« プロのつぶやき933「ゲイシャヴィレッジ農園、グローリア、ハートバレンタインカフェ、陽だまり」 | Main | プロのつぶやき935「高級店、それぞれの美味しさ」 »

2018.01.21

プロのつぶやき934「店&芸の継承」

20180121

プロのつぶやき934「店&芸の継承」

1月後半に入りまして・・・ちゃんと冷え込んできました、朝寒いです・・・今毎日楽しみに観ているテニス全豪は40℃超えで危険な暑さのようです。

オーストラリア在住でテニス繋がりのお客さんが暮れに来日里帰りされて・・・さかもとこーひーにはタイミング合わずお会いできなかったのですが・・・マイヨジョーヌ、タポスコーヒー、パティスリーメグンとうちのお客さんのお店に行ってくださったり・・・クリヤ・マコトさんのライブに行かれたり・・・そして、全豪での朝ホテルでコーヒーバッグを飲まれていて・・・日本でTV観てるだけなのに興奮します。

そうそう、ここ数日はさかもとこーひー支店の物件を探し始めて・・・少し目処がついてきました・・・春頃には開店できそうです。

今の店はそのままで、焙煎や通販も変わりません・・・支店は販売だけになります・・・今の店に来て今年で10年になりますが・・・焙煎の煙をあまり気にしなくて良いのと・・・その頃は5kgの焙煎機だったのを12kgと大きいものに替える予定だったので、スペースが必要でした。そんな条件を優先したのですが・・・駐車場が少ない、車を止めずらいという問題があります。

なので、今探している店は・・・あまり車が激しく通行していなくて・・・道も狭くなくて・・・車を止めやすい・・・できたら駅から徒歩圏内・・・まぁ、ビーンズショップはフリーのお客さんあまり来ないし、必要無いので・・・常連さんが来店しやすいのが一番なんです。

喫茶の仕事して43年経って・・・最初の紅茶の店テ・カーマリーで独立してから35年・・・自宅ガレージでさかもとこーひー開店して25年・・・今の本店店舗に移転して10年・・・支店を出さない、デパ地下にも出ない、繁盛和菓子店を理想としてきましたが・・・息子という人手が出来て・・・それなら1店舗主義を変えて、常連さんにもっと便利にしたいなぁーと豹変しました。

自分自身としては・・・62になって職人仕事を思いの儘にできる手ごたえを感じているので・・・あと20年、職人としての仕上げの仕事を楽しもうかと思っています。

そんこんなで・・・Voice 2月号に盛田正明氏と錦織圭選手のインタビュー(神仁司氏)が載っていて・・・ふたりの対談はじめてかなと読みました。

盛田正明氏は、ソニーの元副社長、日本テニス協会名誉会長、盛田正明テニス・ファンド設立して・・・錦織選手はじめ多くのトッププロ育成に尽力されています。

「素質のあるジュニアを選んできて将来世界で活躍できるようにプロの世界に送ることが任務で、ロケットの発射台みたいなもの。」・・・「天まで届けとばかりに打ち上げたつもりだけど、圭はそのままの軌道で上昇してくれた。やっぱりやれたじゃないかというのが正直な気持ち見事にやってくれたと思う。」・・・対談の中で印象的な言葉でした。

錦織圭選手は・・・「アメリカに行くのがほんとうに楽しみだった。純粋にテニスが出来ている生活が楽しいなという気持ちしかなかった」・・・中学生でいきなりフロリダに行って・・・言葉や習慣、練習とかの不安とかよりも・・・ひたすらテニスに打ち込める環境が楽しかったのですね・・・それだけで抜きん出た才能が伝わって来ます。

「べつに自分は努力していると思ってないから・・・。」・・・「それがいい、そこがキーポイントですよ」と盛田正明氏が指摘しています。

さらに盛田正明氏は・・・「まさに私の代わりに夢を叶えてくれている。私は自分のために使っていると思っているんだから、自分のお金をいくら使ったってぜんぜん惜しくない。」・・・「今年九十ですが、あんまり過去のこと考えたことないし」・・・「ジュニア彼らの将来を考えてやることは、自分の未来を考えるのと同じなんです。自分の未来を考えるより、彼らの未来を考えてやることが何より楽しみだし、それが私の将来を考えていることになるんだから、楽しいですよ。」・・・なるほどなー!!

「自分の未来を考えるより、彼らの未来を考えてやることが何より楽しみだし、それが私の将来を考えていることになるんだから、楽しいですよ。」・・・自分の今しか考えて来ませんでしたが・・・90になって若い人の未来が、自分の将来かー・・・何と無く実感できました。

「グランドスラムの一回目優勝は大変だと思う。でも、一回出来たら二回三回行けると思う。一回目は大変だけど、それをステップにして、

バーンと上に上がっていく。私の期待はそれだよ。私がいようがいまいが関係なし。圭が頑張ってくれればそれでいいんだから。ロケットの発射台としては。」・・・なんともかっこいい翁なんでしょう。

さかもとこーひーは・・・ホームこーひー&ホームタウンこーひーを大切にして来ましたし、これからも変わりませんが・・・同業の若い人たちに焙煎やブレンド、素材のこと、なかなか売上の上がらないビーンズショップの商いの仕方を伝えること・・・レストランやケーキ屋のシェフにこーひーでそれぞれのお店のお客さんに喜んでもらい、地域で繁盛する商いの仕方を伝えること・・・職人として腕を磨いてきて独立した若い人(まぁ、50位でも僕からしたり若いですが・・・)に地域で繁盛して必要とされることが・・・楽しみのひとつに思えて来ました。

大手チェーン店は最近真面目になって来て、なかなか便利ですが・・・街に大手のチェーン店と魅力的な個人店があると・・・なんか暮らしやすいと言うか、いい街だと思ってますから・・・。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき933「ゲイシャヴィレッジ農園、グローリア、ハートバレンタインカフェ、陽だまり」 | Main | プロのつぶやき935「高級店、それぞれの美味しさ」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき934「店&芸の継承」:

« プロのつぶやき933「ゲイシャヴィレッジ農園、グローリア、ハートバレンタインカフェ、陽だまり」 | Main | プロのつぶやき935「高級店、それぞれの美味しさ」 »