« プロのつぶやき「ゲイシャヴィレッジ、デイドリーム、グアテマラ・サンタクララ」 | Main | プロのつぶやき957「パンとこーひー、ゲイシャヴィレッジと魚料理」 »

2018.06.24

プロのつぶやき956「グアテマラ・エルインヘルト・パカマラ&ゲイシャカッピング会で見えたこと」

20180624

プロのつぶやき956「グアテマラ・エルインヘルト・パカマラ&ゲイシャカッピング会で見えたこと」

大阪の地震大変です・・・お見舞い申し上げます。常連さんや知人がいますが・・・部屋や店内が大変なことになった方いらして心配ですが・・・怪我等は無かったようです。日本に住んでますから、地震がどこにでもついてきますね。

6/18(月)におゆみ野店から遊歩道を5分少しのところに「グラフトン」さんが開店しました。毎日のように顔を出すと・・・いつもさかもとこーひーの常連さんにお会いして・・・一緒にお茶してます(笑)これからゆっくりとおゆみ野の街に馴染んで・・・住宅地のカフェの魅力が広がっていきそうです。

昨日6/23(土)は「美Moji講座」ということで・・・さかもとこーひーの「ありがとうお熨斗」を書いてくださった大久保先生の初心者向けワークショップでした。

名前と住所をきれいに書こうということで・・・それぞれのお名前のレイアウトや基本的な注意点を教わり・・・みなさん1時間半集中していました。1時間経ったところで・・・こーひーとおゆみ野メグンさん差し入れの焼菓子でひと息入れて・・・仕上げに入りました。

ビフォーアフターで拝見すると・・・みなさん元々上手(まぁ、自分の字が下手すぎるんですが・・・)ですが・・・わずか1時間半の練習で、なんか上手で見やすい字になっているのが僕にも分かります。基本と練習の効果を感じましたね・・・終わった後にみなさんの充実感が伝わってきました。

今度の6/30(土)は・・・ケーキのペアリングワークショップ第2回です。おゆみ野店でシフォンラスクを置いて頂き人気の花シフォンさんのシフォンケーキ2種類・・・ブルーベリーヨーグルトシフォンとチョコチップシフォンに・・・グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンスとグアテマラ・サンタクララを合わせます。

花シフォンさんのシフォンケーキは・・・そのきれいで繊細な口当たりと余韻に驚きますが・・・ブルーベリーヨーグルトシフォンのほのかなブルーベリーとヨーグルトの甘さと酸味をイエローナンスが・・・チョコチップにはサンタクララが・・・グアテマラでもキャラの違う2つがシフォンケーキをさらに引き立てます・・・まだお席に余裕があります・・・ぜひ!お楽しみください。

そんなこんなで・・・6/18(月)はグアテマラ・エルインヘルトのカッピング会で、息子ふたりと参加してきました。グアテマラ・エルインヘルト農園のパカマラ種とゲイシャ種がロット違いをカッピングしました。

品種の他に・・・収穫期別・・・ドライプロセスとウオッシュトという精選処理別・・・アフリカンベット(棚の上がメッシュになっている)とパティオの乾燥別・・・どれもオークション向けのとびきり抜きん出たクオリティですが・・・その違いをガチンコでカッピングしました。

次男はエルインヘルト農園訪問していますし・・・カッピングの基本が出来ていますので放って置いて・・・長男を時々呼んでどこにフォーカスしてカッピングするのか・・・どれとどれを比較してカッピングするのか・・・隣に聞こえないよう小さな声で指導しました(笑)

パティオとアフリカンベッド・・・グリーンハウス・・・標高・・・収穫期・・・機械乾燥の時間・・・それぞれの違いが興味深いです。

印象的だったのは・・・ナチュラル式では無くてドライプロセスDPと言っていることでした。基本はナチュラル式なんでしょうが・・・あえてDPと表記することはなんなんだろうと。

スペシャルティコーヒーが広まってきた時・・・ナチュラル式は選別が大変なのでクリーンさでハンデがありました。その後5年10年してナチュラル式でも徹底した選別がされてクリーンさが向上し・・・香りや味わい甘さでウオッシュトとは違う魅力がスペシャルティコーヒーとして広まってきました。

そこからのドライプロセス・・・とても洗練されてエレガントさが見事で、ナチュラル式の癖が無く、香りやマウスフィール甘さ余韻にウオッシュトには無い魅力を感じました・・・とても重要な酸の表現に感心しましたね。

それと・・・今回もいつもと同じ収穫期のパカマラ種を確保できましたが・・・それは収穫中期のものなんです・・・当然収穫量も多いです・・・その為か乾燥にパティオを使っています。前期後期のロットはアフリカンベットなんですね。データで考えるとアフリカンベッドの方が良いのですが・・・パティオを使わないと量がオーバーフローしてしまうんでしょう・・・パティオでもその乾燥に最善の方法を使うことで・・・3つのうち中期のロットが抜きん出ていると評価しました。

収穫中期は量も取れますが・・・熟し具合も揃いやすいでしょう・・・その熟度が見事に揃った滑らかさ、きれいで上品なのに厚みのある味わい・・・完熟実の魅力は素晴らしいです。

本雑誌、ネット情報やデータだけで判断することの危険性を感じます・・・やはり味わってどうなのか?カッピングしてどうなのか?・・・美味しさの仕事は味わう事が基本です。これは焙煎でもブレンドでも同じですね。すると、味覚レベルを常に向上させ、多様な味わいの経験も積み重ねる地道な繰り返しが基本です・・・時間かかりますが、息子ふたりに伝えていきます。

グアテマラ・エルインヘルト農園のまだまだ進化向上する力を実感したカッピング会でした・・・通年グアテマラ・エルインヘルト農園をお届けできるよう頑張っていきます・・・お楽しみください。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき「ゲイシャヴィレッジ、デイドリーム、グアテマラ・サンタクララ」 | Main | プロのつぶやき957「パンとこーひー、ゲイシャヴィレッジと魚料理」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき956「グアテマラ・エルインヘルト・パカマラ&ゲイシャカッピング会で見えたこと」:

« プロのつぶやき「ゲイシャヴィレッジ、デイドリーム、グアテマラ・サンタクララ」 | Main | プロのつぶやき957「パンとこーひー、ゲイシャヴィレッジと魚料理」 »