という「エスプレッソNo2」でしたが…タポスコーヒーさんやブラウンサウンドコーヒーさんのようにドンピシャでエスプレッソを抽出してもらえるバリスタさんがいれば良いのですが…最近レストランや小さなカフェ、ケーキ屋さんのカフェ等々エスプレッソ専門では無いお店の方のお話しを色々と聞く事ができました。

で、今回の「エスプレッソNo3」はそんな話しの中からブレンドしたものです。

エスプレッソでもラテやカプチーノでも…円やかなコクと甘さ…酸が感じづらく…華やかさと…ラテやカプチーノにした時のキレの良さ…長い余韻の心地よさ…豊かなコーヒー感…さらに、抽出のしやすさをイメージしました。

「エスプレッソNo2」は…2種類のグアテマラ、深煎りコロンビア、深煎りブラジルのブレンドです。

「エスプレッソNo3」は…2種類のグアテマラ、マンデリン、深煎りブラジルのブレンドです。

深煎りコロンビアをマンデリンに変更しました。深煎りコロンビアの円やかさやきれいな味わいから…マンデリンの円やかさとコクでバランスを少し変えたのです。

「エスプレッソNo3」の方が…抽出しやすいのと、抽出がブレた時の味わいのブレの少なさ…酸は重要で活躍しているんですが…その酸がより奥に隠れるのでエスプレッソで砂糖無しで飲んでも気にならないバランスになったと思います。砂糖入れたらとっても魅力的なデザートになりますね。

家庭でも…エスプレッソが営業時間中に安定してでるわけでは無いお店でも…淹れやすいバランスかなと思いますので…さかもとこーひーの定番エスプレッソブレンドを…「エスプレッソNo3」にいたします。

勿論「エスプレッソNo2」も作れますので…「エスプレッソNo2」が良い方はお申し付けください。実際カフェでは「エスプレッソNo2」を使われるお店…「エスプレッソNo3」を使われるお店…共にあります。

どちらも…エスプレッソやラテで楽しんで飲み終わってから30分経っても心地よい余韻が魅力で…タポスさんやブラウンサウンドコーヒーさんの帰り道にその余韻を楽しんでいます。

余談ですが…カフェプレスでこの「エスプレッソNo3」を淹れたら…これもとってもご機嫌でした。円やかなコーヒー感がきれいな味わいとともに感じられて…余韻は爽やかで…これもお勧めですね。

1500円/250gパック(税抜き)

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき904「グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンス、デイドリーム、ケニア・ンディアラ、ブラジル・カクェンジ」 | Main | プロのつぶやき906「勝者のメンタリティ・繁盛店のメンタリティ」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき905「エスプレッソNo3」:

« プロのつぶやき904「グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンス、デイドリーム、ケニア・ンディアラ、ブラジル・カクェンジ」 | Main | プロのつぶやき906「勝者のメンタリティ・繁盛店のメンタリティ」 »