« プロのつぶやき984「新春こーひー放談・2019」 | Main | プロのつぶやき986「第1回ペーパードリップレッスン」 »

2019.01.14

プロのつぶやき985「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ、カフェグローリア、ハートバレンタインカフェ、陽だまり、ケニア・マガンジョ」

20190113

プロのつぶやき985「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ、カフェグローリア、ハートバレンタインカフェ、陽だまり、ケニア・マガンジョ」

年末年始のバタバタもひと息・・・いつもの仕事のペースになってきました。寒い寒い朝もありますが・・・のんびりした千葉ですので、日差しが暖かい日はぽかぽかです。

正月休みの次は3連休・・・今日1/13(日)はおゆみ野店で「ペーパードリップ・ワークショップ」を初めて行います。

公民館やPTA文化部でのこーひーレッスンの仮タイトルがほとんど「コーヒーの上手な淹れ方教室」なんです・・・毎回そのタイトルだと受けられません!と直して頂いています。なんかコーヒーって淹れ方で美味しくなるイメージが広まっています。

コーヒーって淹れるものじゃなくって・・・飲むもの!!・・・ずーっと言ってますが、淹れ方すきですね~。

美味しく無いコーヒーをいくら上手に淹れても美味しくはなりませんから・・・さかもとこーひーはコーヒーメーカーでもドリップでもプレスでも気軽に淹れて・・・お好みのこーひーを楽しんで欲しい・・・それでも、さかもとこーひーをドリップする時のポイントがありますので、それを伝えるレッスンです。おかげさまで、今週来週と2回満員御礼です・・・これからも続けていこうと思っています。

そんなこんなで・・・2019年最初・・・寒い寒い真冬向け、チョコにぴったりのバレンタイン季節向けのこーひーのご紹介です。

ゲイシャヴィレッジが終わってしまったので・・・ゲイシャを世に広めたエスメラルダ農園の「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」・・・パナマ・エスメラルダ・ゲイシャを使ったブレンド「グローリア」・・・軽やかなバレンタイン向け「ハートバレンタインカフェ」・・・まったりまろやかなコクの真冬向け深煎り「陽だまり」・・・リクエストの多いケニアから華やかで柔らかな魅力の「ケニア・マガンジョ」・・・5種類です、お楽しみください。

【パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ】

同じゲイシャ種でも・・・「ゲイシャヴィレッジ」と「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」の違いが素晴らしいです。以前には・・・「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」と「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」の違いを楽しみましたが・・・それぞれ魅力的ですね。

「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ」の最初の印象は…フローラル&シトリックで…鮮烈なレモンバーベナにフローラルが重なったフレーバーです。味わいは・・・豊かでベルベッティ、クリーミーなまろやかさ・・・そして圧倒的な余韻の魅力。

華やかさは甘さに包まれで、豊かに長く余韻として続き素晴らしい印象で・・・圧倒的な魅力を感じますね。ひと口ごとにときめく魅力・・・豊かでまろやかな味わいとコク・・・ブライト、エレガント・・・フローラル、シトリック・・・長く続く余韻。

あらためてカッピングすると…レモンバーベナ…フローラル…アプリコット、ピーチ…エレガント、クリーミー&ベルベッティ…白ワイン…スイートジンジャー、スパイシー、シナモンカルダモン…圧倒的な魅力と複雑な味わいが押し寄せてきて…やはり世界にゲイシャ種の魅力を広めたエスメラルダ農園のゲイシャだと思いました。

エネルギーあふれる余韻の魅力、長さ、豊かさへと流れ、やはり特別な魅力のコーヒーだと思います、お楽しみください。

農園名: ラエスメラルダ農園

農 園 主: プライス ピーターソン

所 在 地: Chiriqui, Boquete

プロセス :フリーウォッシュド

標    高: 1500-1700m 

品    種: Geisha 100%

「ゲイシャ(Geisha)種はスペシャルティコーヒーの世界で最も注目を集めている品種です。エチオピア起源の原種といわれるこのゲイシャが世界の注目を集めたのは2004年。パナマの国際オークション(Best of Panama)でラ・エスメラルダ農園が出品した[Jarmillo Especial]がポンドあたり21$という当時の最高落札価格を記録したことからはじまりました。そして、2007年の同オークションでもエスメラルダ農園のゲイシャ種は落札価格1ポンド当たり130ドルという史上最高値を大きく更新しました。」

 

「このゲイシャ種は粒が大きく、細長い外観をしており、カップは非常に秀逸なフローラルなアロマと柑橘類を思わすフレーバー、驚くほどすっきりした甘味を伴った酸味が特徴的です。しかし、ゲイシャ種は栽培が難しく、あまりに生産性が低いために長い間全く注目されることもなく、ほとんどが姿を消し、現在では非常に貴重な品種となっています。」

「 このラ・エスメラルダ農園は、パナマ西部・バルー火山の山すそに広がり、平均標高1600m、豊かな降雨に恵まれ、農園内にも天然林が保護されているなど、豊かな自然環境に囲まれています。また、農薬を使わず、完熟実だけを手摘みし、収穫後の加工も細心の注意を払って行われているなど、まさに『世界最高のコーヒー』が生産されるにふさわしい農園です。」

2500円/100gパック(税抜き)

(選べるSセットで2000円/100g)

【グローリア】

ゲイシャを使ったブレンド「グローリア」ですが・・・エルインヘルト農園ゲイシャを使い・・・ゲイシャヴィレッジ農園を使い・・・今年は「パナマ・エスメラルダ農園ゲイシャ」です。

昨年はベースに深煎りコロンビアと中煎りコロンビアを使いましたが・・・今年は深煎りコロンビアと中煎りエルサルバドル・・・そしてグアテマラ・エルインヘルト・トラディショナルは同じで・・・パナマ・エスメラルダ・ゲイシャです。毎年少しづつバージョンアップしています。

コロンビアとエルサルバドルのまろやかさ、口当たりの柔らかさをベースにして・・・エルインヘルト・トラディショナルの華やかさ、味わいの深みにエスメラルダ・ゲイシャの際立つ個性で仕上げました。

まず、最初のひと口目の口当たりから印象的で…繊細、円やか、滑らかな口当たりに…華やかさが際立っていると思います。

余韻はエルインヘルト農園のトラディッショナルとパナマ・エスメラルダ農園のゲイシャが魅力を引き上げます。口当たりの心地よさから流れるように・・・フローラル感や柑橘系やベリー系のフルーツの香りが浮き上がり・・・長く余韻に漂ってくると思います。

チョコレートと一緒に味わうと…チョコレートと一体になった魅力…そしてチョコの後味を切って、次のひと口をさらに誘います。手作りのチョコ、ケーキ屋さんのチョコ、有名ブランドのチョコ、お気に入りのチョコレートと一緒にお楽しみください。

「グローリア」はキャデラックスという大好きなドゥワップグループの有名曲で…その歌詞は…♪グローリア マリーじゃなくて、グローリアなんだ シェリーじゃなくて、グローリアなんだ♪…というあまりにもシンプルで素敵な、しかも片思いの美しいラブソングです。ちょうどバレンタイン向けのブレンドなので「グローリア」とネーミングしました。

2000円/250gパック(税抜き)

【ハートバレンタインカフェ】

さかもとこーひーとチョコレートの相性の良さは年期が入っています、元々お菓子好きチョコレート好きですから…さかもとこーひー開店以来26年こーひーとチョコレートのご機嫌な相性の魅力を追いかけています。

チョコレートに合わせたコーヒーと言うと深煎りが多いですが…この「ハートバレンタインカフェ」は中煎りの優しい味わいです。深煎りがお好みに出ない方にチョコレートと一緒でも…こーひーだけでもぴったりだと思います。

円やか爽やか系で、とってもきれいで上品な味わいに…柔らかな口当たりと甘さが心地よいものとなっています。そして…チョコレートをひと口、そしてハートバレンタインカフェをひと口…チョコレートがグッと魅力的に、そして後味がきれいに、次のひと口へと進みます。少し高級なチョコレートにもピッタリ合うように…華やかさ、円やかさに…柔らかなコクをイメージしてブレンドしました…そして、上品な甘い余韻。

使った豆は…「エルサルバドル」…「ブラジルクラシクス」…「タンザニア・ムベヤ」です。今年はコロンビアをエルサルバドルに・・・ケニアをタンザニア・ムベヤに変えました。少し雰囲気を変えた「ハートバレンタインカフェ」です。

「ハートバレンタイン・カフェ」の魅力を、寒さ厳しいこの季節に、お気に入りのチョコレートと一緒にお楽しみください。高級なチョコレート、滑らかな口溶けの心地よいチョコレートとスッと寄り添ってしまう相性の良さ、口の中で一緒になった時の心地よさ、柔らかく長く続く余韻がご機嫌だと思います。

チョコレート向けと言っても…深煎りの苦いタイプではありません。円やか軽やか爽やかなこーひーで、チョコレートにもぴったり合います、是非お楽しみください。

1500円/250gパック(税抜き)

【陽だまり】

真冬向けこーひー12年目の「陽だまり」です。風の無いよく晴れた冬の日、窓辺でお気に入りのチョコレートと一緒に和む…そんなあったか~い美味しさをイメージしました。真冬の寒さに縮こまった気持ちや身体がふっと緩む心地よさを感じるようなブレンドを作りたいと思っています。

さかもとこーひーの季節の人気深煎りブレンド「ベラノッテ」の真冬バージョンになります・・・ベラノッテは後味のキレ良くクリーンな味わいが魅力ですが・・・陽だまりはそこに円やかさとコクが加わっています。

使った豆は…「深煎りコロンビア」に「深煎りブラジル」と「グアテマラ・エルインヘルト・トラディショナル」です。深煎りの円やかで味わい深いコク…そこに「グアテマラ・エルインヘルト・トラディショナル」の華やかで上品なキャラがブレンドされて…余韻の魅力を引き立てていると思います。

深煎りの円やかさ滑らかさ甘さ長い余韻の心地よい魅力…お気に入りのチョコレートをひと口…「陽だまり」をひと口…チョコレート…「陽だまり」…もう止まりませんね。さて、あちこちのチョコレートを買いにいきましょうか。

1500円/250gパック(税抜き)

【ケニア・マガンジョ】

「ケニア・キリニャガ・キイ」が終わって・・・ケニアのリクエストが続き・・・「ケニア・マガンジョ」のご紹介です。

クリーンで華やかで、豊かなコクと甘さがある・・・そんなトップクオリティのケニアがなかなか手に入らなくなりました。ケニア全体のクオリティの低下と価格の高騰がありまして・・・数年前まではいつもケニアがメニューに載っていましたが・・・残念ながら、さかもとこーひーのケニアとしてお届けできるのが年に1回2回になってしまいました・・・申し訳ありません。

ケニアはとっても好きなこーひーで・・・その豊かで華やかな香りと味わいに惹きつけられますが・・・その魅力を引き立てている素晴らしい酸味のボリューム感がお好みに合わない方もいらっしゃいますので・・・酸味が包まれたまろやかな味わいになるようにしています。

今回の「ケニア・マガンジョ」は・・・酸が前に出ていなくてまろやかなコクが魅力的でドンピシャでした。柔らかな口当たり・・・華やかな余韻と甘さ・・・さらに、爽やかな余韻が素晴らしいです。

クリーミー&ラウンドで・・・フローラル、シトリック、フランボワーズと華やかです・・・冷めてくるとさらに華やかでまろやかな味わいと香りが余韻に漂って・・・この「ケニア・マガンジョ」のクオリティの高さが伝わってきます。

品 種: SL28、SL34

栽培地: ニェリ地域 ムクルウエイニ地区、ナイロビより125㎞

組合員: キクユ族の組合員743人

標 高: 1700~1800m

土壌: 肥沃な赤色の沖積土 有機物に富み、水はけに優れ、空気を良く含むコーヒーの樹にとって良質な土壌。

収穫時期: 10月~12月

生産処理: 

1 工場周辺の生産者が収穫したチェリーを工場に搬入

2 赤い実のみを手選別

3 工場所有の水流比重選別方式でパルピング、発酵、

ソーキング(きれいな水に浸ける。)、水洗

4 アフリカンベッドで天日乾燥(3週間)

日中(日差ピーク)及び夜間は黄色シートで覆い、

パーチメントの均一乾燥を行う   

5 脱穀工場でドライミリング後、精製 

マガンジョ水洗工場は、ケニア山の南山麓とアバディーレ国立公園の間に広がる自然豊かなニェリ地域に位置します。ニェリ地域は、その標高の高さと冷涼な気候、肥沃な土地に恵まれていることから、ケニアの中でも、果実味溢れる高品質コーヒーの銘産地です。マガンジョ水洗工場は1937年に設立し、現在はケニアでも最も大きな協同組合の一つであるルムキア農業協同組

合に所属しています。また、マガンジョ(Maganjo)とは、現地の民族語であるキクユ語で“起源の土地”を意味します。

2000円/250gパック(税抜き)

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

|

« プロのつぶやき984「新春こーひー放談・2019」 | Main | プロのつぶやき986「第1回ペーパードリップレッスン」 »

スペシャルティーコーヒー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロのつぶやき985「パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ、カフェグローリア、ハートバレンタインカフェ、陽だまり、ケニア・マガンジョ」:

« プロのつぶやき984「新春こーひー放談・2019」 | Main | プロのつぶやき986「第1回ペーパードリップレッスン」 »