« プロのつぶやき949「セブンイレブンとレストラン、カフェのコーヒー」 | Main | プロのつぶやき951「ルワンダ・チヨコ、グアテマラ・ラリベルタッド」 »

2018.05.13

プロのつぶやき950「カフェ&レストラン向け卸のご案内・2018」

20180513

プロのつぶやき950「カフェ&レストラン向け卸のご案内・2018」

数日4月初めの寒さを感じて、雨も続きましたが・・・5月も半ばになり、いい陽気になってきました。先日の日曜日は第1回のワークショップをおゆみ野店で13時15時と2回10名さまの参加で行いました。

おゆみ野メグンさんの苺のショートケーキとフィナンシェ・・・まぁ、僕が大好きで、自分でも昔作っていたお菓子に・・・夏への扉、コスタリカ・シンリミテス、スプラッシュカフェと3種類のこーひーに合わせて・・・ケーキの話し、こーひーの話と・・・各回1時間と短い時間でしたが・・・盛り上がって、皆さんに楽しんで頂けたようです。

特に苺とクリームとスポンジが一体となり、そこにこーひーをひと口の瞬間・・・しっかり焼いてなおほろっとした触感と焦がしバターとアーモンド粉のリッチな味わいがこーひーをひと口の瞬間・・・みなさん新鮮な驚きがあったようです。

来月の日程が出たらお知らせいたします。

ワークショップとしましては・・・さかもとこーひーのウエルカムフラワーを本店開店以来お願いして・・・おゆみ野店でもお世話になっている・・・アトリエベアグラス笹原先生の・・・「手軽にできるテーブルアレンジ part1」5/26(土)10:30-12:00 参加費2000円 定員5名・・・をいたします。

ウエルカムフラワーでファンの多い先生に頼んで・・・こーひー飲みながら・・・初心者でも気軽に出来て、家に持ち帰り飾れるようにしてもらいました。先生は週2回おゆみ野から大田市場まで朝4時から花の仕入れに行っていて・・・それは花の種類も鮮度も違うからなんだそうです。と、書きながら3名のお申し込みがすぐにあったので・・・今の時点で後2名です。

おゆみ野店開店してひと月が過ぎて・・・スペースに余裕があるのでカフェでは無いのに、大きなテーブルを置いて・・・色々なワークショプイベントをしたいと思っていたことをひとつひとつ行っています。こんな感じで・・・ホームタウンこーひーのひとつとして、おゆみ野の街に馴染んでいきたいと思っています。

そんなこんなで・・・ホームタウンこーひーといえば「カフェ&レストラン向け卸のご案内」です。前回のお知らせから2年経ちましたので・・・最近の「カフェ&レストラン向け卸のご案内」です。

開店以来家庭向けのビーンズショップとして「ホームこーひー」の魅力をお届けしたいと思ってきて…そこから「ホームタウンこーひー」へとコンセプトをバージョンアップしてきたここ数年のさかもとこーひーです。

全国的に大手チェーン店が拡大する中…魅力的な個人店があると、なんだか心地よく豊かにその地域の暮らしがなると思ってます。

家庭でのこーひー…カフェやレストランでのこーひー…どちらも魅力的にしたいなぁーとそんな思いを込めた「ホームタウンこーひー」なんです。

ここ数年、お陰さまで、地域のレストランやカフェ、通販でのレストランやカフェのお客様がそれぞれに増えてきました。そこで、思う事は…こーひーを卸すことが仕事では無くて…そのレストランやカフェのお客様に喜んでもらうことでお役に立つ事と…40年を超えた喫茶&飲食業の経験を通じて色々とアドバイスする事です。

最近目立っている30代から40才くらいでの独立したお店に…若い経営者の方には、これから長く繁盛していくために必要な考え方のアドバイスすることが増えています。勿論、コーヒーや他のメニューに対する相談を中心にして…それ以外の地域で長く繁盛していくためのツボをお話しすることがでてきました。

もうひとつは、リタイア世代のご主人や奥様が若い時からの夢でカフェやレストランをはじめるお店も目立ってきました。飲食業界での経験が不足していますので…そういったケースでも色々とアドバイスを求められることがあります。

そこで、役にたったのが、40年以上喫茶業界飲食業界を見て来たことです。

コーヒーや紅茶の相談は勿論ですが、色々なメニューから、日常の細かい仕事、さらに商売の裏のことなど…まぁ、店をはじめると毎日のことですし、色々なお客様がいらっしゃいます、愚痴を聞くこともありますし、どうしたらよいか迷うこともあるので、そういった場合の考え方もありますね。

正直・・・喜ばれるのは・・・価格設定の相談ですね。業種によって・・・お客さんによって・・・安くも無い高くも無い価格がありますが・・・店側から考えると迷い悩みがあります。その辺の相談は喜ばれますね。

さらに・・・ここ数年でフレンチやパティスリーのシェフの知り合いが増えました。それぞれ美味しいのですが、タイプも違いますから・・・なるべくその店に行って、味わいや店の雰囲気を感じて、シェフの話しを聞いて、こーひーを選ぶようにしています。

勿論、その後の話しでこーひーを変えることもあるし、バリスタやシェフの要望で季節ごとにブレンドしたり、コース専用のブレンドを作ることも増えてきました。

あと、シェフは厨房の中から見ているし、同業者との情報網がありますが・・・お客の立場からの声が少ないのが現実なので・・・お客としての感想を伝えたり、他店の様子を伝えたりもしてます。

まぁ、ぶっちゃけ・・・料理やお菓子を頂きながらのシェフとの会話はほんと楽しいですし・・・気づきが多いです。

その気づきから・・・まぁ、こーひーの素材や技術はそれほど変わらなくても・・・新しいヒントが浮かび・・・自家焙煎店ビーンズショップをしているだけでは出来なかったこーひーの魅力が生まれてきています。

どちらにしても…目ざしたい理想がお店やシェフ毎に、それぞれ違うので…そのようなイメージを実現するための、そのお手伝いサポートやこーひーや他の質問に答える事が求められているんだと感じています。

こーひーひとつとっても専門的に品揃えしたい方もいれば、そのお店のメニューを支えるような1種類2種類のこーひーを魅力的にしたい方もいます。

最近は、開店準備中とか移転準備中のカフェやレストランのお店だと・・・メニューや価格についてのアドバイスが効果的でした。

地域のカフェとして親しまれ…ランチやサンドイッチ、サラダやデザートを引き立てるようなこーひー…エスプレッソをメインにして際立った魅力のエスプレッソやラテ、カプチーノのためのこーひー…レストランの最後のデザートにあわせたこーひー…それぞれのお店を引き立てるようなこーひーをお届けしたいと思ってます。

そうそう・・・最近はご自宅リフォームして、週2日-5日営業というお店も増えていますね・・・そのようなカフェからガチンコのフレンチまで・・・それぞれのお店に合ったこーひーでお手伝いできます。

そんな感じで・・・ホームタウンこーひーが広がり・・・それぞれのお店のお客さまに喜んでもらいたいなぁーと思っています。

お気軽に電話、メールしてください。

0120-041751

takafumi@sakamotocoffee.com

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき949「セブンイレブンとレストラン、カフェのコーヒー」 | Main | プロのつぶやき951「ルワンダ・チヨコ、グアテマラ・ラリベルタッド」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42520/66714330

Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき950「カフェ&レストラン向け卸のご案内・2018」:

« プロのつぶやき949「セブンイレブンとレストラン、カフェのコーヒー」 | Main | プロのつぶやき951「ルワンダ・チヨコ、グアテマラ・ラリベルタッド」 »