« プロのつぶやき905「エスプレッソNo3」 | Main | プロのつぶやき907「プロ同士のコミュニケーション」 »

2017.07.02

プロのつぶやき906「勝者のメンタリティ・繁盛店のメンタリティ」

20170702

プロのつぶやき906「勝者のメンタリティ・繁盛店のメンタリティ」

今年前半が終わり、7月になりました…雨だったり蒸し暑かったり梅雨らしい毎日ですが…7/1で62才になりました。喫茶業に入って43年、自営で35年、さかもとこーひーで24年…還暦から体力が落ちて行くのを実感してコンデション維持に気をつけています。

毎朝の徒歩通勤、ストレッチ…そして晩酌止めて1年半になりました…仕事量はペースダウンしています。次男が休みの日に朝から夜までフルに仕事する時ありますが…お昼には疲れていますので、もう以前のペースで仕事したら確実に倒れますね。

任せる仕事は任せて…自分の仕事にフォーカスすることの大切さを実感しています…次男に任せる仕事が増えてきましたが、この度長男もさかもとこーひーに入ることになり、次男同様まずはカフェで飲食業の経験を積み、徐々にさかもとこーひーの仕事を憶えていきます…すでにカッピングのトレーニングをスタートしています。

43年磨いた技術や経験を息子に伝えていきますが…勿論まだまだ尖った仕事も追いかけて行きます…そして、同業の後輩、地域の若手経営者達へのアドバイスが増えてきました。

自分で商売して地域のお客さんに喜ばれ、繁盛していくには…専門の技術だけではなかなか難しいものです。その技術をどう役立て…お客さんに必要とされるようになるか?…特に、どうしても自分中心の考え方になってしまいがちなので…お客さんから見るとどうなるか?…そんなどう売るかでは無く、どう買いやすくするか、そんなアドバイスが増えています。

そんなこんなで…いよいよウィンブルドンテニスが始まります…昨日は杉田選手がATP250アンタルヤオープンで優勝…松岡、錦織に続くツアー初優勝!!そしてランキングで松岡さんの46位を越えます。素晴らしい、凄い、楽しみが増えます。

先日、全仏優勝ナダル特集で、試合後のクールダウン中のコーチとの会話シーンが印象的でした。コーチは…自信を持っていけ…主導権を奪えばミスもしない…弱気になると失点を重ねるぞ…自信が無くなるとミスが増える…自信を持っているとミスが減る…そんなことをナダルに繰り返し伝えていました。

同じような内容を思い出しました…全豪での優勝インタビューWOWOWで…フェデラーは錦織へのアドバイスをと言われ…勝者のメンタリティを常に安定して持つ事と言っていました。

錦織も勿論勝者のメンタリティ持っていますが、GSのような大きな試合の、ビック4等との試合でも勝者のメンタリティを安定して持つことがGSに勝つには必要そんな話しをしていました。

相手があることですし、一試合の中でもアップダウンがあるのが当たり前ですが、劣勢になっても勝者のメンタリティを持つこと…こちらが優勢でも劣勢でも落ち着いて自信を持ってプレイする…何に、フォーカスするかが大切なんですね。

勝ち負けの欲は不安定なメンタルを呼びます…今何をするのかにフォーカスすることなんでしょう。

「勝者のメンタリティ」…良い言葉だと思いました。

で、最近色々なお店の店主と話していると同じだなぁーと思うようになりましや。

「勝者のメンタリティ」…「繁盛店のメンタリティ」…繁盛しているお店、上手くいっているお店と、なかなか上手くいっていないお店で…同じテーマの話しをしても、実際の内容は全く違うのです。

上手くいっていない店は…何かというと原価が、人手が、売れない、お客がいない…そんな話しが目立ちます…最近どうですか?…今日は雨で暇、天気良すぎてみんな出かけて暇…では、ちょうど良い天気で忙しい日は年に何日あるのか?聞いてみたくなります。

上手くいっている店は…お客さんに喜ばれること、地域の話し、こんなお客さんがいた…そんな感じです。

勿論、繁盛店にも色々あって…行列の出来る店は行列にフォーカスしているし…色々なテクニック使って集客に懸命な店もあります…そんな店みると、10年20年後はどうなのか?考えています。

そんなに忙しそうに見えないのに、10年20年と常連さんが増え続ける店もあります。

スポーツで集中ってよく言いますが…それよりもフォーカスって考え方が好きです。集中だと何に集中するかで大きく違ってしまいます…フォーカスは何にフォーカスするか考えやすいと思います。

まぁ、身も蓋もない話しですが、商売している人は売り上げにフォーカスしている人がほとんどでしょう。でも、常連さんが増えることにフォーカスする…常連さんのことにフォーカスする…常連さんが喜ぶことにフォーカスする。

売り上げにばかりフォーカスしていると、たまたま繁盛している時は売り上げの数字にフォーカスしてしまい。不振になっても数字にフォーカスしてしまう。

繁盛していても常連さんにフォーカスし…不振であっても常連さんがひとりひとり増えるようにフォーカスする。

「繁盛店のメンタリティ」で色々と考えられそうです。

そうそう…錦織選手のコメントで…「不利な流れが続いたら、まずは自分の考えてることを変える、ということが必要。考え方を変えないなら勢いを変えられずそのままずるずる行ってしまう」…とありました。

商売が上手くいっていないのなら、まずは自分の考えている事を変えることが必要。考え方を変えないなら勢いを変えられずそのままずるずる行ってしまう。

考え方ひとつ…ものの見方ひとつで…見える世界が全く違ってしまいますね。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき905「エスプレッソNo3」 | Main | プロのつぶやき907「プロ同士のコミュニケーション」 »

コーヒービジネスを考える」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき906「勝者のメンタリティ・繁盛店のメンタリティ」:

« プロのつぶやき905「エスプレッソNo3」 | Main | プロのつぶやき907「プロ同士のコミュニケーション」 »