« プロのつぶやき981「ニカラグア・エンバシー、新春・夢カフェ、ベラノッテお正月、タンザニア・ムベヤ」 | Main | プロのつぶやき983「年忘れこーひー放談・2018」 »

2018.12.23

プロのつぶやき982「グアテマラ・エルインヘルト・トラディッショナル」

Photo

プロのつぶやき982「グアテマラ・エルインヘルト・トラディッショナル」

*12/30(日)~1/3(木)お正月休みになります。

*12/29(土)午前中迄のご注文で、年内最終発送になります。

新年は1/4(金)から発送いたします…よろしくお願いします。

・・・

先週は千葉の12月らしく無い厳しい冷え込みでしたが・・・今週はのんびりした寒さです。おかげさまで、さかもとこーひーは1年で一番忙しい年末の2週間でスタッフ全員集中力高めています。最後の1週間が本当の忙しさですので・・・体調整えています。

実は・・・夏から左膝が痛くて・・・秋には水を抜いたのですが・・・左膝が良くなってひと安心して数日・・・夜今年の錦織選手のテニスをTVで観ていたら右膝に違和感?・・・ストレッチしたりして・・・やっと先週から気にしないで歩けるようになりました。

まぁ、みんなには加齢だ老化だと言われていますが・・・若い頃スクワットで鍛えて足腰には自信があっただけに気にして、さすがに自覚しています(笑)

そんなこんなで・・・申し訳ありません・・・「ニカラグア・エンバシー」が1週間で終わってしまいました、売り切れました。

替わりに・・・「グアテマラ・エルインヘルト・トラディショナル」をお届けします。さかもとこーひーが一番魅力を感じて・・・次男には3年連続で訪問させたグアテマラ・エルインヘルト農園の一番ベースになっている「トラディショナル」です。

「ひと口目のなめらかまろやかな口当たりから・・・口いっぱいに広がる香りと味わい・・・そのまま余韻へとつながり・・・香りに満たされて、心地よさが続きます。」・・・お楽しみください。

(ジョイセット、トレジャーズセット、はじめてのAセット・・・ニカラグア・エンバシーがグアテマラ・エルインヘルト・トラディショナルに替わります。)

【グアテマラ・エルインヘルト・トラディッショナル】

ひと口目のなめらかまろやかな口当たりから・・・口いっぱいに広がる香りと味わい・・・そのまま余韻へとつながり・・・香りに満たされて、心地よさが続きます。

久々のエルインヘルト農園を焙煎して最初のカッピング・・・口のなかいっぱいに満たされる香りと味わいからの余韻の心地よさ・・・やはり最高峰と思う農園の魅力です。さかもとこーひーが一番の柱にしている農園です。

エルインヘルト農園の・・・トラディショナル、ブルボン、イエローナンス、パカマラ、ゲイシャ・・・5種類の品種を扱っていますが・・・パカマラとゲイシャは価格がとびっきり高いですし、その魅力も個性が抜きんでています。

イエローナンスはその華やかな魅力が印象的なようで・・・常連さんのリピートが目立っています。

そして・・・トラディショナルとブルボンがエルインヘルト農園の伝統的なコーヒーになります。ブルボン種特有の柔らか上質な味わいや口当たりに甘さが秀でていますので・・・やはりエルインヘルト農園を代表していると思いますが・・・ブルボン種70% カトゥアイ種30%のトラディショナルには、ブルボン種だけには無い魅力を感じて・・・優劣をつけられないとここ数年感じるようになりました。

確かにブルボン種100%の純粋な魅力は素晴らしいのですが・・・トラディショナルの膨よかまろやかな味わいと余韻にはブルボン種100%には無い魅力を感じます。勿論、どちらも素晴らしい魅力でお気に入りになっています。

3年連続で訪問した息子から農園の細部やスタッフへの教育トレーニングのレベルの高さを色々と聞いていますが・・・それがクオリティと魅力につながっているのが素晴らしいです。3度目の訪問で農園主のアギーレさんに農園の奥深いエリアまで案内して頂いたようです。

エルインヘルト農園で農園主のアギーレ氏がしてくれた完熟豆の収穫のトレーニングについての話しで…「トマトソースを作る時、赤い熟したトマトを使いますね。緑のトマトでは美味しいトマトソースは作れませんからね。コーヒーも同じで、真っ赤に熟した実が美味しいコーヒーになるのです。」とピッカーのみなさんに説明をしているそうです。誰でもイメージしやすいですね。

ひと口目の上品で滑らかな口当たりから…次々と押し寄せる味わい…口全体にひろがるフローラル、チェリー、オレンジ…少し冷めると柔らかな甘さがフルーツ感と一緒になって…さらに冷めるとブルゴーニュ赤ワインの魅力…最後にはスパイシーな印象…甘さとフローラルな香りが魅力的な余韻…素晴らしいです…レッドカラント、フランボアーズ、ミルクチョコレートのようなキャラクターが甘さに包み込まれる感じでご機嫌です。フローラルな魅力と甘さが一緒になったグアテマラ特有のハニーライクさが際立っていると思います。

品種はブルボン70% カトゥアイ30%の割合だそうで…それだけを見るとブルボン100%で無いのかと勘違いしやすいですが…まぁ、さかもとこーひーでは「グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン」も扱っていますが…それぞれに際立つ魅力が伝わってきて…あらためて、インヘルト農園の魅力を実感します。

あえて言えば…「グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン」には無い魅力が「グアテマラ・エルインヘルト・トラディッショナル」の魅力で素晴らしいと思います…複雑な魅力…。

最高峰農園の際立つ魅力をお楽しみください。僕個人的には…この余韻の酸のきれいさと赤ワインの印象が大好きです。エルインヘルト農園は環境にしても技術にしてもコーヒー農園の最高峰を突っ走っていると思っています。そのエルインヘルト農園の素晴らしさをより多くのみなさんに楽しんで頂きたいと思ってます。

農園名:エル・インヘルト・ウノ農園

農園主:アルトゥロ アギーレ

エリア:ウエウエテナンゴ

プロセス:フリーウォッシュド

品種:ブルボン70% カトゥアイ30%

標高:1,500-2,000m

認証:レインフォレスト・アライアンス認証

エルインヘルト農園は、グアテマラ北西部ウエウエテナンゴ県の谷沿いに深く入ったラ・ベルタ(La Libertad)村に位置し、敷地面積750ヘクタール(コーヒー栽培エリア250ヘクタール)の広大な敷地の中で営まれています。この地区は平均気温が16-28℃と冷涼で、年間降水量1,800-2,000mmと適度な湿度があり、有機物質に富んだ火山性の土壌を有します。明確な乾季が均等な開花熟成を生み、結果として最上級の酸味、ボディ、味わい、ほのかなワインのようなアロマをもったコーヒーを生み出します。農園は大変良く手入れされており、樹の形、枝の勢い、葉の色・実の付き方が素晴らしく、一目で判ります。堆肥には、ミミズを使って作り出した有機を使用するなど環境にも細心の注意を払っています。敷地内の470ヘクタールの天然雨林は、動植物の自生を維持するとともに、この農園に最適な気候をもたらします。収穫では完熟赤実のみが手摘みされ、伝統的な水洗処理工程を守って精製処理されます。果肉除去された後60-72時間をかけて醗酵槽に浸けられて熟成し、山から流れてくる豊富な湧き水を利用し洗浄します。こうして充分に甘味を持ったパーチメントがパティオ(天日乾燥場)で丁寧に乾燥されます。また、農園独自にドライ・ミル(選別工場)を所有しており、すべての工程を一貫して行っております。良いコーヒーを生産する為に、オーナー自身の徹底した研究・管理のもとで、伝統的なグアテマラのコーヒー生産技術に守られたコーヒーは素晴らしい味わいを有しています。このエル・インヘルト・ウノ農園のコーヒーはグァテマラのスペシャルティコーヒーコンペティションにおいて、毎年上位に入賞しており、まさにグァテマラの頂点に位置するスペシャルティコーヒーといえるでしょう。

2000円/250gパック(税抜き)

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき981「ニカラグア・エンバシー、新春・夢カフェ、ベラノッテお正月、タンザニア・ムベヤ」 | Main | プロのつぶやき983「年忘れこーひー放談・2018」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42520/67512239

Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき982「グアテマラ・エルインヘルト・トラディッショナル」:

« プロのつぶやき981「ニカラグア・エンバシー、新春・夢カフェ、ベラノッテお正月、タンザニア・ムベヤ」 | Main | プロのつぶやき983「年忘れこーひー放談・2018」 »