« August 2018 | Main | October 2018 »

2018.09.30

プロのつぶやき970「くらべる値段」

20180930

プロのつぶやき970「くらべる値段」

この土日は・・・大型で非常に強い台風24号が日本を縦断します・・・地震豪雨台風で全国に被害があったこの夏なのに・・・自然の脅威の前には人間はあまりにも弱いことをあらためて感じます・・・驕ってはいけませんね。

先週の・・・和と洋の栗スイーツにこーひーを3種類合わせた第4回ペアリングワークショップ・・・おかげさまで盛り上がって楽しいひと時になりました。

今日も同じワークショップで・・・岐阜中津川すやさんから取り寄せた栗の羊羹3種類と市原エリソンさんのボンブランに・・・ゆすらカフェ、はじまりの秋、ブルー・ベルベットと合わせます・・・こちらは自然の恵みを楽しみます。

そんなこんなで・・・先日千葉そごうの別館ジュンヌに出来たマニアックな本屋をぶらついていたら・・・「くらべる値段」東京書籍が目に止まりました。

早速買って一気に読み終わりました・・・まぁ、写真半分で文章少なかったんですが・・・。

バナナや椎茸からサッカーボール、胡蝶蘭まで・・・34の値段の違いを写真に撮って説明があります。面白かったのは・・・おろし金、カニ缶、炭、盆栽、巻き簾等々・・・。

おろし金はステンレス製と銅製をくらべて・・・雑な大根おろしが嫌いなので納得(笑)・・・カニ缶は高くて買う気にならなかったのがたらばがに脚肉だけだったらデパ地下で冷凍の蟹買うより良いかな?とお正月の蟹考えたり(笑)・・・巻き簾は100円と2500円をくらべて同じ竹を1本ずつ順番に並べた2500円に感動したり(笑)・・・。

もっとも・・・裏側を知っているものは選択や理由に疑問があったものがありましたね?・・・で、コーヒーはブラジルサントスNo2とブルーマウンテンの値段を比較していて、もっと良い例があると思いました。

ブラジルサントスNo2とブルーマウンテンの値段をくらべてもねぇー?・・・今は農園もの、品種別精製別といったマイクロロットや・・・同じ農園でもロットによる違いもあるし・・・もっと上手にくらべられるのになぁーと。

で、さかもとこーひーの「くらべる値段」なんですが・・・時々お客さまに高い方が美味しいのか?聞かれることがあります。

即答えるのですが・・・高いから美味しいわけでも無いし、安いから美味しく無いわけでもありません・・・一番安いベーシックなブレンドでもクオリティは下げませんし・・・実は、一番安い商品のクオリティをどうするか?どう維持して長年お届けするか?・・・あるいは地道にクオリティや価値を上げるか?・・・その辺はプロの引き出しが活躍するんです。

(分かりやすいクオリティは・・・雑味の無いきれいな味わい・・・冷めても美味しい・・・ですね。)

単に売上が欲しいんだったら・・・安い価格帯にはたくさんのお客さんがいますから・・・高いものから安いものまで品揃えして・・・それぞれに相応しい仕入れをすれば良いと思います。

が、やはりさかもとこーひーとしてのクオリティや価値に一線を引いています。安いんだから、クオリティ下げるのは当たり前だろうとは考えていません。

では、値段の違いは何なのか?

勿論、仕入れ価格の違いもありますが・・・高いこーひーは際立った魅力になっています・・・安いこーひーは際立った個性が無いようにしています。

高いこーひーはお好みに合えばとびっきりの魅力になりますが・・・当然お好みに合わない方にはその価格分の魅力を感じないと思います。

アトムの子等、ベーシックなブレンドは・・・ヘビーユーザーの方、オフィスだったり、カフェやレストランだったり・・・不特定多数の方が召し上がることを考慮して、多くの方が飲みやすく美味しく感じるように仕上げています。

茶色の袋の¥2000/250gとかのこーひーは特に際立った魅力になっています・・・ある意味世間一般のコーヒーらしく無いとも言えます。

勿論、美味しい美味しく無いはお好みがあります、さかもとこーひーの常連さんでもお好みが色々です。

なので、25年もやっていると種類がやたら多くなってしまいました・・・店主がついつい新しいこーひーを増やしてしまうのもありますが(笑)

常連さんのお好みに応えようとして増えているのもあります。

「くらべる値段」の中に・・・「値段」はモノの「背景」を考えるヒント・・・というコラムがありました。

15000円と50000円のヘッドフォン・・・15000円のヘッドフォンには15000円の音作りが・・・50000円のヘッドフォンには50000円の音作りがされている。

値段相応とも言えますが・・・それよりもフェアな関係、フェアな価格とも言えるかな?と・・・そこからお値打ちとかコスパとかカリテプリとかも大切ですが・・・「おわりに」で・・・「三方良し」という近江商人の心得が紹介されていて・・・「売り手よし・買い手よし・世間よし」のことで・・・売り手と買い手が満足して、かつ社会貢献できる商売であらねばならないという考えだと言います・・・そこにも通じていくと思います。

さかもとこーひーはクオリティに妥協はありませんが・・・常連さんが日常の暮らしの中で普通に飲める値段にも妥協はありません。その辺は・・・生産性上げたり、仕組みを工夫したり、かけるコストとカットするコストを明確にしたり・・・まぁ、経営の話しになってしまいますが・・・(実は・・・こういった自営レベルの商いには・・・ちょうど良い規模がありますので・・・小さくても大変だし、大きくしすぎても大変なんです。)

さかもとこーひーの考え方はそういった感じです・・・クオリティも価値も意識して大切にしていますね。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.09.23

プロのつぶやき969「エスプレッソNo5」

No5

プロのつぶやき969「エスプレッソNo5」

9月も最終週・・・流石に涼しくなって快適な日々です・・・曇りが多いですが・・・。

今日と来週の日曜日は・・・第4回ペアリングワークショップで・・・和と洋の栗スイーツにこーひーを3種類合わせます。岐阜中津川すやさんから取り寄せた栗の羊羹3種類と市原エリソンさんのボンブランです。

こーひーは・・・まずは和スイーツには「ゆすらカフェ」でスタート・・・次が「はじまりの秋」・・・最後は「ブルー・ベルベット」です。参加されるみなさんの笑顔が楽しみです。

そんなこんなで・・・今日は「エスプレッソNo5」のご紹介です。

さかもとこーひーは20年近くスペシャルティコーヒーの魅力を追いかけて来ましたので・・・当然エスプレッソブレンドも従来の深煎りのエスプレッソやイタリアスタイルのエスプレッソとは少し違っています。

まぁ、淹れ方はイタリアのスタイルと同じで・・・最近のスペシャルティコーヒーのエスプレッソの淹れ方と違うことがありますが・・・。

その特徴は・・・味わいのきれいさや長く華やかな余韻にあると思っています・・・さかもとこーひーの豆を使ったエスプレッソを淹れさせたら最高の腕を持っている千葉市新宿のタポスコーヒーさんで・・・仕事の途中寄って・・・エスプレッソ飲んだり、アイスでもホットでもラテを飲んだりして・・・店への帰り道20分30分経ってもその華やかな余韻が漂っています。

そんな魅力を生かしながら・・・家庭用の全自動エスプレッソマシーンでも、業務用の小型マシーンでも安定した抽出と・・・さらにまろやかな口当たりや余韻の甘さが引き立つようリニューアルしました・・・勿論、ドリップやプレスでも楽しめます・・・お楽しみください。

【エスプレッソNo5】

ここ数年・・・家庭用のエスプレッソマシンを使っている常連さん・・・エスプレッソブレンドしか買わない常連さん・・・そしてカフェやレストランで小型のエスプレッソマシンを使っているお店のお客さま・・・が増えて来て、色々とお話しして来ました。

専門のバリスタが淹れるのなら話しは別なのですが・・・バリスタがいるわけでは無い・・・でも、エスプレッソやラテ、カプチーノを楽しみたい。

その辺はブレンドで解決するのが一番だろうと思って来ました。

すっかりお馴染みになった「エスプレッソNo3」ですが・・・その華やかな余韻が気に入っていまして・・・ラテにすると、飲み終わってから30分の余韻が楽しめますし・・・エスプレッソではお砂糖を入れ飲み干すと極上のデザートになります。

その魅力を生かしながら・・・。

アトムの子で活躍しているインドを少し加えることで・・・その華やかな魅力を生かしながら・・・さらに円やかさやエスプレッソの濃縮感、口当たりの魅力や余韻の甘さをイメージしました。

勿論、家庭や小さなカフェやレストランでの抽出にもより対応できたと思います・・・家庭用のエスプレッソマシーン、レストランでよく使われている全自動のエスプレッソマシーンでも調整がしやすいと思います。

使った豆は・・・-2種類のグアテマラ、ブラジル、マンデリン、インドの5種類です・・・さかもとこーひーのエスプレッソブレンドの基本の魅力・・・きれいで華やかな味わいといつまでも続く余韻・・・エスプレッソにお砂糖を加えると、チョコレート感とフルーツ感が浮き上がりクリーミーでまろやかな口当たりとともに極上のデザートにような魅力になります。

さらにこの「エスプレッソNo5」ではエスプレッソの濃縮感やクリーミーさ・・・ラテやカプチーノでミルクと合わせると、乳脂肪の後口を爽やかなにして、次のひと口を誘います。

イタリアスタイルでも、シアトルやサードウエイブでも無い魅力になりそうです・・・お楽しみください。

勿論・・・「エスプレッソNo3」も作れますのでお申し付けください・・・さらに、レストランやカフェ用でお店専用に作ったエスプレッソブレンドが5種類ほど裏にありますので・・・カフェやレストランの方はご相談ください・・・特にチョコレート&ナッツな魅力を求めたブレンドは「エスプレッソNo5」とは違った魅力で・・・酸は隠れているし、チョコ感ナッツ感、まろやかさと気に入っています。

1500円/250gパック(税抜き)

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.09.09

プロのつぶやき967「新・アトムの子」

Photo

プロのつぶやき967「新・アトムの子」

暑い暑いと言っても、朝晩は涼しい風が吹き抜け秋の雲になってきましたが・・・関西の暴風台風から北海道の地震と大きな災害が続いています。自然の脅威の前には人間はあまりにも弱いということを毎回実感します・・・平穏な日常の暮らしに戻れるよう願っています。

今週はテニスの全米オープンで錦織がベスト4・・・そして先ほど大阪なおみがチャンピョンになりました。スポーツの素晴らしいプレイは心を揺さぶり、エネルギーが満ちてきます。

生きていると、災害もあるし、悩みや問題もありますが・・・スポーツや音楽(達郎神奈川県民に行ってきました)・・・美味しい食事やお菓子そしてコーヒーやお茶にお酒・・・暮らしに彩りをつけてくれ、一歩前に進むエネルギーをくれますね。

そんな暮らしを心地よくできるようこーひーをお届けして行きたいと思っていますが・・・発売して20年近くになる「アトムの子」をやっとリニューアル出来ます。

【アトムの子】

子供の時に鉄腕アトムを読んでいて21世紀ってどんな未来なんだろうと思っていた21世紀になるんだとハッとして…ちょうどスペシャルティコーヒーという素晴らしい素材を知った頃だったので…今迄の強い苦味の深煎りでは無く…きれいな味わいのさかもとこーひーの21世紀のベーシックな深煎りを作ろうと思ったブレンドです。

その後、後味のきれいな、雑味嫌な苦味の無い深煎りブレンド「アトムの子」が・・・さかもとこーひー一番人気になりました。

中米の豆3-4種類を使い(グアテマラは必ず入っていますね)…深煎りのコーヒー感、きれいな味わい、すっきりとした後味、円やかなバランスを大切にしています。

ヘビーユーザーの常連さん、オフィスで、カフェやレストランで・・・様々な方に気軽に楽しんで頂いていますが・・・毎日の暮らしの中で…こーひーだけでも、お菓子やパンと一緒でも、食後にもぴったり・・・そんな感じで毎日お届けしていて・・・もう少し柔らかな円やかな口当たりと甘さに包まれた余韻にしたいと思っていました。

それには・・・スペシャルティコーヒーを知ってこの20年で何回か出会った素晴らしいクオリティのロブスタ種がピッタリだと・・・業界ではロブスタ種はクオリティが低い、価格も安い、増量によく使われる・・・そんなネガティブなイメージなんですが・・・クオリティの高いものもあって・・・クリーンで甘さがあって口当たりの優しい魅力があるんです。

ただ、華やかさや魅力的な香りや余韻などのタイプでは無いので、上手にブレンドに使いたいと思っていました。

で、やっと素晴らしいクオリティのインド・ロブスタを手に入れましたので・・・アトムの子に少しブレンドしたら・・・雑味のないきれいな味わい、深煎りのキレの良いコーヒー感、焦げが無くざらついた苦味が無い・・・柔らか円やかな口当たりに甘さに包まれた余韻とイメージ通りに仕上がりました。

さかもとこーひーのベーシックなブレンドの魅力をお楽しみください。(この価格で、このクオリティや魅力はさかもとこーひーの基準です。)

1000円/250gパック(税抜き)

1500円/500gパック(税抜き)

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.09.02

プロのつぶやき966 「ラテのもと カフェ エクル」

20140323
プロのつぶやき966 「ラテのもと カフェ エクル」

9月に入りました・・・今朝は少し涼しくなっています・・・これから日に日に秋になっていくのでしょう。

「第3回ケーキとこーひーのワークショップ」が3回満員になりまして・・・みなさんのご期待に応えようと「第4回ケーキとこーひーのワークショップ」を・・・9/23(日)30(日)13:30~和洋の栗のお菓子と3種類のこーひー・・・9/30は満員御礼・・・9/23はあと3名です。

そんなこんなで・・・今年の春におゆみ野店を開店し、本店と2店になったので・・・「カフェエクル」の売れ行きが早くなりました。今まで冬の間は「カフェエクル」お休みすることがありましたが・・・これで年間通して販売できると思います。

冬の間販売出来なくてご迷惑おかけした常連さん、お店がありましたが・・・ご安心ください。

そして・・・「カフェエクル」のご利用の仕方がとても多様になってきました。

通常のように・・・ホット&アイスのラテ・・・水で薄めてのアイスこーひー、お湯で薄めてのホットこーひー・・・この夏にご好評だった「エクルハイボール(ノンアルコール、強炭酸)」・・・アイスクリームにかけて・・・。

さらには・・・先日のBar GYPSYさんでのカクテル・・・カクテルは他のBarでも使われているとメールを頂いていますし・・・レストランのデザート、アイスクリーム・・・ケーキ屋さんでも色々なケーキに・・・勿論、パン・・・かき氷にも・・・。

みなさんの声を聞くと・・・味わいのきれいさやこーひー感は勿論ですが・・・香りが引き立っているとのことです・・・励みになります。

無糖ですので・・・自由自在にお楽しみください。

「カフェ エクルの6本セット」…「コーヒーバッグ・カフェデイジーとカフェフィガロ、デカフェコロンビアのオフィスパック」…それぞれに、「カフェ エクル」「コーヒーバッグ・カフェデイジー」「コーヒーバッグ・カフェフィガロ」「デカフェコロンビア」をミックスできるようにしました。(連絡欄等にお申し付けください。)

【ラテのもと カフェ エクル】(無糖)

毎回少しずつブレンドの内容を変えてきましたが…今回はより円やかなコクとキレの良いあと味を大切にして仕上げました。牛乳を加えるのがオーソドックスですが…水を加えても…アイスでも、ホットでも…アイスクリームにかけても…エクルのアイスクリームを作っても…パンやケーキにも…練乳とあわせてかき氷のソースにも…カクテルにしても…最後にはそのまま薄めずに…お楽しみください。

(コーヒーバッグのオフィスパックとミックスできることにしました。カフェデイジーやカフェフィガロ、デカフェコロンビア、カフェ エクルとミックスして計6個にしてください。その旨連絡欄にご記入ください。)

・・・

さかもとこーひーはこーひーの「上質さ」と「手軽さ」で心地よい暮らしをお届けできるようにと思っていますが…「手軽さ」といってもそこに妥協はありません。牛乳を加えるだけで…街のカフェのラテよりもきれいな味わい、円やかなコク、余韻の魅力いっぱいのラテになるよう磨きました、お楽しみください。

といった感じで…「ラテのもと カフェ エクル」を作って5年になりました。基本は牛乳の乳脂肪に合うようにブレンドして…牛乳を3-5倍に希釈するだけで…ラテにした時の後味のキレの良さ、爽やかな甘さをイメージしています。

氷を入れればアイス、レンジで温めればホットのラテに…水にすればアイスコーヒー、お湯にすればホットコーヒーになります。

乳脂肪に合わせていますので…アイスクリームにかけると止まらなくなる危険な美味しさ…レストランでは「ラテのもと カフェ エクル」を使って自家製アイスクリームにされます。カクテルにしてくれたオーセンティックなバーもあります。

今、新しい「ラテのもと カフェ エクル」を原液のまま薄めずに味わっていますが…冷たいエスプレッソのような味わいで…きれいで円やかでコクの豊かな、余韻も勿論ながく魅力的です。(冷蔵庫からだしたので冷たいです)

「無糖」です…砂糖を知らず知らずに身体に入れてしまうのは怖いので、さかもとこーひーの常連さんにそのようなものは販売できませんので、「無糖」しかありません。その為には…素材のクオリティ、焙煎、ブレンドと…当たり前ですが、妥協はありません。

さかもとこーひーの常連さんにはパンやケーキの先生がけっこうたくさんいらっしゃって…パンやケーキに入れる方も多くて、楽しいです。

最近は…6本セットでのご注文が増えています。会社でのご利用やママ友何名かで分ける方もいらっしゃるようです。あとは、ギフトでのご利用も多いですね、嬉しいです。

(コーヒーバッグのオフィスパックとミックスできることにしました。カフェデイジーやカフェフィガロ、デカフェコロンビア。カフェ エクルとミックスして計6個にしてください。その旨連絡欄にご記入ください。)

朝焙煎してブレンドした豆を工場に送り…挽いて、粉を大きなネルに入れて、上からお湯を注いで濃くドリップします。それを無糖で加熱殺菌瓶詰めしたものが「ラテのもと カフェ エクル」です。

牛乳を加える商品ですので…乳脂肪の後味をきれいに爽やかな甘さになるようイメージしてブレンドしています。なので、牛乳があまり得意で無いという常連さんにもご好評頂いています。ただたんに濃いコーヒーを瓶詰めしたんじゃ無いんですね。普通の牛乳でも、低温殺菌牛乳でも美味しくなるようにバランス取りました。

毎朝缶コーヒー飲みながら車で通勤していた方が…「ラテのもと カフェ エクル」でラテを作りポットに入れていくようになったら、缶コーヒーより安いし美味しいしで喜んでくださっています。

勿論、長年の常連の方も…忙しくてこーひー淹れる時間が無い時でも「ラテのもと カフェ エクル」でちょっとひと息つけると喜ばれています。

そんなこんなで…さかもとこーひーの「ラテのもと カフェ エクル」…牛乳を加える基本的な使い方から…水やお湯を加えて簡単にこーひー…パンやお菓子デザートに使ったりと…ご家庭や気軽なギフトにも…お楽しみください。(1本用にワイン用手提げ袋用意しました。)

500ccの瓶入りで…無糖です。濃さはお好みですが、3-5倍位をお勧めします。20cc25ccの「カフェ エクル」に牛乳を80cc75cc加える感じですね。ほんと雑味の無い爽やかな味わい後味になっていると思います。(約20数杯分/1本)

レンジで温めてホットにしても…氷を入れてアイスラテにしても…どちらもお勧めです。ほんの少しお砂糖やシュガーシロップを入れても優しい甘さで美味しいと思います。

(因みに、エクル(エクリュ)とは生成りの色、漂白していない麻の色のことだそうです。ベージュとか薄い茶色ですね。ラテやカフェオレの薄い茶色からネーミングしました。)

表示は5倍希釈になっていますが…お好みで優しい味わいから少し苦めな味わいまで加減してください。

-5倍希釈カフェ エクル1:牛乳4(カフェ エクル20cc:牛乳80cc)で優しい爽やかな味わい

-4倍希釈、カフェ エクル1:牛乳3(カフェ エクル25cc:牛乳75cc)で豊かなこーひー感で円やかな味わい

-3倍希釈、カフェ エクル1:牛乳2(カフェ エクル30cc:牛乳60cc)で少し苦めでリッチな味わい

(牛乳使わないでお湯や水で薄めても大丈夫です。)

1500円/500cc・無糖(税抜き)(約20杯分/1本)

選べるSセットで1000円/500cc・無糖(税抜き)

6本セット 5000円/500cc×6本 無糖(税抜き)

-無糖、賞味期限半年

-開栓はていねいに、開封後なるべくお早めにお飲みください 開封後は要冷蔵

-コーヒー成分が沈殿することがあります よく振ってからお飲みください

-保存料・着色料無添加

-1本用にワイン用手提げ袋用意しました。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2018 | Main | October 2018 »