« プロのつぶやき959「エクルハイボール~スプーンが立つほどのミルクティーレッスン」 | Main | プロのつぶやき961「朝6時半からの焙煎見学」 »

2018.07.23

プロのつぶやき960「アニバーサリー2018、メキシコ・チェリン、ボリビア・アルベルト、ブラジル・カクェンジ、木陰」

2018

Photo_4

Photo_5

Photo_3

Photo_6

プロのつぶやき960「アニバーサリー2018、メキシコ・チェリン、ボリビア・アルベルト、ブラジル・カクェンジ、木陰」

*8/13(月)~8/15(水)夏休みになります・・・ご不便おかけしますが、よろしくお願いします。

まだ7月だと言うのに・・・まだまだ厳しい暑さの毎日です・・・もう残暑が待ち遠しいですが・・・くれぐれもご自愛ください。さかもとこーひーは本店で朝6時にはエアコン全開にして、首にタオルを巻き、着替えを用意して焙煎しています・・・まぁ、次男がメインで焙煎していますが・・・今私が以前と同じように真夏の焙煎を毎日していたら倒れますね・・・二人体制になっているのでひと安心です。毎日熱中症の記事を見ますが・・・ほんと油断できません。

そんなこんなで…真夏に向けてのこーひー5つをご紹介します。

さかもとこーひーの常連さんは真夏でもホットのこーひーを飲まれる方が多いんですが・・・それでも、この暑さですので・・・エアコンの効いた部屋で爽やかに涼しげに楽しめるこーひーを選びました。

まず…25周年記念の「アニバーサリー2018」…フローラルピーチの爽やかな「メキシコ・チェリン」…ハーブミント系キャラの「ボリビア・アルベルト」…爽やか系フローラルの「ブラジル・カクェンジ」…真夏向け涼しげな「木陰」です…お楽しみください。

【アニバーサリー2018】

毎年ご好評頂いているアニバーサリーブレンドですが…25周年記念の「アニバーサリー2018」は…グアテマラ縛りでブレンドしました。

いつもはゲイシャ種をアニバーサリーブレンドに使っていましたが・・・先日の「デイドリーム」で使ってしまいましたので・・・「アニバーサリー2018」はグアテマラ・エルインヘルト・パカマラを使いました。

さかもとこーひー25周年記念・・・私坂本は63歳になり・・・喫茶の仕事して45年目・・・そんな今作りたいブレンドです。まず、さかもとこーひーのお客さまみなさんに親しみやすい円やかさ・・・そして、記念ブレンドらしいさかもとこーひーにしか無い際立った魅力・・・酸味や苦味の気にならない円やかさ・・・パカマラのフローラル&フルーティな長い余韻・・・丸さと尖り・・・。

使った豆は・・・グアテマラ・サンタクララ、グアテマラ・アゾテア、グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンス、グアテマラ・エルインヘルト・パカマラ・・・さかもとこーひーの大きな柱になっているグアテマラだけのブレンドです。

グアテマラ・サンタクララと少し深く焙いたアゾテアの円やかなチョコレート感とボディ、甘さにイエローナンスの華やかさ・・・仕上げはパカマラのフローラル、ピーチ等々の魅力・・・ひと口目から冷めきった味わいまで・・・是非、お楽しみください。

2000円/250gパック(税抜き)

【メキシコ・チェリン】

久しぶりのメキシコのこーひーです・・・あまりにも暑い毎日ですので・・・この「メキシコ・チェリン」のきれいでキレの良い味わい・・・フローラルやピーチ・・・冷めるとアールグレイや柑橘系の爽やかな甘さ・・・柑橘系の余韻が長い魅力をお届けします。

親しみやすい穏やかな口当たり・・・余韻に漂うアールグレイや柑橘系の魅力が印象的です・・・お楽しみください。

メキシコは赤道から離れていますので…穏やかな魅力がいいですね。ただ飲みやすいだけなら使わないのですが…そこに香りや爽やかな甘さの味わいが際立って、華やかな気品まで感じられると素晴らしいです。マイルドとかジェントルといった言葉がぴったりなお勧めこーひーです。

農園名:チェリン

生産者:エンリケ エドゥアルド ロペス アギラール

エ リ ア:オアハカ州

プ ロ セ ス:フリィウォッシュド

品 種:ティピカ50%、パカス50%

標 高:1550~1720m

当農園は1896年にオアハカ州、カンデラリア・ロキスチャ地区の小規模生産者としてコーヒー栽培をスタートしました。その後代々コーヒー生産の系譜は現オーナーまで途切れることなくつながり、1913年にはオアハクエーニャ農園から現オーナーの母君が農園に嫁いできました。当地区の伝統にのっとり、農園には女性の名が冠されてきましたが、フィンカ・チェリンはこの母君の幼いころのニックネーム、“チェリン”、通称“小さいチェラ”と名付けられました。現在のチェリンは2012年にオーナーが新しく購入した農園でしたが、およそ8年間打ち捨てられた農園をリノベーションし、新たに母君の冠した農園です

2000円/250gパック(税抜き)

【ボリビア・アルベルト】

毎年、夏になったらお届けしている「ボリビア・アルベルト」です。

透明感がきれいな味わいと、ほのかなミントのキャラクターが夏にぴったりだと思って…毎年夏にご紹介しているのも…この「ボリビア・アルベルト」が人気になっている理由のひとつだと思います。

さて、その「ボリビア・アルベルト」の魅力ですが…まず、口当たりのとっても優しい円やかさと甘さだと思います。この優しい円やかさが人気のひとつの理由になっているんでしょうか?

今年も、ジューシーさが引き立ち、すっきりとして爽やかなフローラル感もあってさらに魅力的だと思います。

その優しい魅力は…透明感がきれいな味わいとなって、爽やかさや円やかさといった印象になっていると思います。勿論、そこに華やかな甘さが寄り添いますので、さりげなく個性が際立っています。

そこに…ココア的な円やかなコクが加わっています。チョコレートまでいかないココア的なコクが加わると、優しい口当たりだけでは無い満足感が高まってくると思います。

さらに…ミントのような爽やかな印象が寄り添っています。ほんとさりげないミントの印象なんですが…さりげなくても、このミントのキャラクターがあることで、グッとキャラが立ってきます。余韻には、オレンジのような柑橘系の魅力があって、華やかさを加えています。完全に冷めてから、たっぷりのミルクを加えるのが、僕の好きな飲み方です。(アイスこーひーにすると…コーヒーとは思えないきれいで爽やかな味わいを楽しめます。)

農園名:カフェ アルベルト ポマ

生産者:アルベルト ポマ

エリア:カラナビ

プロセス:フリーウォッシュド

品種:カトゥアイ

標高:1,700m

カラナビ地方、ロア地区に居を構える農協、APROCAFEに所属する当農園の生産者は1970年からコーヒーの栽培に携わり、家族の協力を得ながら素晴らしい品質のコーヒーを生産しています。コーヒーの栽培は肥沃な土壌の恩恵を受け、それによって得られた収穫で彼らの生活が成り立っています。栽培に関わってから30年、農園は常に品質の向上に努めてきました。近年ラジオ放送によって知ることとなったカップオブエクセレンスにも精力的に参加しており、その品質には定評があります。

2000円/250gパック(税抜き)

【ブラジル・カクェンジ】

この「ブラジル・カクェンジ」はとびっきり普通では無い限定ブラジルこーひーの魅力のご紹介です・・・繊細な口当たりと爽やかな余韻が素晴らしいと思います。

夏向きの爽やかフローラル、繊細な口当たりと甘さ、余韻のほのかな柑橘系がより爽やかさを魅力的にしています。ピーチ系フローラルの華やかな魅力…ミルクチョコレートのような味わい…透明感と感じる程のクリーンさ…余韻のフローラル感…繊細で、華やかで、明るい…冷めて舌にのってくる柔らかな甘さがとびっきり普通では無いブラジルのマイクロロットの魅力ですね。

農 園 名:カクェンジ

農園主:ラルフ・デ・カストロ・ジェンケイラ

エリア:カルモ・デ・ミナス

プロセス:ナチュラル

品種:イエローブルボン

標高:1,100m~1,500m

カクェンジ農園は、ミナス州南部の町カルモ・デ・ミナスにあり、1100~1500mの高地です。穏やかな気候と肥沃な土壌に恵まれ、さらには適度な降雨量があり、良質コーヒーの栽培に適しています。ジェンケイラファミリーは栽培の初めより品種の多様性と品質に投資しています。コーヒーの摘み取りは人手によって行われ、その後生産処理され平地と乾燥棚(サスペンデット・パティオ)で乾燥されます。コーヒーはサイロで60日から90日間寝かせた後、コカリーヴェ組合倉庫へ送られ、等級に選別されたあと販売へ向けられます。カクェンジのコーヒーには独特な甘さと、力強い酸、オレンジの香りとチョコレートやキャラメルを思わせるフレーバーがあります。カクェンジは2006年、イリー・コーヒー品質コンクールの最終候補に上り、2007年にはミナス州農業技術振興公社EMATERによりミナス・ジェライス州最良のコーヒーと評価されました。2008年【カップ・オブ・エクセレンス】では最高スコアの93.65点を獲得し第1位となりました。COEが見つけ出した極上のコーヒーを是非ご堪能下さい。

1500円/250gパック(税抜き)

【木陰】

11年目の夏向け季節のブレンド「木陰」ですが・・・毎年グアテマラとボリビア・アルベルトでブレンドしていましたが・・・今年は「コロンビア・ヴィラマリア」と「ボリビア・アルベルト」にしました。

「アニバーサリー2018」でグアテマラ縛りのブレンドにしたので・・・「木陰」がグアテマラを使わないで、涼やかな真夏の爽やか系お勧めブレンドに仕上げました。

夏の日、木陰を吹き抜ける風の爽やかさをイメージしました。暑さにも、エアコンの風や冷たい飲み物にも疲れた身体に優しい、上品で美しい透明感が魅力的だと思います。そして柔らかな心地よい口当たり、余韻が爽やかな風のように優しいこーひーだと思います。

「コロンビア・ヴィラマリア」の円やかな口当たり、フローラルな華やかな香り、余韻の爽やか円やかさ甘さが…「ボリビア・アルベルト」のミントキャラと一緒になって香りも味わいも素晴らしく、ほんと涼やか爽やかな「木陰」になりました・・・暑さに負けず、涼やかにお楽しみください。

1500円/250gパック(税抜き)

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき959「エクルハイボール~スプーンが立つほどのミルクティーレッスン」 | Main | プロのつぶやき961「朝6時半からの焙煎見学」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき960「アニバーサリー2018、メキシコ・チェリン、ボリビア・アルベルト、ブラジル・カクェンジ、木陰」:

« プロのつぶやき959「エクルハイボール~スプーンが立つほどのミルクティーレッスン」 | Main | プロのつぶやき961「朝6時半からの焙煎見学」 »