« プロのつぶやき909「アニバーサリー2017、パナマ・レリダ、ボリビア・アルベルト、グアテマラ・サンタクララ、木陰」 | Main | プロのつぶやき911「深煎りグアテマラ」 »

2017.07.30

プロのつぶやき910「ブレンドの響き合い」

20170730

プロのつぶやき910「ブレンドの響き合い」

*8/13(日)~16(水)夏休みを頂きます。

ご不便おかけしますが、よろしくお願いします。

梅雨明けしたら…曇り空、雨の日々…過しやすいのでこのまま秋になって欲しい千葉ですが…まだ7月です…朝徒歩通勤の田んぼの稲の穂にだいぶ実が入ってきました。

最近ご紹介を頂き…フレンチやイタリアンやパティスリーに伺うことが増えています。さかもとこーひーを使ってくれるかどうかはさておき…とりあえずそのお店の味を味わわないと始まりません。

一方…セブンイレブン等コンビニコーヒーはすっかり暮らしに馴染んでいますし…マクドナルドのコーヒーもクオリティアップして味わいに明るさを感じる程で…チーズバーガーと一緒になるとより美味しく感じます。

で…ドトールコーヒーも静かに味わいのタイプを変えたようです。ドトールはしっかりとしたコクがドトールらしい味わいだと思っていましたが…そのコク(僕には重く感じますが…それがドトール好きのみなさんには美味しさだと思ってます)がきれいで軽やかなバランスになっているように感じました。ホットだけで無くアイスコーヒーも飲みましたが…ホット同様なキャラになっていました。

コンビニ、マック、ドトールにスタバ…コストの縛りもありますので使える素材のクオリティには限界がありますが…どこも巨大なチェーン店ですし…あちらこちらにお店があって…普段のコーヒーが便利になってきました。

ファミレスやカフェやレストラン、ファーストフードにホテル等々でその流れに遅れていると…お客さんにそっぽ向かれる可能性でてきましたね。

そんなこんなで…先日40年位前の達郎のラジオを聴いて…2声、3声、4声のコーラスとそれぞれの魅力の話しをしました。

そこからブレンドとの共通を感じて…今だと「木陰」はグアテマラ・ラスロサスとボリビア・アルベルトの2種類のブレンドで…シンプルで合わせやすいブレンドなんですが…豆のチョイスとブレンドの比率でバランスやハーモニーの良さだけで無く…他に無い魅力が響き合うと思ってます。

2声のコーラスでも圧倒的な魅力が生まれて…森山良子&矢野顕子の「ヤモリ」のコンサートに行った時の、キャラの違う名人ふたりのハーモニーの美しい響きに圧倒されたのを思い出します。

3つの豆のブレンド、4つの豆のブレンドと色々とやってますが…まぁ、どのような魅力にしたいかイメージありきですね。なんとなくのブレンドはさかもとこーひーにはありません。

例えば…アトムの子、カフェヴィータ、カフェコージーといったさかもとこーひーのベーシックなブレンドの場合…ヘビーユーザーの常連さん、オフィスや病院、カフェやレストランと色々な方が飲むので…4つ5つの豆をブレンドして、個性を抑えています。お好みはビター感の違いで3つから選んで頂いています。(現実はアトムの子が圧倒的に人気ですが…。)

アニバーサリー2017、カフェグローリア、デイドリーム、ターナー、アフター・ダーク等々…ゲイシャやパカマラを使い…4つの豆のブレンドの場合は…4つと多くの豆を使いながら、それぞれ個性的な際立つ魅力の豆で、それぞれの魅力が響き合い…全体としてシングルオリジンでは味わえない魅力をイメージしています。

フレンチレストランのこーひーとなると…サンク・オ・ピエの季節のコースのためのこーひーは…そのメニューを読み…料理とワインでお腹いっぱい、酔いもあってのデザート…3種類位のデザートそれぞれが、最後のひと口まで楽しめるようイメージします。

今年の夏のコースのデザートは…、ヴァーローナ社のカラメリアのムース・ショコラ…フランス産完熟マンゴーのソルベ…AOCブレス産バター使用のパウンドケーキ香ばしいクルミとヘーゼルナッツ風味…となっています。

カラメリアのムース・ショコラと完熟マンゴーのソルベにAOCブレス産バターのパウンドケーキとクルミにヘーゼルナッツ。

チョコレートとクルミにヘーゼルナッツは素直に相性良いです…ムースショコラとソルベは触感が通じます…そこにマンゴーはキャラが違いますから…ブレンドでひと工夫します。

さらに、ヴァーローナとAOCブレス産バターとクオリティ高く質感がデリケートですので…そのクオリティや質感を崩しては台無しです。

で、先日ランチに伺ったフレンチのレストランは…コースよりも、お客さんが好きな料理をアラカルトで注文し、その料理でワインを楽しみ…食後種も楽しむ方がけっこういらっしゃって…デザートはあまり出ない…夜遅く迄営業している…そんなスタイルだと聞き…あぁ!それなら、イメージできますと。

美味しい料理で呑み…そんな最後のこーひー…ワインやリキュールの余韻を上手に引き立てたいイメージです…新しい抽き出しの出番がきました…また楽しい仕事が増えそうです。

勿論、気軽なビストロやイタリアン…そのお店の味わいにあったブレンドのチョイスも楽しいですし…パティスリーのカフェですと…色々なお菓子を選べますから…そんなカフェ向きのこーひーを選ぶのも楽しいです。

ブレンドに色々な響き合いの可能性を感じています。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき909「アニバーサリー2017、パナマ・レリダ、ボリビア・アルベルト、グアテマラ・サンタクララ、木陰」 | Main | プロのつぶやき911「深煎りグアテマラ」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき910「ブレンドの響き合い」:

« プロのつぶやき909「アニバーサリー2017、パナマ・レリダ、ボリビア・アルベルト、グアテマラ・サンタクララ、木陰」 | Main | プロのつぶやき911「深煎りグアテマラ」 »